十字砲火 Crossfire (1947) 4/5 (28)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1945年に発表された、リチャード・ブルックスの小説”The Brick Foxhole”を基に製作された作品。
ユダヤ人殺害事件を解明しようとする刑事の執念の捜査を描く、監督エドワード・ドミトリク、主演ロバート・ヤングロバート・ミッチャムロバート・ライアングロリア・グレアム他共演によるフィルム・ノワールでサスペンス映画の名作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:エドワード・ドミトリク
製作:エイドリアン・スコット
原作:リチャード・ブルックス”The Brick Foxhole”
脚本:ジョン・パクストン

撮影:J・ロイ・ハント
編集:ハリー・G・ガースタッド
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
フィンレイ警部:ロバート・ヤング

ピーター・キーリー軍曹:ロバート・ミッチャム
モンゴメリー:ロバート・ライアン
ジニー・トレメイン:グロリア・グレアム
男:ポール・ケリー
ジョセフ・サミュエルズ:サム・レヴェン
フロイド・バウワー:スティーヴ・ブロディ
メアリー・ミッチェル:ジャクリーン・ホワイト
アーサー・ミッチェル伍長:ジョージ・クーパー
リロイ:ウィリアム・ピップス

ディック:トム・キーン
ルイス:マーロ・ドワイアー

アメリカ 映画
配給 RKO
1947年製作 86分
公開
北米:1947年7月22日
日本:1986年11月15日
製作費 $678,000
北米興行収入 $1,300,000


アカデミー賞 ■

第20回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ロバート・ライアン
助演女優(グロリア・グレアム
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

第二次大戦終結直後、ワシントンD.C.
ある部屋で男が殴り倒される。

相手が意識不明だと確認した男はその場を去る。

事件現場に駆け付けたフィンレイ警部は、被害者ジョセフ・サミュエルズ(サム・レヴェン)の死を確認する。

サミュエルズの女友達ルイス(マーロ・ドワイアー)は、彼と食事に行く約束だったためその場で事件を知る。

ルイスは、サミュエルズがバーで3人の復員兵と一緒だったことをフィンレイに話し、動揺する彼女は帰ろうとする。

それを許可したフィンレイは、頭をテーブルで打ったものの、サミュエルズは殴られた傷の方が多いことを知る。

ルイスが部屋を出ようとすると、バーで会ったサミュエルズが気になり見来たと言う復員兵モンゴメリー(ロバート・ライアン)が入り口に立っていた。

モンゴメリーは、バーで会った男達とルイスがいたことをフィンレイに話す。

何があったのかを尋ねたモンゴメリーは、部屋で死んでいるサミュエルズを見て驚く。

サミュエルズと一緒にいことをモンゴメリーに確認したフィンレイは、除隊したばかりの彼が友達に会おうとしていたことを知る。

その友達がアーサー・ミッチェル伍長(ジョージ・クーパー)であり、彼の財布が部屋に落ちていたことをフィンレイはモンゴメリーに伝える。

財布は落としたのだろうとモンゴメリーに言われたフィンレイは、ミッチェルも軍人であると聞きその場を離れる。

部屋でポーカーをしていたピーター・キーリー軍曹(ロバート・ミッチャム)は、ミッチェルを捜しているMPに連れられて殺人事件の件で警察に向かうことになる。

フィンレイにミッチェルのことなどを聞かれたキーリーは、自分は戦場で人を殺したが、ミッチェルは人など殺せないと話す。

ミッチェルの妻メアリー(ジャクリーン・ホワイト)に電話をした理由をキーリーに尋ねたフィンレイは、彼女が夫の浮気を疑っていたのかもしれないと答える。

妻が傍にいてほしいと考えるミッチェルの気持ちを分かってほしいとメアリーに伝えたと言うキーリーは、彼女が今夜の飛行機で到着することをフィンレイに伝える。

フィンレイが部下のモンゴメリーを呼んだために驚くキーリーは、彼がミッチェルとフロイド・バウワー(スティーヴ・ブロディ)と共にバーにいて、その後、被害者のサミュエルズの部屋に向かったことを知る。

ミッチェルとモンゴメリーが部屋から出て、モンゴメリーだけが戻って来たこともフィンレイは話す。

その場にミッチェルがいた証拠である財布を見せられたキーリーは、フロイドの行方が分からないことを知る。

現れたモンゴメリーは、絵描きでもあるミッチェルは人殺しなどできないと言って、元警官の経験で話していることをフィンレイに伝える。

フロイドの友人リロイ(ウィリアム・ピップス)がバーでルイスの服に酒をこぼし、彼はその場を出て行ったとモンゴメリーはフィンレイに話す。

そしてモンゴメリーは、その場で起きたことを語り始める。
__________

ミッチェルが気になっていたモンゴメリーは彼に話しかけるが、リロイがルイスの服に酒をこぼしてしまう。

自分を庇うようにしながらもモンゴメリーから皮肉を言われたリロイは、気分を害してその場を去る。

ルイスも席を外し、サミュエルズの横に座ったモンゴメリーは、世の中には嫌な奴がいると言って話しだすが、その内容が気になるサミュエルズはミッチェルが座った別のカウンターに向う。

仕方なくフロイドと語り合っていたモンゴメリーは、ミッチェルらが席を立ったために後を追う。

モンゴメリーとフロイドはサミュエルズの部屋に向い、酔ったミッチェルはその場を去る。

サミュエルズはルイスと出掛ける用があり、ミッチェルが心配なモンゴメリーとフロイドは彼を捜す。
__________

ミッチェルや他の者達を見たのはそれが最後だったとモンゴメリーは語る。

フロイドとホテルに戻ろうとしたモンゴメリーだったが、ミッチェルが気になりサミュエルズの部屋に戻り、事件現場となっていたその場でフィンレイに会ったのだった。

とにかくミッチェルが心配でならなかったと言うモンゴメリーは、サミュエルズとは親しい関係ではないが、好きになれない彼のようなユダヤ人は大勢知っていると話す。

モンゴメリーはその場を去り、彼がユダヤ人を嫌うのは教養がないことが原因だとキーリーは指摘する。

ミッチェルの行動を疑うフィンレイは、彼が部屋に戻りサミュエルズと争いになったのではないかと考えるが、キーリーはそれを否定する。

モンゴメリーの話を信じるフィンレイに対し、フロイドの行動も考えるべきだと言うキーリーはその場を去る。

部屋に戻ったキーリーは、行方が分からないミッチェルを警察に知られないように捜しだすため同僚に協力を求める。

街をうろついていたミッチェルは、フィンレイやMPが待機するホテルに戻り、一人の兵士が囮になりその場から彼をキーリーと共に逃がす。

映画館に入ったキーリーは、殺していないと言うミッチェルに不利な立場を教える。

酷く酔っていて覚えていないと言うミッチェルは、バーにいた時からのことを思い出す。
__________

嫌な奴らが多いなどと言うモンゴメリーの話を聴いていて妻に会いたくなり、ミッチェルはその場を離れる。

別のカウンターに移ったミッチェルは、話しかけてきたサミュエルズから、悩みを抱えている様子をルイスが気にしていたと言われる。

何のために戦っていたのか、その相手がいなくなった現状で心を切り替えることが難しい復員兵の気持ちを理解するサミュエルズは、郵便局の壁画などを描いていたミッチェルの話を聞いてあげる。

その後ルイスが戻り、三人は食事をすることになりバーを出る。

ミッチェルは、サミュエルズの部屋でルイスが着替えてくるのを待ち、そこにモンゴメリーとフロイドが現れる。

二人はその場に居座り酒を飲んでいたが、ミッチェルは気分が悪くなり、その後に起きたことをよく覚えていない。

外の空気を吸うため部屋を出たミッチェルは、サミュエルズをユダヤ人呼ばわりするモンゴメリーの声などを聞き戻る気はしなかった。

あるバーで働くジニー・トレメイン(グロリア・グレアム)と話したミッチェルは、妻を想い出す彼女と踊る。

その後、鍵を渡されジニーのアパートで眠っていたミッチェルはノックの音で目覚め、現れた男(ポール・ケリー)を中に入れる。

ジジニーの夫、惚れただけ、兵隊になりたいなど男に嘘を並べられて混乱したミッチェルはその場を去る。
__________

そしてホテルに戻り、キーリーにこの場に連れてこられたことをミッチェルは話す。

キーリーからジニーのことを聞かれても思い出せないミッチェルは、妻メアリーが到着する頃だと言われる。

そこに同僚が現れ、フロイドが隠れている場所が分かり、リロイに金の無心をする電話をかけていたということだった。

ミッチェルをその場に残したキーリーは、同僚達と共にフロイドの居場所に向かう。

それより先にモンゴメリーがフロイドと会い、サミュエルズと言い争いになったことは自分達しか知らないと、動揺する彼に言い聞かせる。

なぜサミュエルズと言い争いになっかを聞かれたモンゴメリーは、ユダヤ人が偉そうな話をすることが気に入らなかったと答え、議論だったと付け加える。

ミッチェルが出て行った後で直ぐに部屋を出たということで、モンゴメリーはフロイドと話を合わせる。

その後に現れたキーリーに、ミッチェルが部屋を出た後で、モンゴメリーと彼を追ったことをフロイドは話す。

この場ではモンゴメリーには会っていないことをフロイドに確認したキーリーは立ち去る。

隠れていたモンゴメリーは、リロイに電話をしたためにぶち壊しだと言って、フロイドを責めて殴り倒してしまう。

警察に向かったキーリーは、フィンレイに会いに行くものの待たされる。

部屋に通されたキーリーは、フロイドが絞殺されたことを知らされ、会った直後に知らせていれば死なせなくて済んだとフィンレイに言われる。

ミッチェルの立場が益々悪くなり、居場所を教えるべきだとフィンレイに言われたキーリーは、ミッチェルを助けるために協力を求められる。

それを拒めば逮捕すると言われたキーリーは従う気はなく、自分達で捜すべきだとフィンレイに伝える。

連行されそうになったキーリーは、仕方なくミッチェルと話したことを伝え、彼がジニーという女と会っていたことを話す。

キーリーは話をした後でフロイドに会いに行き、それを知っていたミッチェルは、後をつけて殺すチャンスがあったことをフィンレイは指摘する。

その場にいたミッチェルの妻メアリーは、キーリーが夫の居場所を教えれば、彼を釈放して夫に合わせてもらえるかをフィンレイに問う。

会うことは許すが釈放はしないというフィンレイの言葉で、キーリーはミッチェルが映画館にいることを教える。

現れたメアリーから情況を聞いたミッチェルは、戦争が終わり自分が嫌になり、再び召集されることを恐れる悩みを彼女に伝える。

ジニーに会えば潔白が証明できると言うメアリーは、ミッチェルを連れて映画館を出る。

警官待機し一人でジニーを訪ねたメアリーは、追い払われそうになるものの何とか部屋に入れてもらう。

ミッチェルと会ったことは認めるが、鍵を渡したことなどを否定するジニーは、入り口に現れたフィンレイに質問される。

苛立つジニーは、ミッチェルには二件の殺人容疑がかけられていることをフィンレイから知らされる。

夫を救おうとするメアリーに、自分には関係ないことだと言うジニーは、この場でミッチェルとは過ごさなかったとフィンレイに伝える。

バーで会っていた時間が問題だとフィンレイに言われたジニーは、犯行時間にミッチェルはいなかったと話す。

その前に部屋の鍵を渡したと言うジニーは、遅くに帰ったがミッチェルはいなかったことを伝える。

奥の部屋にいた男はミッチェルと会ったことをフィンレイに伝え、自分がジニーの夫で別居中だと語る。

署に戻ったフィンレイは、ミッチェルにユダヤ人のサミュエルズを嫌っていたということを否定される。

サミュエルズに軍歴があることを知ったフィンレイは、呼んでいたモンゴメリーに、サミュエルズが民間人だと言ったことを確認する。

その場でユダヤ人批判を始めたモンゴメリーに、犯人の見当はついたと語るフィンレイはフロイドのことを聞き、知らないという彼を牽制する。

夜が明けてキーリーと話し始めたフィンレイは、殺人の動機についてを考えるが、事件に関係している者達がそれほどサミュエルズと親しくないことに注目する。

殺人には必ずその理由があると言うフィンレイは、妻との浮気、金目当てなどと考えるほど、被害者のことを犯人は知らないはずだと指摘する。

ポイントは犯人の心の問題で、サミュエルズを殺したいほど憎んだ者は、納得できる動機などないという考えをフィンレイは語る。

犯人が特定できたと言うフィンレイは、余りにも単純な動機であったためにそれを見逃したと話す。

それが誰だか分かるだろうと言われたキーリーは、犯人だと確信するモンゴメリーを、どの程度知っているかをフィンレイに問われる。

好意的には思っていないと言うキーリーは、モンゴメリーが親友のフロイドも殺しただろうということで意見が一致し、リロイのことは分からないと答える。

リロイの話をモンゴメリーが信じるだろうと考えたフィンレイは、フロイドの件を新聞に出さないよう手配する。

キーリーは、リロイをこの場に連れてくるようフィンレイに指示される。

1時間で戻ったキーリーは、フィンレイに協力を求められるリロイが動揺しているために落ち着かせる。

モンゴメリーには殺す理由がないと言うリロイだったが、ユダヤ人批判が彼の口癖だったことは認める。

殺人を犯す考えや計画などはないが、モンゴメリー以外にも世間はユダヤ人を差別しているのが確かだとフィンレイは語る。

この件に関与することを嫌うリロイは困惑し、無理強いはできないフィンレイはある話を始める。

かつて、ジャガイモ飢饉によりアメリカに移住したアイルランド人がいたのだが、やがて差別されて迫害を受け、その一人である自分の祖父も、”憎い”というだけで殺された話をしたフィンレイは、そのようなことは学校の歴史では教えないとリロイに伝える。

この件が、ユダヤ人であるために殺されたサミュエルズと、また、南部人であるだけでモンゴメリーにからかわれたことと違うかを問われたリロイは、協力を決心する。

ホテルに戻り、フロイドから電話を受けて会う約束をしたことをモンゴメリーに話したリロイは、その場所を書いた紙を確認するため部屋に向かう。

それを見たモンゴメリーは、この件を誰にも言うなとリロイに伝えて部屋を出る。

新聞をチェックしたモンゴメリーは、フロイドが殺された記事がどこにもないことを確認し、警察に向かいフィンレイを訪ねる。

フィンレイが不在だと知ったモンゴメリーは、フロイドの行方が分からないため心配だと、その場にいた刑事ディック(トム・キーン)に話す。

その後、不安を隠せないモンゴメリーはフロイドを殺した部屋に向い、ディックが現れたために焦る。

フロイドを捜していると言うモンゴメリーは部屋に案内され、その場にいたフィンレイからフロイドが死んだことを知らされ、驚いたように見せる。

昨日は知らないと話したこの場所をホテルで聞いたと言うモンゴメリーは、サミュエルズを殺した犯人の犯行かをフィンレイに尋ねる。

そうかもしれないと言うフィンレイは、フロイドと会う約束だったモンゴメリーが、誰からその連絡を受けたのかを問う。

戸惑いながらリロイのことを話したモンゴメリーは、フロイドが心配だったことを話す。

この場に来たことがあるのかを聞かれたモンゴメリーはそれを否定し、紙に書いた住所をリロイから知らされたと答える。

そのメモ書きがリロイの部屋にあるだろうと話すモンゴメリーは、それをフィンレイから見せられる。

メモを見たものだとモンゴメリーが認めたため、フィンレイは逮捕することを伝える。

2件の殺人容疑で逮捕すると言うフィンレイは、初めてこの場に来たと答えるモンゴメリーに、メモは隣の住所で自分が書いたと伝える。

ミスを犯したと言われたモンゴメリーは隙を見て逃げようとするが、通りに出て走り出したところでフィンレイに銃撃される。

モンゴメリーの死体を確認したフィンレイは、その場の処置をディックに任せる。

現れたキーリーとリロイにモンゴメリーが死んだのかを聞かれたフィンレイは、彼の心は前から死んでいたと語る。

リロイのとった行動は正しかったと伝えたフィンレイは、ミッチェルの妻のことをキーリーから聞かれ、二人で駅にいるだろうと答える。

二人がうまくいくと思うかを聞かれたキーリーは、ギクシャクしながらもうまくはいくと答える。

フィンレイはその場を去り、キーリーはリロイをコーヒーに誘う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

第二次大戦終結直後、ワシントンD.C.
ユダヤ人のサミュエルズが殺害され、事件を担当するフィンレイ警部は、被害者が三人の復員兵と一人の女性と行動していたことを知る。
その場に財布を落とし行方が分からないミッチェル伍長に疑いがかかり、被害者と関りを持ったモンゴメリーやその上官だったキーリーなどからフィンレイは話を聞く。
ホテルに戻ったミッチェルを連れ出し話を聞いたキーリーは、殺人犯には思えない彼を助けるために同僚達に協力を求める。
捜査は難航し、ミッチェルは人を殺すような人物ではないと言う周囲の意見とは裏腹に、彼の犯行の疑いは深まる。
殺人には必ず理由があるはずで、行動を共にした者達は被害者と深い関係がなかったことにフィンレイは注目し、単純な動機による犯行ではないかと考える・・・。
__________

リチャード・ブルックスの原作は同性愛を題材にしているが、本作はそれをユダヤ人他の人種問題などに置き換えている。

4か月後に公開される「紳士協定」(1947)でもユダヤ人差別問題が描かれ、本作がそれを本格的に扱った最初の作品とも言われている。

犯人は序盤でほぼ判明するのだが、人間心理の愚かさと単純な思想がその動機になったと気づく過程など、巧みに練られた脚本とエドワード・ドミトリクの細やかな人物描写と演出によりドラマに引き込まれていく。

人種問題が原因の犯行であることは観る者にとっては明らかなため、サスペンスとしては冷静に観ていられる内容で、クライマックスにはトリックまで仕組まれているサービス精神旺盛な演出も嬉しい。

第20回アカデミー賞では、作品、監督、助演男優(ロバート・ライアン)、助演女優(グロリア・グレアム)、脚色賞にノミネートされた。

警官の鏡のような冷静沈着な行動と捜査で犯行を解明する警部を好演するロバート・ヤング、兵士達を統率する立場で捜査に協力する軍曹ロバート・ミッチャム、ファンであれば、冒頭の影だけで犯人が彼であることは分かる、ユダヤ人他に偏見を持つ兵士を、オスカーにノミネートされただけあり熱演するロバート・ライアン、疑われる兵士ジョージ・クーパーに絡む女で、出番は少ないが印象深い演技を見せるオスカー候補のグロリア・グレアム、彼女に関係する男ポール・ケリー、被害者のユダヤ人サム・レヴェン、殺される兵士スティーヴ・ブロディ、疑われる兵士の妻ジャクリーン・ホワイト、兵士ウィリアム・ピップス、刑事トム・キーン、被害者の女友達マーロ・ドワイアーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター