パリより愛をこめて From Paris With Love (2010) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

麻薬組織壊滅の任務を命ぜられた破天荒な工作員とCIA見習いのアメリカ大使館員の活動を描く原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレル、主演ジョン・トラボルタジョナサン・リース=マイヤーズ他共演のノンストップ・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ピエール・モレル
製作総指揮:ヴィルジニー・シラ
製作:インディア・オズボーン
原案:リュック・ベッソン

脚本:アディ・ハサック
撮影:ミシェル・アブラモヴィッチ

編集:フレデリック・トラヴァル
音楽:デヴィッド・バックリー

出演
チャーリー・ワックス:ジョン・トラボルタ

ジェームズ・リース:ジョナサン・リース=マイヤーズ
キャロリン:カシア・スムトゥニアク
ベニントン大使:リチャード・ダーデン
ニコール:アンバー・ローズ・レヴァ
ラシッド:シェムズ・ダマニ
代表団長:アレクサンドラ・ボイド
ディア・ヤシン:モステファ・スティティ
税関員:ディディエ・コンスタン
ドイツ人観光客:デヴィッド・ガスマン

売春婦:メリッサ・マルス
M・ウォン:ビン・イン
ヒモ:サミ・ダール

トレンチコートの男:ヨアキム・デ・アルメリア

フランス/アメリカ 映画
配給
ヨーロッパ・コープ(フランス)
ワーナー・ブラザーズ(北米)
2010年製作 92分
公開
フランス:2010年3月17日
北米:2010年2月5日
日本:2010年5月15日
製作費 $52,000,000
北米興行収入 $23,979,741
世界 $52,826,594


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

パリ
アメリカ大使館員のジェームズ・リース(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、CIAの見習いという裏の顔を持っていた。

翌日、ベニントン大使(リチャード・ダーデン)の外相との会談に同席したリースは、指示されていた通り、 その部屋に盗聴マイクを仕掛ける。

その夜、自宅アパートに帰ったリースは、アメリカから到着した相棒となる男を、空港に迎えに行くように指示される。

婚約者キャロリン(カシア・スムトゥニアク)から、父の指輪を贈られたリースは、お互いの愛を確認した空港に向かう。

税関で、揉め事を起こしていたチャーリー・ワックス(ジョン・トラボルタ)は、リースの手助けで隠し持っていた銃などを持ち込み、何食わぬ顔で中華料理店に案内させる。

食事をするワックスは、ウエイターにいきなり銃を向け、店内で銃を乱射し、隠された麻薬を見つけ退散する。

その中華店の所属する麻薬組織壊滅が、ワックスの任務だということをリースは知らされる。

その後、ワックスは組織のアジトの入り口で、男達を難なく叩きのめし、リースと建物内に侵入する。

中国人から、元締めの名前を聞き出した二人は、激しい銃撃戦を繰り広げながらアジトを脱出する。

秘密工作員の道に近づいたリースは、ワックスのやり方を懸念するが、彼に従うよう指示を受ける。

その後リースは、ワックスの本当の任務が、麻薬売買の資金を運用する、テロリストの壊滅だということを知らされる。

リースは、ワックスが連れた売春婦といるところを、運悪くキャロリンに見られてしまう。

キャロリンへの電話で、まともな言い訳もできなリースは、ワックスと元締めを捜す。

そして、売人のラシッド(シェムズ・ダマニ)を脅したワックスは、爆弾の製造現場に突入し、そこにいた男達を皆殺しにする。

工作員になることを望んではいたものの、過激な現場に身を投じてしまったことに戸惑うリースは、踏み込んだ現場で自分の写真を見つけ、逃れられなくなった現実を知る。

ようやく帰宅できたリースは、ワックスを食事に招き、わだかまりが消えたキャロリンと、彼女の友人ニコール(アンバー・ローズ・レヴァ)と共に、楽しい時を過ごす。

そして、ニコールに電話がかかった直後、ワックスは彼女を射殺してしまう。

さらにワックスは、キャロリンが裏切り者だと言い張り、彼女から贈られた指輪で追跡されていることをリースに知らせる。

それを証明したワックスだったが、キャロリンは隠してあった拳銃でリースを銃撃し、アパートの窓から逃げる。

ワックスはキャロリンを追うが、彼女は現れた車に乗り逃走する。

その後、部屋中に盗聴器とカメラが仕掛けられていることが分かり、リースはキャロリンからの電話を受ける。

キャロリンはリースを傷つけたことを謝罪し、ある目的のためにスパイをしたことを明かし電話を切る。

アメリカからアフリカ支援サミットの代表団が到着し、ワックスは、それがキャロリンらの目的だと気づき空港に向かう。

ワックスは不審な車を見つけ、AT4(携行対戦車弾)で攻撃しようとする。

しかし、キャロラインがサミットに忍び込もうとしていることに気づいたリースは、不審車が囮だということをワックスに知らせる。

車は代表団の車列に近づくが、寸前でワックスが攻撃して大破する。

サミット会場のアメリカ大使館に着いたリースは、爆弾を所持していると思われるキャロリンを射殺するよう、ワックスからの指示を受ける。

リースは、ベニントン大使に婚約者がテロを仕掛けることを伝えて、キャロリンを捜す。

護衛官の拳銃を奪ったリースは、キャロリンを見つけて銃口を向ける。

民族衣装に身をまとったキャロリンは、爆弾のベストを見せ、リースは彼女を愛していると言って、爆破を思い留まるよう説得する。

ワックスもその場に現れるが、リースは爆弾に手をかけようとしたキャロリンの額を撃ち抜く。

任務を終えたワックスは、リースの部屋にあったキャロリンとの写真を彼に渡す。

空港にワックスを送ったリースは、携帯する”デザートイーグル”を自慢気に見せて、その場で彼とチェスを始める


解説 評価 感想 ■

「District 13」(2004)、「96時間」(2008)に続く、リュック・ベッソン原案、ピエール・モレル監督作品。

*(簡略ストー リー)

CIAの見習いという顔も持つアメリカ大使館員リースは、相棒になる工作員のチャーリー・ワックスを空港で出迎える。
リースは、心の準備も出来ぬままに、破天荒な行動派ワックスから早々に麻薬組織壊滅の任務を知らされる。
派手に暴れまわるワックスは、麻薬を資金源にしているテロリストを倒すための行動に出る。
やがてリースは、自分と婚約者であるキャロリンがその任務に深く関っていることを知る・・・。
___________

ハリウッドのお家芸であるアクションの手法を、パリを舞台に繰り広げる、凄まじいアクションとスピード感ある演出は息つく暇もないほどだ。

手抜きのないど迫力の銃撃戦やカーチェイス、気の利いたジョークを散りばめたセリフなども十分楽しめるが、意外にもパリの異国的な雰囲気があまり感じられない。
やや垢抜けない”From Paris・・・”という原題も気になる。

興行収入も北米で約2400万ドル、全世界で約5300万ドルと、ようやく製作費を回収できる程度に終わってしまった。

大スターのジョン・ トラボルタが主演でなくても、娯楽作として十分に満足できる作品だと思うが、スキンヘッドの型破りな荒くれ男を演じた彼の魅力は見逃せない。

人間味ある主人公に、次第に感化されていく、CIA見習いの大使館員を演ずるジョナサン・リース=マイヤーズが、ひ弱なエリート役人から、逞しく成長していく姿も嫌味なく描かれている。

精神的にも主人公と対等に渡り合えるようになり、友情も芽生えるラストも実に爽やかだ。

実はスパイだったテロの実行犯である、リース(J・ R=マイヤーズ)の婚約者カシア・スムトゥニアク、その友人のアンバー・ローズ・レヴァ、アメリカ大使のリチャード・ダーデン、ヤクの売人役シェムズ・ダマニ、代表団長のアレクサンドラ・ボイドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター