プライド 栄光への絆 Friday Night Lights (2004) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チャンピオンになることを義務付けられた強豪フットボール・チームの苦悩と闘いを描く、製作ブライアン・グレイザー、監督、脚本ピーター・バーグ、主演ビリー・ボブ・ソーントンによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・バーグ
製作:ブライアン・グレイザー

製作総指揮
ジョン・キャメロン
ジェームズ・ウィテカー
原作:H・G・ビッシンジャー
脚本
ピーター・バーグ
デヴィッド・アーロン・コーエン
撮影:トビアス・A・シュリッスラー

編集
デヴィッド・ローゼンブルーム

コルビー・パーカーJr.
音楽:ブライアン・レイツェル

出演
ビリー・ボブ・ソーントンゲイリー・ゲインズ
デレク・ルーク:ジェームズ”ブービー”マイルズ
ジェイ・ヘルナンデス:ブライアン・チャヴェス
ルーカス・ブラック:マイク・ウィンチェル
ギャレット・ヘドランド:ドン・ビリングスリー
リー・トンプソン・ヤング:クリス・コーマー
リー・ジャクソン:アイヴォリー・クリスチャン
ティム・マッグロウ:チャールズ・ビリングスリー
コニー・ブリットン:シャロン・ゲインズ
クリスチャン・ケイン:ブライアン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2004年製作 117分
公開
北米:2004年10月8日
日本:2005年5月14日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $61,188,085
世界 $61,950,770


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1988年8月6日、テキサス州、オデッサ
アメリカン・フットボールのプレ・シーズン初日を迎えた強豪パーミアン高校”パンサーズ”は、各名門大学のスカウトらが見守る中、選手達はマスコミに囲まれながら練習を続ける。

州チャンピオンになることを義務付けられている選手達は、統率力あるキャプテン、ブライアン・チャヴェス(ジェイ・ヘルナンデス)を中心に、そのプレッシャーを力に変えられる花形ランニングバック、ジェームズ”ブービー”マイルズ(デレク・ルーク)以外は、周囲や家族からの重圧に思い悩む者もいた。

ヘッドコーチ、ゲイリー・ゲインズ(ビリー・ボブ・ソーントン)にもチームへの注文と異常な期待とがのしかかる。

ドン・ビリングスリー(ギャレット・ヘドランド)は、名選手だった父チャールズ(ティム・マッグロウ)に、不甲斐ないプレーを罵倒され続けていた。

クールなクォーターバック、マイク・ウィンチェル(ルーカス・ブラック)は、病弱な母を抱え、大学からの誘いも車で通えることを最優先する。

9月2日。
シーズン初戦、街中はパンサーズの応援一色となり試合は始まる。

展開は予想通りブービーの大活躍となり、圧倒的な差をつけて、控えのランニングバック、クリス・コーマー(リー・トンプソン・ヤング)と交代する余裕を見せる。

しかし、コーマーがヘルメットを忘れてしまい、ブービーが再びがフィールドに向かう。

そして、次のプレーでブービーは負傷してしまい、選手生命を絶たれてしまう。

ゲインズは、それを選手達には隠し、彼らの健闘を称えて控え室に戻るが、ブービーを温存しなかった彼への非難が集中する。

ブービー一人に頼っていたパンサーズは、次の試合で大敗を喫し、ゲインズはマイクに全てを賭ける。

1988年9月16日。
ブーマーの控えだったコーマーが、突然その才能を開花させ、チームを勝利へと導く。

その後、勝利を重ねるパンサーズだったが、1敗も出来ない状況に、コーチ交代の声もまだ残っていた。

ブービーは、テキサスで最高の病院でMRI検査を受け、今後プレーが出来ないことを知らされる。

1988年10月28日。
ブービーの意思で、彼は強引に試合に出場しようとする。

パンサーズは苦戦するが、ゲインズは終盤になってもブービーを投入しようとしなかった。

仕方なくブービーを出場させたゲインズだったが、彼は再び負傷して、チームは試合に敗れる。

3校が首位に並び、コイントスでプレイオフ進出が決められることになり、パーミアン校は何とかそれを勝ち取る。

ブービーは、パンサーズのロッカールームを寂しく去っていくが、チームは、プレイオフを勝ち進みついに決勝進出を決める。

ゲインズへの、優勝を期待するプレッシャーは増して、妻シャロン(コニー・ブリットン)は、フットボール熱が低いアラスカにでも引っ越すべきだと提案する。

決勝の会場は、ファン同士の対立や人種問題などを考慮し、中立地ヒューストンアストロドームに決まる。

そしてキックオフ、体力差で圧倒されるパンサーズは前半を26対7の大差で終わる。

”牧師”というあだ名である、寡黙だったアイヴォリー・クリスチャン(リー・ジャクソン)が檄を飛ばし、ゲインズは、自分自身と家族や仲間との絆のために戦えと、選手を励ます。

前半とは違い、ディフェンスが冴えるパンサーズは、相手にタッチダウンを許さず追い上げる。

1タッチダウンで逆転となる、ゲームの残り時間はあとわずか、敵の攻撃を食い止めたパンサーズは、最後の攻撃に全てを賭ける。

チームに同行したブービーの激励を受け、クォーターバックのマイクが自らボールを持ち、エンドゾーンに突進するが、わずかに届かず試合は終了する。

落胆する選手達だったが、息子の不甲斐なさを批判し続けていたチャールズは、ドンの健闘を称え、自分のチャンピオンリングを贈る。

マイク、ドン、チャベスらはチームを去り、それぞれ新しい人生に向けて旅立つ。

そしてゲインズは、翌年もパンサーズを率いて、州チャンピオンの栄光を勝ち取る。


解説 評価 感想 ■

1990年に発表された、H・G・ビッシンジャーの実話を基にした小説、”Friday Night Lights: A Town, a Team, and a Dream”の映画化。

*(簡略ストー リー)

1988年8月、テキサス州、オデッサ
強豪フットボール・チーム”パンサーズ”(パーミアン高校の)は、州チャンピオンになることを義務付けられていた。
そのプレッシャーを、力に変えられる選手もいれば、周囲や家族からの重圧に思い悩む者もいた。
ヘッドコーチのゲイリー・ゲインズにも、チームへの異常な期待がのしかかる。
そしてシーズン初戦、パンサーズの応援が加熱しながら試合は始まる。
予想通り、花形ランニングバックのブービーの活躍でパンサーズは大差をつける。
しかし、ブービーの交代を躊躇したゲインズの采配が裏目に出てしまう。
直後のプレイで、ブービーは負傷し、選手生命を絶たれ、その責任を追及され、ゲインズへの批判が集中してしまう・・・。
__________

テキサス州、オデッサパーミアン高校の、1988年のシーズンを追った物語ではあるが、栄光を勝ち取り、感動を盛り上げようとする、お決まりのパターンの作品ではない。

監督ピーター・バーグは、カリスマ・コーチが目立つ姿や、中心選手の突出した活躍よりも、チームに関わる人々、選手自身への期待やそれに対する苦悩などを描き、スポ根映画というよりも、ヒューマン・ドラマに近い作風になっている。

カメラワークもそうだが、ドキュメンタリー・タッチで描かれ、リアルな描写が印象深い。

その後の人生に必ずや役に立つであろう、家族や仲間達との絆こそが尊いことだと、押し付けがましくなく描いたところも好感が持てる。

熱血コーチのワンマン映画に終わらせなかった、淡々と物静かに演ずる、ビリー・ボブ・ソーントンの、抑えた演技も注目だ。

試合の重圧や家族の問題、そして再起不能になり絶望して悩む高校生達デレク・ルークジェイ・ヘルナンデスルーカス・ブラックギャレット・ヘドランドらも、それぞれ好演している。
優勝を逃した息子ドン(ヘドランド)を最後には称えるティム・マッグロウ、コーチの妻コニー・ブリットンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター