ダークマン Darkman (1990) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

その後「スパイダーマン」シリーズに大抜擢される、撮影当時弱冠30歳のサム・ライミ原作、監督、脚本の”ヒーローもの”アクション作品。
主演リーアム・ニーソンフランシス・マクドーマンドラリー・ドレイク共演。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:サム・ライミ
製作:ロバート・タパート
脚本
チャック・ファーラー

サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
ダニエル・ゴールディン
ジョシュア・ゴールディン
撮影:ビル・ポープ
編集:デヴィッド・スティーヴン

音楽:ダニー・エルフマン

出演
ペイトン・ウェストレイク/ダークマン:リーアム・ニーソン

ジュリー・ヘイスティングス:フランシス・マクドーマンド
ロバート・G・デュラン:ラリー・ドレイク
ルイス・ストラックJr.:コリン・フリールズ
ポーリー:ニコラス・ワース
リック:テッド・ライミ
エディー・ブラック:ジェシー・ローレンス・ファーガソン
ヤナギモト:ネルソン・マシタ
ヘイスティングスが扮する男:ブルース・キャンベル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1990年製作 95分
公開
北米:1990年8月24日
日本:1991年3月
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $33,878,502
世界 $48,878,502


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

人工皮膚の研究を進める科学者ペイトン・ウェストレイク(リーアム・ニーソン)は、 その合成には成功するものの99分しか持たないという結果に頭を悩ます。

しかし、必ずそれが解決できると信じていたウェストレイクは、同棲している恋人で弁護士ジュリー・ヘイスティングス(フランシス・マクドーマンド)にプロポーズするが、 多忙な彼女は答えを先延ばしにしてしまう。

ジュリーは、土地開発業者ルイス・ストラックJr.(コリン・フリールズ)の収賄に絡む書類を、 開発区域の土地に目を付けている麻薬組織のロバート・G・デュラン(ラリー・ドレイク)が狙っていることを知る。

その頃ウェストレイクは、暗闇の中でなら、人工皮膚が99分以上持ちこたえることを突き止める。

しかし、そこにデュランやその手下リック(テッド・ライミ)が現れ、ウェストレイクは”書類”を渡すよう言われ拷問される。

デュランは収賄の証拠となる書類を見つけ、ウェストレイクを痛めつけ、研究所は爆破されてしまう。

ウェストレイクの遺体はほとんど残らず、ジュリーは彼の葬儀を執り行う。

一方、ウェストレイクは、全身火傷の身元不明者として川で発見され病院に収容されていたが、彼は意識を取り戻し闇に消える。

爆破された研究所に向かい、自分の変わり果てた姿に愕然としたウェストレイクは、機材を持ち出し廃墟となっている工場に向かう。

そしてウェストレイクは、手元にある資材を利用し、顔面の皮膚を再生しようとする。

ウェストレイクは、自分を痛めつけたデュランの手下リックを拷問し、情報を入手し彼を殺す。

同じくデュランの手下のポーリー(ニコラス・ワース)の皮膚を再生したウェストレイクは、彼に成りすまし罠にはめる。

デュランはポーリーを裏切り者とみなし、彼を始末する。

やがて、困難を乗り越え自分の皮膚の再生に成功したウェストレイクは、ジュリーに再会し昏睡状態だったことを伝える。

ウェストレイクは、本当の自分の姿に不安を抱えながらも、ジュリーとのひと時を楽しむ。

その後、デュランに扮したウェストレイクは、彼も罠にはめて警察に逮捕させる。

デュランに扮して手下を騙し、商談に向かったウェストレイクは、釈放されたデュランと出くわしてしまい、99分経過する寸前で逃亡する。

ある日、遊戯施設でジュリーと過ごしていたウェストレイクは、ボール投げの店主と揉めて激怒してしまう。

その瞬間、ウェストレイクには恐るべきパワーが生まれ、相手を叩きのめしてしまう。

自分の異変に気づいたウェストレイクは、動揺しジュリーを置いて走り去ってしまう。

ウェストレイクを追ったジュリーは、彼の研究施設で秘密を知り、彼に協力しようとする。

ジェリーは、ウェストレイクが亡くなった後、依頼人であるストラックを心の支えにしていたが、彼のオフィスに例の書類があるのに気づく。

ウェストレイクが戻ったことを告げ、ストラックとの関係を断とうとしたジュリーだったが、彼がウェストレイクをデュランに襲せ書類を手に入れていたことを知る。

ストラックはデュランを呼び寄せ、生きているウェストレイクの抹殺を命ずる。

ジュリーはウェストレイクの元に向かうが、そこにデュラン一味が現れ彼女は捕らえられる。

ウェストレイクは敵を次々と倒し、デュランの乗ったヘリコプターをワイヤーでトラックに引っ掛け、トンネルでそれを大破させる。

デュランは負傷しながらもストラックの元に現り、二人は建造中のビルの上にジュリーを連れて行く。

ストラックはウェストレイクがデュランに扮していることを見破り、その醜い姿をジュリーに見せる。

ウェストレイクとストラックは鉄筋の上で一騎打ちとなり、ジュリーは転落し、手錠が鉄筋に引っかかり宙吊り状態になる。

ジュリーが落下するのを助けたウェストレイクは、ストラックに襲い掛かり転落死させる。

ウェストレイクは、元の生活には戻れないことをジュリーに告げ、”ダークマン”として生きる道を選び、彼女の元を去って行く。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

科学者ウェストレイクは、人工皮膚の研究を進めていたが、ある事件に巻き込まれて、研究所ごと爆破される。
ウェストレイクは、全身に火傷を負い、醜い姿となり、弁護士である恋人ジュリーに近づくことも出来ず絶望してしまう。
しかし、残った機材で、犯人達の皮膚を合成したウェストレイクは、彼らを罠にはめて復讐していく。
その後、自分の皮膚も再生に成功しジュリーに再会したウェストレイクだったが、驚異的なパワーを秘めた体の変化に気づく。
そしてウェストレイクは、ジュリーの命を奪おうとする、事件の黒幕で土地開発業者ストラックと対決することになる・・・。
__________

多くの変装のトリックやアクションもまとまりがあり、事件を大事にしていくヒーローもの独特の、いかにもご都合主義的なストーリーながら、サム・ライミのシャープな演出により、痛快な仕上がりを見せている作品。

”超能力”のような図抜けたパワーを誇示するヒーローではなく、どことなく悲しげな内に秘めた力強さが、大柄ではあるがアクション派ではないリーアム・ニーソンのイメージに合っている。

軽快な音楽はダニー・エルフマンが担当して、ラストで、主人公が扮する男で登場する、サム・ライミの親友である彼の作品の常連ブルース・キャンベルも登場する。

その後、実力派スタートして才能を開花させるリーアム・ニーソンは、長身を生かし、体を張ったスケールの大きな演技でアクションをこなしている。
続編ができそうな雰囲気で終わり、主人公の活躍を再び見たいという余韻を残す。

劇場未公開版として、その後、続編2作がビデオ化された。

既に「ミシシッピー・バーニング」(1988)でアカデミー助演賞候補になり、演技派として高い評価を受け始めた頃のフランシス・マクドーマンドの敏腕弁護士役も、上記リーアム・ニーソンと共に今見ると実に新鮮だ。

麻薬組織のボスで殺し屋のラリー・ドレイク、その手下のニコラス・ワースサム・ライミの実弟テッド・ライミ、彼らを操る悪の黒幕役のコリン・フリールズ、冒頭で殺される悪党役のジェシー・ローレンス・ファーガソン、主人公の助手役のネルソン・マシタ等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター