ドメスティック・フィアー Domestic Disturbance (2001) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

別れた妻の再婚相手の殺人を目撃しった息子を救うために、敢然と悪に立ち向かう父親の姿と親子愛を描く、監督ハロルド・ベッカー、主演ジョン・トラボルタヴィンス・ヴォーンスティーヴ・ブシェミ他共演のサスペンス・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ハロルド・ベッカー
製作
ドナルド・デ・ライン
ジョナサン・D・クレイン
原案
ルイス・コリック

ウィリアム・S・コマナー
ゲイリー・ドラッカー
脚本:ルイス・コリック

撮影:マイケル・セレシン
編集:ピーター・ホーネス

音楽:マーク・マンシーナ

出演
ジョン・トラボルタ:フランク・モリソン
ヴィンス・ヴォーン:リック・バーンズ
テリー・ポロ:スーザン
マット・オリアリー:ダニー
スティーヴ・ブシェミ:レイ・コールマン
スーザン・フロイド:ダイアン
クリス・エリス:ウォーレン刑事
ニック・ローレン:警官
レベッカ・ティルニー:ローリー
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン:スティーヴンス巡査部長
デブラ・ムーニー:テレサ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2001年製作 89分
公開
北米:2001年11月2日
日本:2002年4月6日
製作費 $53,000,000
北米興行収入 $45,207,112
世界 $59,249,294


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

メリーランド州、サウスポート。
造船会社を経営するフランク・モリソン(ジョン・トラボルタ)は、別れた妻スーザン(テリー・ポロ)の再婚を不満に思う、息子のダニー(マット・オリアリー)の悩みを聞き相談に乗る。

フランク は、スーザンの再婚相手である、実業家リック・バーンズ(ヴィンス・ヴォーン)と、ダニーの仲を取り持つことになる。

仕方なくフランクは、ダニーの気を引く秘訣をリックに教える。

その後、リックとスーザンの結婚式が行われ、そこに、彼の旧友だというレイ・コールマン(スティーヴ・ブシェミ)が現れる。

二人の間の、不穏な空気を感じ取ったフランクは、レイに探りを入れる。

レイはそのまま町に居座り、かつて悪党仲間だったリックが持ち逃げした金のことで、彼を脅迫する。

結婚後、予想通りに、リックとダニーは反りが合わず、母スーザンの妊娠を知ったダニーはショックを受ける。

ダニーは、フランクの元に向かおうとして、リックの車にもぐりこむ。

途中リックは、レイを車に乗せて彼を刺し殺し、レンガ工場で遺体を焼却し、それをダニーは目撃してしまう。

ダニーは、フランクの元に向かいそれを話し、リックの殺人を警察に通報する。

しかし、ダニーの話は信じてもらえないまま、彼は仕方なくスーザンとリックと共に帰宅する。

帰宅後、リックはダニーを脅し、息子が自分に対しては嘘をつかないと確信するフランクは、リックにレイのことを追及する。

そして、危険を感じたフランクは、強引にダニーを自宅に連れて行く。

警察に追われたフランクは、仕方なくダニーを手放すが、行過ぎた彼の行動に、恋人ダイアン(スーザン・フロイド) も去っていく。

その後、ダニーの養育権を争い裁判になるが、再び脅されたダニーは、已む無くスーザンとリックと共に暮らすことにする。

ショックを受けたフランクは、何とかダニーに近づこうとするが、リックの影に怯えるダニーは、父フランクを拒絶するしかなかった。

フランクは、独自にレイの痕跡を探り始め、手がかりを見つける。

リックとレイが、恐喝詐欺事件で有罪になっていたことを突き止めたフランクだったが、突然リックに襲われる。

リックは、フランクのボートハウスに火をつけるものの、火傷を負い、その場を立ち去り、フランクは何とか難を逃れる。

自宅で、フランクのボートハウス火災のニュースを見ていたスーザンとダニーは、リックの火傷を見てその場から逃げようとする。

フランクから、リックに関する情報の知らせを受けた警察のウォーレン刑事(クリス・エリス)とスティーヴンス巡査部長(ルーベン・サンチャゴ=ハドソン)は、ようやくリックの正体に気づく。

フランクは、危険が迫るスーザンとダニーの元に急行し、二人を痛めつけるリックを、ダニーの協力で倒し、家族の愛を取り戻す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

メリーランド州、サウスポート。
造船会社を経営するフランク・モリソンは、別れた妻スーザンの再婚を不満に思う息子ダニーの悩みを聞き、再婚相手リックとの仲を取り持つことになる。
仕方なくフランクは、ダニーの気を引く秘訣をリックに教え、その後、彼とスーザンは結婚式を挙げる。
式の最中、リックの旧友レイが現れ、二人の間に不穏な空気を感じたフランクは、レイに探りを入れる。
町に居座ったレイは、悪党仲間だったリックが持ち逃げした金のことで、彼を脅迫する。
その後、予想通りダニーはリックと反りが合わず、スーザンの妊娠を知った彼はショックを受けて、フランクの元に向かおうとする。
リックは、脅してきたレイと会い、彼を殺害して遺体を焼却してしまうのだが、それをダニーが目撃してしまう・・・。
__________

ジョン・トラボルタ作品にしてはやや小粒な作品という感じを受けるが、ハロルド・ベッカーらしい、軽快でスリリングな演出を楽しむことはできる。

5300万ドルの製作費の内、トラボルタのギャラがかなりの金額のはずなので、全世界の興行収入が6000万ドル弱では、大スター出演で目論んだ大ヒットには遠く及ばなかった製作陣の悲鳴が聞こえそうだ。

かなり太ってしまい、地味な役柄のトラボルタは、終盤、体を張った演技で熱演してはいるものの、ラジー賞にノミネートされてしまい、やや気の毒な感じもする。

実業家と詐欺師の二つの顔を持ち、悪役の方がよく似合うヴィンス・ヴォーン、その妻でフランク(トラボルタ)の前妻でもあるテリー・ポロ、息子のマット・オリアリー、そして、リック(V・ヴォーン)の悪党仲間、曲者役者スティーヴ・ブシェミが、出番は少ないが、いつもながらの個性的な演技を見せてくれる。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター