007/ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

007シリーズ、第12作。
1960年に発表された、イアン・フレミング
同名短編小説を基に製作された作品。
監督ジョン・グレンロジャー・ムーアジュリアン・グローヴァートポルキャロル・ブーケ共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・グレン
製作:アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・ フレミング
脚本
リチャード・メイボーム

マイケル・G・ウィルソン
撮影:アラン・ヒューム
編集:ジョン・グローヴァー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
音楽:ビル・コンティ
主題歌:シーナ・イーストンFor Your Eyes Only

出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア
アリストトゥル・クリスタトス:ジュリアン・グローヴァー
ミロス・コロンボ:トポル
メリナ・ハブロック:キャロル・ブーケ
ビビ・ダール:リン=ホリー・ジョンソン
リスル・フォン・シュラフ伯爵夫人;カサンドラ・ハリス
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
エリッヒ・クリーグラー:ジョン・ワイマン
ジャコバ・ブリンク:ジル・ベネット
アナトール・ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル
フレデリック・グレイ国防相:ジェフリー・キーン
ジム・タナー:ジェームズ・ヴィラーズ
ルイージ・フェラーラ:ジョン・モレノ
エミール・ロック:マイケル・ゴザード
ティモシー・ハブロック卿:ジャック・ヘドリー
マーガレット・サッチャー首相:ジャネット・ブラウン

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1981年製作 127分
公開
北米:1981年6月28日
日本:1981年7月11日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $54,812,802
世界 $195,300,000


アカデミー賞 ■

第54回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞”
For Your Eyes Only
主題歌:
シーナ・イーストン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1969年に亡くなった、妻テレサの墓参りをしたイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、迎えに来たヘリコプでロンドンに向かう。

しかし、国際犯罪組織”スペクター”のブロフェルドは、そのヘリのパイロットを遠隔操作で殺害し、ボンドは後部座席に閉じ込められる。

ボンドは操縦席に乗り移り、リモコン操作を解除して状況を逆転させ、ブロフェルドを車椅子ごと捕らえ、工場の煙突に落下させる。
__________

アルバニアイオニア海で、漁船に偽装したイギリスの情報収集船が機雷事故で沈没する。

それが、KGB長官アナトール・ゴゴール将軍(ウォルター・ゴテル)に知らされ、船内のATAC(自動攻撃誘導装置)を奪うために、ソ連側が動き始める。

ATACKの引き上げ作業を、イギリス側から依頼されていた、海洋考古学者のティモシー・ハブロック卿(ジャック・ヘドリー)が、妻と共に彼を訪ねた娘のメリナ(キャロル・ブーケ)の目の前でキューバ人の殺し屋に殺される。

ロンドン
MI6本部に戻ったボンドは、Mが休暇だとマネーペニー(ロイス・マクスウェル)から知らされ、フレデリック・グレイ国防大臣(ジェフリー・キーン)とMの参謀のジム・タナー(ジェームズ・ヴィラーズ)らの元に向かう。

ボンドは、ATACが敵方に渡るのを阻止する任務を命ぜられ、ハブロックを殺した犯人を追い雇い主を捜す。

スペインに向かったボンドは、犯人の屋敷で捕らえられてしまう。

しかし、犯人は何者かに殺され、隙を見てボンドはその場から逃れ、途中メリナに助けられる。

ボンドのロータス・エスプリが、対敵防御装置で爆発してしまい、二人はメリナの車(シトロエン2CV)で逃亡する。

町を通り抜けて林道を下り、二人は敵の追跡をかわす。

メリナが犯人を殺したことを知り、ボンドは彼女と別れて、それを本部に連絡する。

犯人は重要な証人と成り得たため、グレイ国防大臣は、作戦失敗を首相に報告しようとする。

しかし、ボンドは、犯人に金を渡そうとしていた男を見ていたため、Q(デスモンド・リュウェリン)の元に向かう。

立体人相グラフを使い、その男がブリュッセルの殺し屋エミール・ロック(マイケル・ゴザード)だと確認する。

それを本部のタナーに報告したボンドは、Qから新しいロータス・エスプリを支給され、イタリアコルティーナ・ダンペッツォに向かう。

現地で連絡員ルイージ・フェラーラ(ジョン・モレノ)と接触したボンドは、ギリシア人の実業家であるアリストトゥル・クリスタトス(ジュリアン・グローヴァー)を紹介される。

クリスタトスは、フィギュアスケートのオリンピック優勝候補ビビ・ダール(リン=ホリー・ジョンソン)のスポンサーだった。

殺し屋ロックは、クリスタトスの宿敵で、ギリシャの密輸業者のミロス・コロンボ(トポル)の右腕だということを、ボンドは知らされる。

ロックは既にボンドの動きに気付き、彼の命を狙おうとする。

メリナをその場で目撃したボンドは、彼女が殺し屋に襲われたところを助ける。

ボンドからの電報を受けたというメリナが、ロックを殺そうとしていることを知り、ボンドは、彼女に町から出るように説得する。

ホテルに戻ったボンドはビビに誘われるが、彼はそれを断り、彼女とゲレンデに向かう。

東ドイツバイアスロン選手エリッヒ・クリーグラー(ジョン・ワイマン)に声をかけたビビだったが、彼女と別れた後、ボンドはクリーグラーらに襲われる。

それをかわしたボンドだったが、その後ジャンプ台に上り、ロックに追われる。

ジャンプ台から逃れたボンドはゲレンデに戻り、バイクに追われてボブスレーのコースを滑走し、クリーグラーは転倒してしまう。

ビビから、クリーグラーの話を聞きだそうとしたボンドだったが、今度はホッケー選手に扮した男達に襲われ、それを撃退する。

車に戻ったボンドは、鳩のペンダントを握り締めたままで死んでいる、フェラーラを見つける。

ギリシャに向かったボンドは、メリナに会い彼女との時を過ごす。

クリスタトスと再会したボンドは、近くにいたコロンボの、鳩のマークのカフスボタンを確認する。

コロンボは、ボンドとクリスタトスの会話を録音していた。

その時、コロンボと同席していたリスル・フォン・シュラフ伯爵夫人(カサンドラ・ハリス)が彼の無礼な態度に憤慨して席を外す。

それを見たボンドは、罠と知りながら伯爵夫人を追い彼女を車で送る。

ボンドは彼女と一夜を過ごすが、ロックが現れ、リスルは殺されてしまう。

ロックに捕らえられそうになったボンドは、胸に鳩のマークをつけた男達に救われるが、頭を殴られ、コロンボの元に連れて行かれる。

コロンボは、クリスタトスがソ連のスパイで、ロックも彼の手下だということをボンドに知らせる。

ボンドはコロンボを信用し、その夜、クリスタトスの倉庫に侵入して、潜水装置やアヘンをみつける。

クリスタトスの手下達と銃撃戦になり、ボンドはロックを追い詰めて崖から転落させる。

メリナに、父ハブロック卿を殺したのは、ATACを狙うクリスタトスだということを知らせたボンドは、航海日誌を調べる。

それを手掛かりに、海底で、イギリスのスパイ船を発見したボンドとメリナは船内に入る。

ATACを回収したボンドだったが、クリスタトスの手下が二人を襲う。

ボンドはATACを奪われてしまうが、敵の潜水装置に爆薬を仕掛け、ATACを奪い返して船外にでる。

敵は爆死し、酸素ボンベのパイプが破損したメリナを連れて、ボンドは潜水艇に戻る。

メリナは窒息寸前で助かるが、敵の潜水艇が攻撃を仕掛けてくる。

それから逃れて階上に上がったボンドだったが、そこにクリスタトスらが現れ、ATACを再び奪われてしまう。

ボンドとメリナは、クリスタトスにサメの餌食にされそうになるが、彼女が、海底の遺跡に置いてあった酸素ボンベを使いそれから逃れる。

二人はメリナの船に戻り、クリスタトスの話を聞いていたオウムが、彼らが”聖シリルの僧院”に行くという言葉を口にする。

神父に扮したQと接触し、”聖シリルの僧院”が439もあることを知ったボンドは、コロンボの協力で、クリスタトスの居場所を突き止める。

絶壁を登ったボンドは、クリスタトスの手下に突き落とされ、ロープで宙吊りになってしまう。

ボンドは、何とか這い上がり敵を倒して僧院に侵入し、物資補給用のゴンドラでコロンボら引き上げる。

クリスタトスの手下達を、次々と捕らえたボンドらだったが、ソ連のゴゴール将軍が、ATACを受け取るためにヘリで到着する。

クリーグラーを倒したボンドは、キューバに連れて行かれようとしていたビビを助け出す。

コロンボは、ATACをゴゴール将軍に渡そうとするクリスタトスを追い詰める。

ボンドはATACを奪い、メリナがクリスタトスを殺そうとするが、コロンボが彼を刺殺する。

ゴゴール将軍は、ボンドにATACを渡すよう要求するが、彼はそれを崖から投げ捨てて破壊してしまう。

ボンドがゴゴール将軍に”これはデタントだ”と言い放つと、将軍は、笑ってその場を去って行く。

ビビは、負傷したコロンボを介抱して、新たなスポンサーを得る。

任務完了後、ボンドは、サッチャー首相(ジャネット・ブラウン)からの祝福を無視し、メリナと海中で愛し合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アルバニアイオニア海
漁船に偽装した
イギリスの情報収集船が、機雷事故で沈没し、それが、KGB長官ゴゴール将軍に知らされ、船内のATAC(自動攻撃誘導装置)を奪うために、ソ連側が動き始める。
ATACKの引き上げ作業を、
イギリス側から依頼されていた、海洋考古学者ハブロック卿が、妻と娘メリナの目の前で殺し屋に殺される。
ロンドンMI6本部。
イギリス諜報員ジェームズ・ボンドは、休暇のMに代わり、グレイ国防大臣らから、ATACが敵方に渡るのを阻止する任務を命ぜられ、ハブロックを殺した犯人を追い、殺し屋の雇い主を捜す。
スペインに向かったボンドは、犯人の屋敷で捕らえられてしまう。
犯人は何者かに殺され、隙を見てその場を逃れたボンドは、現れたメリナに助けられる。
ボンドは、メリナが犯人を殺したことを知り、それを本部に連絡して、グレイ国防大臣は作戦失敗を首相に報告しようとする。
しかしボンドは、犯人と接触した殺し屋の情報を入手し、
イタリアコルティーナ・ダンペッツォに向かうのだが・・・。
__________

オープニングで登場する、ボンドの妻(テレサ)の墓石には1969年死亡と書かれていて、「女王陛下の007」(1969)のストーリーが継承されていて、ボンドは、ブロフェルドを倒し、妻の仇を討つ。

前作「ムーンレイカー」(1979)で、ついに宇宙にまで飛び出したボンドだった。
本作はアクションはあるものの、秘密兵器などに頼らない、体を張った本来のスパイ劇に仕上げてある。
両親への復讐を絡めた、
冷戦下の東西の駆け引きを、シリーズ初監督となるジョン・グレンは、見応えあるドラマとして描き切っている。

ギリシャ沖のイオニア海から、スキーリゾートのコルティーナ・ダンペッツォまで、美しいロケ地の映像も素晴らしい。

特に、シリーズには欠かせないスキーの追跡シーンの迫力とスピード感は圧巻だ。

前作には及ばなかったものの、派手さを抑えた内容にも拘らず、興行成績は全世界で2億ドルに迫る大ヒットとなった。

製作費 $28,000,000
北米興行収入 $54,812,802
世界 $195,300,000

第54回アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされた。”For Your Eyes Only”小柄ながら歌唱力ある、シーナ・イーストンの、授賞式でのパフォーマンスが印象的だった。
主題曲を歌う歌手が、オープニングで登場するのは、これが唯一の作品。

また、音楽担当がビル・コンティだというところも注目だ。

相変わらずひょうきんなロジャー・ムーアに対し、知的で上品、ボンドガールにしてはやや質素なキャロル・ブーケの組み合わせも興味深く、作品に落ち着きを与えるのに彼女が一役買っている。
彼女は、15歳で、
ソルボンヌ大学の哲学科に入学した秀才でもある。

M役のバーナード・リーが撮影中に亡くなったために、敬意を表して、本作にMは登場しない。

一応ボンドガールと言われている
リン=ホリー・ジョンソンは、当時の人気で出演しているものの、今見ると、なんとなく浮いているような感じもする。

ギリシャの密輸業者として、後半重要な役を演じ、豪快で人間味のあるボンドの協力者を演じているトポル、対するソ連に加担する実業家ジュリアン・グローヴァーピアース・ブロスナン夫人である、殺される伯爵夫人カサンドラ・ハリス、Qのデスモンド・リュウェリン、マネーペニーのロイス・マクスウェル、殺し屋のジョン・ワイマンマイケル・ゴザードKGB長官ウォルター・ゴテル、国防相ジェフリー・キーン、Mの参謀役ジェームズ・ヴィラーズ、連絡員のジョン・モレノ、海底探査を依頼される、メリナ(C・ブーケ)の父ジャック・ヘドリー、そして、サッチャー首相役のジャネット・ブラウンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター