007/ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963) 5/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

007シリーズ、第2作。
1957年に発表された、
イアン・フレミング原作のシリーズ第5作の映画化。監督テレンス・ヤングショーン・コネリーダニエラ・ビアンキロバート・ショウ


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:テレンス・ヤング
製作
ハリー・サルツマン

アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミングFrom Russia with Love
脚本:
リチャード・メイボーム

撮影:テッド・ムーア
編集:ピーター・ ハント
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン
主題歌:マット・モンローFrom Russia with Love

出演
ジェームズ・ボンド:
ショーン・コネリー

タチアナ・ロマノヴァ:ダニエラ・ビアンキ
ケリム・ベイ:ペドロ・アルメンダリス
ローザ・クレッブ/No.3:ロッテ・レーニャ
レッド・グラント:ロバート・ショウ
モーゼニー:ウォルター・ゴテル
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
クロンスティーン/No.5:ヴラディク・シェイバル
クリレンク:フレッド・ハガティー
アーネスト・スタヴロ・ブロフェルド/No.1:アンソニー・ドーソン
アーネスト・スタヴロ・ブロフェルド/No.1(声):エリック・ポールマン

イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1963年製作 115分
公開
イギリス:1963年10月10日
北米:1964年4月8日
日本:1964年4月18日
制作費 $2,000,000
北米興行収入 $24,796,765
世界 $78,900,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

国際秘密組織スペクターの一員でもある、チェスの世界チャンピオン、クロンスティーン/No.5(ヴラディク・シェイバル)は、スペクターのリーダー、アーネスト・スタヴロ・ブロフェルド/No.1(アンソニー・ドーソン/エリック・ポールマン:声)に呼び出される。

ブロフェルドは、ソ連諜報部主任だったローザ・クレッブ/No.3(ロッテ・レーニヤ)と共に、クロンスティーンの立案した計画を聞く。

作戦本部長のクロンスティーンは、ソ連諜報部の最新暗号解読機”レクター”を入手する計画をブロフェルドに伝える。

クレッブが、ソ連の在トルコ暗号部女性職員のタチアナ・ロマノヴァ(ダニエラ・ビアンキ)を利用し、スペクターの宿敵である、イギリス諜報部員ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)を巻き込み、”レクター”を奪うという計画だった。

ブロフェルドは、MI6のM(バーナード・リー)がその罠にかかるかと懸念を抱くが、罠とわかっていても挑戦してくるイギリス人気質をクロンスティーンは指摘する。

また、これはスペクターにとっても、ボンドに殺害された”ドクター・ノオ”の敵討ちであることもクロンスティーンは語る。

クレッブは、早速スペクターの訓練施設に向かい、訓練官モーゼニー(ウォルター・ゴテル)からの推薦で、殺し屋レッド・グラント(ロバート・ショウ)をスカウトして、イスタンブールに派遣する。

イスタンブールでロマノヴァに接触したクレッブは、有無を言わせず、彼女にボンドに近づくよう命令を出す。

イギリス諜報部(MI6)のMの元に、ロマノヴァが、亡命を希望しているとの連絡が、トルコ支局長のケリム・ベイ(ペドロ・アルメンダリス)から入る。

Mに呼び出されたボンドは、ロマノヴァがレクターを盗み出すことを約束し、その条件として、ボンドがイギリスまで護送するという、ソ連の罠としか思えない報告を聞かされる。

乗り気でないボンドだったが、ロマノヴァの写真を見せられた彼は、突然、任務に意欲を燃やす。

ボンドは装備品の特殊アタッシュケースと銃器を、担当官Q(デスモンド・リュウェリン)から受け取る。

その後ボンドは、Mの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)に別れを告げて、イスタンブールに向かう。

イスタンブール
現地に着いたボンドを、グラントが監視する。

ケリムと接触したボンドは、その後ホテルに向かい、盗聴器が仕掛けられていることを確認して部屋を替える。

翌日、ケリムは爆弾で命を狙われるが、彼は運良く無傷で済み、それが西側諜報員を狙うブルガリア人の殺し屋クリレンク(フレッド・ハガティー)の仕業だと知る。

ホテルへは帰らず、ケリムとジプシーのキャンプに向かったボンドは、クリレンクらに襲われる。

それを密かに監視していたグラントが、ボンドが殺されないよう彼の命を助ける。

キャンプで一日を過ごしたボンドとケリムは、クレリンクを追い、彼の潜んでいるアジトに向かう。

そして、”Call Me Bwana”の大看板の”アニタ・エクバーグ”の口から出てきたクレリンクを、ケリムが狙撃して借りを返す。

その夜、ロマノヴァはホテルでボンドを待ちかまえていたが、二人の愛し合う様子は、一部始終フィルムに収められていた。

ボンドは、ソ連領事館の設計図を手に入れ、ロマノヴァからレクターの構造などを聞き出し、ロンドンにそれを報せる。

レクターが本物らしいという報告を受けたボンドは、ソ連領事館に爆弾を仕掛け、ロマノヴァの協力でレクターを難なく盗み出すことに成功する。

その後ボンドとロマノヴァは、ケリムと共にオリエント急行イスタンブールから脱出し、グラントも3人の後を追う。

ボンドとロマノヴァは夫婦に扮し、ハネムーン気分を楽しむが、KGBを捕らえ監視していたケリムが、グラントに殺されてしまう。

列車を降りる予定を変更し、ロマノヴァを疑ったボンドは、彼女も利用されていることを知らせるが、ロマノヴァは隠していることを話そうとしない。

ボンドは、ベオグラードでケリムの息子に父の死を知らせ、ザグレブで味方の局員を乗車させるよう依頼する。

グラントはザグレブで局員を殺し、それに成りすましてボンドと接触する。

ロマノヴァに睡眠薬を飲ませたグラントは、ボンドの隙を見て銃で脅す。

ボンドはグラントがスペクターだと知り、敵がソ連でないことに気づく。

グラントはロマノヴァと共にボンドを抹殺して、ホテルで盗み撮りしたフィルムを利用し、イギリスの諜報員がソ連のスパイを殺し自殺したように見せかけようとする。

ボンドは、グラントがアタッシュケースの金貨に興味を示したため、彼が自分でケースを開けるように仕向ける。

アタッシュケースから催涙ガスが噴出した瞬間、ボンドはグラントに襲い掛かり格闘の末に彼を殺す。

その後、味方の手配で、急停車した列車から降りたボンドとロマノヴァは、車を盗み西へと向かう。

ボンドは追って来たヘリコプターを撃墜し、ボートでベニスに向かう。

作戦の失敗の責任を取らされたクロンスティーンは、モーゼニーに殺されるが、クレッブは、レクターを手に入れるために生かされる。

モーゼニーの、激しい追撃をかわしたボンドとロマノヴァはベニスに到着する。

しかし、レクターを奪うために、掃除人に扮したクレッブが部屋に現れてボンドに銃を向け、ロマノヴァに指示を出してその場を立ち去ろうとする。

しかし、クレッブはロマノヴァの銃弾に倒れ、レクターは無事にイギリス側に渡る。

そしてボンドとロマノヴァは、任務を忘れてベニスの休暇を楽しむ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

国際秘密組織”スペクター”のブロフェルドは、元ソ連の諜報部主任クレッブと同僚クロンスティーンの立案した計画を聞く。
それは、
ソ連諜報部の最新暗号解読機”レクター”を入手する計画だった。
ソ連の在トルコ暗号部女性職員ロマノヴァを利用したクレッブは、イギリス諜報部員のジェームズ・ボンドを巻き込んで、それを奪うというものだった。
イギリス諜報部(MI6)のMは、トルコ支局長ケリムから、ロマノヴァが亡命を希望しているとの連絡を受ける。
Mは、それを罠と知りながら、ボンドに任務を命じ、彼はロマノヴァに接触するため
イスタンブールに向かうのだが・・・。
__________

日本初公開時は「危機一発」という”陳腐”な題名がつけられていたが、リバイバル公開で原題に戻ることになる。

前年の第1作「ドクター・ノオ」(1962)が大ヒットしてシリーズ化が決定し、内容やスケールも大幅に拡大した。
主演の
ショーン・コネリーの人気も決定的となった記念すべき作品であり、シリーズ中の最高傑作とも言える。

興行成績も、全世界で8000万ドルに迫る大ヒットとなった。

派手さを抑え、全編落ち着いた雰囲気で展開する純粋なスパイ劇にこだわった作風、ボンドの的確な任務遂行ぶりやロマンス、または凄みのある殺し屋達の存在など・・・、盛りだくさんの見せ場で描き切った、テレンス・ヤングの演出も冴える。

今回のボンドは、アタッシュケースと若干の装備品だけ持参し、ボンドカーやお決まりのカジノのシーンなども登場しない。
どちらかと言えば、シンプルで地味な構成になっているが、イスタンブール地下宮殿オリエント急行などを効果的に使ったストーリーは全く飽きない。

現地イスタンブール世界遺産である、聖ソフィア寺院スレイマニエ・モスクドルマバフチェ宮殿、さらにはベニスのロケの美しさは秀逸だ。

マット・モンローの歌う主題歌”From Russia with Love” も大ヒットした。

スマートで精悍な顔つきのショーン・コネリーは、シリーズ2作目にして完璧に役柄をこなしている。

もちろん、熟年期から現在に至る彼も魅力的だが、ほんの数年で容姿が激変してしまう前の彼の勇姿を堪能できる。

ボンド・ガールの中で最高の美女とも言えるダニエラ・ビアンキの、輝くような美貌も見所の一つだ。

イタリアローマ出身の彼女は、1960年に18歳でミス・ローマに選ばれ、同年のミス・ユニバースにも出場した。

トルコ支局長役で、ジョン・フォード作品でお馴染みのペドロ・アルメンダリスの出演も、ファンとしては嬉しいばかりだ。

しかし、彼は本作の公開前に、を苦に自殺している。

スペクターの人間殺人兵器を演ずるロバート・ショウも、まだこの頃は駆け出しと言ったところだが、その後の彼の活躍を予感させる面構えがいい。

スペクターの殺人課長ロッテ・レーニャや、本作からシリーズの顔となるウォルター・ゴテル、またチェスのチャンピオンにしてスペクターの一員ヴラディク・シェイバル等、個性的なキャラクターも印象に残る。

レギュラー、Mのバーナード・リー、マネーペニーのロイス・マクスウェル、そして地味な初登場だがQのデスモンド・リュウェリン、前作で悪役を演じていたアンソニー・ドーソンがブロフェルドの手元だけを演じ、エリック・ポールマンが声を担当している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター