フリー・ウィリー Free Willy (1993) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★☆☆

母親に捨てられ里親に預けられた少年と、同じく親から引き離されたオルカとの心の触れ合いを描く、製作総指揮リチャード・ドナー、監督サイモン・ウィンサー、主演ジェイソン・ジェームズ・リクターロリ・ペティオーガスト・シェレンバーグマイケル・マドセン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:サイモン・ウィンサー
製作
ジェニー・ルー・トゥジェンド
ローレン・シュラー=ドナー
製作総指揮
アーノン・ミルチャン

リチャード・ドナー
原案
キース・ウォーカー
コーリー・ブレックスマン
脚本
キース・ウォーカー
コーリー・ブレックスマン
撮影:ロビー・グリーンバーグ
編集:O・ニコラス・ブラウン
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
主題歌:マイケル・ジャクソンWill You Be There

出演
ジェイソン・ジェームズ・リクター:ジェシー
ロリ・ペティ:レイ・リンドリー
オーガスト・シェレンバーグ:ランドルフ・ジョンソン
マイケル・マドセン:グレン・グリーンウッド
マイケル・アイアンサイド:ダイアル
ジェイン・アトキンソン:アニー・グリーンウッド
リチャード・リール:ウェイド
ミケルティ・ウィリアムソン:ドワイト・マーサー
ケイコ:ウィリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1993年製作 111分
公開
北米:1993年7月16日
日本:1994年3月12日
北米興行収入 $77,698,625
世界 $153,698,625


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

太平洋岸北西部
少年院から脱走し、街中で物乞いや盗みをして暮らすジェシー(ジェイソン・ジェームズ・リクター)は、警察に追われ水族館に逃げ込む。

ジェシーはそこで、捕獲されたばかりのオルカ、ウィリー(ケイコ)を見て驚くが、警察に捕まってしまう。

その後ジェシーは、現れない母親に代わり、里親の元に預けられることになる。

里親グレン・グリーンウッド(マイケル・マドセン)とアニー(ジェイン・アトキンソン)に預けられたジェシーは、必ず現れると信ずる母親のことを想い、なかなか2人に心を開かない。

翌日、グレンにパークの中の水族館に連れて行かれたジェシーは、ランドルフ・ジョンソン(オーガスト・シェレンバーグ)の元に向かい、自分が描いた落書きを落とすように言われる。

ジェシーは水族館に侵入した時に目撃したウィリーを目の前にして改めてその大きさなどに驚くが、ランドルフに近づくのは危険だと注意される。

ある日、水槽のペンキ塗りをしていたジェシーは、自分が吹くハーモニカにウィリーが反応したのに気づく。

また、ジェシーは調教師レイ・リンドリー(ロリ・ペティ)と仲良くなり、彼女の手伝いをしたりするようになる。

ある晩、家を抜け出して水槽のウィリーとの交流を楽しむジェシーは、誤って水槽に落下して気を失ってしまうが、ウィリーがそれを助ける。

ランドルフに介抱されたジェシーは、ウィリーが強暴だと言う人々の意見が理解できず、仕事も終わりウィリーと別れなくてはならないことを悲しむ。

しかし、ランドルフの提案で、ジェシーは夏の間水族館でバイトすることになり、グレンもそれを許可する。

パークの社長ダイアル(マイケル・アイアンサイド)は、ウィリーに芸を教え込み、早急にショーを開くことを考えるが、水槽が小さいことを、支配人のウェイド(リチャード・リール)に指摘される。

ダイアルは、それが失敗した場合は、ウィリーを殺して保険金を手に入れようとも考える。

誰が調教してもなつかないウィリーだったが、ジェシーと戯れる姿を見たランドルフとレイは驚いてしまう。

ジェシーは、ウィリーに芸を仕込むことをレイに頼まれ、先住民のランドルフとの親交も深める。

ウィリーとの心の触れ合いが深まる一方のジェシーだったが、グレンとアニーには心を開きかけるものの、母親が戻らないと言われたことで、再び塞ぎこんでしまう。

グレンとアニーの親切はジェシーに伝わるのだが、どうしても彼は、2人と波長が合わなかった。

ようやく、ウィリーのショーの目処が付いという知らせを受けたダイアルは、ジェシーの指示通りに見事な芸をするウィリーを見て、ショー開催を決める。

そしてショーの初日、緊張するジェシーがウィリーに芸をさせようとするが、観客に水槽で急き立てられて動揺するウィリーは全く芸が出来ず、逆に子供達を脅してしまう。

ショックを受けたジェシーは、ショーを見ていたグレンとアニー、そして、保護観察官のドワイト・マーサー(ミケルティ・ウィリアムソン)に励まされるが納得がいかなかった。

家出して旅に出ようとしたジェシーは、すぐ側の海にウィリーの家族が迎えに来ていることを知る。

さらにウィリーが金にならないと見た会社側が、水槽を壊しウィリーを殺そうとしている事に気づく。

それをランドルに知らせたジェシーは、会社が保険金100万ドルを手に入れようとしていることを知らされる。

ジェシーはウィリーを海に逃がすことを考え、ランドルフとレイもそれに協力する。

ジェシー達は、巨大な担架でウィリーを水槽から引き上げ、グレンのトラックを黙って持ち出し、ウィリーを乗せた貨車を牽引してマリーナまで運ぼうとする。

人目に付かないよう林道を通ったジェシー達だったが、道路を大木が塞ぎ立ち往生してしまう。

グレンとアニーは、ジェシーがウィリーを運んでいることを知り、彼の無線連絡を受けて現場に急行する。

ジェシーの気持ちを理解したグレンは、崖にはまってしまった貨車を、ウィンチで牽引して林道を脱出する。

その頃、ダイアルとウェイドもジェシーらを追っていた。

弱ってきたウィリーに、洗車場で水を浴びせた一行は、夜明け前にマリーナに到着する。

待ち構えていたダイアルらの制止を無視し、グレンはトラックと貨車ごとウィリーを海に放つ。

沖に向かったウィリーだったが、ダイアルが用意した船がウィリーの行き先にネットを張る。

ウィリーを呼び寄せたジェシーは、ウィリーに別れを告げ、母親の元に帰る指示を出す。

ジェシーに励まされたウィリーは、見事に防波堤を飛び越して沖に出ることに成功する。

そしてジェシーは、ウィリーとの別れの寂しさをこらえ、グレンとアニーに感謝する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

少年院から脱走したジェシーは、警察に追われ水族館に逃げ込む。
ジェシーは、捕獲されたばかりのオルカ、ウィリーに驚いてしまい、その後、警察に捕まり、里親の元に預けられることになる。
里親グレンとアニーに預けられたジェシーは、自分を捨てた母親のことを想い、なかなか2人に心を開かない。
翌日、ジェシーはグレンと共に、パーク内の水族館に向かい、親から引き離され自分と同じ境遇のウィリーの大きさに改めて驚く。
水族館でバイトをすることになったジェシーは、ウィリーが自分の行動に反応することに気づく。
一方、パークの経営者ダイアルは、ウィリーをショーの目玉にして収益を上げようとするが、それが失敗した場合は、ウィリーを殺して保険金を手に入れようと考えていた・・・。
__________

お互い母親から引き離された少年とオルカ、傷ついた心を交流で癒し合う姿を描く、心和み感動を呼ぶ物語。

アイスランド生まれのオルカ/ケイコの素晴らしい芸、CGを駆使した見事な映像、そして大ヒットした、エンドロールで流れるマイケル・ジャクソンの美しい主題曲“Will You Be There”なども印象に残る作品。

全世界で予想外のヒットを記録して、約1億5400万ドルの興行収入を上げ、後に続編2作が製作されることになる。

北米興行収入 $77,698,625

まだ少年ではあるが、人生の目標を見つけることができず、母親を想うだけの主人公と、無骨ではあるが、できる限りの愛情を注ぎ、決して甘やかしはしない里親とのギクシャクした関係が、ウィリーの救出で一つになるクライマックスは涙を誘う。

自分を愛してくれる人などを信じ愛すること、また、好きなこと、打ち込めるものを見つけることが、価値ある人生を送るために、どんなに大切かを教えてくれる作品でもある。

不良少年から、正義感溢れる大人顔負けの活躍を見せる、泣き顔も愛らしいジェイソン・ジェームズ・リクター、彼を温かく見守る水族館の調教師ロリ・ペティと管理人オーガスト・シェレンバーグ、厳つい風貌だが、それが逆にナイスガイとして強調される里親マイケル・マドセンと妻ジェイン・アトキンソン、ウィリーを金儲けの道具にしか考えないパーク社長マイケル・アイアンサイドと支配人リチャード・リール、保護監察官のミケルティ・ウィリアムソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター