大いなる別れ Dead Reckoning (1947) 4/5 (28)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

友人の死を調査していた男が逆に犯罪に巻き込まれてしまうという事件を描く、監督ジョン・クロムウェル、主演ハンフリー・ボガートリザベス・スコットモリス・カルノフスキー共演のフィルム・ノワール


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・クロムウェル
製作:シドニー・ビドル
原案
ジェラルド・ドレイソン・アダムズ
シドニー・ビドル
脚本
オリヴァー・H・P・ギャレット
スティーヴ・フィッシャー

アレン・リフキン
撮影:レオ・トーヴァー

編集:ジーン・ハヴリック
音楽:マーリン・スカイルズ

出演
ハンフリー・ボガート:”リップ”マードック大尉
リザベス・スコット:コーラル”ダスティー”チャンドラー
モリス・カルノフスキー:マルティネリ
チャールズ・ケイン:キンケイド警部補
マーヴィン・ミラー:クラウス
ウィリアム・プリンス:ジョニー・ドレイク軍曹
ウォーレス・フォード:マクギー
ジェームズ・ベル:ローガン神父
ジョージ・チャンドラー:ルイス・オード

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1947年製作 100分
公開
北米:1947年1月16日
日本:1980年8月30日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

追っ手から逃れようとしている”リップ”マードック大尉(ハンフリー・ボガート)は、ある教会で、従軍神父のローガン(ジェームズ・ベル)に、追われている理由を話し始める・・・。

第二次大戦中。
負傷したリップと親友のジョニー・ドレイク軍曹(ウィリアム・プリンス)は、帰国命令を受けてワシントンD.C.に向かう。

途中、二人は、自分達が勲章を授与されることを知るが、ジョニーは姿を消してしまう。

リップはジョニーを捜すが、彼が自動車事故で焼死したことと、殺人容疑から逃れるために、彼が偽名を使い軍に入隊していたことも知る。

リップは、事件の目撃者ルイス・オード(ジョージ・チャンドラー)を捜すため、マルティネリ(モリス・カルノフスキー)の経営するナイト・クラブを訪れる。

ジョニーが、自分に手紙を渡そうとしたことを知ったリップは、クラブの歌手コーラル”ダスティー”チャンドラー(リザベス・スコット)と出会う。

リップはマルティネリのオフィスに呼ばれるが、飲み物に薬物を入れられて意識を失ってしまう。

リップが目を覚ますと、そこにはルイスの死体があり、自分が濡れ衣を着せられる前に死体を隠す。

キンケイド警部補(チャールズ・ケイン)に、ルイス殺しを 疑われて尾行されたリップは、彼をまいてコーラルと待ち合わせをする。

ジョニーはコーラルと愛し合っていて、彼女の富豪の夫を殺した容疑で、訴えられていたことをリップは知る。

リップは、ジョニーの手紙を手に入れようと、マルティネリの金庫を破ろうと考える。

金庫破りのマクギー(ウォーレス・フォード)を訪ねたリップは、彼から、マルティネリの金庫に手を付けるのは危険だと言われて協力を断られるが、金庫の開け方のコツを教えてもらう。

リップは、マルティネリの家にルイスの死体を放置し、警察に連絡を入れる。

マルティネリのオフィスで、暗号化されたジョニーの手紙を見つけたリップは、何者かに殴られて気絶してしまう。

その後リップは、マルティネリと手下クラウス(マーヴィン・ミラー)に見つかり痛めつけられる。

気絶する前に、コーラルと同じ、ジャスミンの香水の香りがしたことにリップは気づいていた。

隙を見て、クラウスから逃れることに成功したリップは、ローガン神父に、今回の件の経緯を聞いてもらうことにした・・・。

ジャスミンの香りが気になるリップは、その場からから姿を消し、コーラルのアパートに向かう。

リップは、外に咲くジャスミンの香りがしたのだという話と、夫を殺したのはコーラルで、ジョニーは、その身代わりになったと知らされる。

リップはコーラルを信じ、マルティネリのオフィスを襲いクラウスを殴り倒す。

しかし、マルティネリから、コーラルは自分の妻で、裏切り者だと知らされる。

リップは、爆弾でオフィスに火を放ち、警察に向かおうとするが、マルティネリはコーラルに射殺されてしまう。

リップはコーラルと逃亡するが、マルティネリの言葉で、彼女が全てを仕掛けていることを知り、既に信じることは出来なかった。

警察に自首することを勧めるリップに、コーラルは銃を向け、それをかわそうとして車は横転する。

リップは軽傷で済むが、コーラルは重傷を負ってしまう。

そしてリップは、病院に運ばれたコーラルが息を引き取るの姿を、やりきれない思いで見つめていた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

第二次大戦中、負傷したリップと親友のジョニーは、帰国命令を受けてワシントンD.C.に向かう。
途中、自分達が勲章を授与されることを知るものの、ジョニーは姿を消してしまう。
やがて、彼が自動車事故で焼死したことと、殺人容疑から逃れるために、偽名を使い、軍に入隊していたことを知る。
リップは、事件の目撃者のルイスを捜すために、マルティネリのナイト・クラブを訪れる。
ジョニーが、自分に手紙を渡そうとしたことを知ったリップは、クラブの歌手コーラルと出会う。
その後リップは、マルティネリのオフィスに呼ばれるが、飲み物に薬物を入れられて意識を失ってしまう。
目を覚ましたリップだったが、そこには捜していたルイスの死体があり、彼は殺人の濡れ衣を着せられそうになる。
リップは、ジョニーがコーラルと愛し合っていて、彼女の富豪の夫を殺した容疑で訴えられていたことを知る。
そしてリップは、ジョニーの手紙を手に入れようと、マルティネリの金庫を破ろうとするのだが・・・。
__________

フィルム・ノワールの象徴的な俳優で、当時のトップスター、ハンフリー・ボガートの主演作にしては、やや物足りない気もするが、軍人が絡む作品でもあり、 爆弾が出てきたりする小道具の使い方など面白味も多々ある、まずまずの仕上がりにはなっている。

軍人ながら、元会社経営者だけあり、世渡りのうまさや、少々の脅しなどには屈しない主人公ハンフリー・ボガートのタフガイぶりは、なかなか見応えはある。

フィルム・ノワール作品の多くに出演したリザベス・スコットは、何かどこかの誰かに似ているような雰囲気で今一新鮮味がないが、 デビュー間もないことを考えると、仕方がないのかもしれない。

凄みがあるというより、紳士的悪党というような役柄の、クラブオーナー、モリス・カルノフスキーは、顔の表情が非常に印象に残る役者だ。

警部補チャールズ・ケイン、マルティネリ(M・カルノフスキー)の手下マーヴィン・ミラー、主人公の戦友ウィリアム・プリンス、金庫破りのウォーレス・フォード、従軍神父のジェームズ・ベル、事故の目撃者ジョージ・チャンドラーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター