ダークホース Dark Horse (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

30代の冴えないオタク男が、釣り合うはずもない女性に成り行きで求婚してしまったことで起きる騒動を描く、監督、脚本トッド・ソロンズ、出演ジョーダン・ゲルバーセルマ・ブレアクリストファー・ウォーケンミア・ファロージャスティン・バーサ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:トッド・ソロンズ
製作
テッド・ホープ

デリック・ツェン
製作総指揮:ニック・クエステッド
脚本:トッド・ソロンズ
撮影:アンドリー・パレーク
編集:ケヴィン・メスマン

出演
エイブ・ワートハイマー:ジョーダン・ゲルバー

ミランダ:セルマ・ブレア
ジャッキー・ワートハイマー:クリストファー・ウォーケン
フィリス・ワートハイマー:ミア・ファロー
リチャード・ワートハイマー:ジャスティン・バーサ
マフムード:アーシフ・マンドヴィ
マリー:ドナ・マーフィ
ローリ:メアリー・ジョイ
アーニー:ピーター・マクロビー
ジャスティン:ザカリー・ブース

アメリカ 映画
配給 Brainstorm Media
2011年製作 85分
公開
北米:2012年6月8日
日本:2013年3月2日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $166,228


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

30代の冴えない独身男エイブ・ワートハイマー(ジョーダン・ゲルバー)は、ある結婚式で、ミランダ(セルマ・ブレア)と知り合い、電話番号を教えてもらう。

エイブは、父親ジャッキー(クリストファー・ウォーケン)の不動産会社に勤めてはいたものの、まともに仕事もできずにいた。

過保護に育ちオタクのエイブは、肥満体で見た目も冴えなかったが、ミランダに電話して土曜日に会う約束をする。

土曜日。
ミランダの家に向かったエイブは、彼女の母親ローリ(メアリー・ジョイ)に娘は留守だと言われて車で待つ。

暫くして買い物から戻ったミランダは、現れたエイブのことを忘れていたが、仕方なく彼を家に招き入れる。

両親アーニー(ピーター・マクロビー)とローリにエイブを紹介したミランダは、その後、彼との楽しくもない時間を過ごす。

ところが、エイブはそれを気にもせず、唐突に結婚を申し込んでしまい、ミランダは言葉も返せない。

結局、相手にされなかったエイブは落ち込み、翌日、会社では仕事ができないことをジャッキーに責められ、自分から辞めてしまう。

映画などを見て帰宅したエイブは、ジャッキーと険悪な雰囲気のまま部屋に閉じこもる。

フィリスに慰められたエイブだったが、ジャッキーを非難して家を出ることを母に伝える。

それを思い止まったエイブは、翌日、会社に出勤するものの、医師になった弟リチャード(ジャスティン・バーサ)と比較され、ジャッキーに嫌味を言われる。

事務員マリー(ドナ・マーフィ)にジャッキーのことで悩みを打ち明けたエイブは、ある女性と知り合い求婚したことを話す。

しかし、エイブは断られたことを伝えて気落ちし、マリーは彼を気の毒に思う。

その後、医師として成功しているリチャードからの電話を受けたエイブは、言い争いになり電話を切る。

エイブは、その直後にミランダからの電話を受け、先日のことを謝罪されて家に呼ばれる。

悩むミランダは求婚が本気だったのかをエイブに問い、元恋人のマフムード(アーシフ・マンドヴィ)とも話したことを伝え、結婚に応じてしまう。

数日後、ミランダと両親はエイブの家を訪ねて、ジャッキーとフィリスは彼女らを迎えるもののぎこちない会話が続く。

エイブは、ミランダに家の中を案内して将来を話し合うのだが、彼女は、自分がB型肝炎であり、感染する恐れがあることを伝える。

ミランダから、死ぬ可能性もあり治療中で、誰にも言っていないと言わ、エイブは動揺しながら、気持ちは変わらないと答える。

その後エイブは、ネットでB型肝炎について調べ不安は高まる。

エイブは、ミランダからの電話にも出る気になれず、仕方なく専門家のリチャードに連絡を取ろうとする。

マフムードに会ったエイブは、彼がミランダに肝炎をうつしたと思い込み殴り倒してしまう。

帰宅したエイブは、マリーに誘惑される夢を見て、翌朝、電話でミランダに起こされる。

会議に遅刻したエイブは、ジャッキーに見限られて解雇され、憤慨しながら会社を去る・・・。

自暴自棄になったエイブは、フィリスに見放され気味となり、チャードにも責められる。

そこにマリーも現れ、従弟で会社の同僚ジャスティン(ザカリー・ブース)と付き合っていると言われ頭が混乱する。

大型玩具店に向かったエイブは、店員に”婚約者”を買いたいと言ってしまう。

商品券も求めるエイブはそれを拒まれ、そこにマネージャーのマフムードが現れる。

マフムードは、ミランダにその気がないことや、見放されたことを悟るべきだとエイブに伝える・・・・。

病院に運ばれたエイブは、家族に見守られながら目を覚まし、会社の駐車場で2か月前に事故を起こしたことを知らされる。

その後、見舞いに来たミランダは、治療で病気は治ったことをエイブに伝え、惹かれてもいないのに、こんな気持ちになるとは思わなかったと語る。

エイブはその気持ちをミランダに尋ね、帰ろうとする彼女に、妊娠していることを母フィリスから聞いたことを伝える。

ミランダにそれを否定されたエイブは、彼女が出て行った後に様態が悪化する。

エイブはB型肝炎と診断され、唯一の理解者マリーにキスした後に息を引き取る。

この世に別れを告げて家に戻ったエイブは、ジャッキーが背丈を印してくれた場所の壁紙を剥がし、父が自分を想っていてくれたことを知る。

エイブの葬儀が行われ、子供を産んだミランダも参列する。

その後マリーは、エイブのことを想う日々を送る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

両親に甘やかされて育った、30代の冴えない独身者エイブ・ワートハイマーは、父ジャッキーの不動産会社で一応、働いてはいるものの、仕事が全くできないわがままな男だった。
そんなエイブは、ある結婚式で出会った女性ミランダと連絡を取る。
エイブはミランダの家に向かい、約束を忘れていた彼女との時を過ごして、唐突に求婚してしまう。
それを断られたエイブは、息子を溺愛する母フィリスに励まされる。
ところが、ミランダに呼び出されたエイブは、結婚に応じると言われて驚く。
二人はお互いの両親を紹介して結婚の準備を進めるのだが、エイブはミランダからある秘密を打ち明けられる・・・。
__________

一見、何の変哲もない内容に思える作品なのだが、監督トッド・ソロンズの独特の映像感覚が光るコメディに仕上がっている。

単なるコメディのように始まるものの、ほろ苦い恋愛や親子愛をさりげなく描き、クライマックスはシリアス・ドラマのような雰囲気で終わる。

トッド・ソロンズは、ヴェネツィア国際映画祭の最高賞”金獅子賞”にノミネートされた。

クリストファー・ウォーケンミア・ファロードナ・マーフィなどのベテラン、ジャスティン・バーサセルマ・ブレアの出演が映画ファンにとっては嬉しいのだが、公開されたとは言えないほど興行的には全く振るわなかった作品でもある。

オタクのだめ男をハマリ役で演ずるジョーダン・ゲルバー、婚約者となるセルマ・ブレア、主人公の両親クリストファー・ウォーケンミア・ファロー、弟役のジャスティン・バーサ、ヒロインの元恋人アーシフ・マンドヴィ、会社の事務員ドナ・マーフィ、ヒロインの父ピーター・マクロビーと母メアリー・ジョイ、主人公の従弟で会社の同僚のザカリー・ブースなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター