ダーク・ウォーター Dark Water (2005) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1996年に発表された、鈴木光司のホラー小説”仄暗い水の底から”の同名映画化作品(2002)のハリウッド版リメイク。
夫と親権を争っている女性の入居先で起きる異変を描く、監督ウォルター・サレス、主演ジェニファー・コネリーアリエル・ゲイドジョン・C・ライリーティム・ロスピート・ポスルスウェイトダグレイ・スコット他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ウォルター・サレス
製作
ダグ・デイヴィソン

ロイ・リー
ビル・メカニック
製作総指揮:アシュリー・クレイマー
原作:鈴木光司仄暗い水の底から
脚本:ラファエル・イグレシアス

撮影:アフォンソ・ビアト
編集:ダニエル・レゼンデ
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演
ダリア・ウィリアムズ:ジェニファー・コネリー

セシリア・ウィリアムズ:アリエル・ゲイド
マーレイ:ジョン・C・ライリー
ジェフ・プラッツァー:ティム・ロス
ヴェック:ピート・ポスルスウェイト
カイル・ウィリアムズ:ダグレイ・スコット
教師:カムリン・マンハイム
ダリアの母親:エリナ・レーヴェンソン
ナターシャ・リムスキー/ダリアの少女期:パーラ・ヘイニー=ジャーディン

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ

2005年製作 104分
公開
北米:2005年7月8日
日本:2005年11月12日
製作費 $30,000,00
北米興行収入 $25,473,352
世界 $49,483,352


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1974年、シアトル
少女ダリア(パーラ・ヘイニー=ジャーディン)は、学校が終わり、雨の中、母親を待つものの一向に現れない。

2005年、ニューヨーク
離婚調停中のダリア・ウィリアムズ(ジェニファー・コネリー)は、夫カイル(ダグレイ・スコット)と娘セシリア(アリエル・ゲイド)の親権を争っていた。

結局セシリアと暮らすことになったダリアは、家賃の安い”ルーズベルト島”でアパートを探すことになる。

ダリアとセシリアは不動産業者マーレイ(ジョン・C・ライリー)と待ち合わせて建物に向かい、管理人のヴェック(ピート・ポスルスウェイト)を紹介される。

老朽化が気になる建物が汚いと言って、セシリアはダリアに意見する。

9階でエレベーターを降りようとした三人だったが、ドアが閉まってしまい、残されたダリアは、誰かに手を握られているように感じる。

その様子を監視カメラで見ていたヴェックは、ダリアの横に誰かが立っているように思える。

ダリアは誰かの言葉を聞いたような感じて、母親(エリナ・レーヴェンソン)のことを想いだす。

ドアが開き、マーレイに案内されて部屋を見たダリアだったが、セシリアは寝室の天井の沁みを気にする。

その後、ダリアはマーレイの説明を受けていたが、セシリアが姿を消してしまう。

屋上に向かったダリアは、セシリアが”ハロー・キティ”のリュックを見つけてその場にいたことに驚き、危険を知らせて叱る。

マーレイは管理人室で、屋上に出るドアを閉めていなかったことについてヴェックを責める。

ヴェックは1時間前にチェックした時は閉まっていたと答え、リュックの中を調べる。

中の人形などが気に入ったセシリアはそれを欲しがるが、ダリアは人の物だと言って注意する。

1週間ヴェックが預かり、持ち主が現れなかった場合は、それをセシリアにあげるということで、マーレイは彼女を納得させる。

セシリアはそれが欲しいために、ここに住みたいとダリアに伝える。

そのために越す必要はないと言うダリアだったが、セシリアがとにかく住みたいと答えるため、マーレイと契約することにする。

カイルは、ルーズベルト島で暮らすというダリアの意見に反対し、必ず親権を手に入れると言って話し合いは決別する。

4日後に引っ越してきたセシリアは、リュックの持ち主が現れないことをヴェックに確認し、ダリアと共に部屋に向かう。

片付けも終わり眠ろうとしたダリアは、寝室の天井の沁みに気づく。

翌日からセシリアは近所の小学校に通うことになるが、ダリアは天井の沁みから水滴が落ちていることに気づく。

学校に向かい、担当教師(カムリン・マンハイム)にセシリアを預けたダリアはアパートに戻る。

ヴェックに沁みのことを伝えたダリアだったが、水道屋に頼むかマーレイに伝えるよう言われる。

医療クリニックでの仕事を見つけたダリアは、マーレイに電話をして、水漏れの件はヴェックに修理させるよう指示される。

アパートに戻り、その件をヴェックに伝えたダリアだったが、彼にそれを断られる。

部屋で、カイルからの弁護士への連絡のメモを見たダリアは、溜まった濁った水を捨てながら頭痛がして気がめいり薬を飲み、水道の蛇口から髪の毛が出てきたことを気にする。

ヴェックの件などをマーレイに伝え修理を約束させたダリアは、頭痛のため横になり眠ってしまう。

”ママ”という声で目覚めたダリアは、上の階の部屋に向かい、水漏れしていないかを確かめようとする。

ドアが開いていたため中に入ったダリアは、水浸しの内部に驚き、シンクや浴室の開いている蛇口を閉める。

そこにヴェックが現れ、住んでいた家族が出て行った後に、子供がいたずらで入ったのだろうとダリアに伝える。

ダリアの部屋の寝室に向かったヴェックは、天井を剥がして乾かし、修理することを彼女に伝える。

セシリアを迎えに行ったダリアは、彼女には想像上の友達がいるようだと教師に言われる。

その夜、眠ろうとしていたセシリアが、聞こえた声と共に歌い話をしているところにダリアが現れる。

ダリアは、セシリアが”ナターシャ”という女の子と話していると聞き彼女を眠らせる。

上の階に誰かがいる気配を感じたダリアは、再びいたずらをされるのを恐れ、夜勤の管理人に苦情を言い部屋に戻り眠る。

自分を嫌う母親が上の階にいる夢を見たダリアは、怖いと言って目覚めたセシリアに起こされる。

ダリアは、自分がうなされているのが怖いと言うセシリアを眠らせる。

翌日ダリアは、弁護士ジェフ・プラッツァー(ティム・ロス)を紹介されて連絡を取る。

教師から、再びセシリアの”友達”のことを聞いたダリアは、無料セラピーを勧められるものの、それを断り娘と話し合うことを伝える。

その後、天井を直してくれたヴェックに感謝したダリアだったが、リュックを持ち主が取りに来たと知ったセシリアは、彼を嘘つきだと言う。

その言葉遣いを注意したダリアは、リュックは机の中にあるとナターシャが言っているとセシリアから聞く。

捨てられて一人のナターシャが、母親に見捨てられた自分と一緒だとセシリアに言われ、ダリアは動揺しながら彼女を責める。

そこにカイルから電話が入り、ダリアは、彼が学校に行ったことや、母親の件をセシリアに話したと言って非難する。

週末、セシリアはカイルの元に向かい、洗濯をするために地下のランドリーに向かったダリアは、その場のゴミ箱の中にあったリュックを見つける。

リュックが”ナターシャ・リムスキー”のものだと分かり、ダリアはそれを戻す。

洗濯機は壊れ、現れたヴェックは子供達の仕業だと言う。

”ナターシャ・リムスキー”の件を聞いたダリアは、それが10階に住んでいた女の子で、母親と出て行ったとヴェックから知らされる。

部屋に戻って眠ろうとしたダリアは女の子の歌声を聴き、戻ってきたセシリアが同じ歌を口ずさんでいた。

再び起きた水漏れで、ダリアはそれが夢だと気づく。

プラッツァーに会ったダリアは、自分の父親は暴力を振るい、母親はアルコール依存症であることをカイルが問題視していると言われる。

更にダリアは、自分が偏頭痛持ちで妄想癖があり、それがセシリアにうつり学校でもその様子が窺えると、プラッツァーが指摘されたと知らされる。

それを否定したダリアは、今後の件を話し合いプラッツァーと別れる。

戻ったセシリアをエレベーターの前で待たせ、カイルに話をしようとしたダリアは、彼がいたずら少年達と一緒であることを目撃して驚く。

セシリアがエレベーターに乗ってしまったことに気づいたダリアは焦るが、戻った彼女はリュックを持っていた。

ナターシャと遊んではいけないことを、ダリアはセシリアに伝え、プラッツァーに電話をして、カイルが少年達を使い自分を陥れようとしていることを話す。

翌日、リュックを捨てるようヴェックに渡したダリアは、再び起きた水漏れを大至急直すことを要求する。

プラッツァーから、上の階に住んでいた母親を見つけたという連絡を受けるが、カイルの行動を証明するのは難しいため、小細工せずに対処することをダリアは確認する。

学校で絵を描いていたセシリアは、自然に動く手に驚き取り乱す。

教師にトイレで手を洗うよう言われたセシリアは、現れたナターシャに気づき、その場は水浸しになる。

気を失ったセシリアは病院に運ばれ、学校に駆け付けたダリアは、カイルが娘の元に向かったことを知らされる。

動揺してプラッツァーに連絡したダリアは、セシリアがアパートに戻っているかもしれないと言われる。

部屋には人影はなく水浸しで、プラッツァーにそれを知らせたダリアは気が動転する。

マーレイを呼び出しダリアの部屋に向かったプラッツァーは、眠っていた彼女を起こしてセシリアの件を伝える。

セシリアは精神診療を受けることになり、プラッツァーは呼び出したヴェックに、上の階の母親がアルコール依存症の治療のため家を出たことを確認する。

ロシア人の父親も娘を見捨て、その後ナターシャがどうなったかを、プラッツァーはヴェックに問う。

ナターシャを階段で見かけた後は知らないと言うベックに、殺されたことも考えられるため、プラッツァーは重大な事件に発展する可能性を伝える。

焦るマーレイは、不手際をダリアに謝罪してベックと共にその場を去る。

プラッツァーに感謝したダリアは彼を見送り、自分と似た境遇であるナターシャ(パーラ・ヘイニー=ジャーディン)の写真を思い出しながら、彼女は物音を聞く。

濡れた靴の足跡に誘われ屋上に向かったダリアは、貯水タンクにナターシャが落ちているのを発見する。

駆け付けた警官に連行されたヴェックが、タンクの蓋を閉め忘れていたためにナターシャが落ちたことを、ダリアはプラッツァーから知らされる。

ヴェックはそれを知っていたため、タンクの掃除をしなかったことも分かり、ダリアは、ナターシャの両親は娘がどちらかと一緒に暮らしていると思っていたと考える。

ダリアはヴェックに感謝し、1年間の家賃免除を交渉すると言われるものの、引っ越すと答える。

セシリアを学校に送ってきたカイルと話し合ったダリアは、娘のために自分が近くに引っ越すことを伝え、彼は納得する。

その後、ダリアが引っ越すことを阻止しようとするナターシャは、浴室でセシリアに襲い掛かる。

ダリアは出て行かないことをナターシャに伝え、セシリアを助ける。

溺れ死んだダリアはナターシャと共に建物内に消えて、遺体は搬送され、カイルはセシリアの元に向かう。

3週間後。
カイルと部屋を片付けたセシリアは、ダリアを想いだし涙する。

エレベーターで階下に向かったセシリアは、カイルが出た後で閉じ込められる。

天井から滴る水滴を見たセシリアは、ダリアがその場にいることを感じる。

ドアは開き、ダリアに髪の毛を編んでもらったセシリアは、建物を眺めながらカイルと共に車でその場を去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2005年、ニューヨーク
離婚調停中のダリア・ウィリアムズは、夫カイルと娘セシリアの親権を争っていた。
セシリアと暮らすことになったダリアは、家賃の安いルーズベルト島”でアパートを探し、不動産業者マーレイに部屋を紹介される。
老朽化が進む、汚い部屋の天井の沁みを気にするセシリアは、屋上でリュックを見つける。
それが気に入ったセシリアは、管理人ヴェックが預かり、持ち主が現れなかった場合はそれをもらえることになったため、その場に住みたいとダリアに伝える。
その後、引っ越したダリアは、寝室の天井の沁みが水漏れとなったため、ヴェックとマーレイに修理するよう要求する。
小学校に通い始めたセシリアは、空想の友達と話すようになり、ダリアは酷くなる一方の水漏れで悩みながら、周囲の異変を感じる・・・。
__________

鈴木光司中田秀夫コンビによるヒット作「リング」に続き,ハリウッドでリメイクされた作品として話題になった。

晴天の場面が一度もない、抑え気味のトーン、陰鬱な雰囲気で統一されている映像の映像の中で、悲しい事件のポイントとなる”水”を、小道具として徹底的に使っている。

ホラーとしての恐怖描写は今一で評価は低く、商業的にもそれほど成功した作品とは言えない。

北米興行収入 $25,473,352
世界 $49,483,352

主人公をはじめ、本作にはまともな家族構成で生活する一家が写真以外では登場しない。
家族と共に行動しているという弁護士でさえも実は独身で、大都会の片隅で慎ましく暮らす者の孤独感がリアルに描かれれている。

ホラー映画としてだけ楽しむのではなく、実力派スターの豪華競演は注目であり、各役柄を個性豊かに演ずる役者の演技に重点を置いて観た方が良い。

主人公を演ずるジェニファー・コネリーは、母親の愛を知らない悲しい過去を持つ女性を熱演し、撮影当時6歳の娘役アリエル・ゲイドの感情表現も素晴らしい。

主人公にアパートを紹介する不動産業者のジョン・C・ライリー、主人公の弁護士役ティム・ロス、アパートの管理人ピート・ポスルスウェイト、主人公の夫ダグレイ・スコット、小学校の教師カムリン・マンハイム、主人公の母親エリナ・レーヴェンソン、亡くなった少女と主人公の少女期を演ずるパーラ・ヘイニー=ジャーディンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター