ドライヴ Drive (2011) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2005年に発表された、ジェームス・サリスの小説”Drive”を基に製作された作品。
強盗の逃走を助けることを仕事とする男が裏社会のトラブルに巻き込まれる姿を描く、監督ニコラス・ウィンディング・レフン、主演ライアン・ゴズリングキャリー・マリガンブライアン・クランストンロン・パールマン他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作総指揮:デヴィット・ランカスター他
製作:マーク・プラット

原作:ジェームス・サリス”Drive”
脚本:ホセイン・アミニ

撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:マシュー・ニューマン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ドライバー:ライアン・ゴズリング

アイリーン・ガブリエル:キャリー・マリガン
シャノン:ブライアン・クランストン
バーニー・ローズ:アルバート・ブルックス
ニーノ:ロン・パールマン
スタンダード・ガブリエル:オスカー・アイザック
ブランチ:クリスティーナ・ヘンドリックス
クック/クリス:ジェームズ・ビベリー
ドク:ラス・タンブリン

アメリカ 映画
配給 フィルム・ディストリクト

2011年製作 100分
公開
北米:2011年9月16日
日本:2012年3月31日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $35,060,689
世界 $76,175,166


アカデミー賞 ■

第84回アカデミー賞
・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス
強盗の逃走を助けることを仕事にするドライバー(ライアン・ゴズリング)は、昼間は、自動車修理工場のオーナーで、足の悪いシャノン(ブライアン・クランストン)のメカニックとして働き、映画のスタントマンもしていた。

そんなドライバーは、同じアパートに住む、幼い息子と二人暮らしの女性アイリーン・ガブリエル(キャリー・マリガン)の車が故障したところに出くわし彼女と知り合う。

シャノンは、ユダヤ人ギャングのバーニー・ローズ(アルバート・ブルックス)に、ドライバーを使い”ストックカー”レースで成功できると言って、資金を提供するよう説得する。

ドライバーの腕を確認したローズは、シャノンに資金提供を約束する。

息子と共に工場に車を持って来たアイリーンは、ドライバーに送られることになり、彼は二人をドライブに連れて行く。

その後、ドライバーとアイリーンは、度々ドライブに出かけて親交を深める。

レース用の車を提供したローズは、かつて映画製作をしていた頃の話をドライバーにする。

スタントマンだったシャノンは、ローズのビジネス・パートナー、ニーノとも仕事をした。

ニーノは、シャノンが高額の報酬を要求したために、彼を痛めつけて骨盤を折ったのだった。

ローズは、そんな話をドライバーにした上で、自分とニーノがレースに大金を賭けていることを伝える。

その後、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が、刑務所から出所して家族の元に戻る。

ある日ドライバーは、スタンダードが男達に痛めつけられたのを知り、彼が多額の借金を背負い、脅されて強盗を強要されている話を聞かされる。

アイリーンや息子に危険が及ぶ可能性があり、ドライバーは、スタンダードの強盗を手助けすることを考える。

ドライバーは逃走用の車を盗み、借金の相手でアルバニア人のギャング、クック(ジェームズ・ビベリー)と話を付ける。

クックの女ブランチ(クリスティーナ・ヘンドリックス)と共に、質屋に押し入ったスタンダードは、車に戻る前に店主に射殺されてしまう。

その場から逃走したドライバーは、駐車場にいた車に追われるが、それを振り切る。

ブランチは、クックからは4万ドルだと言われていたのだが、現金は100万ドルあり、ドライバーは、罠にはまったことに気づく。

事件は、スタンダードの単独犯であり被害がなかったと報道されたため、ドライバーはブランチを脅し、クックの居場所に案内させようとする。

しかし、現れたクックの手下はブランチを射殺し、ドライバーは抵抗して、二人の男を殺す。

傷を負ったドライバーは、シャノンの元でドク(ラスタンブリン)の手当を受ける。

クックの元に向かったドライバーは、彼を痛めつけて、黒幕がニーノだったことを知る。

ニーノに連絡を入れたドライバーは、現金を取りに来るよう伝えて彼を誘き出す。

ドライバーは、警察の取り調べを受けたアイリーンの元に向かい、スタンダードの借金で家族も狙われたため、手を貸したことを彼女に伝える。

必要ならば金を渡すというドライバーに、アイリーンは、怒りを感じるが、彼は他の土地で自分が守ることを伝える。

出かけるためにエレベーターに乗った二人だったが、ニーノの手下に気づいたドライバーが彼を殺す。

アイリーンと別れたドライバーは、シャノンが今回の件をローズに話したことを知る。

ドライバーは、命を狙われえるシャノンに、街を出るよう指示して決着をつけようとする。

ローズはことを荒立てたニーノを非難し、現金がマフィアの資金だと知り困惑し、その場にいた失態をしたクックを殺す。

仕方なくローズは、ニーノが黒幕だと知るドライバーとシャノンを殺害することを決める。

ローズはシャノンを殺し、それを知ったドライバーは、ニーノを襲い浜辺で彼を殺害する。

話合いをすることをローズから提案されたドライバーは、二度と会えないことをアイリーンに電話で伝える。

ローズに、アイリーンの安全を保障させたドライバーは、彼を現金があるという車に連れて行き、傷を負いながらも彼を殺害する。

ドライバーは、現金を残したまま、その場を立ち去る。

アイリーンは、ドライバーが部屋に戻っているかを確認するが返事はない。

ドライバーは、夜のハイウェイを見つめながら、車を走らせる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

自動車修理工場で働くドライバーは、映画のスタントマンもしていたが、夜は強盗の逃走を助ける仕事を請け負っていた。
ドライバーは、同じアパートで、息子と暮らす女性アイリーンと知り合い、二人と親交を深めるようになる。
その後、アイリーンの夫スタンダードが、刑期を終えて出所するが、彼は、多額の借金を負い強盗を強要される。
ドライバーは、アイリーンや子供に危険が及ぶことを考え、仕方なく、スタンダードの質屋襲撃に手を貸すことを決める。
襲撃は成功するが、スタンダードは射殺され、予想外の大金を奪ったことが分かる。
罠にはめられたドライバーは、ギャングのボス、ローズと手を組むニーノが、事件の黒幕だと知るのだが・・・。
__________

期待の新鋭、デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフンの、スタイリッシュな映像感覚が注目の作品で、彼は、本作でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞した。

裏社会を描いた作品であるにも拘らず、洗練された雰囲気があり、流れるような落ち着いた展開も印象に残る。
しかし、バイオレンス・シーンの描写などはかなり過激でもある。
第84回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

寡黙な主人公を淡々と演じながら、ここぞという場面では、力感溢れる演技も見せる、かつてのスティーヴ・マックィーンを彷彿させる、主人公を好演するライアン・ゴズリング、子持ちには思えない、表情に幼さが残るキャリー・マリガンが、裏の世界に生きる男とのマッチングで、違和感がないところなど、彼女の実力が窺える。

主人公が勤める自動車修理工場のオーナー、ブライアン・クランストン、ギャングのボス役のアルバート・ブルックス、そのパートナー、ロン・パールマン、ヒロインの夫オスカー・アイザック、ギャングの手下役ジェームズ・ビベリー、その女クリスティーナ・ヘンドリックス、そして、端役程度の出演が残念なラス・タンブリンが、医師役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター