ファンタスティック・フォー:銀河の危機 Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer (2007) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタン・リージャック・カービーにより創作された、マーベル・コミックの人気シリーズの映画化である「ファンタスティック・フォー」(2005)の続編。
コミックシリーズの人気キャラクターである”シルバーサーファー”が登場し、前作で冷却保存されたDr.ドゥームも復活、シルバーサーファーのパワーを盗み地球を危機に陥れる敵と戦う”ファンタスティック・フォー”の活躍を描くアクション超大作。
主演ヨアン・グリフィズジェシカ・アルバクリス・エヴァンスマイケル・チクリスジュリアン・マクマホンケリー・ワシントン他共演、監督ティム・ストーリー


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ティム・ストーリー
製作総指揮
スタン・リー
クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
製作
ベルント・アイヒンガー
アヴィ・アラド
ラルフ・ウィンター
原案
ジョン・ターマン
マーク・フロスト
脚本
マーク・フロスト
ドン・ペイン
撮影:ラリー・ブランフォード
編集
ウィリアム・ホイ
ピーター・S・エリオット
音楽:ジョン・オットマン

出演
ヨアン・グリフィズ:リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック
ジェシカ・アルバ:スーザン・ストーム/インヴィジブル・ウーマン
クリス・エヴァンス:ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ
マイケル・チクリス:ベン・グリム/ザ・シング
ジュリアン・マクマホン:ヴィクター・ヴァン・ドゥーム/Dr.ドゥーム
ケリー・ワシントン:アリシア・マスターズ
アンドレ・ブラウアー:ヘイガー将軍
ダグ・ジョーンズ/ローレンス・フィッシュバーン(声):シルバーサーファー/ノリン・ラッド
ボウ・ギャレット:フランキー・レイ大尉
スタン・リー:本人

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2007年製作 92分
公開
北米:2007年6月15日
日本:2007年9月21日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $131,920,333
世界 $289,047,763


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
地球に飛来した流星のような物体により、世界中に巻き起こる異常気象、日本では駿河湾が凍結し、エジプトギザピラミッドでは雪が降り、アメリカ西部では大停電が起きていた。

しかし、アメリカ国内一の関心事は、科学者かセレブか?、今や時の人となった、”ファンタスティック・フォー”/F4のリーダー、天才科学者リード・リチャーズ(ヨアン・グリフィズ)とスーザン・ストーム(ジェシカ・アルバ)の結婚式だった。

度重なる式の延期でスーザンはヤキモキするが、リードは、今度こそ延期はしないと彼女に約束する。

一方、F4に冷却保管されて、ラトヴェリアに移送されたDr.ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)が復活する。

リードは、統合参謀本部のヘイガー将軍(アンドレ・ブラウアー)から、異常気象の原因となったと思われる、流星の調査を依頼されるが、結婚式を控えているために、彼はそれを断る。

そして、ニューヨークの政財界の大物を集めた結婚式が盛大に開かれようとするが、 リードの設置した宇宙放射線警報が鳴り響き、街中が停電になる。

次の瞬間、取材中のヘリコプターが制御不能になり式場に墜落してしまう。

その時、F4のメンバー、ベン・グリム(マイケル・チクリス)の恋人アリシア・マスターズ(ケリー・ワシントン)が、危険にさらされる。

アリシアはベンに救われるものの、再び式が延期になってしまったスーザンは落胆する。

それと同時に飛来した飛行物体を、スーザンの弟ジョニー・ストーム(クリス・エヴァンス)が追う。

しかし、物体を通り抜けてしまう”シルバーサーファー”(ダグ・ジョーンズ/声:ローレンス・フィッシュバーン)の能力は、ジョニーを遥かに上回った。

ヘイガー将軍から、シルバーサーファーを捕らえるよう指示されたリードは改めてスーザンに謝罪する。

しかし、スーザンはヒーローをやめない限り、平穏な生活に戻れないことを嘆く。

その後、ジョニーの体は、シルバーサーファーに接触したせいで異変が起き、スーザンやベンに触れると、能力が入れ替わるようになってしまう。

そんな時リードは、ついに平凡な暮らしをすることを決意し、大学に戻ることなどを考える。

グリーンランドラッセル氷河
シルバーサーファーと相対したドゥームは、互いに手を組み地球を征服することを企む。

シルバーサーファーはそれを拒むものの、ドゥームの体は人間に戻っていく。

その頃、シルバーサーファーの放射線を調べたリードは、アルタイ星、 リゲル星、ベガ星を、彼が8日で滅ぼしたことを知る。

そして、4人とヘイガー将軍らは、次にシルバーサーファーが現れると思えるロンドンに向かう。

テムズ川に出現したクレーターから、シルバーサーファーが現れて飛び去っていく。

しかし、巨大観覧車”ロンドン・アイ”が倒れそうになり、F4の活躍で何とかそれを阻止するものの、テムズ川は干上がってしまう。

シルバーサーファーを取り逃がした、F4の失態に憤慨したヘイガー将軍は、ドゥームから人間の姿に戻ったヴィクター・ヴァン・ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)を呼び寄せる。

ヴィクターが、シルバーサーファーと接触したことで、彼から情報を得ようとしたことを知ったF4だったが4人はヴィクターを警戒する。

リード達は、シルバーサーファーがボードからエネルギーを発していることを知る。

そして、シルバーサーファーとボードを切り離すことが、彼を倒す鍵だという結論に達する。

ドイツシュヴァルツヴァルト(黒い森)。
早速、その対策装置を開発したリードだったが、自分達を軽蔑するヘイガー将軍に、協力が必要ならば、F4に対して敬意を払うよう忠告する。

巨大クレーター近くに、装置をセットした4人だったが、スーザンの元にシルバーサーファーが現れる。

スーザンはシルバーサーファーの真意を確かめるが、彼自身は破壊が目的でないことを伝える。

軍隊が攻撃を仕掛け、シルバーサーファーはスーザンを守るものの、リードが作動させた装置の影響でバランスを失い、ボードから落下して軍に捕らえられてしまう。

シベリアヤクーツク、イネプトゥク基地。
F4の4人は監禁常態となり、スーザンを守り、破壊者でないと言ったシルバーサーファーに話を聞こうとする。

拘束、拷問されているシルバーサーファーに、姿を消したスーザンが近づき、”ギャラクタス”というエネルギーを奪う魔神のような存在に、自分の星を守るため、仕方なく仕えていることを知らされる。

そして、ボードがシルバーサーファーのパワーの源で、”ギャラクタス”が地球に接近していることも分かる。

同じ頃、ヴィクターはヘイガー将軍を裏切り抹殺して、ドゥームに変身し、ボードを奪い強大なパワーを得てしまう。

F4はシルバーサーファーを救い出し、ドゥームを追おうとするが、ヘイガー将軍の部下フランキー・レイ大尉(ボウ・ギャレット)が、それを阻止しようとする。

レイ大尉を説得したF4は、リードが開発していた秘密兵器”ファンタスティック・カー”を呼び寄せ、ドゥームを追い中国南東部に向かう。

しかし、ボードに乗ったドゥームがF4に襲い掛かり、4人の乗ったファンタスティック・カーは上海に墜落してしまう。

そして、スーザンがシルバーサーファーを助けようとして、ドゥームに槍で胸を刺されてしまう。

ギャラクタスの脅威が地球に近づき、ジョニーが他の3人のパワーをもらい、ドゥームに立ち向かい彼を倒す。

スーザンは息絶えるが、シルバーサーファーが、ボードを取り戻して彼女を生き返らせる。

そして、シルバーサーファーはパワーを失いながらも、ジョニーの力を借りてギャラクタスに立ち向い地球を救う。

F4の4人は、決意を新たに結束を固め、リードとスーザンはようやく結婚式を挙げる。

そして、地球の危機を救うため、4人はファンタスティック・カーで再び飛び立つ。

地球を救うため死力を尽くしたシルバーサーファーは、宇宙空間で生存していた。


■ 解説 評価 感想 ■

参考:
ファンタスティック・フォー(2005)

*(簡略ストー リー)
地球に飛来する物体の影響で、世界各地で異常現象が起きる。
宇宙線を浴びた影響で、超能力パワーを得た4人”ファンタスティック・フォー”(F4)のリーダーで、天才科学者リード・リチャーズは、メンバーのスーザンとついに結婚することになる。
しかし、地球に現れた謎の飛行生命体”シルバーサーファー”の出現で式は中止となってしまう。
政府及び軍から、異常現象調査と”シルバーサーファー”捕獲を依頼されたリードは、F4のスーザン、ベン、ジョニーそして、邪悪な道に走って冷凍保存されていたが、シルバーサーファーとの接触で人間に戻ったヴィクターと共に、地球の危機を救おうとするのだが・・・。
__________

前作を上回る1億3000万ドルの製作費をかけたものの、興行収入は10%以上ダウンしてしまった。
それでも、全世界トータルは約2億8900万ドルのヒットとなった。

北米興行収入 $131,920,333

主役4人の役割配分などが、前作よりも明確に描かれ、まとまりのあるストーリーと、ユーモラスな展開で飽きずに一気に観れる。

シルバーサーファーのCG映像も見事で、ロンドンのシーンも迫力十分。

日本人の目で見ると、冒頭の駿河湾凍結は斬新な感じはするのだが、クライマックスの主人公の結婚式は、上海にいたはずの4人が、どう見ても日本でおかしな式を挙げているようにしか見えず、お決まりの、全く日本の文化を理解していない映像は残念でならない。
とにかく、東洋的な雰囲気が出ていれば、どうでもよいのだろう。
(冒頭でも、日本の漁船、漁師には見えない・・・。)

結婚式を控え、ついつい正義感に燃えてしまうヨアン・グリフィズは、軍の圧制に屈せずに、啖呵を切って将軍を屈服させるような勇ましさも見せる。

前作同様に、ラジー賞にノミネートされたジェシカ・アルバだが、大人のムードを漂わせ、少し違ったイメージで登場する。

姉を殺され(生き返る)、2人のパワーを合わせて敵に立ち向かうクリス・エヴァンスは、前作よりも無鉄砲さを抑え大活躍する。

前作よりやや控えめになったように思えるマイケル・チクリスだが、そのキャラクターで注目度はNo.1だ。

復活したDr.ドゥーム、ジュリアン・マクマホン、今回は出番が多い、ベン(M・チクリス)の恋人を魅力的に演ずるケリー・ワシントン、まるで敵のような傲慢な将軍アンドレ・ブラウアー、その部下で、全く軍人に見えないボウ・ギャレット、途中から地球側に寝返るシルバーサーファーのダグ・ジョーンズ、(声:ローレンス・フィッシュバーン)の再登場を予感させるラストも注目だ。

原作者で製作総指揮も兼ねるスタン・リーが、主人公の結婚式会場から追い出される本人役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター