L.A. ギャング ストーリー Gangster Squad (2013) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

警察権力をも牛耳るロサンゼルスの支配者ミッキー・コーエンの組織を壊滅させる任務を受けた警察官の命を懸けた戦いを描く、監督、脚本ルーベン・フライシャー、主演ジョシュ・ブローリンライアン・ゴズリングショーン・ペンエマ・ストーンニック・ノルティ他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ルーベン・フライシャー
製作
ダン・リン

ケヴィン・マコーミック
マイケル・タドロス
製作総指揮
ブルース・バーマン

ルーベン・フライシャー
撮影:ディオン・ビーブ
原作:ポール・リーバーマン”Tales from the Gangster Squad”
脚本:ウィル・ビール

編集
ジェームズ・ハーバート

アラン・ボームガーテン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演
ジョン・オマラ巡査部長:ジョシュ・ブローリン

ジェリー・ウーターズ巡査部長:ライアン・ゴズリング
ミッキー・コーエンショーン・ペン
グレイス・ファラデー:エマ・ストーン
ビル・パーカー市警本部長:ニック・ノルティ
コールマン・ハリス巡査:アンソニー・マッキー
コンウェル・キーラー巡査:ジョヴァンニ・リビシ
ナビダ・ラミレス巡査:マイケル・ペーニャ
マックス・ケナード巡査:ロバート・パトリック
コニー・オマラ:ミレイユ・イーノス
ジャック・ウェイレンサリヴァン・ステイプルトン
カール・ロックウッド:ホルト・マッキャラニー
ダリル・ゲイツジョシュ・ペンス
ピート:オースティン・エイブラムズ
ジャック・ドラグナジョン・ポリト
ミッチ・ラシーン:ジェームズ・ランドリー・ヘバート
カーター判事:ジョン・アイルウォード
レヴォック:トロイ・ギャリティ
ジョニー・ストンパナートジェームズ・カルピネロ
ルッソ:フランク・グリロ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2013年製作 112分
公開
北米:2013年1月11日
日本:2013年5月3日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $46,000,903
世界 $105,200,903


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1949年、ロサンゼルス
街を支配するミッキー・コーエン(ショーン・ペン)は、警察権力なども手中にしていた。

市警の巡査部長ジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)は、そのコーエンを恐れずに戦いを挑もうとしていた。

オマラは、コーエンの手下であるカール・ロックウッド(ホルト・マッキャラニー)に乱暴されそうになった女性を助ける。

しかしロックウッドは、コーエンの息のかかったカーター判事(ジョン・アイルウォード)の指示で釈放されてしまう。

オマラは、同僚のジェリー・ウーターズ巡査部長(ライアン・ゴズリング)と共にその現状を嘆く。

帰宅したオマラは、妻コニー(ミレイユ・イーノス)に過ぎた行動を非難されるものの、子供が生まれる二人は愛を確かめ合う。

そのころコーエンは、オマラの勇気ある行為を称え、責任を追求してロックウッドらを殺害する。

クラブに向かったウーターズは、コーエンが、カーター判事らと食事しているテーブルに同席する、グレイス・ファラデー(エマ・ストーン)に惹かれる。

コーエンの側近ジャック・ウェイレン(サリヴァン・ステイプルトン)に、礼儀作法を教えるグレイスのことを聞いたウーターズは、席を立った彼女に話しかけて誘う。

ビル・パーカー市警本部長(ニック・ノルティ)に呼ばれたオマラは、コーエンを叩き潰すための戦いを仕掛ける考えを聞かされる。

オマラは、極秘のゲリラ戦でコーエンの組織を壊滅させるよう命ぜられる。

グレイスと一夜を共にしたウーターズは、コーエンに知られたら殺されるという彼女を助けようと考える。

コニーは、第二次大戦で命を懸けて戦った夫オマラの勇気は認めるものの、コーエンに戦いを挑むためにチームを組もうとする彼の身を案ずる。

しかし、その人選でコニーはオマラに助言し、彼はウーターズを誘うものの答えを保留される。

オマラは、麻薬で家族を亡くして悪を憎むコールマン・ハリス巡査(アンソニー・マッキー)にも声をかける。

その後オマラは、コニーの指示に従いマックス・ケナード巡査(ロバート・パトリック)、盗聴のプロであるコンウェル・キーラー(ジョヴァンニ・リビシ)をチームに入れる。

ジャックは、親友でもあるウーターズと別れるようグレイスに忠告するが、彼女はそれを聞き入れない。

コーエンは、シカゴの組織を目の敵にすることで、マフィアの大物ジャック・ドラグナ(ジョン・ポリト)に意見されるが、それを無視して街を支配すると言い放つ。

チームのメンバーに目的を伝えたオマラは、その場に現れたナビダ・ラミレス(マイケル・ペーニャ)を、マクナードの推薦で仲間に入れることにする。

バッジを携帯せずに覆面をして、コーエンのカジノを襲撃したオマラらだったが、その場にいた警官と銃撃戦になる。

オマラとハリスは逮捕されてしまい、コーエンに引き渡されることになる。

その頃、コーエンドラグナ殺害命令を出し、その現場に居合わせたウーターズは、可愛がっていた靴磨き少年が犠牲になったために激怒する。

ウーターズは、コーエンのいるクラブに向かい銃を抜くが、ジャックがそれを制止する。

ジャックは、カジノを二人組が襲いコーエンに引き渡されることを知らせ、ウーターズはオマラの仕業だと察する。

ウーターズは、コーエンの部下を装いオマラとハリスを救い出し、チームに加わる。

その後コーエンドラグナを殺害し、それを知ったオマラは、盗聴器をコーエンの屋敷に仕掛ける。

大量のヘロイン取引を知ったオマラは、無謀とも言える方法で、仲間達と共にそれを阻止する。

パーカー本部長から、コーエンが犯人を捜していると知らされたオマラは、更なる強硬手段に出るよう命ぜられる。

コーエンのカジノなどは襲われ、彼は、犯人を見つけ出して、家族やペットまで殺せという指示を出す。

その後の盗聴で、コーエンが電信会社を手中にして、シカゴ以西の事業を支配しようとしていることが分かる。

ウーターズは、グレイスから情報を聞き出すようにとオマラに指示され、仕方なくそれに従う。

コーエンのクラブが電信会社の拠点と知ったオマラらは、その場を襲撃する。

現場の現金が奪われていないことで、コーエンは犯人が警官であり、パーカー本部長が黒幕であることに気づく。

コーエンは、裏切り者がいて盗聴器が仕掛けられていることにも気づき、危険を察したグレイスはその場を逃れる。

別の取引を察知したオマラは、それでコーエンの組織を潰せると確信する。

グレイスに会ったウーターズは、裏切り者を捜していることで恐れる彼女の前に現れた、コーエンの手下を叩きのめす。

ウーターズは、街を去ろうとするグレイスをジャックに託して、オマラらに合流するためチャイナタウンに向かう。

罠に気づいたウーターズは、襲われたオマラの無事を確認するものの、盗聴を続けていたキーラーは殺害される。

オマラの家も襲われて、眠っていたコニーは銃撃を逃れようとする。

現れたコーエンにグレイスのことを聞かれたジャックは、襲いかかる手下を叩きのめすものの、コーエンに射殺される。

キーラーの死体を確認したオマラは、コーエンの屋敷に向かうが、彼はその場を引き払っていた。

自宅に戻ったオマラは、襲撃現場で子供を産んだコニーの無事を確認する。

パーカー本部長はマスコミに叩かれ、オマラは解任される見通しとなり、彼は責任を感じる。

キーラーの家を訪れたオマラは、心を痛める彼の息子を慰めて、子供と共に街を去るコニーを見送る。

オマラの元を訪ねていたウーターズは、現れたグレイスから、コーエンジャックを殺害する現場を目撃したことを証言すると言われる。

オマラとウーターズは、カーター判事を脅してコーエンの逮捕状にサインをさせる。

貸し切られたホテルをチームで襲撃したオマラは、逃走したコーエンを追う。

オマラは車にしがみつき運転手は撃たれ、噴水に衝突する。

銃弾を受けたケナードは、ラミレスの手を借りながら、オマラに近づくコーエンの手下を射殺して息を引き取る。

コーエンを逮捕しようとしたオマラは、銃を捨てて彼と殴り合いになる。

オマラはコーエンを叩きのめし、駆けつけた警官に彼を逮捕させる。

パーカー本部長は、1966年に亡くなるまで本部長として職務に就いた。

コーエンの逮捕はパーカーの功績となり、”ギャングスター・スクワッド”は存在しないこととされた。

グレイスの証言によりコーエンは有罪となり、ウーターズは警官を続けて彼女を守った。

そして、オマラはコニーと息子と共に静かな生活を送る。


解説 評価 感想 ■

ポール・リーバーマンの著書”Tales from the Gangster Squad”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1949年、ロサンゼルス
街を支配するミッキー・コーエンは、警察権力なども手中にしていた。
パーカー市警本部長は、コーエンを憎む巡査部長ジョン・オマラに極秘任務を与える。
ゲリラ戦でコーエンの組織を壊滅させるようにという命令を受けたオマラは、警官のハリス、ケナード、ラミレス、盗聴のプロ、キーラーらをチームに入れて行動を開始する。
オマラの同僚ウーターズは、コーエンの女グレイスと付き合い始めていた。
誘いを保留していたウーターズは、抗争で市民が巻き添えになったことで、オマラのチームに加わる。
”ギャングスター・スクワッド”として、手荒な方法でコーエンのカジノなどの襲撃を計画したオマラらは、壮絶な戦いを開始する・・・。
__________

恋愛映画ではないかと思えるような、何んとも軟な邦題とは全く違う、”ギャングスター・スクワッド”という勇ましいタイトルの通り、ギャングと警官部隊との壮絶な戦いを描く内容は見応えはある。

アンタッチャブル」(1987)を思わせる序盤の展開に胸躍らせるファンも多いはずで、豪華スター競演も嬉しい、娯楽要素満載の作品に仕上がっている。

歴史的事実とはやや違っているところは、ドラマ性を重視した脚本なので大目に見るとして、スターの個性が、主要人物以外は今一生かされていないところが気になる。
魅力的な個性派が多く登場するため、致し方ないところだろうか。

正義のために、敢然と悪に立ち向かう警官達の姿は頼もしいのだが、反面、裏組織との繋がりが描かれるアメリカ社会の問題は恐ろしいとしか言いようがない。

無謀とも言える行動、その勇気で観る者を引き付ける巡査部長ジョシュ・ブローリン、その同僚を魅力的に演ずるライアン・ゴズリング、迫力の演技でミッキー・コーエンを熱演するショーン・ペン、その情婦的な存在のエマ・ストーンパーカー市警本部長役ニック・ノルティ、”スクワッド”メンバー、アンソニー・マッキージョヴァンニ・リビシマイケル・ペーニャロバート・パトリック、主人公の妻ミレイユ・イーノスコーエンの側近ジャック・ウェイレンサリヴァン・ステイプルトン、マフィアのボス、ジャック・ドラグナ役のジョン・ポリト、判事ジョン・アイルウォードなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター