デュー・デート Due Date (2010) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット作「ハングオーバー」(2009)のとほぼ同じスタッフで製作された作品。
妻の出産を控えて自宅に戻ろうとしたビジネスマンが、ひょんなことから”疫病神”男と旅をすることになりその先々で起きる騒動を描く、製作、監督、脚本トッド・フィリップス、主演ロバート・ダウニーJr.ザック・ガリフィアナキスミシェル・モナハンジェイミー・フォックスジュリエット・ルイスダニー・マクブライドチャーリー・シーン共演の爆笑コメディ。


コメディ

WEB SITE    WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:トッド・フィリップス
製作総指揮
スコット・バドニック
スーザン・ダウニー

トーマス・タル
製作
ダニエル・ゴールドバーグ
トッド・フィリップス

原案
アラン・R・コーエン
アラン・フリードランド
脚本
アラン・R・コーエン
アラン・フリードランド
アダム・スティキエル
トッド・フィリップス

撮影:ローレンス・シャー
編集:デブラ・ニール=フィッシャー
音楽:クリストフ・ベック

出演
ピーター・ハイマン:ロバート・ダウニーJr.

イーサン・トレンブレー:ザック・ガリフィアナキス
サラ・ハイマン:ミシェル・モナハン
ダリル・ジョンソン:ジェイミー・フォックス
ハイジ:ジュリエット・ルイス
ロニー:ダニー・マクブライド
マーシャル:RZA
バリー:トッド・フィリップス
本人/チャーリー・ハーパー:チャーリー・シーン
本人/アラン・ハーパー:ジョン・クライヤー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 95分
公開
北米:2010年12月5日
日本:2011年1月22日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $100,448,498
世界 $211,780,824


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アトランタ
エリート・サラリーマンのピーター・ハイマン(ロバート・ダウニーJr.)は、妻サラ(ミシェル・モナハン)の出産に立ち会うために、自宅のあるロサンゼルスに向かおうと空港に到着する。

ピーターは、リムジンのドアに衝突した車から降りてきた、イーサン・トレンブレー(ザック・ガリフィアナキス)と言葉を交わす。

手荷物のチェックで、イーサンの鞄と入れ替わっていたことが分かったピーターは、搭乗した機内で彼が後ろの席なのを知る。

神経質なピーターは、鞄のことなどもあり、携帯電話を見てテロの話までし始めたイーサンと口論になる。

携帯電話が爆弾の起爆装置と疑われたピーターは、航空保安局員にゴム弾で撃たれ意識を失ってしまう。

機内から降ろされたピーターは、搭乗拒否リストに登録されてしまい、レンタカーでロサンゼルスに向かおうとする。

しかし、財布や身分証明書は機内だったため、どうすることも出来ずに困惑する。

そこに、同じく飛行機から降ろされたイーサンが、レンタカーで現れてピーターを誘い、彼は仕方なく同乗することになる。

ピーターは、ハリウッドに向かう予定のイーサンが、俳優だという、どうでもいい話にうんざりする。

食事を取った二人は、父親の葬式を済ませたイーサンが、コーヒー缶に入れた遺灰を持参しているのを知る。

イーサンは、それを持って”グランドキャニオン”に行きたいと言い出し、予定が狂うことを嫌うピーターは反対する。

車を借りて、経費は自分が払っていると言ってイーサンは苛立ち、ピーターは仕方なく従うしかなかった。

アラバマ州、バーミングハム
イーサンは、知人のハイジ(ジュリエット・ルイス)の家でマリファナを仕入れる。

その後、イーサンのクレジットカードが、残高不足で使えなくなり、ピーターは、彼の所持金が60ドルだと知らされる。

マリファナに200ドル払ったイーサンに呆れるピーターは、妻のサラから送金してもらおうと、”ウエスタンユニオン”の窓口に向かう。

しかし、係員のロニー(ダニー・マクブライド)とトラブルとなり、車椅子に乗った障害者の彼に、ピーターは叩きのめされてしまう。

車で夜を明かした二人だったが、ピーターは、イーサンが休息所のシャワーを浴びている隙に、彼の荷物と愛犬のサニーを置き去りにして走り去ってしまう。

しかし、イーサンの父親の遺灰があるのに気づいたピーターは、仕方なく彼の元に戻る。

旅を続けた二人は、イーサンが居眠り運転をして大事故を起こし、ピーターが腕と肋骨を骨折する怪我を負ってしまう。

怒り心頭のピーターは、友人ダリル・ジョンソン(ジェイミー・フォックス)に迎えに来てもらい、サニーにつばを吐きかけその場を去ろうとする。

それを見ていたダリルは、ピーターの態度が父親になる者のすることではないと非難し、イーサンと仲直りするよう彼に伝える。

ピーターは、ツバのことは謝罪し、条件をつけてイーサンを車に乗せて出発する。

ダリルの家に向かったピーターは、彼が必要以上にサラと親しいことを知りそれを気にし始める。

その時、三人が飲んでいたコーヒーが、イーサンの父親の遺灰だと分かり騒動になる。

ダリルの車を借りたピーターは、イーサンを乗せて出発しさすがに気落ちする彼を気遣う。

しかし、イーサンは、ダリルとサラの関係は間違いないと断言し、ピーターを不安にさせる。

その後、車の中でマリファナの煙を吸わされたピーターは、今まで体験したことのないものを感じ、イーサンに対する言葉を全て撤回する。

そんなハイな二人は、間違えてメキシコ国境に向かってしまい、車から降ろされたピーターは、マリファナの件で係官に追求される。

その前に車を降りていたイーサンは、ピーターを拘束されていたコンテナごと運び逃走してしまう。

イーサンを気に入ってしまったピーターは、彼にここまで来られたことを感謝し、そして二人は”グランドキャニオン”に到着する。

父親の遺灰を撒いたイーサンは、実はピーターの財布を機内で見つけていたことを彼に伝える。

済んだことだと、一旦は許したピーターだったが、イーサンに殴りかかろうとする。

その時、サラから、破水したとの連絡が入り、二人はロサンゼルスに急行する。

車内で拳銃を見つけたイーサンは、それを暴発させてしまい、ピーターの足を撃ってしまう。

応急処置をしたピーターは、サラの元に向かうと言い張り二人は彼女が入院した病院に到着する。

出産間近のサラの顔を見たピーターは失神してしまい、結局、彼は出産にはイーサンが立ち会ったことを知り、二人は連絡し合うことを約束して別れる。

その後イーサンは、人気テレビ・シリーズ”Two and a Half Men”に出演し、ピーターも、サラそして娘と共にそれを見て楽しむ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

エリート・サラリーマンのピーター・ハイマンは、妻サラの出産に立ち会うために、自宅のあるロサンゼルスに向かおうとする。
ピーターは、空港到着から機内で、一風変わった男イーサン・トレンブレーに出会う。
イーサンと口論になったピーターは,搭乗を拒否され飛行機から降ろされてしまう。
財布は機内の荷物の中で、IDもないために、ピーターはレンタカーを借りることも出来ない。
車を借りてハリウッドに向かうという、同じく飛行機を降ろされた、自称、俳優のイーサンのレンタカーに、便乗させてもらうことになる。
相手を気遣うどころか、お構いなしの言動と自分本位な迷惑男イーサンに、ピーターは呆れ果てる。
父親の遺灰をコーヒー缶に入れて持ち歩き、高価なマリファナを仕入れ、居眠り運転で大事故まで起こしてしまうイーサンとの旅を続け、ピーターは、サラの出産に立ち会えるのか不安が募る・・・。
__________

大ヒット作「ハングオーバー」(2009)のトッド・フィリップスが(続編も)、その中で、無作法な奇人を演じたザック・ガリフィアナキスと、人気スターのロバート・ダウニーJr.と組んだコメディ・ロード・ムービー。

脚本以外は、「ハングオーバー」とほぼ同じスタッフ。

単純に、妻の出産に立ち会うことだけを考える男と、それに協力しているようでトラブルを起こし続ける、意味不明な言動を繰り返す迷惑男、合うはずのない二人が、時折見せる友情劇がアクセントとなり、見る者をドラマに引き込んでいく。

主演のロバート・ダウニーJr.は、大スターとしての貫禄も十分の余裕の演技で、やや”柔らかい”感じの”ジョン・ ベルーシ”的な雰囲気の、疫病神男ザック・ガリフィアナキスの怪演が見ものだ。背も低い、太った不潔そうなキャラクターは、お騒がせ男として正にハマリ役と言える。

派手な場面などはほとんどないが、製作費に6500万ドルをかけ、北米興行収入は約1億ドル、全世界では約2億1200万ドルのヒットとなった。

主人公の妻ミシェル・モナハン、彼女との仲を疑われる、主人公の友人ジェイミー・フォックスマリファナの売人ジュリエット・ルイス、その同居人役でトッド・フィリップス、”ウエスタンユニオン”の窓口係ダニー・マクブライド、空港職員RZA、そして、人気テレビ・シリーズ”Two anda Half Men”の出演者二人、チャーリー・シーンジョン・クライヤーが特別出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター