太平洋作戦 Flying Leathernecks (1951) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争の激戦地で任務を遂行するアメリカ海兵隊飛行部隊と指揮官の戦いを描く、主演ジョン・ウェイン、監督ニコラス・レイロバート・ライアンドン・テイラー他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ニコラス・レイ
製作:エドマンド・グレンジャー
原案:ケネス・ガメット
脚本
ジェームズ・エドワード・グラント

バーン・レイJr.
撮影:ウィリアム・E・スナイダー
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
ダニエル・エグゼヴィア・カービー少佐:ジョン・ウェイン

カール”グリフ”グリフィン大尉:ロバート・ライアン
ヴァーン”カウボーイ”ブライス少尉:ドン・テイラー
ジョアン・カービー:ジャニス・カーター
クランシー曹長:ジェイ・C・フリッペン
ジョー・カラン軍医:ウィリアム・ハリガン
アーニー・スターク中尉:ブレット・キング
バート・マラーキ少尉:アダム・ウィリアムズ
チャーリー:キース・ラーセン
ライリー大佐:ジェームズ・ベル
フィニー准将:バリー・ケリー

アメリカ 映画
配給 RKO

1951年製作 102分
公開
北米:1951年8月28日
日本:1955年7月14日
製作費 $2,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1942年、太平洋戦争下、ハワイオアフ島
アメリカ海兵隊飛行部隊VMF-247”ワイルドキャッツ”に、新指揮官のダニエル・エグゼヴィア・カービー少佐(ジョン・ウェイン)が赴任する。

部下達は、信頼するカール”グリフ”グリフィン大尉(ロバート・ライアン)が指揮官になると考えていたために驚く。

そのための祝宴を考えていた部下達に、その日だけ楽しむことを許可しようとしたカービーは、グリフィンの義弟であるヴァーン”カウボーイ”ブライス少尉(ドン・テイラー)のジョークにまでは付き合う気になれない。

兵士達はカービーの態度を歓迎できず、聞いていた厳しい訓練のことなどを批判するが、バート・マラーキ少尉(アダム・ウィリアムズ)はそれに反論する。

カービーの元に向かったマラーキは、戦死した兄の上官であった彼に感謝する。

その後グリフィンは、指揮官に任命されなかった自分とは、やりにくいのではないかとカービーに問う。

カービーは、自分は超低空飛行を含めた作戦を練る立場となり、戦闘指揮はグリフィンに任せると言ってお互いの役割を確かめる。

VMF-247は、日本軍が占領していた激戦地ガダルカナル島に向かう。

現地海上に到着したカービーらは、航空支援要請を受けて攻撃を開始し、任務を終えて陸上基地に着陸する。

旧知のクランシー曹長(ジェイ・C・フリッペン)に迎えられたカービーは、燃料を補給させる。

ジョー・カラン軍医(ウィリアム・ハリガン)とも再会したカービーは、彼をグリフィンや部下に紹介する。

本部に向かったカービーだったが、日本軍の攻撃を受けて編隊機を破壊されてしまい、グリフィンに消火活動をするよう指示する。

編隊の機体を分散させておかなかったため、被害は大きかった。

その後、任務中に編隊を離れたシモンズが脱出して戻り、カービーは、浮かれているシモンズを軍法会議にかけると言って行動を批判する。

ブライスらは厳し過ぎるのではないかと考えるが、グリフィンはシモンズが軽率だったと言って納得させる。

グリフィンは、シモンズへの処置について意見するが、カービーはそれを聞き入れようともしない。

その後、日本軍の戦艦の対空砲火が始まり、到着したばかりだった、負傷者を運ぶ輸送機が攻撃を受けて大破する。

基地は損害を受け、グリフィンは部下の無事を確認するが、マラーキが死亡する。

出撃したカービーは、機体の不調を訴え帰還を希望するアーニー・スターク中尉(ブレット・キング)の要請を、一度は却下するものの仕方なく許可する。

敵機を確認した編隊は攻撃を開始し、ジョーゲンセンの機が撃墜され、彼は脱出するものの日本兵に殺される。

そのことを部下に知らせたカービーは、ジョーゲンセンが身勝手な行動をとったために命を落としたと言って、それを理解させるために遺体を確認するよう命ずる。

グリフィンは、カービーの考えに疑問を抱き始める。

配置換えをしようとしたカービーは、部下がアーニーの機体の不調を嫌うため、自分が組むことをアーニーに伝える。

悪天候のため、24時間の休暇を部下に与えたグリフィンだったが、全員が本部に呼ばれる。

カービーは、ライリー大佐(ジェームズ・ベル)からの支援要請を受けたことを伝え、前線への攻撃が必要であることを大佐自身が説明する。

ブライスは休暇がもらえると思っていたことを伝えるが、カービーは、それは噂でありこれが任務だと言い切る。

低空飛行でなければ成功が見込めないため、カービーは、経験のない者は自分に従って飛行するよう指示する。

低空では敵の銃剣で撃墜されると冗談を言うブライスに、大佐と前線を見てくるようにとカービーは命ずる。

大佐の説明を聞く場で冗談を言うブライスは批判するものの、まだ子供の様な考えの部下達には、休養も必要だと主張するグリフィンの意見をカービーは退ける。

編隊は出撃するが、グリフィンが体調不良のため交替させようとした部下が撃墜される。

グリフィンは、交替を許可しなかったカービーを批判しようとする。

しかし、全員が万全でないことを軍医カランに確認したカービーは、ライリー大佐の要請を受けて再度出撃する準備を始めるようグリフィンに命ずる。

グリフィンや部下には厳しく接するものの、カービーは、戦死した者の家族に送る手紙を書きながら心を痛める。

レコードに録音された息子の声を聞きながら家族を想うカービーは、フィニー准将(バリー・ケリー)に呼ばれる。

カービーは、必要以上の攻撃はせずに援護に徹するようフィニーに命ぜられる。

宿舎に戻ったカービーは手紙の続きを書こうとするが、真実を書けずに苛立つ。

翌日、カラン軍医は、グリフィンの精神状態を気にしてカービーにそれを伝える。

カランは、グリフィンがカービーを悪人だと思い込んでいると言うが、カービーは優秀な副官との関係はうまくいっていると答える。

出撃したカービーは、攻撃を受けて負傷したチャーリー(キース・ラーセン)を帰還させる。

基地に戻り不時着したチャーリーは脚を切断することになり、任務を終えたカービーは彼を見舞い気遣う。

グリフィンは、あからさまにカービーの戦略を批判し始めるが、個人的な事情まで気にするようでは隊を指揮などできないと言われる。

我慢の限界に達したグリフィンは、表で決着をつけようとするが、カービーは本部に呼ばれる。

日本軍の強力な艦隊が迫ることを伝えたフィニー准将は、増強される兵力で徹底攻撃を加えることをカービーらに伝えて準備をさせる。

総攻撃の準備を整え出撃した編隊は敵機と遭遇し、損害を出しながらも敵撃破する。

日本軍の艦隊を発見した編隊は、敵に大きな損害を与えて帰還する。

カービーは本土に戻ることになり、指揮官に推薦されなかった理由などをグリフィンにと話すが、二人はわだかまりを残したまま別れる。

妻ジャニスは、連絡もなしに戻ったカービーに驚きながら愛を確かめる。

カービーは、奪った日本刀を息子に贈り、中佐に昇進する日が近いことをジョアンに伝える。

ジョアンは、カービーが、今後ゴリータでの基地内勤務となることを知り安堵する。

その後、カービーは新たな編隊の指揮を任され、ガダルカナルの隊員と少佐に昇進したグリフィンが配属されることを知らされる。

部屋を出たところでグリフィンと出くわしたカービーは、お互いを牽制し合う。

戦地に戻ったカービーは、兵卒に降格されたクランシーに迎えられる。

出撃したカービーらは、敵機の攻撃を受けながらも低空飛行で目標地点を爆撃する。

その後、自軍艦隊からの援護を要請された編隊は、作戦を中止して敵の”特攻隊”と戦うことになる。

ブライスは機体の不調を訴え、グリフィンは着陸を命ずる。

グリフィンは、敵機に追われるブライスに援護できないため脱出するよう指示する。

他の部下が援護に向かうことをグリフィンは許さず、カービーはその様子を見守る。

ブライスは、脱出直前で被弾し機体は大破する。

自軍艦隊上空に到達した編隊は、攻撃を開始しする。

カービーは機銃掃射レバーの故障に気づき、敵機に近づいて接触してしまい、グリフィンに指示されて脱出する。

その後、艦隊が無事だったという報告を受けた編隊は帰還する。

救助されたカービーは腕を負傷して帰国することになり、クランシーとカラン軍医に別れを告げる。

輸送機に乗ろうとするカービーに声をかけたグリフィンは、自分を推薦してくれたことを感謝する。

自分は悪者であり、大したことはていないと言うカービーは、ブライスのことで辛い思いをしながらも無事任務を果たしたことを評価する。

今後、苦しい日々を送ることになると告げたカービーは、自分のように苛立つようになり、同じ立場となり帰国するだろうとグリフィンに語る。

本土で会えたら共に飲み明かしてくれるかとグリフィンに問われたカービーは、喜んで相手をすると答える。

自分の様な指揮官になると言うグリフィンに、本土で会うのが楽しみだと告げてカービーは機内に向かう。

グリフィンは、現状報告と集合を副官アーニーに指示し、今後の命令は即実行することを確認させる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1942年、太平洋戦争下、ハワイオアフ島
アメリカ海兵隊飛行部隊VMF-247”ワイルドキャッツ”の指揮官として赴任したダニエル・エグゼヴィア・カービー少佐は、副官グリフィン大尉や部下と共に激戦地ガダルカナル島に向かう。
経験も浅い若いパイロットらを鍛えるためにカービーは厳しく接するが、部下らはそれに反発する。
部下を擁護したいグリフィンも、自分の意見を聞き入れないカービーに不満を抱き始める・・・。
__________

1950年代に入り、長い黄金期を迎えた大スター、ジョン・ウェイン主演が話題になった、アメリカ海兵隊全面協力による戦争映画。

当時としては大作と言える260万ドルをかけた作品であるが、戦闘場面などは殆ど記録フィルムで、映像自体の本物の迫力はあるものの、ニコラス・レイの演出も含め、やや雑な仕上がりに感じてしまうのは、それを多用し過ぎたのが理由かもしれない。

悪魔のような侵略者として日本兵を描いていることや、戦闘記録フィルムの使い過ぎが気になると言う意見はあるが、製作当時を考えれば理解できることである。

硫黄島の砂」(1949)の鬼軍曹を思わせる主人公を演ずるジョン・ウェインは、圧倒的な存在感で画面を占領する。
ファンにとっては、このような役柄のジョン・ウェインを見れれば満足なのであり、作品を批判する声など関係ないのが本音だろう。

ジョン・ウェインと、副官として反発し苦悩するロバート・ライアンがほぼ同じ身長(193cm)であり、二人の際立つ長身が戦闘以上のインパクトとして印象的だ。

ロバート・ライアンは、主人公の部下役なのでやや引き気味の演技であり、死に直面した任務を遂行する中で、部下の個人的な事情などを配慮し過ぎてしまう弱さ、それを克服して、指揮官としての指導力を身につける将校を好演している。

冗談ばかり言い口数が多い主人公の部下ドン・テイラー、主人公の妻ジャニス・カーター、主人公を慕う曹長ジェイ・C・フリッペン、軍医ウィリアム・ハリガン、主人公の部下ブレット・キングアダム・ウィリアムズキース・ラーセン、大佐ジェームズ・ベル、将軍バリー・ケリーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター