ダコタ荒原 Dakota (1945) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

鉄道用地を巡る利権に絡み農民を食いものにしようとする悪党に立ち向かう元ギャンブラーと鉄道会社令嬢である妻の活躍を描く、主演ジョン・ウェインヴェラ・ラルストンウォルター・ブレナンウォード・ボンド他共演、製作、監督ジョセフ・ケインによるコメディ・タッチのアクション西部劇の快作。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョセフ・ケイン
製作:ジョセフ・ケイン
原作
カール・フォアマン

ハワード・エスタブルック
脚本:ローレンス・ハザード
撮影:ジャック・A・マータ

編集:フレッド・アレン
音楽:ウォルター・シャーフ

出演
ジョン・ウェイン:ジョン・デヴリン
ヴェラ・ラルストン:サンドラ”サンディ”ポーライ・デヴリン
ウォルター・ブレナン:バウンス船長
ウォード・ボンド:ジム・ベンダー
マイク・マズルキ:ビッグツリー・コリンズ
オナ・マンソン:ジャージー・トーマス
ヒューゴ・ハース:マルコ・ポーライ
ポール・フィックス:カープ
グラント・ウィザース:スレイギン
ロバート・ブレーク:少年
クリフ・ライオンズ:用心棒

アメリカ 映画
配給 Republic Pictures
1945年製作 81分
公開
北米:1945年12月25日
日本:1950年7月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1870年代。
南北戦争北軍の勝利で終わり、アメリカ国内は分裂を免れ、鉄道が西へと延び、西部は荒くれ者の巣と化していた。

ワイオミング準州南北ダコタは、草原と山々と砂漠が連なるだけの荒野だった。

西部の玄関口であるシカゴは既に栄えた都市で、郊外には、開拓事業に従事する実業家の大邸宅が建ち並んでいた。
__________

ギャンブラーのジョン・デヴリン(ジョン・ウェイン)は、鉄道会社を営む実業家マルコ・ポーライ(ヒューゴ・ハース)の許しを得ず、彼の娘サンドラ(ヴェラ・ラルストン)と結婚してしまう。

屋敷にサンドラを迎えに行ったデヴリンは、ポーライに追い返されてしまう。

サンドラは屋敷から抜け出し、書斎の絵を売って得た2万ドルを持参して、デヴリンと逃走する。

汽車に乗ったデヴリンとサンドラは、ダコタの中継点であるミネソタ州のセントポールへ向かう。

目的を知らないデヴリンは驚くが、サンドラの父ポーライの鉄道会社がダコタまで鉄道を敷く予定で、自分達で土地を手に入れて、会社に高く売ろうというのが彼女の考えだった。

デヴリンは、車内でポーライが差し向けた者達に襲われるが、駅で二人に目をつけていた、ジム・ベンダー(ウォード・ボンド)とビッグツリー・コリンズ(マイク・マズルキ)に救われ親しくなる。

その直後、サンドラは、父ポーライが折れたという内容の電報を受け取り安堵する。

セントポールからファーゴへ向かったデヴリンとサンドラは、バウンス船長(ウォルター・ブレナン)のオンボロ船”川の鳥”に乗船しようとする。

その時、ファーゴの地主が何者かに撃たれ、その場にいたデヴリンは応戦して手に怪我をする。

地主は、”ベンダーに土地を売るな”という妻への言伝を残し、デヴリンの目の前で息を引き取る。

翌日、船上のデヴリンとサンドラの金を狙う男スレイギン(グラント・ウィザース)とカープ(ポール・フィックス)が船に乗り込み、彼らの金を奪って逃げ去る。

その後、バウンスが油断した隙に、船は浅瀬に乗り上げてしまい、無理をして操作を誤った船長は、船を爆発させてしまう。

徒歩でファーゴに向かうことになったデヴリンらは、殺された地主の家が焼き討ちに遭ったことを知る。

デヴリンとサンドラは、バウンスに頼まれて地主の妻に夫の死を知らせ、彼女に馬を借りてファーゴに向かう。

ファーゴに着いたデヴリンらは、途中で消えたコリンズとスレイギンに酒場で出くわす。

町の顔役ベンダーが、黒幕だと気づいていたデヴリンは、彼に、よそ者には騒ぎを起こさせないと言われながらも、強引に金を奪い返そうとする。

デヴリンは、現れたコリンズに殴られて気を失い、サンドラは、ベンダーが銃撃した流れ弾を受けてしまう。

意識を取り戻したデヴリンは、銃を手にしてサンドラを捜し、ベンダーが医者を呼び、彼女は一命を取り留める。

デヴリンは、金は翌日奪い返すと言って、サンドラを連れて部屋に戻る。

翌日、ベンダーは、土地を担保にして農民に収穫資金を融資することを考え、コリンズとカープに扇動させる。

ベンダーは、どう転んでも自分に土地が手に入るように企んでいた。

デブリンは集会場で、コリンズが保安官になったことを知り、警戒しながらベンダーと町に戻る。

手に入れた土地を、ベンダーは鉄道会社に50万ドルで売るつもりでいたが、デヴリンに鉄道用地が他の場所に変わりそうだと言われ、10万ドルで彼にその土地を売る契約を交わす。

しかしベンダーは、町に現れた鉄道会社の交渉係に気づき、デヴリンに渡した譲渡書を奪おうとする。

デヴリンは、隙を見て馬で走り去り、農民の代表に譲渡書を渡すが、ベンダーの手下のスレイギンとカープがそれを奪う。

サンドラに頼まれて、デヴリンの後を追ったバウンスが、代表の家から銃声が聞こえたことを、合流した彼に伝える。

デヴリンは、譲渡書がスレイギンからコリンズに渡されたことを確認し、彼らに銃を向けて強引にそれを奪い返す。

その場にいたベンダーが、知られないように鉄道会社の交渉係を射殺する。

それがデヴリンの犯行にされ、彼は保安官のコリンズに捕らえられ連行される。

譲渡書を手に入れたベンダーは、予定通り収穫を待つ畑に火を放つ。

その時、農民の勇士達が町に乱入し、デヴリンは拘束を逃れる。

ベンダーは、サンドラの2万ドルを持ち逃げしようとするが、それに気づいたコリンズに射殺される。

そこにデヴリンが現れ、コリンズを叩きのめして現金を奪い返す。

事件は解決し、デヴリンは今度こそカリフォルニアへ向かおうとする。

しかし、サンドラは蒸気船を買い取ってバウンスを雇い、船会社を始めると言い出し、デヴリンを驚かせてしまう。


解説 評価 感想 ■

ジーン・オートリーロイ・ロジャース、そしてジョン・ウェインなど、同年代の若手俳優を使い数々の西部劇を手がけたジョセフ・ケイン製作、監督による痛快作。

*(簡略ストー リー)

ギャンブラーのジョン・デヴリンは、鉄道会社の令嬢サンドラと、親の許可を得ずに結婚してしまう。
二人はその場を逃れ、デヴリンの意思に反しダコタファーゴに向かうことになる。
サンドラは、そこに鉄道が通ることを知っていたため、土地を買い取り、父親の鉄道会社に高く売りつけることを考えていたのだった。
絵画を売った2万ドルを手に、汽車の旅からバウンス船長のオンボロ蒸気船で目的地に向かうデヴリンらに、町の顔役ベンダーとコリンズが接近する。
途中デヴリンは2万ドルが奪われてしまい、地主が焼き討ちされていることを知りファーゴに到着して、その黒幕がベンダーだと気づく。
そして、奪われた金を取り戻そうとするデヴリンと町を牛耳り農民達の土地を奪おうとするベンダーの、力と力の戦いが始まる・・・。
__________

戦時中、国内で地道にキャリアを重ね、40歳を手前にして、いよいよ貫禄と逞しさが備わってきたジョン・ウェインの活きのいい演技が見ものだ。

ケンタッキー魂」(1949)でもウェインと共演するヴェラ・ラルストンの、能天気でユーモラスな嫌味の無い令嬢の言動が笑いを誘う。

底抜けに明るいオンボロ蒸気船の船長ウォルター・ブレナンも、大いに笑わせてくれる。

同時期公開のジョン・フォードの「コレヒドール戦記」(1945)でも共演するウォード・ボンドの悪役振りと、元プロ・レスラーマイク・マズルキ、そして、堂々たるジョン・ウェインを加えた三人の巨漢の迫力たるや凄まじいの一言だ。

ウォード・ボンドは、本作で足が悪い設定で杖をついているが、上記の「コレヒドール戦記」でも、負傷して松葉杖をついている役を演じている。
これは演技ではなく、実際に彼が足を怪我してしまっていたための措置だった。

三人に負けない凄みを見せるグラント・ウィザース、この頃は小悪党的役も多いポール・フィックスなど、上記二人同様、お馴染みのフォード一家の登場もファンには嬉しい。

酒場の歌手オナ・マンソン、ヒロインの父ヒューゴ・ハース、ロング・ショットで顔も分からないが、少年役でロバート・ブレーク、用心棒でフォード一家並びにジョン・ウェインの盟友のクリフ・ライオンズも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター