犯罪王ディリンジャー Dillinger (1945) 3/5 (27)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ犯罪史上に名高い凶悪犯ジョン・ディリンジャーの生涯を描く、出演ローレンス・ティアニーエドマンド・ロウ、監督マックス・ノセックによる犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:マックス・ノセック
製作
モーリス・キング

フランク・キング
脚本:フィリップ・ヨーダン
撮影:ジャクソン・ローズ
編集
オット・レヴェリング

エドワード・マン
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ジョン・ディリンジャーローレンス・ティアニー

スペックス・グリーン:エドマンド・ロウ
ヘレン・ロジャース:アン・ジェフリーズ
マルコ・ミネリ:エドュアルド・チアネッリ
ドク・マディソン:マーク・ローレンス
カーク・オットー:イライシャ・クックJr.
トニー:ラルフ・ルイス
オットー夫人:エルザ・ジャンセン
オットー:ラドウィグ・ストーセル
ディリンジャーの父:ヴィクター・キリアン

アメリカ 映画
配給 King Brothers Productions

1945年製作 70分
公開
北米:1945年3月2日
日本:1952年7月15日
製作費 $193,000
北米興行収入 $4,000,000


アカデミー賞 ■

第18回アカデミー賞
・ノミネート
オリジナル脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

インディアナ州。
ある劇場で、悪名高き強盗犯ジョン・ディリンジャー(ローレンス・ティアニー)の犯行を伝えるニュース・フィルムが上映される。

その後、舞台に上がったディリンジャーの父(ヴィクター・キリアン)は、息子の生い立ちを話し始める・・・。
__________

地元の高校を中退したディリンジャーは、町のチンピラになっていた。

ある日ディリンジャーは、酒場で恋人に酒をせがまれ、ウエイターに軽蔑された末に、たった7ドルの強盗で捕まり刑務所に入れられる。

ディリンジャーは、金融関連の大物犯罪者スペックス・グリーン(エドマンド・ロウ)と同じ監房になり、自分との格の違いを痛感する。

スペックスから、カーク・オットー(イライシャ・クックJr.)やマルコ・ミネリ(エドュアルド・チアネッリ)、ドク・マディソン(マーク・ローレンス)ら仲間を紹介されたディリンジャーは、手を組めば、強力なギャング集団になれると彼らを根気よく説得する。

自分が出所した後に、彼らを必ず脱獄させると豪語するディリンジャーは、その後、スペックスから犯罪についてを学び励まされ出所の日を迎える。

シャバに出たディリンジャーは、劇場のチケット売りヘレン・ロジャース(アン・ジェフリーズ)から売上金を奪う。

翌日、犯人を面通ししたヘレンは、ディリンジャーを見逃してしまい、やがて二人は惹かれ合う仲になる。

そしてディリンジャーは、セメント樽に武器を隠して刑務所に運び込む。

その武器を使い脱獄したスペックスらと共謀し、その後、ディリンジャーは強盗犯罪を繰り返す。

当然のごとく、一味を仕切るのはスペックスであり、やがてディリンジャーはそれに不満を抱き始める。

そんなディリンジャーは、ヘレンを連れて、かつて侮辱された酒場に向かい、ウエイターに仕返しをする。

ある銀行襲撃で、スペックスの意見を退けて実行されたディリンジャーの計画は、見事に成功して現金を手に入れる。

ディリンジャーは自分の計画だったと主張し、2倍の分け前を要求して、それが認められる。

一味に対する大規模な捜査網が敷かれ、ディリンジャーらは一旦、別行動をとる。

ウィスコンシン州、マニトウィッシュ・ウォーターズ
ディリンジャーはヘレンを連れ、カークの両親(ラドウィグ・ストーセル/エルザ・ジャンセン)が経営する、”リトル・ボヘミア・ロッジ”で仲間達と合流する。

既に一味はディリンジャーが仕切るようになり、村に警官が現れたことを知った彼らは逃亡する。

その後も、各地で銀行強盗を繰り返した一味だったが、ディリンジャーが歯の治療をすることになり、スペックスが彼を裏切り警察に通報する。

ディリンジャーは歯科医で逮捕されて投獄されるが、囚人から買い取った木片で模造銃を作り、看守を脅して脱獄する。

ヘレンと新顔のトニー(ラルフ・ルイス)がディリンジャーを迎え、仲間達にも歓迎された彼は、裏切ったスペックスを射殺する。

その後、財務省の30万ドルを輸送する列車を狙う計画を立てたディリンジャーは、仲間達と列車に乗り込む。

車掌に扮したディリンジャーは、現金は奪うものの銃弾を受け、カークは射殺される。

”社会の敵ナンバー・ワン”に指名されたディリンジャーは、仲間達に連れられ”リトル・ボヘミア・ロッジ”に逃げ込む。

その夜ディリンジャーは、通報しようとしたカークの両親を射殺してしまう。

翌日、警察が間近に迫ったことを知ったヘレンは、関係を持っていたトニーと共に逃げようとする。

それを知ったディリンジャーは、トニーを殺しヘレンを連れて逃亡し、警官達に囲まれたマルコとドクは投降する。

シカゴ
貧しい潜伏生活を続けていたディリンジャーとヘレンだったが、彼女はディリンジャーに1万5000ドルの懸賞金がかけられていることを知る。

1934年7月22日、
久しぶりに外出する気になったディリンジャーは、ヘレンと共に”バイオグラフ劇場”に映画を観に行くことにする。

ディリンジャーを裏切ったヘレンは、”赤いドレス”を目印に、劇場から出てきたディリンジャーの存在を知らせる。

ヘレンは、キャンディを買うといってディリンジャーの元を離れ、その直後、彼は捜査官に射殺される。

そして、死亡した犯罪王ディリンジャーの所持金は、わずか7ドル余りだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

町のチンピラのジョン・ディリンジャーは、わずか7ドル余りの強盗で刑務所行きとなる。
金融関係の犯罪者の大物スペックスと同じ監房になったディリンジャーは、仲間を紹介されてギャング集団結成を考える。
その後、出所したディリンジャーは、約束した通りスペックスらを脱獄させ、その後、銀行強盗などを繰り返す。
やがてディリンジャーは、スペックスからリーダーの地位を奪い取るが、彼に裏切られて逮捕され投獄されてしまう。
難なく脱獄したディリンジャーは、スペックスを殺害し、その後、大金を積んだ列車を襲うものの銃弾を受けてしまう。
隠れ家に潜伏していたディリンジャーは、”社会の敵ナンバー・ワン”に指名され、彼を逮捕するための大規模な捜査網が敷かれる・・・。
____________

これぞ”B級映画”の決定版と言える代表作で、質の悪い”B級”ではなく、短期間で製作されたにも拘らず、わずか70分の上映時間内に収められた、娯楽の要素満載の、映画本来の持つ面白味が凝縮された作品として、実に興味深い作品に仕上がっている。

主人公ディリンジャーの、生い立ちを語ろうとする父の演説から始まるオープニング、うだつの上がらないチンピラが、刑務所で犯罪の極意を学び、次第に凶悪犯に変貌していく姿がリアルに描かれている。

フリッツ・ラングの、「暗黒街の弾痕」(1937)の銀行強盗シーンが、本作の一部として使われていることも有名だ。

実際の仲間や犯行などは、事実とはかなり違い脚色されてはいるものの、隠れ家となる”リトル・ボヘミア・ロッジ”や、模造銃での脱獄、そして”赤いドレスの女”など、随所で実際の出来事などが登場する。

第18回アカデミー賞では、 オリジナル脚本賞にノミネートされた。

付け加えることもないが、音楽担当がディミトリ・ティオムキンということからも、本作を”二流映画”として見てはいけない。

”B級映画”やローレンス・ティアニーのファンでもある、クエンティン・タランティーノが、「レザボア・ドッグス」(1992)で彼を出演させたのも知られた話だ。

ローレンス・ティアニーは、犯罪者には見えない男性で登場するが、犯罪に対して貪欲な考えになる刑務所生活により、凶悪犯へと変貌していく主人公を好演している。

未熟なディリンジャーを手玉に取ろうとする、犯罪者の大物エドマンド・ロウ、主人公を裏切る恋人アン・ジェフリーズ、一味のエドュアルド・チアネッリマーク・ローレンス、ラルフ・ルイス、イライシャ・クックJr.、その両親エルザ・ジャンセンラドウィグ・ストーセル、主人公の父親役ヴィクター・キリアンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター