フィッシュ・タンク Fish Tank (2009) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恵まれない環境で育った周囲から孤立する15歳の少女が、母親の恋人に心惹かれながら様々なことを体験し、自分の生きる道を見つけようとする姿を描く、監督、脚本アンドレア・アーノルド、出演ケイティ・ジャーヴィスマイケル・ファスベンダーカーストン・ウェアリングによる青春ドラマ。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト ■

監督:アンドレア・アーノルド
製作総指揮
クリスティーン・ランガン

デヴィッド・M・トンプソン
製作
ニック・ローズ

キース・カサンダー
脚本:アンドレア・アーノルド
撮影:ロビー・ライアン
編集:ニコラ・ショードゥルジュ
音楽:フォンソ・マーティン

出演
ミア・ウィリアムス:ケイティ・ジャーヴィス

コナー・オライリー:マイケル・ファスベンダー
ジョアンヌ・ウィリアムス:カーストン・ウェアリング
タイラー・ウィリアムス:レベッカ・グリフィス
ビリー:ハリー・トレッダウェイ

イギリス 映画
配給 IFC Films

2009年製作 123分
公開
イギリス:2009年9月11日
北米:2010年1月15日
日本:2009年8月4日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $373,060
世界 $2,357,852


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

イースト・ロンドン
15歳の少女ミア・ウィリアムス(ケイティ・ジャーヴィス)は、不仲の母ジョアンヌ(カーストン・ウェアリング)と妹タイラー(レベッカ・グリフィス)と、集合住宅で暮らしていた。

劣悪な環境で育ち、周囲とのトラブルが絶えないミアは孤立していたが、唯一ヒップホップ・ダンスにだけは熱中していた。

そんなミアは、私有地に鎖で繋がれている痩せこけた馬を逃がそうとして、ビリー(ハリー・トレッダウェイ)ら兄弟に襲われそうになるものの何んとか逃れる。

帰宅したミアは、母ジョアンヌの恋人コナー・オライリー(マイケル・ファスベンダー)に声をかけられ、彼が気になる存在になる。

翌日、再び私有地に向かったミアは、ビリーから荷物を返してもらう。

その後、家ではパーティーが開かれ、ミアはジョアンナに邪魔者扱いされ、酒を飲み眠ってしまう。

夜になり、コナーはミアを抱き上げて部屋に連れて行き、靴などを脱がして眠らせてあげる。

翌日、コナーがドライブする車で、ミアら三人は川に向かい、彼が手掴みで魚を獲る。

川に入り足を怪我したミアは、コナーに傷を手当てされ、友好的なムードで時は過ぎる。

車の音楽でダンスを始めたミアは、ジョアンヌのとのことでコナーに口出しされ、気分を害して歩いて帰ってしまう。

民生委員に特別学校に通うことを勧められていたミアは、その気になれない。

ミアはダンサーになる夢があり、コナーの仕事場を訪ね、それを彼に語る。

コナーに、ダンサーの応募にチャレンジするよう励まされたミアは、彼からビデオ・カメラを借りる。

特別学校に行くようジョアンナに言われたミアは、それに反発し、暫く家に泊まることになったコナーには、それから逃げるなと助言される。

ミアは、母ジョアンナとコナーが愛し合っている場を見てしまい嫉妬する。

街でビリーを見かけたミアは、馬が気になりそれを彼に尋ね、その後、二人は楽しい時間を過ごす。

二人は、コナーの元に向かい小遣いをもらい親交を深める。

帰宅したミアは、ジョアンナから渡された学校の書類を捨ててしまい、それをコナーに批判される。

ミアは、他人が口出しすることではないと、コナーに意見する。

翌日、応募したダンサーのオーディションが開催されるという連絡を受けたミアは、その準備を始める。

そのことをコナーに知らせたミアは、ダンスを見せて欲しいという彼の前で踊る。

コナーはそれを褒めてミアを抱き寄せ、二人は愛し合ってしまう。

二人だけの秘密だと言って部屋に戻ったコナーは、翌朝、出て行ってしまう。

コナーの勤務先に連絡したミアは、彼が休んでいることを知り自宅に向かう。

エセックスティルベリー
コナーに会ったミアは、15歳の自分と愛し合ったことで罪悪感を感じていると彼に言われ、駅まで送られる。

しかし、ミアはコナーの家に戻り、彼が留守だったため、裏の窓から中に侵入する。

ミアは、居間にあったビデオカメラの映像で、コナーには妻子がいることを知りショックを受ける。

コナーらが戻ってきたことに気づき、家を出たミアは、彼の娘キーラに声をかけて連れ去る。

嫌がるキーラは逃げ出して川に向かってしまい、ミアは彼女を叱る。

興奮したキーラは川に落ちてしまい、ミアが彼女を助けて家に戻る。

キーラに家に帰るよう指示してその場を去ったミアは、街道でコナーに見つかって捕まり彼に殴られる。

コナーは、何も語らずにその場を立ち去る。

翌日、ミアはオーディションに向かい、自分の順番になり曲が流れるものの、何もせずに会場を後にする。

ビリーの元に向かったミアは、病気だった馬が射殺されたことを知りショックを受ける。

ウェールズカーディフに、知り合いがいると言うビリーに誘われたミアは旅立とうとする。

ミアは、母ジョアンナが、自分のCDを気に入り聴いていることに気づき、彼女に出かけることを伝える。

ジョアンナは素っ気ない返事で答えるが、ミアは彼女やタイラーと共に踊り始める。

迎えに来たビリーの元に向かったミアは、いつもいがみ合っているタイラーとの別れを惜しむ。

そしてミアは、車を追うタイラーを見つめながら旅立つ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

イースト・ロンドン
15歳の少女ミア・ウィリアムスは、母ジョアンナと妹タイラーと共に集合住宅で暮らしていた。
劣悪な環境で育ったミアは、周囲とトラブルばかり起こして孤立していたのだが、ヒップホップ・ダンスにだけは熱中していた。
そんなミアは、母ジョアンヌの恋人コナーが気になる存在になる。
特別学校に入ることを勧められたミアだったが、その気になれない彼女には、ダンサーになる夢があった。
それをコナーに話して、彼に励まされたミアは、オーディションを受ける準備を始める。
そして、自分のありのままの姿を受け入れてくれるコナーに、ミアは心惹かれるようになるのだが・・・。
__________

”Wasp”(2003)で、アカデミー短編映画賞を受賞したアンドレア・アーノルドが、脚本を兼ねた作品。

ダンス以外の全てを拒絶する少女が、年上の男性へのほのかな愛情が芽生えたことで生ずる、心の変化と人生の探求が繊細に描かれている。

主人公のちょっとした表情や、ドキッとするような大胆な描写など、女性らしさを随所で感じさせる、アンドレア・アーノルドの演出手腕は実に興味深い。

第62回カンヌ国際映画祭では、審査員賞を受賞した。

アンドレア・アーノルドは、パルム・ドールにノミネートされた。
また、第63回英国アカデミー賞英国作品賞他を受賞して高い評価を受けた作品。

撮影当時16~17歳,主人公を演ずるケイティ・ジャーヴィスは、演技者としての経験はないまま主演に抜擢され、演技をしていると感じさせない、その表情や物腰は自然体そのものだ。

この後辺りから、各作品で抜きん出た存在感を示し人気急上昇するマイケル・ファスベンダーは、母親(カーストン・ウェアリング)の恋人役で、主人公の心を動かす男性を好演している。

主人公の妹レベッカ・グリフィス、主人公と親交を深める青年ハリー・トレッダウェイなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター