クロコダイル・ダンディー Crocodile Dundee (1986) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大都会ニューヨークに滞在することになった、オーストラリアの奥地に住む伝説の”クロコダイル・ハンター”が巻き起こす騒動とロマンスを描く、脚本、主演ポール・ホーガンリンダ・コズラウスキージョン・メイロン他共演、監督ピーター・フェイマンによる大ヒット作。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・フェイマン
製作:ジョン・コーネル
脚本
ポール・ホーガン

ケン・シャディー
ジョン・コーネル
撮影:ラッセル・ボイド

編集:デビッド・スティーブン
音楽:ピーター・ベスト

出演
ポール・ホーガン:マイケル・J・“クロコダイル”ダンディー
リンダ・コズラウスキー:スー・チャールトン
ジョン・メイロン:ウォルター・ライリー
マーク・ブラム:リチャード・メイスン
マイケル・ロンバード:サム・チャールトン
レジナルド・ベルジョンソン:ガス(運転手)

オーストラリア 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1986年製作 97分
公開
オーストラリア:1986年4月26日
北米:1986年9月26日
日本:1987年2月21日
制作費 AUD 8,800,000
北米興行収入 $174,803,506
世界 $328,203,506


アカデミー賞 ■

第59回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨークの大手新聞社社主令嬢で、海外取材記者も勤めるスー・チャールトン(リンダ・コズラウスキー)は、オーストラリア出張中、遥か奥地でワニ退治をする、伝説の男に会うため現地に飛ぶ。

スーは、噂のワニ男マイケル(ミック)・J“クロコダイル”ダンディー(ポール・ホーガン)の相棒、現地で”ネバネバ探検社”を仕切る、ウォルター・ライリー(ジョン・メイロン)の出迎えを受ける。

町の酒場に向かったスーは、早速ウォルターからミックの大げさな武勇伝を聞かされる。

そこに、ワニの剥製と格闘しながら突然ミックが姿を現す。

ミックは一目でスーが気に入りダンスに誘い、破天荒な暴れ者だが、女に優しくユーモアもある彼を、スーも気になる存在となる。

翌日、ミックとウォルターを伴い、奥地のワニ狩りツアーに出発したスーは、途中からミックと二人で行動すると聞かされて戸惑う。

そして、ミックとスーは、ウォルターを残して、偽りの大冒険ツアーを始める。

実は、ミックにとっては大した冒険でもなかったのだが、都会人を驚かせ喜ばせようと工夫を凝らすのだった。

その夜、カンガルーの密漁をする町の男達を懲らしめたミックは、翌日、この地では、女性が一人では行動できないと、スーをからかってしまう。

気分を害したスーは単独行動を始めてしまうが、ワニに襲われそうになり、危うくミックに助けられる。

スーは、タフなニューヨーカーだと思っていた自分が、大自然の中では無力だと実感する。

アボリジニ達に溶け込む、荒っぽいが人間味があり、都会人にはないミックの魅力に、スーは徐々に惹かれていく。

やがてスーは、ミックをニューヨークに連れて行くことを思いつき、彼にそれを承諾させる。

二人を迎えに来たウォルターは、スーと関係を持てたのかとミックを冷やかす。

ウォルターは、社の費用でミックをニューヨークに連れて行くというスーの考えに合意する。

そして、ミックは、生まれて初めて飛行機に乗り、オーストラリアを離れることになる。

ニューヨーク
ミックは、見るもの全てに驚きエスカレーターの乗り方すらわからない始末だった。

空港に迎えに来た、スーの恋人リチャード・メイスン(マーク・ブラム)は、ミックの行動を見て嘲り笑う。

リムジンの運転手ガス(レジナルド・ベルジョンソン)は、助手席に座り、街の人々に気軽に声をかけるミックに驚くが、彼に親しみも感じる。

ホテルに着いたミックは、またもや驚きの連続で、夕食の約束をしたスーは、ミックを残し新聞社に向かう。

街に出たミックは、ターザンのごとく信号の支柱に登り人集りを眺め、会う人々に、気軽にオーストラリア訛りで声をかける気さくさは相変わらずだった。

その夜の夕食で、リチャードの無礼に憤慨したミックは、彼を殴りスーの機嫌を損ねてしまい、一人夜の街に繰り出す。

そして、気取らない素朴なミックは、行く先々で人気者になる。

コール・ガールとも意気投合していたミックは、ポン引きに言いがかりを付けられたため、彼を殴り倒しその場から逃げ去る。

翌日、スーの”ミック・ニューヨーク旅行記”の取材が始まり、ミックは引ったくりを難なく捕らえ、ナイフで脅してきたチンピラにも怯まず撃退する。

そんなミックを見て、スーは益々、惹かれていく。

ミックは、スーの父で、新聞社社主サム・チャールトン(マイケル・ロンバード)邸でのパーティーに招待される。

席上、リチャードがスーとの婚約を発表してしまい、出席者が祝福する中、ミックとスーの心中は複雑だった。

ミックの心境を察した、彼を好いているリムジンの運転手ガスは、ミックに酒を渡しミックの心を癒す。

失意のミックは街角でガスの車を降りるが、殴ったポン引きと仲間に襲われてしまう。

ガスの車にナイフを置き忘れてしまったミックは、危ういところを、駆けつけたガスに助けられる。

翌日、ミックは帰国する前に、アメリカを見て回る旅(ウォークアバウト)に出ようとする。

ホテルでそれを知ったスーは、慌ててミックを追う。

スーは、地下鉄のホームの雑踏で、乗車を待つミックを見つける。

ホームの人ごみの中、スーは人々の協力で自分が結婚しないことを伝える。

それがなぜかと質問するミックに、スーは愛しているからと答える。

それを聞いたミックは、雑踏を押しのけ、人々の頭上を通り、祝福されながらスーの元にたどり着き、二人は固く抱き合う。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「クロコダイル・ダンディー」(1986)
・「クロコダイル・ダンディー2」(1988)
・「クロコダイル・ダンディー in L.A.」(2001)

*(簡略ストー リー)

ニューヨークの大新聞社社主令嬢で記者のスーは、オーストラリアの奥地の伝説の男、ミック”クロコダイル”ダンディーの取材に現地に向かう。
スーは、粗野だが人間味があり、逞しい野生人ミックに心惹かれるようになり、彼を、大都会ニューヨークに連れて行くことを提案する。
ミックも、スーに好意を持ち始めてそれに同意して、初めて飛行機に乗りオーストラリアを離れる。
ミックは、現地ニューヨークや人々の生活に驚くのだが、彼の飾り気のない素朴な人柄は、ニューヨーカーの心を捉える。
そして、ミックとスーも一層心が通じ合うのだが、彼女がフィアンセから求婚されてしまい、ミックは身を引きニューヨークを去ろうとする。
しかし、そんなミックを諦めきれないスーは、彼の後を追う・・・。
__________

コメディ映画の枠を超えた、野性味や素朴さ、飾り気のないポール・ホーガンのキャラクターが見事に生かされている作品。
人々を虜にする、主人公の魅力と活躍が心和ませる、人情味溢れる感動のドラマに仕上がっている。

第59回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

田舎者が大都会ニューヨークで活躍すると言えば、クリント・イーストウッドの「マンハッタン無宿」(1968)や、それをモデルにしたデニス・ウィーバーのテレビドラマ「警部マクロード」(1970-77)を思い出すが、二番、三番煎じどころか、ポール・ホーガンの、とてつもなく奔放、痛快なキャラクターは、世界中で大いに受けた。

スー役リンダ・コズラウスキーが後にポール・ホーガン夫人になってしまうところをみると、彼は実生活でも、ドラマの中のミックと同様、魅力的な人物なのだろう。
*二人は2014年に離婚。

この後に「ダイ・ハード」シリーズ(1・2)に出演して活躍する、リムジンの運転手役レジナルド・ベルジョンソンとミックの交流、芽生える友情物語もいい。

名作「渚にて」(1959)にも出演していた、ミックの相棒でユーモア溢れるジョン・メイロン、嫌味でキザな男マーク・ブラム、スーの父で新聞社社主マイケル・ロンバードなどが共演している。

大国アメリカをも圧倒する、オーストラリアの広大さが伝わってくるロケや、国民性やスケールの大きさが窺える演出も興味深い。

ミックとスーが結ばれる、地下鉄ホームのラストシーンの盛り上りは忘れ難い。

乗車を待つ雑踏の中、長身の二人の男がミックまで口伝えにスーの気持ちを伝える。
彼女の気持ちを受け止めたミックは、野生児らしく人々の頭伝いにスーの所へたどり着く。

劇場で初めて観た際、泣かせるラストに大感激したことを思い出す。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター