ロサンゼルス Death Wish II (1982) 3.58/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チャールズ・ブロンソンのヒット作「狼よさらば」(1974)の続編で、”デス・ウィッシュ”シリーズはその後も続く。
ニューヨークで、襲われた家族の復讐を果たした主人公がロサンゼルスに移り、娘の命を奪った者達に再び制裁を加えまでを描く、監督、編集マイケル・ウィナー、主演チャールズ・ブロンソンジル・アイアランドヴィンセント・ガーディニアアンソニー・フランシオサローレンス・フィッシュバーン他共演の復讐劇。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ウィナー
製作総指揮
ハル・ランダーズ

ボビー・ロバーツ
製作
メナハム・ゴーラン

ヨーラン・グローバス
原案:ブライアン・ガーフィールド
脚本:デイヴィッド・エンゲルバック
撮影
トーマス・デル・ルース

リチャード・H・クライン
編集
ジュリアン・セミラン

マイケル・ウィナー
音楽:ジミー・ペイジ

出演
ポール・カージー:チャールズ・ブロンソン

ジェリ・ニコルズ:ジル・アイアランド
フランク・オチョア刑事:ヴィンセント・ガーディニア
ハーマン・ボールドウィン:アンソニー・フランシオサ
ニューヨーク検事:J・D・キャノン
キャロル・カージー:ロビン・シャーウッド
エリオット・キャス:マイケル・プリンス
マンキウィッツ警部補:ベン・フランク
ストンパー:ケヴィン・メイジャー・ハワード
カッター:ローレンス・フィッシュバーン
チャールズ・ウィルソン/ニルヴァナ:トーマス・F・ダフィー
ドナルド・キー:チャールズ・サイファーズ

アメリカ 映画
配給
Filmways Pictures(北米)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
1982年製作 88分
公開
北米:1982年2月20日
日本:1982年3月20日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $16,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
ニューヨークからこの地に住居を移した建築家ポール・カージー(チャールズ・ブロンソン)は、恋人でテレビ・リポーターのジェリ・ニコルズ(ジル・アイアランド)と共に、施設にいた娘キャロル(ロビン・シャーウッド)を迎えに行く。

事件でショックを受けたキャロルは、改善がみられるために家に戻り、カージーと暮らすことになる。

ジェリとキャロルを伴い街に向かったカージーは、不良グループのストンパー(ケヴィン・メイジャー・ハワード)やカッター(ローレンス・フィッシュバーン)ら5人に襲われ財布を奪われてしまう。

二人の元に戻ったカージーは、何があったのかを心配するジェリに気遣われる。

その頃、財布の身分証でカージーの住所を知ったストンパーラーは、家に押し入りメイドをレイプする。

帰宅したカージーは、ストンパーらに殴られて気を失い、通報しようとしたメイドも殺され、キャロルは連れ去られてしまう。

カージーの家を訪れたジェリは、彼が襲われメイドが殺されたことを知る。

その後キャロルは強姦され、5人から逃れようとして窓から飛び降りて死亡する。

駆けつけたマンキウィッツ警部補(ベン・フランク)に、犯人の特徴や人相などを詳しく伝えないカージーはキャロルの死を知らされる。

キャロルの葬儀を済ませ、再び起きた悲劇に心を痛めるカージーは、暫く山に篭り心の整理をして街に戻る。

警察への協力を拒むカージーは、安宿の部屋を借り、夜は犯罪都市ロサンゼルスの街を回り犯人らを捜す。

ある夜、ストンパーを見つけたカージーは、廃墟となったモーテルで、ドラッグの取引をする彼を追い詰める。

カージーは、怯えるストンパーを容赦なく射殺してその場を去る。

数日後カージーは、女性をレイプしようとしていた犯人の一人を見つけて殺害する。

無事だった女性と恋人は、命の恩人であるカージーの人相を、マンキウィッツ警部補に話そうとしない。

マンキウィッツから報告を受けた本部長のハーマン・ボールドウィン(アンソニー・フランシオサ)は、警察に代わる抹殺者の出現で、街の混乱を心配する。

ニューヨーク
今回の事件がカージーの仕業とだと確信するフランク・オチョア刑事(ヴィンセント・ガーディニア)は、それを地方検事(J・D・キャノン)に伝える。

カージーが捕まれば、前回の事件を担当した自分達の責任を問われると判断した検事は、ロサンゼルス市警よりも先に彼を逮捕するようオチョアに命ずる。

オチョアを歓迎して協力を約束されたマンキウィッツは、彼が何かを隠していると考える。

ジェリに会ったオチョアは、カージーが4年前に9人殺していることを伝え、それを信じようとしない彼女に探りを入れる。

カージーを尋ねたジェリは、オチョアから聞いた話をして、彼はそれを認めながら、愛は変わらないことを伝える。

二人が会っていることを確認したオチョアは、カージーに自分が見張っていると思わせ彼の夜の行動を探る。

カージーの行動を追ったオチョアは、カッターら三人を見つけた彼を尾行する。

カッターらに気づかれ銃撃戦となったカージーだったが、加勢したオチョアが撃たれてしまう。

カージーはカッターらを殺すが、チャールズ・ウィルソン/ニルヴァナ(トーマス・F・ダフィー)に逃げられ、オチョアに気づく。

瀕死のオチョアは、自分の仇を討つようカージーに伝えて息を引き取る。

翌日、新社屋建設の仕事で報道局にいたカージーは、銃撃戦で逃げたウィルソンを、警察が逮捕しようとしていることを知る。

カージーは、警察無線を傍受できるモニターをその場で借りて現場に向かう。

待機している警察より先に、ウィルソンの部屋に向かったカージーは、彼に傷つけられ逃げられてしまう。

ウィルソンは警官に取り押さえられ、カージーはそれを確認し傷の手当てをして帰宅する。

起訴されたウィルソンは、コカイン使用のため州立病院に送られ、回復後に社会復帰することが決まる。

カージーは、ウィルソンを取材するジェリと共に病院に向かい、医師のIDを奪い偽造してチャンスを窺う。

ジェリに求婚したカージーは、アカプルコで結婚式を挙げることを彼女に約束する。

病院に向かい、医師に扮したカージーは、対応したドナルド・キー(チャールズ・サイファーズ)に案内されてウィルソンに会う。

傷を負いながらウィルソンを殺したカージーは、その場に現れたキーに、娘を強姦され殺されたことを伝える。

カージーの気持ちを理解するキーは、3分後に警報を鳴らすことを彼に伝える。

その場を離れたカージーの姿が見えなくなったことを確認したキーは、警報を鳴らす。

旅立つ支度をして、カージーの家に向かったジェリは、彼が偽造したIDのコピーを見つけ、報道されているウィルソンを殺害したことに気づく。

指輪を外したジェリはその場を去り、直後にカージーが現れる。

その後マンキウィッツは、一連の事件が、自警による殺人だったことを否定する。

カージーは、ジェリは去ったものの、報道局の新社屋のパーティーに社長エリオット・キャス(マイケル・プリンス)から誘われる。

そしてカージーは、その後も夜の街を警戒し続ける。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「狼よさらば」(1974)
・「ロサンゼルス」(1982)
・「スーパー・マグナム」(1985)
・「バトルガンM‐16」(1987)
・「狼よさらば 地獄のリベンジャー」(1994)

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
ニューヨークで強盗に妻を殺され娘をレイプされた建築家ポール・カージーは、この地で平穏な暮らしをしていた。
テレビ・リポーターの恋人ジェリと共に、回復の兆しも見える娘キャロルを施設から退院させたカージーは、街の不良グループに財布を奪われてしまう。
その後、カージーの家はグループに襲われ、メイドがレイプ殺害されて、戻ったカージーも殴られキャロルは連れ去られる。
キャロルは逃げようとして窓から飛び降りて死亡し、失意のカージーは、警察に犯人の情報は伝えず再び自分の力だけで復讐しようとする。
夜の街に出たカージーは、犯人を捜して殺害し始めるが、ニューヨークの事件を担当したオチョアが、彼の犯行と確信して現地に向かう・・・。
__________

思わぬスマッシュ・ヒットとなりシリーズ化された第二弾として、前作の事件を継承して始まる出だしから実に興味深い。

冒頭、主人公達の平穏な暮らしぶりが描写されるものの、一瞬にして悲惨な状況下に置かれる極端な展開に驚く。

マイケル・ウィナーは、容赦なく市民を痛めつける悪党の行動を強烈に印象付けて、犯罪社会アメリカの汚点を真正面から描いている。

市民を守るはずの警察が、情報を得られずに機能せず、それに輪をかけ、市民は制裁を加える主人公を支持するという、野放しの無法者に立ち向かおうとする伝統的な展開は、まるで西部劇のようでもあり痛快だ。

ロックバンド”レッド・ツェッペリン”の、ジミー・ペイジが担当する音楽も注目。

強さを誇る抹殺者でない、傷つきながらも自分の考えを貫き通す主人公を熱演するチャールズ・ブロンソン、女として、そして立場上、主人公の行動を支持できない恋人、C・ブロンソン夫人のジル・アイアランド、前作に続き、主人公を追う刑事のヴィンセント・ガーディニアロサンゼルス市警警察本部長役のアンソニー・フランシオサニューヨーク地方検事のJ・D・キャノン、報道局社長マイケル・プリンス、事件を追う警部補ベン・フランク、犯人のケヴィン・メイジャー・ハワード、若き日のローレンス・フィッシュバーントーマス・F・ダフィー、病院で主人公の行動に理解を示すチャールズ・サイファーズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター