フライド・グリーン・トマト Fried Green Tomatoes (1991) 4.19/5 (32)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

二人の女性にとって兄であり恋人だった青年の死をのり越え、彼を心の拠り所にして固く結ばれた二人の友情と、その話を老女から聞かされながら新たな人生の道筋を見つける中年女性とを描く、製作、監督ジョン・アヴネット、主演キャシー・ベイツメアリー・スチュアート・マスターソンメアリー=ルイーズ・パーカージェシカ・タンディクリス・オドネル他共演による感動のドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・アヴネット
製作総指揮
アンドリュー・メイヤー

アン・マリー・ギレン
トム・テイラー
ノーマン・レアー
製作
ジョン・アヴネット

ジョーダン・カーナー
原作:ファニー・フラッグFried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe
脚本
ファニー・フラッグ

キャロル・ソビエスキー
撮影:ジェフリー・シンプソン
編集:デブラ・ニール=フィッシャー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
エヴリン・カウチ:キャシー・ベイツ

イジー・スレッドグッド:メアリー・スチュアート・マスターソン
ルース・ジェイミソン/ベネット:メアリー=ルイーズ・パーカー
ニニー・スレッドグッド:ジェシカ・タンディ
シプシー:シシリー・タイソン
エド・カウチ:ゲイラード・サーティン
グレディ・キルゴア:ゲーリー・バサラバ
ビッグ・ジョージ:スタン・ショー
フランク・ベネット:ニック・サーシー
スレッドグッド夫人:ロイス・スミス
カーティス・スムート保安官:レイノア・シャイン
バディ・スレッドグッド:クリス・オドネル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1991年製作 130分
公開
北米:1991年12月27日
日本:1992年6月
北米興行収入 $82,418,501
世界 $119,418,501


アカデミー賞 ■

第64回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(ジェシカ・タンディ)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

エヴリン・カウチ(キャシー・ベイツ)は、過食症気味で太った中年女性で専業主婦。

夫のエド(ゲイラード・サーティン)は、スポーツ中継を見るのが何よりの趣味で、エヴリンには、全く関心がなかった。

エヴリンのストレスはたまるばかりだったが、ある日エドと、療養所にいる叔母の見舞いに行った際に、老婦人のニニー・スレッドグッド(ジェシカ・タンディ)と出会う。

そしてエヴェリンは、ニニーの昔話に引き込まれてしまい、頻繁にそこを訪れるようになる。

ニニーの昔話の始まりは、70年前のアラバマが舞台だった。
__________

1920年。
イジー・スレッドグッドは、男の子ような少女で、姉の結婚式の日に、兄バディ(クリス・オドネル)の恋人ルース・ジェイミソン(メアリー=ルイーズ・パーカー)と自分の目の前で、兄が、鉄道事故死したことが忘れられずにいた。

イジーは最愛の兄を亡くし、昼も夜も川岸に座ったまま、心を許したのは、使用人ビッグ・ジョージ(スタン・ショー)だけだった。

数年が経っても、心を開こうとしないイジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)の家に、ルースは夏の間、滞在することになる。

イジーはルースの存在を迷惑に思うが、ルースは、根気よくイジーに接する。

やがてイジーはルースに心を開き、ルースは次第に奔放なイジーに不思議な魅力を感じ始める。

そして、互いにバディを愛し、悲しみを分かち合う2人は固い絆で結ばれていく。

ルースは、やがて、ジョージアでフランク・ベネット(ニック・サーシー)と結婚する。

イジーはその後、元の生活に戻りルースを忘れようとするが、数年後、彼女の様子を見に行くことにする。

久し振りの再会を喜ぶ二人だったが、ルースがフランクに、暴力を振るわれていたことにイジーは驚く。

その場は大人しく引き下がったイジーだったが、その後、ルースから助けを求める手紙が届く。

イジーは、ビッグ・ジョージを連れてルースの元に向かう。

そしてイジーは、身重のルースを、フランクから引き離してしまう。
__________

エヴリンは、セミナーに通い、夫に尽くそうとしても何一つうまくいかず、ストレスが溜まりチョコ・バー中毒になってしまったことをニニーに打ち明ける。

そんなエヴリンは、ニニーと親交を深めるうちに、次第に生きる望みを見つけていく。
__________

やがてルースは男の子を出産し、イジーの兄の名をとりバディ・ジュニアと名付けられた。

イジーとルースは、レストラン”ホイッスル・ストップ・カフェ”を開業し、活発なイジーと女性らしい気の効くルースの評判で、店は繁盛する。

カフェは、黒人や浮浪者も分け隔てなく迎え入れる店だったので、保安官グレディ・キルゴア(ゲーリー・バサラバ)にそれを忠告される。

ある日、KKKの一団と共に、フランクがルースと子供を連れ戻しに現れる。

ルースを脅したフランクらは、ビッグ・ジョージを捕らえてリンチにかける。

ルースは、イジーの行動を心配するが、子供を連れ去ろうとしたフランクは、何者かに襲われ、車と共に突然、姿を消してしまう。

やがて、ジョージアから、カーティス・スムート保安官(レイノア・シャイン)が現れ、フランクに”殺す”と脅しをかけたイジーの周辺を洗う。

ルースは、フランクを恐れて町を出て行こうとするが、自分が彼を殺したことは否定し、イジーは、フランクが二度と現れないと言ってルースを引き止める。

5年が経ったある日、ルースの息子は、バディと同じ鉄道の事故で片腕を亡くしてしまう。

そしてフランクの車が見つかり、イジーとビッグ・ジョージは、フランク殺しの容疑で逮捕されてしまう。

しかし、二人は裁判で無罪になり、事件は未解決のまま忘れ去られてしまう。
__________

ニニーに感化され、すっかり生き方を変えたエヴリンは、療養所の彼女の誕生日を祝い訪ねる。

そこでエヴリンは、ニニーの家が老朽化で取り壊されてしまい、彼女の居場所がなくなったことを知る。
__________

喜びもつかの間、ルースは末期がんと診断されて、余命幾ばくもなかった。

イジーは奇跡を祈ったが、ルースはバディ・ジュニアを気遣いながら、彼女と使用人シプシー(シシリー・タイソン)に看取られ、静かに息を引き取る。
__________

エヴリンは、自分の人生を有意義なものにしてくれた、ニニーへの感謝の気持ちとして、彼女を引き取ることを、夫エドに話すが彼はそれに反対する。

しかし、エヴリンは気持ちが変わらないことをエドに伝えてニニーの元に向かう。

エヴリンは、ニニーの部屋が片付けられていたために、彼女が亡くなったものと思い込む。

家がなくなったことを知らずに、ニニーが帰宅したことをエヴリンは知らされる。

ニニーを追ったエヴリンは、家の跡地でたたずむ彼女からイジーの物語の結末を聞くことになる。
__________

フランクを殺したのは彼に殴られたシプシーで、その後始末をイジーとビッグ・ジョージがしたのだった。

その後、鉄道が廃線となりカフェも閉鎖され、町も荒廃してしまった。
__________

そしてエヴリンは、ニニーがイジーであることを知り、彼女を連れて帰宅する。


解説 評価 感想 ■

1987年に発表された、ファニー・フラッグの小説”Fried Green Tomatoes t the Whistle Stop Cafe”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

中年女性エヴリン・カウチは、過食症気味で太った専業主婦だった。
夫のエドとは趣味も合わず、これと言った楽しみもないエヴリンのストレスは溜まるばかりだった。
ある日、エドと療養所にいる叔母の見舞いに行った際に、エヴリンは老婦人ニニーと出会う。
エヴェリンは、ニニーの、アラバマから始まる70年前の昔話に引き込まれてしまい、頻繁に療養所を訪れるようになる。
1920年代、男の子ような少女イジーは、姉の結婚式の日に、兄バディの恋人ルースと自分の目の前で、兄が、鉄道事故死したことが忘れられずにいた。
その後、イジーは数年が経っても心を閉ざしたままで、その間、ルースは根気よく彼女に接する。
やがて、イジーはルースに心を開き、バディを互いに愛し、悲しみを分かち合う二人は、固い絆で結ばれていく。
その後、ルースは、ジョージアで結婚するのだが、夫フランクに暴力を振るわれていることを知ったイジーは、心の友である使用人ビッグ・ジョージを連れて、身重のルースを救い出す。
イジーとルースは、その後レストランを開業して、活発なイジーと、気の効くルースの評判で店は繁盛する。
そんな話をニニーから聞くエヴリンは、彼女と親交を深めるうちに、次第に生きる望みを見つけていく・・・。
__________

老婦人の過去の物語が展開する一方、生活には不自由はないが、生甲斐を見つけられない悩める中年女性が、親交を深めた婦人の話によって、自分を見つめ直していくという物語が進行し、双方共に実に興味深いストーリーとして描かれている。

第64回アカデミー賞では、ジェシカ・タンディが助演女優に、また脚色賞にもノミネートされた。

興行収入は、全世界で1億2000万ドルに迫るヒットとなった。

北米興行収入 $82,418,501

原作者ファニー・フラッグの手がけた脚本は、人の心を動かす優しさや強い意志、苦難を乗り越えて生きていかねばならない人生、そして、その尊さなどを、押し付けがましくなることなく、見事に表現し、また、それを繊細に描写する、ジョン・アヴネットの演出も素晴しい。

原作を読まずとも途中で想像はつくが、主人公イジーと老女ニニーが同一人物だと解るラストも謎解きのようで面白い。

主演のキャシー・ベイツの、倦怠期夫婦の悩みを克服していく姿が実にユーモラスで、また爽やかに演じている。

前作の「ドライビングMiss デイジー」(1989)のアカデミー主演賞受賞に続き、今回は助演賞にノミネートされた、ジェシカ・タンディの、80歳を過ぎているとは思えない、矍鑠たる演技は出色だ。

ドラマの途中で、ニニーがイジーだと、どなたも想像がつくとは思うが、快活なイジーがそのまま老人になったような仕草や表情を見せながら見事な演技を見せてくれる。

昔の物語の主人公、メアリー・スチュアート・マスターソンメアリー=ルイーズ・パーカーも、性格も生き方も違う、対照的な二人の女性を好演している。

ドラマで親友だった二人は、原作では同性愛者として描かれていることについてが物議を呼んだ。

他、地味だが皆重要な役柄だった使用人のシシリー・タイソン、エヴリン(K・ベイツ)の夫役ゲイラード・サーティン、頼れる使用人スタン・ショー、そして、わずかな出演だが、主人公の兄役で、クリス・オドネルの出演などが印象深い。

保安官のゲーリー・バサラバ、ルース(M=L・パーカー)の夫ニック・サーシージョージアの保安官レイノア・シャイン、スレッドグッド夫人のロイス・スミスなども共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター