花嫁のパパ2 Father of the Bride Part II (1995) まだ評価されていません。



■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★☆☆

1950年公開の名作「花嫁の父」のリメイク作「花嫁のパパ」(1991)の続編。
娘の結婚のショックから立ち直ったばかりに父親が、孫と我が子の誕生を知り動揺する姿を描く、スティーヴ・マーティンダイアン・キートン共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・シャイア

製作総指揮
キャロル・バウム
ジム・クルークシャンク
サンディ・ガリン
ジェームズ・オール
製作:ナンシー・メイヤーズ
原作:エドワード・ストリーターFather of the Bride
オリジナル脚本
フランシス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
脚本
ナンシー・メイヤーズ
チャールズ・シャイア
撮影
エリオット・デイヴィス
ウィリアム・A・フレイカー
編集
アダム・ベルナルディ
スティーブン・A・ロッター
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
ジョージ・バンクス:スティーヴ・マーティン
ニーナ・バンクス:ダイアン・キートン
フラーンク・エッゲルホッファー:マーティン・ショート
アニー・バンクス・マッケンジー:キンバリー・ウィリアムズ
マッティ・バンクス:キーラン・カルキン
ブライアン・マッケンジー:ジョージ・ニューバーン
ジョン・マッケンジー:ピーター・マイケル・ゴーツ
ジョアンナ・マッケンジー:ケイト・マクレガー=スチュワート
ミーガン・アイゼンバーグ医師:ジェーン・アダムズ
ハビブ:ユージン・レヴィ
ハワード・ワインスタイン:B・D・ウォン

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
1995年製作 106分
公開
北米:1995年12月8日
日本:1996年3月16日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $76,594,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、サン・マリノ
あれから1年、ジョージ・バンクス(スティーヴ・マーティン)は、愛する娘アニー(キンバリー・ウィリアムズ)の結婚のショックからようやく立ち直り、妻ニーナ(ダイアン・キートン)と息子マッティ(キーラン・カルキン)と平凡な生活に戻っていた。

しかし、9か月前のある事件をジョージは語り始める。
__________

仕事を終えて帰宅したジョージは、アニーの夫ブライアン・マッケンジー(ジョージ・ニューバーン)の両親ジョン(ピーター・マイケル・ゴーツ)とジョアンナ(ケイト・マクレガー=スチュワート)が家に呼ばれ、現れるアニーから話があると言われるが、彼には何事か理解できない。

周囲は期待しているのだが、ジョージだけは東部への転勤の話ではないかと考える。

そこに、アニーとブライアンが現れ、ジョージ以外は、期待通り二人に子供が生まれることを知らされて大いに喜ぶ。

ジョージは、好きになりかけていたブライアンを再び憎み始めるが、一応アニーを祝福する。

ブライアンに、”おじいちゃん”と言われたジョージはショックを受ける。

幸せを感じるニーナは、結婚コーディネーターのフラーンク・エッゲルホッファー(マーティン・ショート)に、出産パーティーの企画を任せることを考える。

結婚式の借金を払い終えたばかりだと言って、バカげた話だと言い切るジョージは、年寄扱いされることを拒む決心をする。

若さを保つためにジム通いを始め、髪の毛を染めて帰宅したジョージは、ニーナに迫り愛し合う。

古くなった家を売ることを考えたジョージは、現れたハビブ(ユージン・レヴィ)に、10日以内に家を出る条件で買い取る提案をされる。

それを受ける場合は礼金1万5000ドルを出すと言われたジョージは、10日以内に引っ越す約束をしてしまう。

それをニーナに切り出せないでいたジョージは、ジョンらを招いた食事の席で、生まれる子供はマッケンジー家の名を受け継ぐべきだと言われてしまう。

バーンズ家はマッティが継ぐため、それを提案したジョンだったが、ニーナがそれに反対する。

騒ぎが大きくなる前に、話題を変えるようアニーに言われたジョージは、家を売ったことを発表してしまう。

アニーは、生まれ育った家を売ることを悲しみ、10日以内に引っ越すことを知ったニーナは驚く。

その後、思い出が詰まる家を手放したジョージらは、船旅で留守にするジョンらの屋敷の部屋を提供される。

体調に異変を感じていたニーナは、検査を受けた後、夫婦で病院に呼ばれる。

更年期障害だと考えていたニーナが、妊娠していることを医師から知らされたジョージは彼女の浮気を疑う。

髪の毛を染めた日に愛し合ったことを想い出したジョージは、孫が生まれる身で父親にもなることを知り、混乱して
気を失ってしまう。

一応、事実を受け入れたジョージは、帰り際にフラーンクと助手のハワード・ワインスタイン(B・D・ウォン)に出くわし、彼らにニーナの妊娠がバレてしまう。

アニーの妊娠も知ったフラーンクに、出産パーティーを提案されたジョージは、再び気を失ってしまう。

ブライアンとアニーを訪ねたジョージとニーナは、子供が生まれることを伝える。

驚くアニーは冗談だと思うが、それが事実だと分かり動揺してしまう。

子供を育てるには、年を取り過ぎだと言うジョージに腹を立てたニーナは、自分は幸福であるが孤独で不安だと伝えて立ち去る。

その日はアニーに泊めてもらったジョージは、翌朝、徒歩でニーナの元に帰ろうとする。

しかし、途中、手放した家をハビブが壊そうとしていることを知り、ジョージはそれを阻止する。

ジョージは家を取り戻そうと考え、ハビブに言われた10万ドルで手を打つ。

ニーナの元に向かい謝罪し、家を取り戻したことを伝えたジョージは、翌日、自宅に戻る。

半年後、ニーナとアニーの体調も気になるジョージは、フラーンクに依頼して盛大なパーティーを開き、子供部屋の増築が始まる。

そんな時、アニーが仕事でボストンへ転勤することになり、その件でブライアンと揉めた彼女は実家を訪ねる。

アニーから話を聞いたジョージは、ボストンに行くべきだと言って、考え直して迎えに来たブライアンと彼女を、寂しさを堪えながら見送る。

その後、アニーは出産日が過ぎるが、まだ生まれないことを確認したブライアンは、日本に出張するために旅立つ。

出産が迫るニーナとアニーの世話をするジョージは、緊張状態が続き疲労の限界に達する。

やがて子供部屋が完成し、それに満足したジョージは、担当したフラーンクに感謝する。

眠れないジョージは、フラーンクから睡眠薬を渡されて、それを食事の前に飲んでしまう。

意識を失ったジョージを、フラーンクとソファーに運んだニーナだったが、アニーの陣痛が始る。

眠ったままのジョージを車に乗せて、フラーンクは病院に急行し、アニーは、ニーナと共に分娩室に向かう準備をする。

ジョージは、患者と間違われて前立腺の検査をされそうになり、驚いた拍子に何んとか目が覚める。

主治医が不在のため、若い女医ミーガン・アイゼンバーグ(ジェーン・アダムズ)が担当することになり、ジョージはそれを不安に思う。

ニーナの容態が気になるアイゼンバーグは、検査の結果、アニーより先に出産する可能性があることをジョージに伝える。

ジョージは、ニーナの様子をアニーに伝え、同時に出産する可能性を知らせる。

フラーンクと共に、ニーナとアニーを見守るジョージは、信頼できることを確信したアイゼンバーグに全てを任せる。

安定しているアニーは他の医師が担当し、アイゼンバーグはニーナの元に向かう。

そこにブライアンが現れ、分娩室に向かったアニーに付き添うよう、ジョージは彼を励ます。

そして、アニーは男の子を、ニーナは女の子を出産して、娘と対面したジョージはアイゼンバーグに感謝する。

ブライアンの連れてきた孫も抱いたジョージは、この上ない幸せを感じる。

その後、ブライアンの両親やフラーンク、そしてマッティも現れ、子供達と対面する。

2ヵ月後。
ジョージは、ボストンに旅立つアニーとブライアン、そして自分と同じ名の孫に別れを告げる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、サン・マリノ
ジョージ・バンクスは、娘アニーの電撃結婚のショックからようやく立ち直るが、彼女の妊娠を知らされ、”祖父”と呼ばれることに抵抗を感じる。
妻ニーナは手放しで喜ぶが、年寄り扱いされたくないジョージは、体を鍛えて髪の毛を染め彼女に迫り愛し合う。
そんなジョージは、古くなった家を手放してしまうのだが、何んとニーナまで妊娠してしまい、孫と我が子が同時に誕生することになる。
ジョージは、親としての責任を果たさなければならないと奮闘するのだが、二人の妊婦の世話で彼は混乱状態となる・・・。
__________

前作が、ほぼ旧作の内容を継承していたのに対し、本作は、その続編「可愛い配当」(1951)をかなり脚色した物語となっている。

旧作から40年以上経っているのだが、時代を問わず、子供や孫を授かる者の喜びを微笑ましく描く内容は、前作以上に盛り上がる。

演出、脚本のチャールズ・シャイアナンシー・メイヤーズをはじめ、スタッフ、キャストは前作とほぼ同じである。

妻と娘のダブル妊娠で、混乱状態の中、大奮闘する主人公スティーヴ・マーティン、無事に女の子を出産するその妻ダイアン・キートン、前作を上回る個性、人間味も感じられる印象深い役柄のコーディネーター、マーティン・ショート、男の子を出産する娘のキンバリー・ウィリアムズ、その弟役キーラン・カルキン、娘婿のジョージ・ニューバーン、その両親役ピーター・マイケル・ゴーツケイト・マクレガー=スチュワート、産婦人科医のジェーン・アダムズ、バーンズ家を買い取る男性ユージン・レヴィ、コーディネーター助手のB・D・ウォンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター