ダブル・ジョパディー Double Jeopardy (1999) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫殺害で有罪となった女性が、事件の裏に隠されえた陰謀と息子を取り戻そうとする孤独な闘いを描く、監督ブルース・ベレスフォードトミー・リー・ジョーンズアシュレイ・ジャッドブルース・グリーンウッドアナベス・ギッシュ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ブルース・ベレスフォード
製作:レナード・ゴールドバーグ
脚本
デヴィッド・ワイズバーグ
ダグラス・S・クック
撮影:ピーター・ジェームズ
編集:マーク・ワーナー
音楽:ノーマンド・コーベイル

出演
トミー・リー・ジョーンズ:トラヴィス・リーマン
アシュレイ・ジャッド:エリザベス”リビー”・パーソンズ
ブルース・グリーンウッド:ニコラス・パーソンズ/ジョナサン・デヴロー
アナベス・ギッシュ:アンジー・グリーン
ローマ・マフィア:マーガレット
ダヴェニア・マクファデン:エヴェリン
ベンジャミン・ウイアー:マティ・パーソンズ(4歳)
ジェイ・ブラゾー:ボビー・ロング
ブレナン・エリオット:ヤッピー
スペンサー・トリート・クラーク:マティ・パーソンズ(11歳)

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1999年製作 105分
公開
北米:1999年9月24日
日本:2000年3月4日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $116,735,231
世界 $177,841,558


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

リビー・パーソンズ(アシュレイ・ジャッド)は、何不自由ない幸せな生活を送っていた。

家庭も裕福で、夫ニック(ブルース・グリーンウッド)、息子のマティ(ベンジャミン・ウイアー)とシアトル郊外の邸宅に住み、友人達に囲まれていた彼女の生活がある事件で一変してしまう。

ニックは、セーリング好きのリビーにヨットを買う事を考え、二人は試乗に出かけることになる。

マティを友人アンジー・グリー(アナベス・ギッシュ)に預け、ニックとリビーは二人だけの時を過ごしていた。

しかし、その夜、彼女が目を覚ますと、ニックは血痕を残して姿を消し、血の付いたナイフが、甲板に落ちていた。

懸命の捜査にもかかわらず、 ニックの遺体は発見されず、リビーは夫殺害の容疑で逮捕されてしまう。

無実を主張するリビーだったが、ニックが200万ドルの保険をかけ、受取人が彼女だと判明し、裁判で有罪の判決を受けてしまう。

服役したリビーは、アンジーにマティを養子にするよう頼むが、しばらくすると、彼女からの連絡が途絶えてしまう。

絶望するリビーを見かねて、同じ囚人のエヴェリン(ダヴェニア・マクファデン)とマーガレット(ローマ・マフィア)は、彼女を励ます。

アンジーの居場所を突き止めたリビーは、マティと電話で話している最中、彼の、”パパ”という言葉を聞いてしまう。

ニックとアンジーに裏切られたと悟ったリビーに、元弁護士のマーガレットが、”ダブル・ジョパディー(二重処罰の禁止)”という、同じ罪で同一人物を二度裁けない法律を彼女に教える。

つまり、夫殺しで裁かれたリビーは、再び夫を殺しても裁かれないというのだ。

それを知ったリビーは、息子マティを取り戻す日のために、体を鍛え始める。

上辺は罪を認め模範囚となり、6年後に仮釈放になったリビーは、保護監察官トラヴィス・レーマン(トミー・リー・ジョーンズ)の共同アパートで暮らすことになる。

法律学の大学教授だったトラヴィスは、飲酒運転で事故を起こし、全てを失った男だった。

リビーはトラヴィスの目を盗み、ニックの行方を捜すため、独自の捜査を開始する。

アンジーの、前の事務所に忍び込んだリビーは、彼女の居場所の手がかりを掴むが、保安官に取り押さえられ、トラヴィスに引き渡されてしまう。

リビーは逃亡しようとして、帰りのフェリーで、手錠につながれたまま車ごと海に落ち、トラヴィスを振り切り逃走する。

その後、リビーは故郷を訪ね、母親が畑に隠してあった現金を譲り受ける。

事務所で手に入れた手掛かりから、アンジーの居場所を突き止めたリビーは、彼女が、数年前にガス爆発事故で死んでいたことを知る。

リビーは、ニックとマティが無事らしいことを知り、二人の消息を捜し始める。

その後リビーは、アンジーの、死亡記事の写真に写っていたカンディンスキーの絵画から、ニックの住所を知る。

トラヴィスは、リビーがニックの住所を調べていた画廊で彼女の車を発見するが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。

ホテル経営者になっていたニックを、そこで開催されるチャリティー・パーティーで見つけたリビーは、彼を1万ドルで競り落として詰め寄る。

ニックは破産寸前で、保険金をリビーとマティに残して逃亡したのだが、彼女が起訴されるとは思っていなかったと言い訳をする。

そこに、トラヴィスが現れたのを知ったリビーは、ニックにマティを連れてくるよう言い残し、その場を立ち去る。

トラヴィスの執拗な追跡を逃れたリビーは、翌日ニックと待ち合わせをするものの、彼に襲われて墓地に閉じ込められてしまう。

ニックに接触したトラヴィスは、彼に不信感を抱き、リビーが無実である可能性を探り出す。

墓地を脱出したリビーだったが、トラヴィスに捕らえられてしまう。

リビーの無実を確信したトラヴィスは、彼女と共にニックを罠にかけようとする。

ニックは、トラヴィスに事実を認めながらも彼を銃撃し、リビーにも銃を向ける。

しかし、トラヴィスが傷を負いながらニックに襲い掛かり、 隙をみてビリーがニックを撃ち殺す。

トラヴィスとリビーには友情が芽生え、彼女は息子との再会に怯えるものの励まされる。

そしてリビーは、寄宿学校に預けられている11歳になったマティ(スペンサー・トリート・クラーク)と再会して抱き合う。


解説 評価 感想 ■

ドライビング Miss デイジー」(1989)のブルース・ベレスフォードが、サスペンスに挑戦した、見所十分の快心作。

*(簡略ストー リー)

何不自由ない、幸せな生活を送っていたリビー・パーソンズは、ある事件で人生が一変してしまう。
夫ニックは、セーリング好きのリビーにヨットを買うことを考え、二人は試乗に出かけることになる。
息子マティを友人のアンジーに預けて、ニックとリビーは、二人だけの時を過ごしていたのだが、その夜、彼は血痕を残して姿を消してしまう。
状況証拠から、リビーは、夫殺害の容疑で逮捕され、裁判で有罪の判決を受けてしまう。
服役したリビーは、アンジーにマティを養子にするように頼むが、その後、彼女からの連絡が途絶えてしまう。
アンジーの居場所を突き止めたリビーは、マティとの電話で、ニックの存在を知ってしまう。
絶望するリビーだったが、元弁護士でもある囚人マーガレットは、”ダブル・ジョパディー(二重処罰の禁止)”という、同じ罪で、同一人物を二度裁けないという法律を教える。
夫殺しで裁かれたリビーは、再び夫を殺しても裁かれないということを知り、息子を取り戻す決心をする。
仮釈放になったリビーは、保護監察官トラヴィス・レーマンの共同アパートで暮らすことになり、密かに、そのチャンスを待つのだが・・・。
__________

殺人犯探しや、法廷シーン、または女性刑務所など犯罪色の濃いドラマの中で、母の子供を想う愛情をテーマにしているところが、この作品のポイントだ。

リビーが女性の囚人に、”子供は産まれた時に母親から引き離されるけど、母親の声だけは、いくつになっても忘れないもの”と、その気持ちが分かるかと言う問いかけに、囚人は”母親なら分かる”とうなずくシーンは、それを象徴している。

また、不仲なはずのリビーの母親も、畑に埋めてあったヘソクリを、娘のために、何も言わずに渡す場面も同じだ。

上映開始後30分しないと登場しないトミー・リー・ジョーンズは、主演と言うより脇役に徹しているような雰囲気だが、執拗な追跡の末、ラストには主人公リビーとの友情が芽生える、人間味のある中年男性を好演している。

夫への復讐と言うよりも、子供への愛情を取り戻すために執念を燃やす、逞しい母親をアシュレイ・ジャッドが見事に演じ、本作のヒットに最も貢献しているのは間違いない。

製作費7000万ドルの大作で、北米興行収入は約1億1700万ドル、全世界では約1億7800万ドルのヒットとなった。

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」(2007)でアメリカ大統領も演じたブルース・グリーンウッドも、冒頭とクライマックスで、重要な役を演じている。

本作のひとつの見せ場となる、女刑務所の場面で、主人公と極悪囚人達との友情もなかなか興味深い。

特に、主人公に、”ダブル・ジョパディー(二重処罰の禁止)”を教えて助言をする、元弁護士の殺人犯ローマ・マフィアが非常に印象に残る。

主人公の友人アナベス・ギッシュ、主人公と親交を深める囚人ダヴェニア・マクファデン、主人公の息子役ベンジャミン・ウイアー、11歳の息子役のスペンサー・トリート・クラーク、主人公の友人で弁護士役ジェイ・ブラゾー、主人公に迫るヤッピー、ブレナン・エリオットなども共演している。

クライマックスで、主人公に拳銃を向けられた夫が、”自分を殺せばルイジアナでは、即ガス室送りだ”と言うシーンがあるが、これは誤りでルイジアナでは本作の8年前に、刑の執行が電気椅子から薬物投与に変わっている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター