ゲット・ショーティ Get Shorty (1995) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1990年に発表された、エルモア・レナード同名小説の映画化。
やり手の取り立て屋が仕事をこなしながら、趣味の映画製作に乗り出そうとする姿を描く、製作総指揮、監督バリー・ソネンフェルド、主演ジョン・トラヴォルタジーン・ハックマンレネ・ルッソダニー・デヴィートベット・ミドラー他共演の痛快コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:バリー・ソネンフェルド
製作総指揮:バリー・ソネンフェルド
製作
ダニー・デヴィート

マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
原作:エルモア・レナード
脚本:スコット・フランク
編集:ジム・ミラー
撮影:ドナルド・ピーターマン
音楽:ジョン・ルーリー

出演
チリ・パーマー:ジョン・トラヴォルタ

ハリー・ジム:ジーン・ハックマン
カレン・フロレス:レネ・ルッソ
マーティン・ウィア:ダニー・デヴィート
レイ”ボーンズ”バルボーニ:デニス・ファリナ
ドリス・サフリン:ベット・ミドラー
ボー・キャトレット:デルロイ・リンドー
ベアー:ジェームズ・ギャンドルフィーニ
ロニー・ウィンゲイト:ジョン・グリーズ
レオ・デ・ヴォー:デヴィッド・ペイマー
トミー・キャロル:マーティーン・フェレロ
エスコバー:ミゲル・サンドヴァル
フェイ・デ・ヴォー:リンダ・ハート
ヤヨ・ポルティーヨ:ジェイコブ・ヴァルガス
本人:ハーヴェイ・カイテル
本人:ペニー・マーシャル
ドアマン:バリー・ソネンフェルド

アメリカ 映画
配給 MGM

1995年製作 105分
公開
北米:1995年10月20日
日本:1996年6月15日
製作費 $30,250,000
北米興行収入 $72,077,000
世界 $115,101,622


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

マイアミ
取立て屋のチリ・パーマー(ジョン・トラヴォルタ)は、ギャングのレイ”ボーンズ”バルボーニ(デニス・ファリナ)にコートを奪われる。

ボーンズのアパートに向かったパーマーは、彼を殴り倒しコートを奪い返す。

仕返ししようとしたボーンズだったが、パーマーに追い払われてしまい、組織が違うために、彼のボスが死ぬまで手出しするなと上から指示される。

その後、パーマーのブルックリンのボスが死んだために、彼はボーンズの傘下に入ることになる。

そしてパーマーは、飛行機事故死したことになっている洗濯屋レオ・デ・ヴォー(デヴィッド・ペイマー)の借金の穴を埋めるよう命令される。

レオの所在を妻フェイ(リンダ・ハート)から聞き出し、それ追ってラスベガスに飛んだパーマーは、彼がロサンゼルスに行った事を知る。

パーマーはついでに、B級映画のプロデューサー、ハリー・ジム(ジーン・ハックマン)の、15万ドルの取立てを依頼される。

深夜、ジムの愛人で女優のカレン・フロレス(レネ・ルッソ)の家に侵入したパーマーは借金の話を始めるが、映画好きの彼は、今回の取立てを映画にする構想を語り始める。

それを聞いたジムはパーマーと意気投合し、カレンにそれを話して聞かせる。

ジムのオフィスに向かった二人は、企画に投資している麻薬の売人ボー・キャトレット(デルロイ・リンドー)と、ロニー・ウィンゲイト(ジョン・グリーズ)を迎える。

キャトレットは、延期になった企画の資金を、先に撮るという映画に回すか返金するよう脅し、その場を去る。

そこ頃、ボーンズはレオの件で妻フェイを問い詰め、事情を聞きだそうとする。

レオに会ったパーマーは、彼が事故死に見せかけて受け取った保険金を奪い、カジノで儲けた金は借りることにして、それをジムの映画に投資しようとする。

ジムのオフィスに向かったパーマーは、新作の脚本を読んだキャトレットに出くわす。

キャトレットは、カレンの元夫で人気スターのマーティン・ウィア(ダニー・デヴィート)を作品に出演させることなども気に入るが、パーマーは彼と手を組もうとはしない。

チャールトン・ヘストンの、「黒い罠」のリバイバル上映を見に行ったパーマーは、誘っていたカレンが後部席に来ていた事に気づき、軽く会話を交わし別れる。

翌日、ウィアの屋敷の前で再び出くわしたパーマーとカレンは、その後、ウィアに歓迎される。

パーマーは、自分の考える役をウィアーに話し、演じさせて見たりする。

その頃、新作の脚本を読んでいたキャトレットは、用心棒のベアー(ジェームズ・ギャンドルフィーニ)と共にジムに会う。

麻薬の運び屋ヤヨ・ポルティーヨ(ジェイコブ・ヴァルガス)を殺し、流れた取引の50万ドルをジムの新作に投資しようとしたキャトレットは、その金が入れてある空港のロッカーの鍵を彼に渡す。

そこに現れたパーマーは、ベアーを簡単にあしらいキャトレットを追い払う。

ジムはボーンズに連絡を入れて、パーマーがレオの30万ドルを持っていることを伝え、彼をロサンゼルスの呼ぶ。

パーマーは、ジムからロッカーの鍵を受け取り空港に向かかい、捜査官に見張られていることを確認するため、わざと捜査官に連行される。

ボーンズは空港に到着し、現金を取り戻しに来た麻薬王エスコバー(ミゲル・サンドヴァル)も姿を現す。

疑いが晴れ解放されたパーマーは、ロッカーの鍵を奪いに来たベアーを再び痛めつけるが、スタント・マンだった彼が出演した映画の話で盛り上がる。

キャトレットの元に現れたエスコバーは、甥のヤヨの行方を彼に尋ね、週末までに現金50万ドルと甥を連れてくるよう脅しをかける。

ジムのオフィスに着いたボーンズは、彼から新作に出資するよう提案される。

しかし、30万ドルやパーマーとレオの行方を、ジムに問い詰めたボーンズは彼を痛めつける。

そlこにロニーが現れ、ボーンズは彼を射殺し、ジムの仕業に見せかける。

夕陽を見ながら語り合ったパーマーとカレンは、互いに惹かれ合いベッドを共にする。

そこに、ジムが病院に運ばれたと、女優のドリス・サフリン(ベット・ミドラー)から連絡が入る。

キャトレットは、手を切ると言うベアーを警察に突き出すと言って脅し、パーマーの隠していると思われる30万ドルを探らせる。

ウィアと新作の打ち合わせをしたパーマーは、その夜、カレンの家に侵入したキャトレットに、彼女を人質に捕らえ30万ドルを要求される。

30万ドルを持ってキャトレットの元に現れたパーマーは、ベアーと協力して彼を殺す。

ホテルに立ち寄ったパーマーは、待ち伏せていたボーンズにロッカーの鍵を奪われる。

空港で、ロッカーのバッグを取り出そうとしたボーンズは、捜査官に逮捕されてしまう。

そして、ハーヴェイ・カイテルが共演し、ペニー・マーシャル監督で撮影が始まったジムの新作だったが、ミスキャスト気味のウィアをパーマーらに嘆いてしまう。


解説 評価 感想 ■

2005年に続編「Be Cool/ビー・クール」が公開された。

*(簡略ストー リー)

ギャングの取立て屋チリ・パーマーは、ボスが死んだために毛嫌いしているボーンズの傘下に入ってしまう。
パーマーは、ある取立てをボーンズに命じられ、映画プロデューサーのハリー・ジムの取立ても請負うことになる。
しかし、映画マニアのパーマーはジムと意気投合してしまい、彼の愛人カレンとその元夫で人気スターのウィアの出演も考えた、映画製作に乗り出そうとする。
それに、麻薬の売人のキャトレットが絡むことになり、複雑な話になってくる・・・。
___________

パルプ・フィクション」(1994)で再びブレイクしたジョン・トラヴォルタが、何者もを恐れずに手際よく仕事をこなす男を演じ、洗練されて男臭く、そして裏社会の人間でありながら、映画好きでお茶目な面もみせるという、実に魅力的なキャラクターを好演している。

トラヴォルタは、ゴールデングローブ賞男優賞(コメディ・ミュージカル)を受賞した。

北米興行収入は約7200万ドルに留まるが、全世界で約1億1500万ドルのヒットとなった。

トラヴォルタの魅力は発揮されているものの、バリー・ソネンフェルドらしさに欠ける映像表現などが気になる。

しかし、ギャングと映画界、そして麻薬取引などが複雑に絡み合うストーリー展開や、各個性を十分に生かした豪華スター競演も嬉しい、軽快なタッチが楽しめる作品。

実力派らしく、コメディでも抜群の存在感を見せる、B級映画プロデューサーのジーン・ハックマン(ジム)、その愛人で、後に主人公と惹かれ合うレネ・ルッソ、その元夫で、人気スターのダニー・デヴィート、ジムと親密な女優役のベット・ミドラーマイアミのギャング役のデニス・ファリナ、麻薬の売人デルロイ・リンドー、その用心棒ジェームズ・ギャンドルフィーニ、相棒ジョン・グリーズ、事故死に見せかけて保険金を騙し取る洗濯屋のデヴィッド・ペイマー、その妻リンダ・ハート、主人公の相棒マーティーン・フェレロ、麻薬王役のミゲル・サンドヴァル、その甥役ジェイコブ・ヴァルガス、本人役でハーヴェイ・カイテルペニー・マーシャル、ドアマン役でバリー・ソネンフェルドも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター