夜明けのガンマン Dawn Rider (2012) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

ジョン・ウェインがスターになる前に主演した1935年公開の「夜明けの男」のリメイク。
謎の強盗団に父親を殺されたガンマンが、復讐のため意外な敵と戦う姿を描く、主演クリスチャン・スレイタージル・ヘネシードナルド・サザーランド他共演、監督テリー・マイルズによる西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:テリー・マイルズ
製作:ジャック・ナッサー
脚本:ジョゼフ・ナッサー
撮影:ノーム・リー
編集:トレヴァー・ミロッシュ
音楽
ジム・ガットリッジ

ショーン・ホセイン

出演
ジョン・メイソン:クリスチャン・スレイター

アリス・ゴードン:ジル・ヘネシー
コクラン:ドナルド・サザーランド
ベン・マクルーア:ベン・コットン
ラッド・ゴードン:ロックリン・マンロー
メイソン:ケネス・W・ヤンコー
コッブ保安官:エイドリアン・ハフ

カナダ 映画
配給 NGN Productions
2012年製作 93分
公開
北米:未公開
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1883年、ダコタ準州
ガンマンのジョン・メイソン(クリスチャン・スレイター)は、彼を追うコクラン(ドナルド・サザーランド)の襲撃を逃れる。

ワイオミング州、サスパリラ。
覆面の強盗団が現れ、対抗する保安官らを射殺してその場を去るが、奪った物に金目の物は郵便物などたった。

モンタナ州、グレイフォールズ。
酒場のポーカーで揉めて、撃ち合い寸前になったベン・マクルーア(ベン・コットン)は、その場にいたジョンの口添えされる。

林の中で出くわした二人は、ベンが向かうワイオミングのプロミスに、自分と共に働くジョンの父親(ケネス・W・ヤンコー)のことを話す。

プロミス。
父に会ったジョンだったが、歓迎されず銃を向けられた末に殴られてしまう。

その後ジョンは、町で幼馴染みのアリス・ゴードン(ジル・ヘネシー)に出くわし昔を懐かしむ。

鉄道員の給料を運ぶメイソンとベンは、覆面強盗団に襲われて銃撃戦となる。

メイソンは撃たれ、相手の方の傷の”ダブルクロス”で知り合いだと気づき、その場に現れて強盗団を銃撃したジョンにそれを伝える。

ジョンも撃たれていたが、父が口にした”ダブルクロス”という言葉がスペイン語だったために、意味が分からない。

メイソンは息を引き取り、ジョンも意識を失ってしまう。

強盗団のリーダー、ラッド・ゴードン(ロックリン・マンロー)は、無益な殺人を犯して誓いを破った男を決闘で倒す。

ジョンは一命を取り留めてアリスに介抱され、無事だったベンに励まされる。

彼らの前に現れたアリスの兄ラッドは、ジョンの父親の死を悼む。

ラッドを仕事場に呼んだベンは、ジョン親子に何があったのかを聞き、アリスに結婚を申し込みたいことを伝える。

ベンは、アリスが承知すれば異論のないとラッドに言われて喜ぶ。

回復したジョンは、ベンとのことが気になるとアリスに伝える.が、自分とは特別な関係だと確認して彼女と愛し合う。

ジョンは、父の言葉”ダブルクロス”と、農場を失うと言っていたことをラッドに伝える。

5000ドルを用意できなければ、農場を手放すことになるラッドらのことを言っていたのだろうと考えるジョンは、力になることを彼に伝える。

覆面強盗団の情報提供に500ドルが支払われることを知ったジョンだったが、ラッドには、金はどうでもいいことだと話す。

その後、強盗団はベンの輸送馬車を襲い荷物を奪う。

そこに現れたラッドは、痛めつけられたベンを助けたように見せかけて強盗団を追い払う。

ラッドは、3人を殺害したジョンを捜しているコクランに出くわす。

町に立ち寄ったジョンがネバダに行くと言っていたと、ラッドはコクランに話す。

その頃、ベンの元に現金が届き、彼はそれをジョンに見せて警戒する。

コクランは、”ダブルクロス”牧場を訪ねてアリスと会い、刑務所にいたジョンの話をする。

ジョンは、カードを引いて一緒にいた富豪の息子に勝ち出所し、獄中死した息子を憐れんだ親がジョンを恨んだのだった。

刑務所にいたコクランは、その親に借金があり、ジョンを捕えればそれを帳消しにすると言われたため、彼を捜しているのだった。

アリスに追い払われたコクランはジョンの元に向かい、彼にバッジを見せて、自分が連邦保安官だと伝える。

ジョンは考える時間を与えるとコクランに言われ、2日後に待ち合わせ場所に現れなければ、アリスを含め皆殺しにすると脅される。

その様子を見ていたラッドは、仲間達を伴いコクランらを襲う。

ラッドは牧場に戻り、ジョンに覆面を見せて強盗団を全滅させたことを伝え、死体を確認する。

その後ジョンは、コッブ保安官(エイドリアン・ハフ)と共に、拘束されている強盗団の生き残りに会いに行く。

ワイオミング州、クルック郡
男から話を聞き出そうとしたジョンだったが、その場に現れたラッドが、銃を奪おうとしたと言って男を射殺してしまう。

ジョンは、ベンと共に墓を掘り起こして死体を確認し、それが強盗団でないことを知る。

返済が迫り、酒場でベンの求婚の練習の相手をしていたラッドは、現れたジョンがアリスと関係していることを仄めかしたため二人は殴り合いになる。

その後、二人は仲直りをして、ラッドは、現金が用意されたことと、ジョンが護衛をすることを知る。

アリスの元に向かい護衛をすることを伝えたジョンは、ベンが求婚するつもりだと知らせるものの、自分が好きだと彼女に言われてしまう。

二人は寄り添うが、それをベンに見られてしまい焦る。

ベンがアリスに贈ろうと取り寄せた指輪を、ラッドから受取ったと聞いたジョンは不審に思う。

指輪のことをラッドに問い質したアリスは、彼はそれに答えず、肩の傷を見せるように言われるがそれも拒む。

ベンは、ジョンの責任ではないと言ってアリスのことは許し、二人は出発する。

途中、覆面団に道を塞がれて金を要求された二人だったが、コッブ保安官が馬車から降りて銃を構える。

双方は銃撃戦となり、監視していたラッドに気づいたジョンは牧場に向かった彼を追う。

アリスは銃を隠し持っていたが、戻ってきた兄ラッドを撃つことができず、現れたジョンにそれを伝える。

必ず戻るようにと言って、アリスはラッドを追うジョンを見送る。

事務所に向かったジョンは、現金の箱の中身が石だったことで、その在処をラッドに問われる。

それを拒んだジョンは痛めつけられて、保安官事務所に拘留される。

無事だったベンは牧場に向かい、自分が渡そうとした指輪を、アリスが既に持っていることを知る。

留置場の中でジョンは、父が”ダブルクロス”と言い残したのは、ラッドのことを伝えたかったにだと彼に語る。

ラッドは、アリスのためにも牧場を渡すことは出来ないと伝え、金の在処を教えるようジョンに伝えて立ち去る。

ベンは、戻ってきたラッドに、ジョンとアリスの関係を確認して一応納得する。

アリスは、見張りを殺してジョンを介抱し、酔い潰れたベンのいる事務所に向かう。

ベンは、ラッドらを待ち構える準備をするジョンの拳銃の弾を抜いてしまう。

ジョンは、アリスを愛しているかをベンに確認して、彼女を連れて町を出るよう指示してラッドらの元に向かう。

アリスは、ベンがジョンの銃の弾を抜いたことを知り町に戻る。

ラッドらと相対したジョンは、現れたベンから、嫉妬して弾を抜いてしまったことを知らされる。

ジョンは葉巻に火を点けて、近くにあったバッグに忍ばせたダイナマイトに点火して道に置く。

球を抜いたにしては銃の重さが違うと言ったジョンは、バッグが爆発したと同時にラッドらと銃撃戦を始める。

加勢したベンう撃ったラッドは、アリスに銃を向けてジョンに銃を下すよう要求する。

金がないことを知ったラッドは銃を下し、アリスは兄を殴る。

そこに、死んだと思われたコクランが現れて、ラッドを逮捕する。

コクランは、襲われた後にジョンに助けられたことをラッドに伝える。

罪を帳消しにする証明書をジョンに渡したコクランは、別れを告げて立ち去る。

ジョンは、現金約5000ドルを残してあることをアリスに伝え、二人はその場を立ち去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1883年、ダコタ準州
ガンマンのジョン・メイソンは、自分を追う連邦保安官コクランの襲撃を逃れる。
出会ったベンが、父親と仕事をする配達員だと知ったジョンは、故郷のワイオミング、プロミスに向かう。
父に歓迎されなかったジョンは、幼馴染のアイリスとの再会を喜ぶ。
その後、覆面強盗団に襲われ父を殺され、傷を負ったジョンはアリスに介抱される。
復讐を誓うジョンだったが、息を引き取る前に父が言い残した、”ダブルクロス”という言葉を気にする。
実は強盗団のリーダーは、5000ドルの返済を迫られ”ダブルクロス”牧場を奪われる危機にあった、アリスの兄ラッドだった・・・。
__________

ハリウッド・スターのクリスチャン・スレイタードナルド・サザーランドの出演が注目の作品。

カナダ製の西部劇なのだが、長年の西部劇ファンとしては、あらゆるところで違和感を感じる作品でもある。

ドナルド・サザーランドの出演は、母国の作品ということで実現したのだろうが、70歳を超えて現役バリバリの大物の登場は嬉しい。
クリスチャン・スレイターも、好感の持てる悪党を無難に演じている。

しかし、主人公と愛し合う女性役自体は悪くないジル・ヘネシーが、やたらに銃を手にする場面、取って付けたようなシーンが多い脚本などが気になり、セットや衣装も今一雰囲気がでていない。

主人公を追い続ける連邦保安官を貫禄で演ずるドナルド・サザーランド、主人公に関わる配達員のベン・コットン、強盗団のリーダー、ロックリン・マンロー、主人公の父ケネス・W・ヤンコー、保安官エイドリアン・ハフなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター