探偵物語 Detective Story (1951) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1949年にブロードウェイで初演された、シドニー・キングスレーによる舞台劇の映画化。
悪を憎む刑事の慌しい署内での激動の一日を描く、製作、監督ウィリアム・ワイラーカーク・ダグラスエリノア・パーカー共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ウィリアム・ワイラー
製作:ウィリアム・ワイラー
戯曲:シドニー・キングスレー
脚本
フィリップ・ヨーダン

ロバート・ワイラー
撮影:リー・ガームス
編集:ロバート・スウィンク
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ジム・マクラウド:カーク・ダグラス

メアリー・マクラウド:エリノア・パーカー
ルー・ブロディ:ウィリアム・ベンディックス
スーザン・カーマイケル:キャシー・オドネル
デイキス:バート・フリード
カール・シュナイダー医師:ジョージ・マクレディ
モナハン警部補:ホレイス・マクマホン
チャールズ”チャーリー”ジェニーニ:ジョセフ・ワイズマン
万引き犯:リー・グラント
ハッチ夫人:グラディス・ジョージ
ギャラガー:フランク・フェイレン
ジョー・フェインソン:ルイス・ヴァン・ルーテン
アーサー・カインドレッド:クレイグ・ヒル
ルイス・アボット:マイケル・ストロング
タミ・ジャコペティ:ジェラルド・モアー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1951年製作 103分
公開
北米:1951年11月6日
日本:1953年2月12日


アカデミー賞 ■

第24回アカデミー賞
・ノミネート
監督
主演女優(エリノア・パーカー)
助演女優(リー・グラント)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク市警、第21分署。
悪を憎む鬼刑事ジム・マクラウド(カーク・ダグラス)は、店の金を横領した青年アーサー・カインドレッド(クレイグ・ヒル)を署に連行する。

入り口で妻メアリー(エリノア・パーカー)に出くわしたマクラウドは、彼女と夕食の約束をして別れる。

署内でアーサーの取調べを始めたマクラウドは、モナハン警部補(ホレイス・マクマホン)に呼ばれる。

その場にいた、出頭する予定だったカール・シュナイダー医師(ジョージ・マクレディ)の弁護士は、手荒なマクラウドが依頼人に乱暴をしないように釘を刺す。

マクラウドは、シュナイダーを殺人者と決め付けていたため、彼の優秀さを買うモナハンだったが、過ぎた行動をしないように警告する。

しかし、懲りないマクラウドは、犯罪者を電気椅子に送り、この手でスイッチを押したいとまで言い放ち、モナハンは呆れてしまう。

その後、マクラウドは、メアリーとの約束があるために帰宅しようとする。

しかし、そこに、2人組みの強盗、チャールズ”チャーリー”ジェニーニ(ジョセフ・ワイズマン)とルイス・アボット(マイケル・ストロング)が連行されてくる。

チャーリーは興奮しているため、マクラウドは同僚のベテラン刑事ルー・ブロディ(ウィリアム・ベンディックス)らと、ルイスを言いくるめて隠れ家を聞き出す。

やがて、アーサーの恋人の妹スーザン・カーマイケル(キャシー・オドネル)が現れ、彼が会社の金を横領したことを知る。

スーザンの姉の評判を落としたくないアーサーは、彼女に帰るように伝える。

署を出ようとしたマクラウドは、出頭してきたシュナイダーを捉まえ、堕胎医である彼に散々嫌味を言う。

その後、証人のハッチ夫人(グラディス・ジョージ)に面通しをさせたマクラウドだったが、彼女はシュナイダーを知らないと言い張る。

マクラウドはシュナイダーを連れ、入院中のもう一人の証人の女性の元に向かおうとする。

しかし、2時間前にその女性が死亡したとの連絡が入り、2人の証人を買収したと決め付けるマクラウドは、シュナイダーに乱暴してしまう。

署に戻ったマクラウドは、シュナイダーの肋骨が折れていることを知ったモナハンから責められる。

シュナイダーは”タミ・ジャコペティ”と言って気を失ったのだが、マクラウドにその名前の心当たりはなかった。

マクラウドとシュナイダーの間に、何があったのかを探ろうとするモナハンは、メアリーに連絡を取り彼女を呼び出す。

同じ頃、チャーリーの隠れ家を調べた刑事達が、押収した盗品を持ち帰り、マクラウドらは盗品リストにある被害者に連絡を入れ始める。

万引きで捕まった女性(リー・グラント)は、簡易裁判を待ちながら、そんな署内の慌しい様子を眺めているだけだった。

彼女は、意味不明な言動を繰り返し、刑事にも相手にされないでいた。

そこに、アーサーの雇い主が現れ、スーザンが宝石を質に入れた金で盗まれた金額を弁償しようとする。

アーサーの悪事を許さないマクラウドは、証人として呼んだ2人の取引を筋違いだと言って止めさせる。

モナハンは、メアリーとマクラウドが出くわさないように、彼に書類探しをさせる。

アーサーは、戦争で恋人と長い間離れていたため、その間に、手の届かない存在になった彼女への思いから魔が差し、金を盗んでしまった苦しい胸の内を語る。

それを聞いていたブロディは、アーサーの雇い主に、今回は彼にチャンスを与えてみてはと提案する。

モナハンは署に来ていたメアリーを呼び寄せ、シュナイダーとの関係を聞く。

メアリーは身に覚えのない名前だと答えるが、明らかに動揺する彼女の様子に、モナハンは質問を続ける。

そして、メアリーに子供がいないかを聞いたモナハンは、それを否定する彼女に、”タミ・ジャコペティ”の名前を出し、その本人(ジェラルド・モアー)を部屋に招き入れる。

ジャコペティは、メアリーとの再会に笑顔を浮かべるが、彼女は動揺して泣き崩れてしまう。

資料室から戻ったマクラウドは、アーサーの依頼主が告訴を取り下げることを知り、それがブロディの提案だと聞き不満を漏らす。

そこに、チャーリーの詳しい犯罪歴の報告が入り、凶悪犯だと知ったマクラウドは、彼を取り調べ室に向かわせる。

マクラウドはアーサーを許そうとせず、スーザンの意見に耳もかさず、雇い主に強引に告訴させてしまう。

モナハンはジャコペティに事情を聞き、かつて恋人同士だったメアリーとの間に子供ができ、その後、彼女が死産したと聞き、その処置をした医師がシュナイダーだった。

マクラウドが、シュナイダーを恨む理由を知ったモナハンだったが、メアリーは夫はそれを知らないことを伝える。

モナハンはマクラウドを部屋に呼び、メアリーは彼と知り合う前に子供ができた時、シュナイダーに診てもらったことを夫に告げる。

メアリーと2人になったマクラウドは、彼女のしたことを責めて罵る。

マクラウドを失いたくなかっただけのメアリーは、彼に理解を求めるが聞き入れられず、その場から逃げ去ってしまう。

その様子でモナハンは、マクラウドがシュナイダーを恨んでいたのが、メアリーのせいでないことを知り彼に謝罪する。

放心状態に近いマクラウドは、アーサーの調書を取り署名させて手錠をかける。

裁判の時間となった万引き女性は、署内の刑事や、犯人らにまで挨拶してその場を去っていく。

アーサーは、スーザンが自分に好意を寄せていることを知り、彼女の気持ちを受け入れる。

寄り添うアーサーと、スーザンをからかうチャーリーを一喝し、ブロディは2人に優しく声をかけて励ます。

ブロディは、アーサーを許すよう屋上にいたマクラウドを説得するが、彼の心はメアリーの裏切りで傷つけられ、冷静な対応ができない。

そこに、実はメアリーの件を以前から知っていた記者のジョー・フェインソン(ルイス・ヴァン・ルーテン)が現れ、彼女の素晴らしさを伝える。

それを承知していたマクラウドは、署に戻ってきたメアリーの元に向かう。

しかし、メアリーは侮辱されたことで耐え切れず、別れることを決めたことをマクラウドに伝える。

混乱していたことを伝えたマクラウドは、メアリーなしでは生きていけないことを告げ、納得した彼女と愛を確かめ合う。

その後、署に現れたシュナイダーの弁護士に、さらに身辺を調べろと言われたマクラウドは、メアリーには他にも男がいたことを疑う。

マクラウドはメアリーにそれを問い詰めるが、彼女は、思いやりもなく残酷で嫉妬深いだけだと夫を責めて彼を見限る。

仕事に戻ったマクラウドは、心配するブロディにメアリーと別れたことを知らせる。

フェインソンもそれを気にするが、憎んでいた悪党の父と同じとまでメアリーに言われたマクラウドは愕然とする。

その時、チャーリーが刑事の銃を奪い署内の者達に銃を向けるが、自暴自棄になったマクラウドが彼に歩み寄っていく。

チャーリーはマクラウドに銃弾を浴びせ、その後、刑事達に取り押さえられる。

瀕死のマクラウドは、ブロディに牧師を呼ぶよう頼み、彼にアーサーの調書を破らせ、告訴を取り下げる。

メアリーに謝罪するようフェイソンに伝え、力になることを頼んだマクラウドは、彼女の名を呼びながら、神に祈りを捧げて息絶える。

ブロディもマクラウドのために祈りを捧げ、アーサーの手錠を外し、二度と罪を犯さぬよう警告して解放する。

フェイソンは、マクラウドが殉職したことを社に知らせ、署を出たアーサーとスーザンは、新たな人生を歩み始める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
犯罪を異常なほど憎む市警の刑事ジム・マクラウドは、会社の金を横領した青年を逮捕し署に戻る。
そこには、簡易裁判を待つ万引き女性、強盗、弁護士、記者、そして被害届けに現れる市民らが入れ替わりで訪れる。
マクラウドは、以前から目をつけていた悪徳医師のシュナイダーに出頭を命じていたのだが、行き過ぎた捜査方法を警部補モナハンに警告される。
そんな言葉を無視するマクラウドは、シュナイダーを証人に会わせるが証拠が掴めず、別の証人も急死してしまう。
そして、シュナイダーが手を回したものと思い込んだマクラウドは彼に暴行してしまう。
モナハンは、異常に思えるマクラウドのシュナイダーに対する憎悪を気にして2人の関係を探ろうとする。
マクラウドの妻メアリーを署に呼び寄せたモナハンは、シュナイダーが知っていた男が、かつて彼女と関係していたことを知る。
それがマクラウドがシュナイダーを憎む理由だと理解したモナハンだったが、夫はそれを知らないはずだとメアリーは伝える。
そして、メアリーと、彼女と関係した男の元にモナハンはマクラウド呼び寄せる。
しかしマクラウドは、予想もしていなかった妻の過去に衝撃を受けて愕然としてしまう・・・。
__________

物語がほとんど分署の中だけで展開する、いかにも舞台劇らしい構成と群像劇の要素も取り入れた作風となっている。

アメリカ社会の縮図をひとまとめにしたような、密室の出来事を淡々と追っていく展開ではあるが、鋭い切れ味を見せる、スリリングで力強いウィリアム・ワイラーの演出は冴え渡る。

第24回アカデミー賞では、監督、主演女優(エリノア・パーカー)、助演女優(リー・グラント)、他、脚色賞にノミネートされた。

邦題の「探偵物語」は意味不明で、何を意図しているのか全く理解できない。

熱血刑事そのまま、気迫溢れる主人公を熱演するカーク・ダグラスが、自滅していく姿も痛々しい。

冒頭に登場して、中盤過ぎまで登場しないことで、アカデミー主演賞にノミネートされたことに疑問を感じしまうエリノア・パーカーは、それ以降、終盤にかけて、刑事の妻役ということで、彼女にしては質素な雰囲気でありながら、その美しさも際立つ迫真の演技を見せてくれる。

人情味あるベテラン刑事ウィリアム・ベンディックス、会社の金を横領する青年クレイグ・ヒル、彼に心を寄せる女性で、ウィリアム・ワイラーの実兄であり、脚本を担当しているロバート・ワイラーの妻でもあるキャシー・オドネル、分署長の警部補ホレイス・マクマホン、悪徳医師ジョージ・マクレディ、強盗犯として怪演を見せるジョセフ・ワイズマン、その相棒マイケル・ストロング、見逃せない好演、万引き犯の女性リー・グラント、新聞記者のルイス・ヴァン・ルーテン、証人のグラディス・ジョージ、刑事役のバート・フリードフランク・フェイレン、メアリー(E・パーカー)の元恋人ジェラルド・モアーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター