フールズ・ゴールド Fool’s Gold (2008) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

伝説の秘宝に魅せられた離婚に追い込まれる青年とその元妻に巻き起こる騒動を描く、監督アンディ・テナント、主演マシュー・マコノヒーケイト・ハドソンドナルド・サザーランド他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:アンディ・テナント
製作
ドナルド・デ・ライン
バーニー・ゴールドマン

ジョン・クレーン
製作総指揮
ウィンク・モードーント
ジェームズ・R・ダイヤー
原案
ジョン・クラフリン
ダニエル・ゼルマン

脚本
ジョン・クラフリン
ダニエル・ゼルマン

アンディ・テナント
撮影:ドン・ バージェス
編集
トロイ・タカキ
トレイシー・ワドモア=スミス
音楽:ジョージ・ フェントン

出演
マシュー・マコノヒー:ベンジャミン“フィン”フィネガン
ケイト・ハドソン:テス・フィネガン
ドナルド・サザーランド:ナイジェル・ハニーカット
ユエン・ブレムナー:アルフォンズ
アレクシス・ジーナ:ジェマ・ハニーカット
ケヴィン・ハート:ビッグ・バニー
レイ・ウィンストン:モー・フィッチ
ブライアン・フックス:カーティス
マイケル・マルヘレン:エディ
アダム・ルフェーヴル:ゲリー
マルコム=ジャマル・ワーナー:コーデル

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2008年製作 112分
公開
北米:2008年2月8日
日本:2008年5月31日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $70,224,196
世界 $111,231,041


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

トレジャー・ハンターのベンジャミン“フィン”フィネガン(マシュー・マコノヒー)は、1715年に沈没したスペイン艦隊の秘宝を、相棒アルフォンズ(ユエン・ブレムナー)と、フロリダキーウェスト沖の海底で探していた。

ふとしたことから、船が火事になり沈没してしまうが、フィンらは、そのおかげで宝の手がかりを見つける。

しかい、ビッグ・バニー(ケヴィン・ハート)への借金を返せないフィンは、海底に沈められそうになるものの、間一髪でそれを逃れる。

漂流していたフィンは、モーターボートに助けられて港に着き、妻テス(ケイト・ハドソン)との離婚調停に向かう。

フィンが時間に遅れたため、二人は後悔しながら離婚することになり、さらに彼の財産は全てテス側に没収されてしまう。

秘宝の手がかりを見つけたことを、テスに話したフィンだったが、彼女はそれが手元にないことや、歴史の勉強をするため、学費の足しにするはずだった船を沈没させた彼に呆れてしまう。

途方に暮れていたフィンに、アルフォンズが、資産7億ドルの大富豪ナイジェル・ハニーカット(ドナルド・サザーランド)の豪華ヨットが、港に停泊中だということを知らせる。

テスはその船の乗務員で、フィンが言っていた手がかりを調べ、それに真実味があることに気づく。

フィンが間違えなくハニーカットの船に乗り込んで来ると考えたテスは、それを阻止しようとする。

その頃、ハニーカットは、娘のジェマ(アレクシス・ジーナ)の到着を待っていた。

ハニーカットのヨットに向かったフィンは、飛ばされたテスの帽子をキャッチして、海中に投げ出されたのを助けられ、ハニーカットのヨットに運ばれる。

ビッグ・バニーは、フィンのアドバイザーでもあるモー・フィッチ(レイ・ウィンストン)に、秘宝の手がかりとなる皿を見せる。

テスは、フィンが現れる前に先手を打とうとするが、時既に遅く、彼はハニーカットに招かれ食事までしていた。

スペイン艦隊の秘宝の話をハニーカットにしたフィンとテスは、彼の協力を得てアルフォンズも加え、秘宝の探索を始めることになる。

仕方なくテスはフィンに協力することになるが、目的地では既にモーが海底を探っていた。

困難を極めた秘宝捜しだったが、あるヒントをきっかけに、フィンが探索場所が違っていたことに気づき、ようやく沈没した船の大砲を見つけ出す。

フィンとテスは、船の乗組員の墓を探し、その中の日記から、ついに秘宝の隠し場所を探り当てる。

しかし、運悪く二人はビッグ・バニーに見つかり、フィンは逃げ延びるものの、テスが捕らえられてしまう。

テスは秘宝の隠し場所に連れて行かれ、ビッグ・バニーの手下はその場所を見つける。

フィンはモーに、ハニーカットへ助けを要請するよう連絡を入れ、秘宝の隠し場所に置き去りにされたテスの元に向かう。

テスを救い出したフィンは、ビッグ・バニーに彼女が捕らえられ、モーターボートで駆けつけたモーとハニーカットの助けも及ばず、連れ去られてしまう。

そこにジェマがジェットスキーで現れフィンを乗せ、逃げようとするビッグ・バニーのセスナにフィンが飛び乗る。

テスはビッグ・バニーを蹴落とし、二人はセスナを何とか着水させる。

フィンとテスは再婚して秘宝を発見し、ハニーカットやモー、そしてアルフォンズを含めた仲間達は、一躍脚光を浴びる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

フロリダキーウェスト
トレジャー・ハンターのベンジャミン“フィン”フィネガンは、1715年に沈没したスペイン艦隊の秘宝を、相棒のアルフォンズと共に海底で探していた。
フィンは、ハプニングで船が火事になり沈没してしまうが、宝の手がかりを見つける。
妻テスト離婚することになっていたフィンは、財産も彼女に没収されてしまう。
秘宝の手がかりを見つけたという、フィンの話を信じないテスは、船まで沈めた彼を見限る。
ショックを受けたフィンだったが、資産7億ドルの大富豪ハニーカットの豪華ヨットが港に停泊中だということを知る。
実はテスはその船の乗務員で、フィンが言っていた手がかりを調べた彼女は、それに真実味があることに気づくのだが・・・。
__________

7000万ドルの製作費をかけているだけあり、伝説の秘宝探しとして、貧弱にならない舞台設定や、歴史的な解説も詳細に語られる凝った仕上がりになっている。

秘宝探しがテーマのように思えるが、メインは主人公の夫婦の”仲直り劇”で、いかにしてそれに達するかを絡めたストーリーと言える。

無駄のないアンディ・テナントの演出は、驚きは少ないが、観客の予想するシーンがテンポよく登場する、痛快な展開が心地よい。

物語の舞台はフロリダなのだが、実際のロケはオーストラリアクイーンズランド各地の海岸などで行われた。

全世界で、約1億1100万ドルの興行収入となり、まずまずヒットした。

北米興行収入 $70,224,196

主演のマシュー・マコノヒーは、海の男らしく、見事にシェイプアップされた体と健康的なイメージだが、世渡りが下手なダメ男でもあり、そんな、人間味のある愛すべきキャラクターを好演している。

海上や海中でかなり活躍し、それほど悪いとは思えないが、同年、本作と”My Best Friend’s Girl”でラジー賞にダブルノミネートされてしまったケイト・ハドソンも、熱演はしている。

70歳を過ぎ、画面に登場するだけで存在感がある、というか、”嬉しくなる”ベテラン、富豪役のドナルド・サザーランド、主人公の相棒ユエン・ブレムナー、おとぼけキャラもはまっているアレクシス・ジーナ、秘宝横取りを狙うケヴィン・ハート、主人公のアドバイザー兼、頼もしい相棒レイ・ウィンストンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター