ディスクロージャー Disclosure (1994) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1994年に発表された、マイケル・クライトン同名小説の映画化。
長年会社を支えた男性が昇進を元愛人に奪われてしまい、更に彼女からセクハラを利用され会社の企む陰謀に巻き込まれていくという、製作、監督バリー・レヴィンソン、主演マイケル・ダグラスデミ・ムーアドナルド・サザーランド他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:バリー・レヴィンソン
製作
マイケル・クライトン

バリー・レヴィンソン
原作:マイケル・クライトン
脚本:ポール・アタナシオ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:ステュー・リンダー
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
トム・サンダース:マイケル・ダグラス

メレディス・ジョンソン:デミ・ムーア
ボブ・ガーヴィン:ドナルド・サザーランド
スーザン・ヘンドラー:キャロライン・グッドール
マーク・ルーイン:デニス・ミラー
ドン・チェリー:ニコラス・サドラー
キャサリン・アルヴァレス:ローマ・マフィア

フィリップ・ブラックバーン:ディラン・ベーカー
シンディ・チャン:ジャックリーン・キム
ステファニー・カプラン:ローズマリー・フォーサイス
メアリー・アン・ハンター:スージー・プラクソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1994年製作 128分
公開
北米:1994年12月9日
日本:1995年2月
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $83,000,000
世界 $214,015,089


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

シアトルのハイテク企業”ディジコム”に勤める製造部長のトム・サンダース(マイケル・ダグラス)は、副社長に昇進確実と思いながら出社する。

しかし、同僚のフィリップ・ブラックバーン(ディラン・ベーカー)から、クビを切られる可能性があることを聞かされ、意気消沈してしまう。

社長ボブ・ガーヴィン(ドナルド・サザーランド)に真意を確かめに行ったトムは、先端機器事業部独立を発案した元愛人のメレディス・ジョンソン(デミ・ムーア)に、副社長の座を奪われてしまい、オフィスに帰り激怒する。

同じ部署のマーク・ルーイン(デニス・ミラー)やドン・チェリー(ニコラス・サドラー)に慰められたトムは、その夜メレディスのオフィスに呼ばれる。

仕事の打ち合わせでメレディスの元に向かったトムだったが、彼女はトムに強引に関係を迫る。

トムはそれを拒んだものの、メレディスの誘惑に負けてその気になってしまう。

しかし、我に返ったトムは彼女を振り払い、不満をぶちまける彼女を無視してその場を立ち去る。

帰宅したトムは、妻スーザン(キャロライン・グッドール)から、昇進できなかったことを慰められ、メレディスに付けられた傷を隠し眠りにつく。

翌朝、メレディスから知らされた時間で会議に遅れたトムは、追い討ちをかけるように、彼女が自分からセクハラを受けたとの報告があったことを、フィリップから知らされる。

それを否定し、立場が逆だとフィリップに主張するトムだったが、”友人”という送信者不明のメールで、セクハラ裁判の記事を見せられる。

記事に名前のあった、セクハラ訴訟の敏腕弁護士キャサリン・アルヴァレス(ローマ・マフィア)を訪ねたトムは、彼女からの厳しい指摘で、裁判に耐えられるか不安が過ぎる。

メレディスが訴えてこないのは、合併話に波風立てたくないからで、トムは、告訴をちらつかせ会社に圧力をかける方法を考える。

実は社長ガーヴィンは、生産ラインで大量の不良品を出す恐れのあるディスクドライブが、1億ドルの利益を生む合併話を壊しかねないことを恐れていた。

そのため、フィリップやメレディスと共謀して、トムの出過ぎた行動を未然に防ごうとしていたのだ。

フィリップやメレディスはトムに転任を迫り、自社株を持つマークはガーヴィンに買収されていた。

今回の件を知らないトムの妻スーザンの前で、マークはそれを暴露してしまう。

スーザンに全てを告白したトムは、彼女にメレディスに謝罪することを強く勧められるが、家族やマイホームのために、彼は闘い抜くことを告げる。

トムはスーザンを伴い訴訟調停に挑むが、メレディスとの意見は真っ向から対立する。

ガーヴィンから歩み寄られたことを、弁護士キャサリンに話したトムだったが、彼女はそれを怪しんでいた。

メレディスとの一件の時、携帯電話で、ある人物に掛け間違え、そのまま通話していたことに気づいたトムは、その通話録音テープを手に入れる。

そのテープを調停に持ち込んだトムとキャサリンは、決定的な証拠を提示し、メレディスに手を引かせる。

歓喜して躍り上がるトムとキャサリンだったが、メレディスとフィリップは、思惑通りに事を進めていた。

全てが丸く収まったかに見えた一件だが、トムは、合併話が進む最中の、メレディスの今回の行動を不可解に思い始め、”まだ終わっていない”という”友人”からのメールを受け取る。

メレディスとフィリップの話を盗み聞きしたトムは、会社が自分を陥れようとしていることを知る。

トムは、新作”コリドー”(仮想現実データ検索システム)を実体験し、マレーシアにある、ディスクドライブ製造工場の空気清浄能力を、省エネのために下げていたことを突き止める。

その時、それを指示したメレディスが、そのデータを全て消去してしまう。

窮地に陥ったトムは、マレーシアから資料を取り寄せ、部下のシンディ・チャン(ジャックリーン・キム)の協力を得て、合併及び新製品”アーカマックス”(高速CD-ROM)の発表会場に向かう。

トムは生産ラインの不備を指摘し、それがメレディスの指示だったことを明らかにする。

ラインの責任者が、トムであることを追求するメレディスだったが、彼女は取り乱して会場から追放される。

メレディスはクビになるが、トムの前で、あくまで意地を張って会社を去ろうとする。

合併を成立させた社長ガーヴィンは、ステファニー・カプラン(ローズマリー・フォーサイス)をCFOに指名し、 彼女はトムの功績を称える。

そしてトムは、ステファニーがメールの送信者”友”だということに気づく。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

シアトル
ハイテク企業の製造部長トム・サンダースは、元愛人メレディス・ジョンソンに、昇進するはずだった、副社長の座を奪われてしまい激怒する。
その後、メレディスのオフィスに呼ばれたトムは、彼女に関係を迫られる。
誘惑に負けそうになったトムだったが、彼はそれを拒み、不満げなメレディスを無視してその場を去ってしまう。
ところが翌日、メレディスはトムからセクハラを受けたという報告を会社側に伝えてしまう。
立場が逆だと主張するトムだったが、この件で訴えられた場合の不安が過ぎる。
その後トムには、送信者が不明のメールなども届き始め、彼は先手を打って、危機を回避しようとするのだが・・・。
__________

北米では約8300万ドルの興行収入に終わったが、全世界では約2億1400万ドルという大ヒットとなった。

実際には親子ほど年が違う主演のマイケル・ダグラスデミ・ムーアの、濃厚なラブ・シーンなどが話題となった作品。

それを序曲として、ハイテク企業が、巨額の利益を得ようとするための犠牲者となる主人公の闘いを、バリー・レヴィンソンが骨太に描いている。

殺人が絡むサスペンスではないが、窮地に追い込まれる主人公の心理や、当時のハイテク技術を効果的に映像化した内容は、なかなか面白味がある。

また、本作をきっかけにして、”セクハラ”という言葉が日本では一般的になった。

彼にしては、地味な役柄に見える役のマイケル・ダグラスは、長年の会社への貢献が報われずに、そればかりか彼の糾弾を企む会社の陰謀に巻き込まれる主人公を熱演している。

ハリウッドの頂点を極めようとしていたデミ・ムーアは、どこまでも強気で、弱みを見せない女性役員を演じ、男性を含めて、他を圧倒する迫力ある演技を見せてくれる。

黒幕でありながら、結局はうまく”駒”を動かして合併を成立させる、彼らしい人を食ったような演技を見せてくれるドナルド・サザーランド、主人公の妻キャロライン・グッドール、同僚のデニス・ミラーニコラス・サドラージャックリーン・キム、敏腕弁護士のローマ・マフィア、会社側に付くディラン・ベーカー、そしてクライマックスで、CFOに指名される謎のメール送信者ローズマリー・フォーサイスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター