ダンテズ・ピーク Dante’s Peak (1997) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

火山噴火を予知した火山学者が、麓の住民を救おうため町長と協力して危機に立ち向かう姿を描く、監督ロジャー・ドナルドソン、主演ピアース・ブロスナンリンダ・ハミルトン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

WEB SITE     WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:ロジャー・ドナルドソン
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ
製作
ゲイル・アン・ハード

ジョセフ・M・シンガー
脚本:レスリー・ボーエン

撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集
コンラッド・バフ

ティナ・ハーシュ
ハワード・E・スミス
音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード

ジョン・フリッゼル

出演
ハリー・ドルトン:ピアース・ブロスナン

レイチェル・ワンド:リンダ・ハミルトン
ポール・ドレイファス:チャールズ・ハラハン
ローレン・ワンド:ジャミー・レニー・スミス
グレアム・ワンド:ジェレミー・フォリー
ルース:エリザベス・ホフマン
グレッグ:グラント・ヘスロヴ
テリー・ファーロング:カーク・トルートナー
スタン:ツィ・マー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1997年製作 109分
公開
北米:1997年2月7日
日本:1997年3月8日
製作費 $116,000,000
北米興行収入 $67,155,742
世界 $178,127,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントン州。
4年前に、コロンビアの火山噴火で婚約者を火山岩の直撃で亡くした、USGS(アメリカ地質調査所)の火山学者ハリー・ドルトン(ピアース・ブロスナン)は、カスケード山脈の麓の町ダンテズ・ピークに異変があったとの連絡を受ける。

ダンテズ・ピーク。
”人口2万人以下で、最も住みやすい町”の第2位に選ばれた町民はそれを祝っていた。

現地に着いたドルトンは、町長のレイチェル・ワンド(リンダ・ハミルトン)に会い、彼女の子供達グレアム(ジェレミー・フォリー)とローレン(ジャミー・レニー・スミス)を連れ、調査のために湖に向かう。

途中、レイチェルの義母ルース(エリザベス・ホフマン)の家に立ち寄ったドルトンらは、湖の調査を終えた後に温泉に向かう。

温泉が高温なのに気づいたドルトンは、そこで若い男女の死体を見つける。

ドルトンは、子供達をルースに預けたレイチェルに議会を召集させる。

火山活動について、ドルトンの説明を受けた議員達は、警報を出すか否かの表決をしようとする。

そこに、ドルトンの上司ポール・ドレイファス博士(チャールズ・ハラハン)が現れ、現時点での警報が必要でないことを議員に伝える。

調査が目的だと言われたドルトンは、ドレイファスの意見に賛成できず、警報を出すべきだと主張するが、それを却下される。

ドルトンは町を離れようとするが、政治や経済面の配慮が必要だと言う、ドレイファスの判断に従うことになる。

翌朝、混乱させたことをレイチェルに謝罪したドルトンは、ヘリコプターによる火口の調査に向かい、異常のないことを確認する。

その夜、レイチェルの自宅に招待されたドルトンは、彼女の夫が6年前に蒸発したことを知らされ、自分も、噴火の読み間違えで婚約者を亡くしたことを伝える。

ドレイファスと共に現地入りしていた観測チームは、最新の装置を使い調査を始める。

火口を調査ロボットで調べていたドルトンだったが、その不具合を直そうとしたテリー・ファーロング(カーク・トルートナー)が、落石に遭ってしまう。

ドルトンは、ヘリコプターの救援を要請してテリーを助け、活発化する火山の動きをドレイファスに伝え、再び警報を出すべきだと主張するが受け入れられない。

チームのグレッグ(グラント・ヘスロヴ)も、噴火を予知する観測データが出ていないことをドルトンに伝える。

ドレイファスは、1週間の調査結果を分析し、観測装置を残し、本部で監視することを決定する。

ドルトンに惹かれ始めていたレイチェルは別れを惜しみ、同じ気持ちだった彼と二人の夜を過ごそうとする。

しかし、水道水の異変に気づいた二人は、その水源地に向かい、噴火前の兆候を確認する。

ドレイファスを起こして納得させたドルトンは、町民に向けた警報を発令するようレイチェルに伝える。

その後、町民集会が開かれ、ドルトンが説明を始めるが、直後に、地震と共に火山の噴火が始まる。

町民はパニックとなり、町の建物は倒壊し始め、大混乱の中、ドルトンとレイチェルは子供達の元に向かう。

子供達は、山を下りようとしなかった祖母ルースの家に向かってしまい、それを知ったドルトンとレイチェルも二人を追う。

ドルトンとレイチェルは、何とかルースの家にたどり着き子供達の安全を確認する。

地震と火山灰は収まるが、ドレイファスとの通信も途絶え、家には溶岩が流れ込み、ドルトンは、ボートで湖に非難することにする。

しかし、水が酸化して金属を溶かし、ボートは沈みかけてしまう。

岸まであと一歩のところで、ルースが水に入りボートを引き寄せて重傷を負う。

翌朝、レイチェルは、不仲だったルースとお互いに謝罪し合うが、彼女は静かに息を引き取る。

州兵は到着するものの、地温が上がり山の雪が溶け、土石流が発生してダムが決壊する。

町から非難しようとした観測チームだったが、ドレイファスが土石流に飲み込まれて犠牲となる。

山小屋にあった車で、脱出を試みるドルトンだったが、道を溶岩が塞いでしまう。

固まった溶岩の上を通り抜け、町にたどり着いたドルトンらは、その惨状に驚いてしまう。

ドルトンは、調査ロボットから取り外してあった、NASAが開発した低周波発信機”E.L.F.”を車に積み込む。

その時、火山で火砕流噴火が起き、噴煙が迫る中、ドルトンは、グレアムの遊び場所がある廃坑に車を突っ込む。

”E.L.F.”を車に忘れたドルトンはそれを取りに行くが、落盤が起きて彼は孤立してしまう。

傷を負ったドルトンだったは、何とか車にたどり着き”E.L.F.”を作動させる。

本部に戻っていた観測チームのテリーが、その信号に気づき、ドルトンは無事に救出され、ドレイファスの死を知らされる。

ドルトンは、助け出されたレイチェルや子供達と、固く抱き合う。

そして、ドルトンは、レイチェルらとフロリダで釣りをすることを約束し、ヘリコプターで町を離れる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

婚約者を火山噴火で亡くした火山学者ハリー・ドルトンは、カスケード山脈の異変を知り、麓の町ダンテズ・ピークに向かう。
現地に着き、町長レイチェル・ワンドと調査を始めたドルトンは、万一のことを考え、議会を召集して警報を発する提案をする。
町の存亡に関る事態に、議員の中には、それを渋る者がいた。
そこに、ドルトンの上司ドレイファスが調査チームを引き連れて到着し、政治や経済面の配慮が必要だと言って、彼の意見を退ける。
調査を始めたチームだったが、結果に異常はなく、尚も火山の活発化を主張するドルトンの意見は通らない。
そんな時、水道水の異変から、噴火の前兆が確認され、ドレイファスもそれに納得し、レイチェルは町に警報を発令する。
そして、町民集会の最中、ついに火山噴火は始まり、人々はパニックとなり大混乱となる。
その頃、レイチェルの子供達は、山を下りようとしない祖母の元に向かい、それを知ったドルトンとレイチェルは、子供達の後を追うのだが・・・。
__________

ゴールデンアイ」(1995)で”ジェームズ・ボンド”役者になったピアース・ブロスナンが、心に傷を負う火山学者を演じ、「ターミネーター」(1984)シリーズの中心人物である”サラ・コナー”役として人気が高く、同年、子供のあったジェームズ・キャメロンと結婚するリンダ・ハミルトンとの共演が話題になった作品。

火山噴火に遭い、それに立ち向かう者の勇気などを単純に描いた内容やアイデア、ロジャー・ドナルドソンの演出にもあまり斬新さは感じないが、舞台設定が、山の麓の田舎町ということもあり、どこかのどかで古風な雰囲気に、ホッとしながらも起きる大惨事のショッキングな映像は、非常にインパクトがある。

驚くのは、1億1600万ドルをかけた製作費で、火山噴火の場面などの迫力は凄まじく、また、リアルなCG映像以外にも、精巧なミニチュア・セットも多用され、その点の手抜きのなさは、玄人受けする仕上がりにもなっている。

北米興行収入は、約6700万ドルに留まるが、全世界では約1億7800万ドルのヒットとなった。

主人公の火山学者を演ずるピアース・ブロスナンは、今見ると、公開当時より、どうしても”007”というイメージで見てしまうのが難点にも思える。

町長と母親役を演ずるリンダ・ハミルトン、その子供達ジャミー・レニー・スミスジェレミー・フォリー、義母エリザベス・ホフマン、主人公の意見を退けるが、結局は大惨事の犠牲になる上司チャールズ・ハラハン、観測チームのグラント・ヘスロヴ、カーク・トルートナー、ツィ・マーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター