エリザベスタウン Elizabethtown (2005) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

会社に巨額の損失を与えて解雇され絶望した青年が、風変わりなフライト・アテンダントとの出会いで新たな人生を見つけるまでを描く、製作トム・クルーズ、製作、監督、脚本キャメロン・クロウ、出演オーランド・ブルームキルスティン・ダンストアレック・ボールドウィンスーザン・サランドンジェシカ・ビール他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:キャメロン・クロウ
製作総指揮:ドナルド・J・リーJr.
製作
キャメロン・クロウ

トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
脚本:キャメロン・クロウ
撮影:ジョン・トール
編集:デヴィッド・モリッツ
音楽:ナンシー・ウィルソン

出演
ドリュー・ベイラー:オーランド・ブルーム

クレア・コルバーン:キルスティン・ダンスト
フィル・デヴォス:アレック・ボールドウィン
ホリー・ベイラー:スーザン・サランドン
エレン・キッシュモアー:ジェシカ・ビール
ヘザー・ベイラー:ジュディ・グリア
ジェシー・ベイラー:ポール・シュナイダー
ビル・バニオン:ブルース・マッギル
デール・ベイラー:ロードン・ウェインライト三世
チャールズ・ディーン:ゲイラード・サーテイン
チャック・ハズボロ:ジェド・リース
ドーラ・ベイラー:ポーラ・ディーン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2005年製作 123分
公開
北米:2005年10月14日
日本:2002年11月12日
製作費 $57,000,000
北米興行収入 $26,838,389
世界 $52,034,889


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

世界的なシューズ・メーカーのデザイナー、ドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)は、開発プロジェクトに失敗して本社に呼ばれる。

新製品完成で共にんだ恋人のエレン・キッシュモアー(ジェシカ・ビール)に迎えられたドリューは、社長フィル・デヴォス(アレック・ボールドウィン)と会い、損失額が9億7200万ドルにも及ぶことを知らされる。

本業の他に、バスケットボール・チームや環境保護のプロジェクトも継続不可能となり、デヴォスは、それを冷静に伝えながらドリューを解雇する。

帰宅したドリューは自殺を考えるが、妹ヘザー(ジュディ・グリア)から、父親が亡くなったという連絡を受ける。

父親は故郷のケンタッキーエリザベスタウンで死亡したため、ドリューは、親戚達と疎遠である母親のホリー(スーザン・サランドン)とヘザーから、遺体を引き取ってくるようにという指示を受ける。

目的地に向かったドリューは飛行機内で、風変わりなフライト・アテンダント、クレア・コルバーン(キルスティン・ダンスト)に声をかけられる。

機内は貸し切り状態だったため、クレアは何かと世話を焼き、ドリューはそれを迷惑に思う。

しかしドリューは、人のよさそうなクレアの連絡先などを書いたメモを見て彼女が気になる。

エリザベスタウン
葬儀場で従兄のジェシー(ポール・シュナイダー)に迎えられたドリューは、その後、父親と対面する。

叔父のデール(ロードン・ウェインライト三世)の家に向かったドリューは、叔母ドーラ(ポーラ・ディーン)や親戚に歓迎される。

ジェシーの家に立ち寄り話をしたドリューは、ホテルに向かい、ヘザーやエレン、そしてクレアにも電話をして伝言を残す。

その後、ほぼ同時に三人から電話がかかってきてしまい、ドリューは、ヘザーとエレンとは手短に話して電話を切る。

クレアを忘れていたドリューは、彼女と話を始めそれは延々と続く。

ビールを取りに行ったドリューは、結婚式で宿泊していたチャック・ハズボロ(ジェド・リース)と知り合い、父親が亡くなったことで同情される。

その後もクレアとの会話を続けたドリューは、彼女と街道で会う約束をする。

再会した二人は暫くの間、一緒に過ごして、ドリューは、ハワイのフライトがあるクレアと別れる。

父親を火葬にすることを母ホリーに確認したドリューは、叔父デールや親戚のチャールズ・ディーン(ゲイラード・サーテイン)と共に、ビル・バニオン(ブルース・マッギル)がいることも伝える。

ホリーは、かつて夫を騙そうとしたビルがいることで憤慨し、現地に向かうことをドリューに伝える。

その後、ハワイには向かわなかったクレアが現れて、驚いたドリューは、彼女と共に遺灰を入れる壺を選びに行く。

楽しい時を過ごした二人だったが、お互い恋人がいるということで、深入りは避けようとする。

ドリューは叔父らを前に、父の希望通りに遺灰を海に撒くことを伝える。

叔父らと共に父の思い出に浸っていたドリューは、突然、火葬を中止しようとするが、既に遺灰は壺に収められていた。

クレアに会ったドリューは、恋人と会えなかったという彼女に、自分が相応しいかを確認してキスをする。

二人は愛し合い、翌朝クレアは、眠っているドリューと別れるつもりで部屋を出る。

それに気づいたドリューはクレアを追い、素直に愛を伝えないまま、勤めていたシューズ・メーカーを破産させた話をする。

付き合ってもいない自分と”別れる”必要がないと言い残したクレアはその場を去る。

夫の親戚とは疎遠だったホリーが、ヘザーと共に到着して、彼女は出席者から驚きの目で見られる。

故人を偲ぶパーティーが始り、親戚などのスピーチが終わり、ドリューが母ホリーを紹介して彼女は壇上に立つ。

ホリーの型破りな話は大いに受けて、彼女は習い始めたタップ・ダンスまで披露する。

ドリューは、亡くなった父親が、皆の気持ちを一つにしたと考える。

現れたクレアは、旅をすると言っていたドリューに”地図”をプレゼントする。

恋人が実在するのかを尋ねたドリューだったが、クレアは多くを語らずに、ジェシーのバンドの演奏を聴く。

ところが、余興の出し物の鳥から出火し会場は大混乱になり、ドリューとクレアは別れる。

葬儀を終えたドリューは、クレアの手作りの地図に従い旅を続けて、各地で遺灰を撒く。

カンザス州。
世界第二の大きさのファーマーズ・マーケットに立ち寄ったドリューは、クレアのメモを見つけて、赤い帽子の彼女を捜す。

そして、クレアと再会できたドリューは、彼女と愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

世界的なシューズ・メーカーのデザイナー、ドリュー・ベイラーは、新製品開発に失敗して会社に巨額の損失を与え解雇される。
死も考えたドリューだったが、父親が亡くなったことを知らされる。
親戚と疎遠の母ホリーに代わり、父親の故郷ケンタッキー州のエリザベスタウンに向かうことになったドリューは、飛行機内で風変わりなフライト・アテンダント、クレアに出会う。
ドリューは、クレアが気になりながら叔父の家に向かい、親戚に歓迎される。
その後、クレアに電話をしたドリューは朝まで彼女と話し続け、郊外で待ち合わせをした二人は楽しい時を過ごす。
父親を火葬にすることを決めたドリューは、葬儀を前に、クレアとの時を過ごし愛し合うものの、微妙な距離を置こうとする・・・。
__________

偶然の出会いから、運命の人のように意気投合する男女、有り触れた恋の物語が自然に発展していかない描写、キャメロン・クロウの捻りを効かした愛情表現、多くの音楽を挿入した彼らしい演出は実に心地よい。

世紀の大失態を犯した主人公は、恋愛にやや熱が入らず、風変わりではあるが、細かい気遣いで相手の心を捉えるヒロインの行動も愉快に描かれている。

失敗と父親の死のダブルパンチで、行いがどこか上の空的な主人公を演ずるオーランド・ブルーム、その彼を、工夫を凝らしてリードする、スクリーン上で、ホッとさせてくれるような不思議な魅力の持ち主でもある、キルスティン・ダンストの好演も光る。

冒頭での登場のみが残念な、大手シューズ・メーカー社長アレック・ボールドウィン、実力派らしく、味のある演技を見せる主人公の母親役スーザン・サランドン、妹ジュディ・グリア、主人公の恋人である同僚ジェシカ・ビール、従兄のポール・シュナイダー、父親の知人ブルース・マッギル、叔父のロードン・ウェインライト三世、その妻ポーラ・ディーン、親戚ゲイラード・サーテイン、結婚する新郎ジェド・リースなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター