ファイナル・デスティネーション Final Destination (2000) 3.25/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

死の運命を背負った者達の恐怖を描く、監督、脚本ジェームズ・ウォン、主演デヴォン・サワアリ・ラーターカー・スミストニー・トッドクリステン・クロークショーン・ウィリアム・スコット他共演のサスペンス・ホラー・シリーズの第一作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ウォン

製作
グレン・モーガン
クレイグ・ペリー
ウォーレン・ザイド
製作総指揮
リチャード・ブレナー
ブライアン・ウィッテン
脚本
グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン
ジェフリー・レディック
撮影:ロバート・マクラクラン
編集:ジェームズ・コブレンツ
音楽:シャーリー・ウォーカー

出演
アレックス・ブラウニング:デヴォン・サワ
クレア・リバース:アリ・ラーター
カーター・ホートン:カー・スミス
ウィリアム・ブラッドワース:トニー・トッド
ヴァレリー・ルートン:クリステン・クローク
ビリー・ヒッチコック:ショーン・ウィリアム・スコット
テリー・チェイニー:アマンダ・デトマー
トッド・ワグナー:チャド・ドネッラ
ジョージ・ワグナー:ブレンダン・フェア
ラリー・ムルナウ:フォーブス・アンガス
バーバラ・ブラウニング:バーバラ・タイソン
ケン・ブラウニング:ロバート・ウィスデン
ワグナー:ラリー・ギルマン
ウェイン捜査官:ダニエル・ローバック
シュレック捜査官:ロジャー・グエンバウア・スミス
ハワード・シーゲル:フレッド・キーティング
牧師:ジョン・ハインズワース
TVのニュースキャスター:マレット・グリーン
フライトアテンダント:ランディ・ストーン
副操縦士:マーク・ホールデン

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ
2001年製作 98分
公開
北米:2000年3月17日
日本:2001年1月20日
製作費 $23,000,000
北米興行収入 $53,331,150
世界 $112,880,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク州
高校生のアレックス・ブラウニング(デヴォン・サワ)は、母親バーバラ(バーバラ・タイソン)にフランスへの修学旅行の準備を手伝ってもらい、父親ケン(ロバート・ウィスデン)からは、楽しんでくるようにと言われる。

出発の日、クラスメイト達と搭乗手続きをしたアレックスは、荷物に最終目的地”ファイナル・デスティネーション”がパリだというタグを付けてもらう。

係員に、9月25日生まれの自分が9時25分に出発すると言われたアレックスは、何かを感じる。

親友のトッド・ワグナー(チャド・ドネッラ)と共にトイレに行ったアレックスは、飛行機事故で墜落した”ジョン・デンバー”の歌が聴こえてきたために気になる。

その後、180便に搭乗したアレックスは落ち着くことができず、動揺しながらトッドと席に着く。

雨の中、滑走して離陸した機体は揺れ始め、異常事態となり出火する・・・。

事故を予知したアレックスは、機体が爆発すると言って興奮し始める。

苛立つカーター・ホートン(カー・スミス)がアレックスに殴り掛かり、騒ぎを起こした二人はその場から連れ出される。

引率の教師ヴァレリー・ルートン(クリステン・クローク)とラリー・ムルナウ(フォーブス・アンガス)がついて行き、トッドは、兄のジョージ(ブレンダン・フェア)に様子を見てくるようにと指示される。

アレックスの言葉を信じたクレア・リバース(アリ・ラーター)も席を立ち、カーターのガールフレンドのテリー・チェイニー(アマンダ・デトマー)も機外に向かう。

ヴァレリーは、副操縦士(マーク・ホールデン)に謝罪して機内に戻してもらおうとする。

アレックスとカーターは再び殴り合いになりそうになるが、トッドとムルナウがそれを制止する。

副操縦士に話を聞き入れてもらえないヴァレリーは、ムルナウから残ると言われるが、パリに詳しい彼に機内に戻ってもらい、3時間後の次の便で向かうことを伝える。

一緒に連れ出されたビリー・ヒッチコック(ショーン・ウィリアム・スコット)も、その場に残される。

18便は予定通り滑走路に向い、アレックスは、爆発を予知したことをヴァレリーとトッドに話す。

そのせいで残ることになったカーターはアレックスを非難し、二人は再び争い始める。

180便は離陸し、アレックスとカーターは罵り合うが、次の瞬間、機体が爆発して墜落する。

アレックスの話が現実となり、クレアら180便に乗らなかった者は驚く。

その後、控室で待機していたアレックスらは、現れた運輸安全委員のハワード・シーゲル(フレッド・キーティング)、FBI捜査官のウェイン(ダニエル・ローバック)とシュレック(ロジャー・グエンバウア・スミス)の質問を受ける。

ウェインとシュレックは、犯罪も視野に入れてアレックスらの話を聞く。

ヴァレリーは、残ると言ったムルナウを機内に戻したことを後悔し、騒ぎには関係なかったクレアは、アレックスの言葉を信じたと話す。

その後、迎えに来た両親と共に帰ることを許されたアレックスは、一人暮らしのクレアを家に送る。

帰宅したアレックスは、事故の模様を伝えるニュースを見ながら動揺する。

39日後、39名の犠牲者のための追悼式典が行われる。

自分は運がよかっただけだとカーターに言われたアレックスは、今回の事故でショックを受けるヴァレリーにも拒絶される。

両親が恨んでいる親友トッドから時が解決してくれると言われたアレックスは、クレアには命の恩人だと感謝される。

その夜アレックスは、トッドの危険を予知する。

浴室にいたトッドは、便器の水道管から漏れた水で足が滑り、転んだ表紙に浴槽の上に掛けてあった洗濯物のひもが首に絡まる。

身動きできないトッドは、もがき苦しみながら窒息死する。

トッドが心配になり彼の家に向かったアレックスは、救急車が止まっていたために驚く。

その場にウェインとシュレックがいることを知ったアレックスは、木陰にいたクレアから逃げるようにと言われる。

兄の死を悔やんでトッドが自殺したと父親のワグナー(ラリー・ギルマン)から言われたアレックスは、それを否定する。

翌日、クレアに会ったアレックスは、彼女にも予知能力があり、機内で同じことを感じたと知らされる。

事件以来、予知が続いていたために、自分もトッドの家に行ったことを、クレアはアレックスに伝える。

トッドの死は始りであり、今後も起きる気がすると言うアレックスは、もう一度トッドに会えれば分かるとクレアに伝え、葬儀社に向い侵入する。

その場にいた葬儀屋のウィリアム・ブラッドワース(トニー・トッド)は、処置していたトッドの傷を見せて、彼がもがき苦しんだことを伝える。

トッドの死は新たな筋書きが始まったことを意味すると言うブラッドワースは、その死が再び襲うと伝えてアレックスとクレアに警告する。

回避するには直感を働かせろと言うブラッドワースは、筋書きを変えることを死神は許されないと付け加える。

その後、予兆があるはずだと考えたアレックスは、生き残った者の死を回避するため、死神を出し抜くしかないとクレアに伝える。

車で走行中のカーターとテリーはアレックスらに気づき、自転車に乗っていたビリーがぶつかりそうになり転倒する。

そこにヴァレリーも現れ、皆に話があるというアレックスは、カーターと言い争いになる。

それを制止したテリーは、うんざりしたと言ってその場を去ろうとするが、皆の目の前でバスに轢かれて死亡する。

帰宅したアレックスは、誰とも話したくない気分になり、クレアからの電話にも出なかった。

180便の爆発の原因が明らかになったというニュースを見たアレックスは、油圧ポンプの異常で燃料が漏れて、ラインに次々と引火し大爆発を起こしたことを知る。

そのラインの始りがトッドの席だったことに気づいたアレックスは、座席表とラインを照らし合わせて、爆発の経路が死ぬ順番だと分かり、次がヴァレリーだと確信する。

今回の件で転任することになったヴァレリーは、引っ越しの準備をしていた。

窓の外を見たヴァレリーは、アレックスの姿を確認してシュレックに電話をする。

ヴァレリーの車をチェックしていたアレックスは、駆けつけたシュレックに連行される。

警察署に連れて行かれたアレックスは、規則性がある順番でいくと、次に死ぬのはヴァレリーだとウェインとシュレックに話す。

それを信じてもらえないアレックスは、事故は自分の責任ではなく、6人救ったのは事実であり、精神障害でも誇大妄想でもないと言い切る。

死の筋書きがあり、その謎を解くつもりだと、アレックスはウェインとシュレックに伝える。

これ以上、死者が出ないことを約束するようにとウェインに言われたアレックスは、この場にいたら無理だと答え、帰ることを許される。

ジョン・デンバー”のレコードをかけ、紅茶を飲むためにお湯を沸かしたヴァレリーは、熱湯を入れたカップの高校のマークを見て、”呪われた学校”を思い出しお湯を捨てる。

カップが熱いまま氷を入れて酒を注いだヴァレリーは、ひびが入ったカップから液体がパソコンのモニターの上にこぼれたことに気づかない。

モニターがーショートしたためにヴァレリーは近づき、爆発したブラウン管の破片が飛び散って首に刺さる。

帰宅しようとしたアレックスは不吉な予感を感じ、ヴァレリーの家に向かう。

モニターは出火し、アルコールに火が引火してガス代が爆発しヴァレリーは転倒する。

出血を止めようとしたヴァレリーは、シンクの上のタオルに手を伸ばすが、それに引っかかったナイフが落下して胸などに突き刺さる。

瀕死のヴァレリーを発見して助けようとしたアレックスだったが、ナイフの上に椅子が倒れて、彼女は死亡する。

ナイフを抜いたアレックスは、それを捨てて家から飛び出し、通りがかったビリーに声をかけられる。

その瞬間、家は爆発をし、アレックスはその場から走り去る。

ウェインとシュレックは姿を消したアレックスを捜し、クレアの家を訪ねるものの、会っていないと彼女に言われる。

その後、カーターとビリーを呼び出したクレアは、アレックスを捜し始める。

ジョーンズ・ビーチ・ステート・パーク”。
二手に分かれると言ったクレアは車を降りて歩き始め、アレックスを見つける。

夜空を見上げて180便のことを考えるアレックスに話しかけるクレアは、父親が暴漢に射殺され、母親は他の男と暮らし辛い日々を送った経験のあることを話し、自分の父親も生きているような気がすると伝えて彼を励ます。

車に乗るカーターとビリーに合流したアレックスとクレアは、彼女の父親の山小屋に向かおうとする。

ビリーがFBIに通報したことを知ったアレックスは、ヴァレリーの家の床に自分の足跡があったと言われ、誤解を解こうとする。

そんなことよりも、ヴァレリーが死ぬことを予知していたのかをカーターに聞かれたアレックスは、それを認める。

次が誰なのかを知りたがるカーターは、アレックスから全員が死ぬと知らされ、死ぬ時を自分で決めたいと言って暴走し始める。

カーターは踏切で車を止めてしまい、電車が迫ったためにアレックスらは降りる。

車を動かすようアレックスに説得されたカーターはそれに従おうとするが、エンジンがかからない。

ドアも開かずにシートベルトも外れないカーターは焦り、アレックスが衝突寸前で彼を引きずり出す。

次に死ぬのがカーターだと言って興奮するビリーは、通過した列車に弾き飛ばされた車の破片で首が切断されてしまう。


順番ではカーターが死ぬはずだったと言うアレックスは、彼を助けたためにビリーが死んだと話し、ベルトが切れるのを見たとことで、予知できれば計画を妨害できると考える。

とりあえず山小屋に隠れるようクレアに言われたアレックスは、次に死ぬのは自分で、その後がクレアであるため、そうはさせないと彼女に伝える。

カーターに逃げるよう言われたアレックスは、山小屋に向う。

夜が明けて、死神と戦う覚悟をしたしたアレックスは、危険を回避する対策をする。

ウェインとシュレックはクレアの家を見張り、彼女は、二人にアレックスの保護を求める。

それを拒まれたクレアは、アレックスの居場所をウェインに聞かれる。

次に死ぬのは自分ではなくクレアだと気づいたアレックスは彼女の家に向い、その場に着いたウェインとシュレックは彼を追う。

クレアは、雷が落ちて裏庭の電柱が倒れたため、吠えて興奮する愛犬を助けようとする。

アレックスは、森の中で倒れた木の下敷きになってしまうものの、何んとか脱出する。

電線を避けようとして家に戻ったクレアは、ガレージの車で逃げようとする。

立ち往生するクレアは、現れたアレックスに落ち着くよう言われるが、電線の火花が缶からこぼれた燃料に引火する。

車が爆発しそうなため、電線を掴むと言うアレックスは、クレアより先に自分が死ねば、それで全てが終わると伝える。

一人でも生き残れば自分達の勝ちだと言って、クレアを説得したアレックスは、電線を掴んで吹き飛ばされる。

駆けつけたウェインとシュレックは、呼吸が止まっているアレックスを蘇生する。

6か月後。
アレックスとクレア、そしてカーターは、よく乗る気になったと言っいながら飛行機でパリに到着する。

カフェでくつろぐ三人は、犠牲者の冥福を祈りながら話し合い、カーターはアレックスとクレアに感謝する。

もう一度、死の筋書きについて考えたアレックスは、死を予知して、クレアとカーターにその場にいるよう伝えてホテルに向かおうとする。

危険を予知したクレアはアレックスに声をかけ、彼は近づいたバスを避ける。

バスは路上のポールに激突して、それが電光看板に当たる。

看板は外れてアレックスに衝突しようとするが、カーターが彼を助ける。

飛び越えたと言うアレックスに、カーターは次は誰だと聞くが、背後から看板が迫る。


解説 評価 感想

参考:
・「ファイナル・デスティネーション」(2000)
・「デッドコースター」(2003)
・「ファイナル・デッドコースター」(2006)
・「ファイナル・デッドサーキット 3D」(2009)
・「ファイナル・デッドブリッジ」(2011)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク州
高校生のアレックス・ブラウニングは、フランスへの修学旅行に旅立つため、空港に向い180便に搭乗する。
しかし、離陸直後の爆破墜落を予知したアレックスは騒ぎ始め、機外に連れて行かれる。
アレックスと揉めたカーターや友人のトッド、引率教師のヴァレリーやアレックスの言葉を信じたクレアら7人は、次の便に乗ることになりその場で待機する。
次の瞬間、180便は離陸直後に爆発して墜落する。
その後、FBIの取り調べを受けたアレックスは疑いを持たれ、犠牲者の遺族には恨まれ、ヴァレリーも彼を避けるようになる。
そんなアレックスは、トッドの危険を予知してしまい、彼の死を知り驚く。
そしてアレックスは、同じく予知能力を持つクレアと共に、事故の生存者に迫る規則性のある死の筋書きを知り、その謎を解明しようとするのだが・・・。
__________

逃れられない死の運命に立ち向かう少年達を描き、期待以上のヒットとなりシリーズ化された第一作。

テレビ・ドラマ「X-ファイル」などの脚本を担当していたジェームズ・ウォンの監督デビュー作で、彼は、シリーズ第三作の「ファイナル・デッドコースター」でも監督と脚本を担当している。

本作は「X-ファイル」のエピソードとして考えられていた。

本作は、1996年に起きた”トランスワールド航空800便墜落事故”を参考にし、事故時のニュース映像なども使われている。
ジョン・F・ケネディ国際空港から飛び立ったボーイング747が、約40マイル飛行した地点で、ショートした電気配線の火が燃料タンクの気化ガスに引火し空中爆発して墜落した、事故の原因やロケーションなども本作の内容とほぼ同じである。

規則性のある死の筋書きがほぼ分かっていながら(死の連鎖ではない)、そのターゲットに迫る死の恐怖を緊迫感溢れる映像で描く、ジェームズ・ウォンの脚本と演出手腕は見ものだ。

その筋書き通りに行かない展開や、それを回避しようとする主人公らの行動や、死に至る描写にも工夫が凝らされている。

北米興行収入は約5300万ドルで、全世界では約1億1300万ドルのヒットとなった。

登場人物の名前は、往年のホラー映画の俳優や監督などからとったものである。

予知能力を持ち、自分やクラスメイトの死を知ってしまい、苦しみながらも運命に立ち向かうデヴォン・サワ、彼と同じ能力を持ち助け合うアリ・ラーター、5番目に死亡するカー・スミス、4番目のショーン・ウィリアム・スコット、2番目のアマンダ・デトマー、最初に死ぬチャド・ドネッラ、墜落事故で死亡するその兄ブレンダン・フェア、主人公に避けられない死の意味を悟らせる葬儀屋トニー・トッド、2番目に死ぬ引率教師クリステン・クローク、事故死する教師フォーブス・アンガス、FBI捜査官ダニエル・ローバックロジャー・グエンバウア・スミス、主人公の両親バーバラ・タイソンロバート・ウィスデンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター