G.I.ジョー G.I. Joe: The Rise of Cobra (2009) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1964年に、アメリカのハズブロ社が発売したミリタリー・フィギュア”G.I.ジョー”から派生した、1985~86年にアメリカで放映されたテレビ・アニメシリーズ「地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー」を基にした実写版映画。
製作、監督スティーヴン・ソマーズ、主演チャニング・テイタムデニス・クエイドブレンダン・フレイザージョゼフ・ゴードン=レヴィットジョナサン・プライス他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴン・ソマーズ
製作総指揮
スティーヴン・ソマーズ

デヴィッド・ウォマーク
イリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
エリク・ハウサム
製作
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ

ブライアン・ゴールドナー
ボブ・ダクセイ
原案:ラリー・ハマ
脚本
スチュアート・ビーティー

デヴィッド・エリオット
ポール・ラヴェット
撮影:ミッチェル・アムンドセン
編集
ボブ・ダクセイ

ジム・メイ
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
・G.I.ジョー
チャニング・テイタム:コンラッド・S・ハウザー/デューク
デニス・クエイド:クレイトン・アバナシー/ホーク
レイチェル・ニコルズ:シャナ・M・オハラ/スカーレット
レイ・パーク:スネーク・アイズ
マーロン・ウェイアンズ:ウォレス・ウィームズ/リップコード
アドウェール・アキノエ=アグバエ:ハーシー・ダルトン/ヘビー・ デューティー
サイード・タグマウイ:アビー・シャツ/ブレーカー
カロリナ・クルコヴァ:コートニー・クリーガー/カバーガール
ブレンダン・フレイザー:ジェフリー・ストーン/ストーン

・コブラ
クリストファー・エクルストン:ジェームズ・マッカラン/デストロ
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット:レックス・ルイス/ザ・ドクター/コブラ・ コマンダー
シエナ・ミラー:アナ・ルイス/アナスタシア・ドゥコブレイ/バロネス
イ・ビョンホン:トーマス・アラシカゲ/ストーム・シャドウ
アーノルド・ヴォスルー:ザルタン
ケヴィン・J・オコナー:Dr.マインドベンダー
・・・
ジョナサン・プライス:アメリカ合衆国大統領

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2009年製作 118分
公開
北米:2009年8月7日
日本:2009年8月7日
製作費 $175,000,000
北米興行収入 $150,010,209
世界 $302,469,017


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

近い未来。
全世界で70%のシェアを持つ武器メーカー”MARS”のCEO、ジェームズ・マッカラン(クリストファー・エクルストン)は、あらゆる金属を食べ破壊させてしまう”ナノマイト”の開発に成功する。

MARSは、ナノマイトが注入された4つの弾頭をNATOに売り、アメリカ陸軍がそれを届ける任務を受ける。

コンラッド・S・ハウザー中尉/デューク(チャニング・テイタム)は、同僚のウォレス・ウィームズ/リップコード(マーロン・ウェイアンズ)らとその任務に就くが、途中、武装した一団に襲われる。

負傷したリップコードを助けたデュークは、敵のリーダーが自分の元フィアンセであるアナ・ルイス/バロネス(シエナ・ミラー)だと気づく。

ナノマイトを奪ったバロネスをデュークは追い、スカーレット(レイチェル・ニコルズ)、スネーク・アイズ(レイ・パーク)ら別の一団が現れ、デュークらを救いナノマイトを取り戻す。

デュークの前に、元NATO軍司令官クレイトン・アバナシー/ホーク(デニス・クエイド)がバーチャル映像で現れ、彼らを北アフリカの秘密指令基地に向かわせる。

基地に到着したデュークは、精鋭を集めた国際機密チーム”G.I.ジョー”の指揮官ホークから組織の説明を受ける。

バーチャルで現れたマッカランが、ナノマイトの無事を確認するのだが、実は彼は、それを奪おうとした世界征服を企むテロ組織”コブラ”と手を組んでいた。

マッカランは、新しい世界秩序をもたらすために、G.I.ジョーの元にあるナノマイトを利用することを企む。

デュークとリップコードは、G.I.ジョーへの入隊を志願するが、ホークは、選ばれた者だけが入隊できることを彼らに告げて、それを却下する。

しかし、デュークが、今回の襲撃に関ったバロネスの全てを知ることを説明し、二人は入隊を許可されることになる。

デュークとリップコードは、ストーン(ブレンダン・フレイザー)らの、厳しいテストにパスして訓練を受け実戦に備える。

マッカランは、追跡装置を使いG.I.ジョーの基地を見つけ、バロネス、ストーム・シャドウ(イ・ビョンホン)、ザルタン(アーノルド・ヴォスルー)らを向かわせる。

基地内に侵入し、ホークを襲ったバロネスらは、ナノマイトの弾頭を奪い返すが、緊急事態を知ったデュークが彼女を追い詰める。

しかし、双方は激しい戦いとなり、バロネスらが弾頭を奪い去る。

ホワイトハウス
その頃、大統領(ジョナサン・プライス)に、弾頭が奪われたことが報告される。

基地内では、以前から密通者がいると疑っていたデュークらが、マッカランがナノマイトのケースを開けた時に、追跡装置を起動させたことに気づく。

マッカランが、NATOの資金でナノマイトを開発させた黒幕だと知ったデュークらは、バロネスがパリに研究所を持つ科学者の妻で、男爵夫人アナスタシア・ドゥコブレイだということを知る。

パリ
夫の研究所に乱入したバロネスとストーム・シャドウは、ナノマイトを兵器化するようにと夫を脅す。

”G.I.ジョー”のチームも到着し、研究所の前で弾頭を兵器化したバロネスらを見つけて追跡する。

パワー・スーツを着用したデュークとリップコードは、弾頭の起動スイッチを入れたバロネスらを追うが、ストーム・シャドウがエッフェル塔に向け弾頭を発射する。

エッフェル塔は倒壊を始めるが、デュークがバロネスらの救出機に飛び乗りナノマイトの起動スイッチを切る。

デュークは、何とかパリが破壊することを阻止するのだが、バロネスら、コブラ側に捕らえられ、北極にあるマッカランの秘密基地に連行されてしまう。

チームのハイテク・スペシャリストのブレーカー(サイード・タグマウイ)が、コブラのメンバーの脳から情報を入手するが、彼らは当局に逮捕される。

デュークは、4年前に、自分の指揮した任務で死んだ、アン/バロネスの弟レックス・ルイス(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)のことで悩み、彼女から遠ざかっていた。

二人の話を傍らで聞いていたストーム・シャドウは、20年前に浮浪少年だったスネーク・アイズと共に修行の身となり、彼を贔屓した師匠を刺殺して逃亡したことを思いだす。

デュークは、隙を見てナノマイトのケースの追跡装置のスイッチを入れる。

釈放されたG.I.ジョー・チームは、マッカランが北極にいることを突き止め、追跡装置のシグナルを頼りに、秘密基地を発見する。

G.I.ジョー秘密指令基地。
ホークは、上層部に逆らってでも北極の”アルファ・チーム”を支援することを部下らに通達する。

ナノテクノロジーの科学者でもあるザ・ドクター(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)の元に連れて行かれたデュークは、彼がバロネスの弟レックスであることを知る。

レックスは、科学者Dr.マインドベンダー(ケヴィン・J・オコナー)が開発した、ナノマイトを使った研究を受け継いでいた。

基地内に侵入したG.I.ジョーだったが、ナノマイトを搭載したミサイル3基が発射され、スネーク・アイズが北京に向うはずだった1基を撃墜する。

リップコードが、マッカランが開発していた”ナイト・レイブン・ジェット”を奪い、残りの2基を追う。

スカーレットとスネーク・アイズ、そしてブレーカーらが基地中枢部に侵入しようとする。

デュークの体内に、レックスがナノマイトを注入しようとするが、バロネスがそれを阻止して彼を助ける。

既にプログラム制御されていたバロネスは、レックスに機能を停止されてしまう。

ホークが援軍を派遣し、ヘビー・デューティー(アドウェール・アキノエ=アグバエ)の援軍部隊が、北極基地の攻撃を始め、スカーレットらが司令室に侵入し、基地を閉鎖しようとする。

デュークは銃を奪い、マッカランに火傷を追わせ、その隙を見てバロネスの意識を回復させる。

リップコードは、モスクワに向っていたミサイルを撃墜し、ワシントンD.C.に向う残りの1基を追う。

ホワイトハウスでは、レックスに処置されていた大統領のシークレット・サービスが、破壊工作を始める。

G.I.ジョーの支援軍を攻撃する、パルス砲を制御不能にしたスネーク・アイズは、ストーム・シャドウとの一騎打ちとなる。

そして、激しい戦いの末、スネーク・アイズがストーム・シャドウを倒して、師匠の仇を討つ。

バロネスを救い出したデュークは、基地から脱出したマッカランとレックスを追う。

着弾寸前でミサイルを撃墜したリップコードは、機体にナノマイトを付着させたまま、大気圏外に飛び出す寸前で脱出する。

レックスは、基地頭上の氷山を爆破しようとするのだが、スカーレット達や援軍は、寸前で基地周辺から退避する。

ナノマイトを、火傷を負ったマッカランの体内に注入したレックスは、彼を”デストロ”に変身させ、自らは”コブラ・コマンダー”となる。

そして、デュークらG.I.ジョーの大軍は、コブラ・コマンダーの船を包囲し彼とマッカランを逮捕する。

超大型空母”USSフラッグ”では、G.I.ジョーが、アン/バロネスの体内からナノマイトを摘出するため、彼女を保護することになる。

デュークはアンを必ず助けることを約束し、二人は愛を確かめる。

そして、正式にG.I.ジョーに入隊したデュークとリップコードは、ホークに率いられ新たな任務に就く。

一方、レックスにより手術されたザルタンが、ナノマイトのミサイル危機を乗り切った大統領に扮し、ホワイトハウスに侵入していた。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「G.I.ジョー」(2009)
・「G.I.ジョー バック2リベンジ」(2013)

*(簡略ストー リー)

全世界の武器市場を支配するマッカランは、あらゆる金属を破壊する”ナノマイト”の開発に成功する。
NATOの資金でそれを完成させたマッカランは、世界征服を企むテロ組織”コブラ”と手を組みナノマイトを奪おうとする。
ナノマイト輸送の任務を受けたアメリカ陸軍大尉デュークは、コブラに襲われるが、それに対抗した秘密組織”G.I.ジョー”に救われる。
コブラの一員だった元恋人アンの全てを知るデュークは、G.I.ジョーの指揮官ホーク将軍に認められ、同僚のリップコードと共に悪に立ち向かうことになるが、ナノマイトはコブラに奪われてしまう・・・。
__________

我々世代には、憧れの玩具だった”G.I.ジョー”の映画化かと期待していたのだが、現代風の”ドタバタ”アクションに尽きる内容で、アニメ版の魅力を知らない者にはやや退屈な作品。

”進め、行くぞ、G.I.ジョーG.I.ジョー~~”のテーマ曲に乗った、フィギュアのCMを懐かしく思う方には理解していただけると思う・・・。

1億7500万ドルの製作費をかけた、映像迫力は期待通りだったが、批評家からは酷評されているのも事実だ。

しかし、北米興行収入は約1億5000万ドル、全世界では、3億ドルを超す大ヒットとなった。

全編通してのVFXや大掛かりな仕掛け、スタイリッシュなアクションなどは、いかにもスティーヴン・ソマーズ作品らしく見応えはあるが、それほど新鮮味があるわけでもなく、敵対するチームを構成する俳優人とそのキャラクターが、魅力に欠けるところも気になる。

アラン・シルヴェストリの軽快な音楽は、いつもながら耳に残る仕上がりとなっている。

デニス・クエイドアーノルド・ヴォスルーブレンダン・フレイザージョナサン・プライスら、お馴染みの俳優が要所要所に登場して、それなりに作品を引き締めてくれるのでホッとする。

戦友を失い、恋人から遠ざかる過去を持つ逞しい青年将校チャニング・テイタム、”G.I.ジョー”指揮官デニス・クエイド、メンバーのレイチェル・ニコルズレイ・パークマーロン・ウェイアンズアドウェール・アキノエ=アグバエサイード・タグマウイカロリナ・クルコヴァ、教官ブレンダン・フレイザー、それに対する”コブラ”側の軍需企業CEOクリストファー・エクルストン、リーダーとなるジョゼフ・ゴードン=レヴィット、その姉シエナ・ミラーイ・ビョンホンアーノルド・ヴォスルー、ナノマイト開発者ケヴィン・J・オコナー、そして、アメリカ大統領でジョナサン・プライスが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター