危険な情事 Fatal Attraction (1987) 3.11/5 (9)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

魅力的な女性に軽い気持で誘われて、一夜を共にした弁護士の、家族を巻き込む悪夢の体験を描く、監督エイドリアン・ラインマイケル・ダグラスグレン・クローズアン・アーチャー共演による戦慄のサスペンス・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:エイドリアン・ライン
製作
スタンリー・R・ジャッフェ

シェリー・ランシング
脚本:ジェームズ・ディアデン
撮影:ハワード・アザートン
編集
ピーター・E・バーガー

マイケル・カーン
音楽:モーリス・ジャール

出演
ダン・ギャラガー:
マイケル・ダグラス

アレックス・フォレスト:グレン・クローズ
ベス・ギャラガー:アン・アーチャー
エレン・ギャラガー:エレン・ハミルトン・ラッツィン
ジミー:スチュアート・パンキン
ヒルディ:エレン・フォーリー
アーサー:フレッド・グウィン
ジョーン・ロジャーソン:メグ・マンディ

アメリカ 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ

1987年製作 119分
公開
北米:1987年9月18日
日本:1988年2月27日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $142,200,833
世界 $320,145,693


アカデミー賞 ■

第60回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演女優(
グレン・クローズ)
助演女優(
アン・アーチャー)
脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
弁護士ダン・ギャラガー(
マイケル・ダグラス)は、妻ベス(アン・アーチャー)と共に、娘エレン(エレン・ハミルトン・ラッツィン)をベビーシッターに預け、ある出版社の記念パーティーに向う。

同僚で友人ジミー(スチュアート・パンキン)に迎えられたダンは、鋭い眼差しが気になる女性、編集者のアレックス・フォレスト(グレン・クローズ)と、バーで簡単な挨拶をして言葉を交わす。

ダンは、アレックスの編集社の顧問弁護士で、翌日の打ち合わせで、二人は再び顔を合わせる。

その後、二人は食事をして意気投合し、妻ベスとエレンは、両親の実家に行っているため、ダンはアレックスの誘いに乗り激しく愛し合う。

二人は外出して楽しい時を過ごし、そして、再び愛し合う。

帰宅したダンは、ベスから、週末だけの予定が帰れなくなったとの連絡があり、その日もアレックスに誘われてしまう。

一日を楽しんだ二人だったが、ダンは立場上、これ以上、深入りすることも出来ず、アレックスは心沈む。

やや強引なアレックスの態度を気にしながら、帰ろうとしたダンは、彼女が悲しみのあまり、手首を切ったことに驚いてしまう。

ダンは帰るわけにも行かず、アレックスの手当てをして介抱する。

翌日、仕事を終えたダンは、戻って来たベスとエレンとで、家族の時間を楽しむ。

郊外に買う予定の家を見に行ったダンとベスは、その物件が気に入り、彼は午後から出社する。

アレックスが面会に来ていることを知ったダンは、彼女をオフィスに招く。

ダンは、アレックスからの謝罪を受けて、お詫びにということでオペラに誘われるがそれを断り彼女と別れる。

思いつめたアレックスは、その後、何度もダンに電話をするが、彼はそれを迷惑に思う。

しかし、家にまで電話してくるアレックスに、ダンは仕方なく会うことを伝え、二人は口論となるが、彼女は妊娠したことを知らせる。

ダンは当然、中絶するものと思っていたが、アレックスにその気はなく、彼と別れたくないことを改めて伝える。

産婦人科医にアレックスの妊娠を確かめたダンは、彼女のアパートに侵入して、他の男と関係した証拠などを探すが、何も見つけることは出来ない。

仕方なくダンは、家庭争議専門のジミーに、全てを話して意見を求めるが、非常に不利な立場だということを知り焦り始める。

ダンは、まず自宅の電話番号を変えるが、引っ越した後の借り手として、なんとアレックスはアパートを訪れ、ベスと話を進め電話番号を教えてもらう。

帰宅してその場に居合わせたダンはショックを受け、アレックスの元に向かい脅しをかける。

その後、ダンとベスは郊外の家に引っ越し、新たな生活が始まり、アレックスのことも忘れかけていた頃、彼女の嫌がらせが始まる。

ダンは、アレックスに駐車場で車を壊され、自分を非難するテープを受け取る。

警察に出向いたダンは、依頼人からの相談だということで、意見を求めるが有効な解決策は見つからない。

そんな時、ダンらが留守中に、エレンが飼っていたウサギが殺されてしまう。

ベスとエレンは大きなショックを受けるが、アレックスが犯人であることは明らかだった。

ダンは、仕方なくベスに全てを話し、取り乱した彼女はダンを家から追い出そうとする。

アレックスに電話したダンは、全てをベスに打ち明けたことを伝え、彼女は、家に近づいたら殺すとアレックスに言い放つ。

数日後、アレックスが学校からエレンを連れ帰ってしまい、それを知ったベスは動揺して娘を捜し回り、焦った彼女は事故を起してしまう。

病院に直行したダンはベスの無事を確認し、アレックスの元に向かい、彼女に襲い掛かり絞め殺そうとする。

それを思い留まったダンだったが、アレックスは、ナイフを持って彼に襲いかかる。

ナイフを奪ったダンは、無言でその場を立ち去り、警察に向かい危険を訴え、対処してもらえることを確認して引き揚げる。

アレックスに会い話を聞くと言っていた警察だったが、ダンは彼女が姿を消したことを知らされる。

ベスは退院し、ダンは家の戸締りをするが、アレックスがバスルームのベスの前に現われる。

ナイフを持ったアレックスはベスを傷つけ始め、悲鳴を聞いたダンは、二階のバスルームに向う。

ダンはアレックスに襲い掛かり、傷つけられながらも彼女を浴槽に沈めて殺害する。

その直後、アレックスは浴槽から起き上がり、ダンに襲い掛かろうとするが、ベスが拳銃で彼女を射殺する。

警察の現場検証は終わり、ようやく平穏な生活に戻ったダンとベスは愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
弁護士のダン・ギャラガーと妻ベス、そして幼い娘のエレンは、何不自由のない平穏な暮らしをしていた。
ダンは、あるパーティーで、出版社の編集者でる、魅力的な女性アレックス・フォレストに出会う。
アレックスの編集社の顧問弁護士だったダンは、彼女と再び会う機会に恵まれ、意気投合する。
妻ベスとエレンが、週末を利用して実家に行っていたこともあり、ダンはアレックスに誘われてしまい、二人は激しく愛し合う。
一度だけの情事と割り切っていたダンだったが、アレックスは、その後も彼を求める。
アレックスは自殺未遂まで起し、ダンに執拗に迫り、さらに妊娠したことを告げる。
そして、家族の危機に追い込まれたダンは思い悩み、逃げ場のない事態に追い込まれていく・・・。
__________

公開当時、そのセンセーショナルな内容で、話題騒然となった作品。

男性が女性につきまとう内容ではなく、”悪魔”のような存在と化すヒロインの”襲撃”は、正にホラー映画を観ているような恐ろしさであった。

今観ると、それほどのインパクトはないが、当時の衝撃度の大きさは大変なものだった。

北米興行収入だけでも、製作費の10倍の約1億4200万ドル、全世界では、なんと約3億2000万ドルの大ヒットとなった。

第60回アカデミー賞では、作品、監督、主演女優(グレン・クローズ)、助演女優(アン・アーチャー)、脚色、編集賞にノミネートされた。

広告、CM界でも活躍していた、エイドリアン・ラインの洗練された映像感覚、下手に恐怖を煽ることのない演出も注目だ。

家族思いの平凡な弁護士から一転、恐怖の体験をする主人公を演ずるマイケル・ダグラスは、男の願望や弱さなどを見事に表現して好演している。

本作の主役とも言える、悪魔のような女性を演ずるグレン・クローズの、体を張った熱演は見ものだが、何も語らず、一点を凝視する表情が実に恐ろしい。

終盤、事件解決に大きな役割を果たす、主人公の妻アン・アーチャー、娘エレン・ハミルトン・ラッツィン、主人公の同僚で友人スチュアート・パンキン、その妻エレン・フォーリー、主人公の上司役フレッド・グウィン、主人公の義母メグ・マンディ等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター