ダーク・フェアリー Don’t Be Afraid of the Dark (2011) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1973年にABCで放映されたテレビ映画”Don’t Be Afraid of the Dark”のリメイクで、鬼才ギレルモ・デル・トロ製作、脚本、漫画家トロイ・ニクシーの初監督作品。
魔物に呪われた歴史ある屋敷で襲われる少女と家族の恐怖体験を描く、 出演ケイティ・ホームズガイ・ピアースベイリー・マディソン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:トロイ・ニクシー
製作総指揮
ウィリアム・ホーバーグ

スティーヴン・ジョーンズ
トム・ウイリアムズ
製作
ギレルモ・デル・トロ

マーク・ジョンソン
オリジナル脚本:ナイジェル・マッキーンド
脚本
ギレルモ・デル・トロ

マシュー・ロビンス
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
編集:ジル・ビルコック
音楽
マルコ・ベルトラミ

バック・サンダース

出演
キム:ケイティ・ホームズ

アレックス・ハースト:ガイ・ピアース
サリー・ハースト:ベイリー・マディソン
ウィリアム・ハリス:ジャック・トンプソン
チャールズ・ジャコビー:アラン・デイル
アンダーヒル:ジュリア・ブレイク
エマーソン・ブラックウッド:ギャリー・マクドナルド

アメリカ/メキシコ 映画
配給 フィルム・ディストリクト

2011年製作 99分
公開
北米:2011年8月26日
日本:2012年1月21日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $24,042,490
世界 $36,993,168


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロードアイランド州、プロビデンス郡
著名な野生動物画家エマーソン・ブラックウッド(ギャリー・マクドナルド)は、使用人の女性を地下室のアトリエで殺し彼女の歯を抜く。

ブラックウッドは、それを餌にする奥に潜む生き物に渡し、息子を返してもらおうとするのだが、彼は穴に引き込まれてしまう。

現代。
建築家アレックス・ハースト(ガイ・ピアース)は、インテリア・デザイナーの恋人キム(ケイティ・ホームズ)と共に、離婚した妻との娘サリー(ベイリー・マディソン)をロサンゼルスから呼び寄せて暮らすことを考える。

アレックスとキムはサリーを迎えるが、彼女は喜ぶ雰囲気ではなかった。

ブラックウッド荘園を修復しているアレックスは、改修工事を進めながら滞在していた。

大邸宅に驚き興味を抱き見回るサリーだったが、母親と別れて長期間この場で暮らすことと、アレックスとキムの関係を気にして心を閉ざしてしまう。

その夜、地下では、新たな獲物”サリー”を狙う囁きが聞こえる。

翌日サリーは、荘園の敷地内を見て回っていたが、祖父の代からの管理人ウィリアム・ハリス(ジャック・トンプソン)に、危険だと言って注意される。

アレックスは、その裏庭で、地下に埋もれた空間があることを確認し、屋敷内の壁の奥も空洞だと気づく。

壁を壊しドアを見つけたアレックスは、ブラックウッドが使っていたと思われる地下のアトリエを見つける。

その場を観察するサリーは、小さな封印された扉から、自分の名前を呼ぶ声がしたような気がする。

翌日、それが気になったサリーは、扉を開けようとして再びその声を聞く。

アレックスがサリーを呼びに来るが、声がしたという扉からは何も聞こえない。

サリーは戻ろうとするが、扉のボルトが外れてそれが開き、彼女は中を覗きこみ、人間の歯を見つけてその場を離れる。

キムは、心を閉ざすサリーの扱いで困惑し、アレックスに不満を訴える。

その夜サリーは、部屋で例の声を聞き地下室に誘われるが、そこにアレックスが現れる。

アレックスは、ベッドに置いてあった歯を捨てるように伝え、キムと仲良くするようサリーに約束させる。

翌日、アレックスと出かける予定のキムは、ドレスがカミソリでズタズタに切られていることに気づく。

アレックスは、それをサリーがしたことだと決めつけ、否定する彼女を叱り、ベッドで見つけたコインを取り上げる。

地下の何者かがやったことだと気づいたサリーは、アトリエに向かい、それと会話をするが、そこにハリスが現れて彼女を上に向かわせる。

ハリスは扉を閉めようとするが、小動物に襲われ、階上に戻るものの、サリーと家政婦アンダーヒル(ジュリア・ブレイク)の前で倒れる。

アレックスらは戻り、キムは、ショックを受けたサリーに話しかけ、ハリスが助かることを伝える。

その後キムは、サリーをお気に入りの場所である裏庭の、鯉が泳ぐ池に連れて行き彼女を励ます。

ドレスは切っていないというサリーを、キムは優しく抱きしめて、二人はようやくし心触れ合うことができる。

サリーが持っていたコインが、19世紀初頭のものらしいことをアレックスは知る。

キムは、怯えるサリーをベッドに寝かせて寄り添っていたが、その後、独りになったサリーは、暗闇の中で小さな魔物に気づき叫び声を上げる。

アレックスを呼んだサリーは、魔物が地下にいてコインをくれたことを、彼に泣きながら伝える。

精神科医を呼んだアレックスは、サリーが親に愛されていないと思い込んでいることなどを知る。

入院中のハリスの元に向かったキムは、サリーを屋敷から連れ出すよう助言され、ブラックウッドの時代に起きた恐ろしいことの秘密が図書館にあると言われる。

図書館に向かったキムは、ブラックウッドの、公開されていない個人コレクションを確認し、彼が、子供達の歯や骨を餌にする魔物の存在を信じていたらしいことが分かる。

歯と交換にコインが置かれるという、”トゥース・フェアリー”の言い伝えに似た協定、ブラックウッドの息子と、その後、彼自身が失踪したということなども分かる。

その頃、浴室でサリーは魔物に襲われそうになるが、叫び声を聞いたアンダーヒルに助けられる。

屋敷に戻ったキムは、サリーがいなくなったことを知り、アレックスと共に彼女を捜す。

キムは、以前にもあった家出だというアレックスに、ハリスに会って聞いたことやブラックウッドの件が、サリーの話と似ていることと、屋敷を離れるべきだと伝える。

それを聞き入れられないアレックスは、街道を歩くサリーを見つけて屋敷に戻り、修復完成報告のパーティーに備える。

準備を整えたキムは、サリーが魔物から取り上げたカミソリを見つけ、彼らが光に弱いことを知らされる。

そのためサリーは、キムからポラロイド・カメラを渡され、フラッシュをたいてパーティー会場で写真を撮る。

キムは、サリーが描いたスケッチが、ブラックウッドの絵と酷似していることに気づき驚く。

屋敷を去ることを決めたキムは、アレックスに絵のことを伝えて、パーティーには出席せず身支度を整える。

サリーは、現れた魔物の写真に撮り、それをアレックスに見せようとするが、彼は、屋敷と関係のある出席者を集めて挨拶を始める。

アレックスは、屋敷の修復が無事に終了したことを、主賓である、屋敷の修復の依頼人チャールズ・ジャコビー(アラン・デイル)らに伝えていたが、サリーの撮った写真が魔物に奪われてしまう。

サリーは、写真を撮るために、魔物が逃げた書斎に向かい襲われてしまう。

それに気づいたアレックスは、サリーが撮った写真を確認して彼女を抱きしめ、パーティーを中止する。

キムとサリーを信じたアレックスは、屋敷を去ることを決意してアトリエを封印する。

その後、車を出そうとしていたアレックスと、出発の準備を済ませたキムが魔物に襲われる。

魔物は、倒れているキムを見つけたサリーにも襲いかかり、彼女をアトリエに連れて行く。

アレックスとキムは、意識を取り戻してサリーを助けようとするが、キムはアトリエの扉から穴に引きずり込まれる。

サリーは、襲いかかろうとする魔物を懐中電灯で殺すが、現れたアレックスは、戻りかけたキムを救うことができなかった。

競売物件となった屋敷をアレックスと訪れたサリーは、キムのために描いたスケッチを置いて、その場を立ち去る。

スケッチはアトリエの扉に吸い込まれ、魔物と化したキムらの、”誰かが再び現れる、時間はいくらでもある”という囁き声が聞こえる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロードアイランド州、プロビデンス郡
建築家のアレックス・ハーストは、恋人でインテリア・デザイナーのキムと共に、別れた妻から娘のサリーを引き取り暮らし始める。
アレックスは、歴史のあるブラックウッド荘園の屋敷を修復しながら滞在することになる。
しかし、心を閉ざすサリーは、彼やキムと打ち解けることができない。
そんなサリーは、裏庭で地下室の窓らしきものを見つけ、アレックスは、壁の奥にその場に入るドアを見つける。
そこは、著名な動物画家ブラックウッドのアトリエがあった場所だった。
サリーはそこで囁き声を聞き、その後、興味を持った彼女は、閉ざされた小さな扉を開けようとする。
再び声を聞いたサリーは、開いた扉の中の歯を見つけて持ち去る。
その後、キムのドレスがカミソリで切られる事件が起き、それがサリーのしたことだと決めつけられる。
その犯人やベッドに置いてあったコイン、それが、地下の何者かの仕業だと考えたサリーは、再びアトリエに向かうのだが・・・。
__________

漫画家のトロイ・ニクシーの演出ということもあり、デッサンやスケッチが多用されて、”魔物”のデザインも彼自身によるもので、幻想的雰囲気の映像美も楽しめる。

トゥース・フェアリー”の言い伝えを、恐ろしい魔物の呪いと絡めた恐ろしい作品であるため、当然、ターゲットは幼い子供ということで、更に恐怖心を煽る。

とは言っても、おぞましい姿の魔物は小さな生物であり、それほどの威圧感もなく、少女が惨殺されることもないだろうと想像がついてしまう。

キャストは悪くないのだが、北米興行収入は製作費2500万ドルを回収できず、全世界でも約3700万ドルに終わった。

心を閉ざす恋人の娘との関係に苦悩しながら、彼女を守ろうとするケイティ・ホームズ、彼女との結婚を控え、貴重な文化財でもある荘園を修復する建築家のガイ・ピアース、主役とも言える、魔物に狙われる少女を好演するベイリー・マディソン、荘園の秘密を知る管理人のジャック・トンプソン、屋敷の修復の依頼人アラン・デイル、家政婦役のジュリア・ブレイク、屋敷の主であった画家ギャリー・マクドナルドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター