バニシングin60” Gone in 60 Seconds (1974) 3/5 (26)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

高級車ばかりを狙う男達が仕掛ける窃盗計画を描く、製作、監督、脚本、主演H・B・ハリッキーによる、伝説的カー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:H・B・ハリッキー

製作:H・B・ハリッキー
脚本:H・B・ハリッキー
撮影
スコット・ロイド=ディヴィス
ジャック・ヴァセック
編集:ワーナー・E・レイトン
音楽
ロナルド・ハリッキー
フィリップ・カチャトリアン

出演
メインドリアン・ペイス:H・B・ハリッキー
パンプキン・チェイス:マリオン・ブシア
ユージーン・チェイス:ジェリー・ドーギルダ
スタンリー・チェイス:ジェームズ・マッキンタイア
アトリー・ジャクソン:ジョージ・コール
コーリス・ペイス:ロナルド・ハリッキー
ジョー・チェイス:マーコス・コシコス

アメリカ 映画
配給 H.B. Halicki Junkyard and Mercantile Company
1974年製作 105分
公開
北米:1974年7月28日
日本:1975年6月25日
製作費 $150,000
北米興行収入 $40,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ロングビーチ
保険会社の依頼で事故車や盗難車の調査をするメインドリアン・ペイス(H・B・ハリッキー)は、列車と衝突したトラックの欠陥を見つけるため現場に向かう。

実はペイスは、調査会社の裏で高級車を狙う窃盗団のリーダーをしていた。

ダッジ・チャレンジャー”の事故車を手に入れて解体したペイスは、エンジンや車両ナンバーなどを盗難車と付け替える準備をする。

ダッジ・チャレンジャー”を手に入れたペイスは、仲間のアトリー・ジャクソン(ジョージ・コール)らと事故車の部品を付け替えて市場に流す。

ある日、南米の麻薬王から40万ドルの仕事を受けたペイスは、土曜日までに48台用意し、1台も欠かさないという条件で前金の20万ドルを受け取る。

ニューヨーク
会社のオーナー、ユージーン・チェイス(ジェリー・ドーギルダ)の結婚式に出席したペイスは、新婚旅行を延期して手を貸すことを彼に強要する。

ユージーンらを連れてロングビーチに戻ったペイスは、アトリーに迎えられ、空港で”ロールス・ロイス”を盗む。

Eleanor/マスタング”も盗もうとするものの、運転手が乗っていたために諦めたペイスらは会社に向かう。

アトリーやユージーンの弟スタンリー(ジェームズ・マッキンタイア)、妹妹パムプキン(マリオン・ブシア)と打ち合わせをしたペイスは、車を盗むための小道具を見せて仕事にかかる。

マスタング”をペイスらに盗まれた男はそれを追うが、暴走したために警官に逮捕されてしまう。

レース場で車を盗んだペイスだったが、保険会社のクレーム担当者が所有する車だと気づき、それを返してしまう。

ユージーンがその件に意見するが、ペイスは相手にしない。

翌日、パンプキンはリムジンを数か所に手配させて、その場で待機していた仲間達はそれを盗み、その後もペイスらは仕事を続ける。

さばいた”ダッジ・チャレンジャー”のナンバーが廃車のものであることがバレてしまい、それをユージーンに追及されたペイスは、問題なく処理すると答える。

牽引車で中古車店に向かったペイスは、”ダッジ・チャレンジャー”を持ち去ろうとするが、運悪くパトカーが現れる。

前方をパトカーに塞がれたペイスは、衝突して道を開けて逃走する。

追跡してきたパトカーを振り切ったペイスは、スクラップ場で”ダッジ・チャレンジャー”を処分する。

盗難車が続出して、保険金が膨大になった保険会社の担当者に呼ばれたペイスは、盗まれた”ブロンコ”のオーナーの元に向かい、盗難現場を確認する。

不満ばかり口にするユージーンにうんざりしていたペイスは、盗んだ”キャデラック”のトランクに、大量のヘロインが隠されていることに気づく。

ユージーンは、それを売りさばいて大金を稼ごうとするが、組織が絡んでいる車だったために、ペイスはそれを返すようアトリーに指示する。

そこに顔馴染みの刑事ホーキンスが現れ、盗難車のことを聞かれたペイスだったが、何んとか怪しまれずに済む。

ユージーンはあくまでヘロインをさばこうとするが、ペイスに明朝まで待つようにと言われる。

翌朝、ある場所にキャデラックを運んだペイスは、ガソリンを撒いて火を放つ。

予定の48台は揃えたものの、盗んだ”Eleanor”に保険をかけていないことが分かったペイスは、それを返すようにとパンプキンに言われる。

キャデラック”を燃やしてしまったことを知ったユージーンは憤慨するが、ペイスは彼を痛めつけてしまう。

盗んだ車の保管倉庫に向かったペイスは、”Eleanor”に乗り込みそれを返し、目を付けていた別の”Eleanor”を盗むためにインターナショナル・タワーに向かう。

ペイスを恨んだユージーンは、次に盗まれる車のことをホーキンス刑事に密告してしまう。

インターナショナル・タワー。
張り込んでいた警官は、現れた車が未登録車であることを確認し、車から降りた男(ペイス)を監視する。

Eleanor”を盗んだペイスは建物から出ようとするが、警報装置が鳴り始める。

それを解除したペイスは、監視している車に気づき、警察車両だったために逃走する。

衝突しながら走り続けるペイスの暴走を知ったラジオ局は、その様子を実況し始める。

パトカーもEleanorを追い、ペイスは公園で進路を塞がれるものの、諦めたと見せかけてその場から走り去る。

ラジオ局は軽飛行機を飛ばし、カーチェイスの模様を空と地上から実況しようとする。

ペイスを追うパトカーは増え続け、その影響で何台もの追突事故が起きる。

カーソンに向かうペイスはフリーウェイを疾走し、警察全車両の監視対象になる。

フリーウェイを降りたペイスは、何台かの追跡車を振り切る。

大挙して現れたパトカーを確認したペイスは、再びフリーウェイに乗りカーソンに近づく。

車線変更をしようとして車にぶつかり、電柱に衝突したペイスだったが、市内に向いバリケードも突破して暴走を続ける。

警察は、”マツダ”のディーラーにペイスを追い込むことを考える。

その場も逃れたペイスは、”キャデラック”のディーラー内を走り回り西に向かう。

今回の暴走に巻き込まれて負傷者が多数出たため、警察は、一般道路の車の通行を禁止する。

横転して道を塞いでいた車を飛び越えたペイスは、パトカーが追跡してこないことを確認しながら洗車場に向かう。

他の客の”Eleanor”を奪ったペイスは、ナンバーを替えて変装用のかつらと髭を外す。

洗車場で逃走車の”Eleanor”を見つけた警官は、その場のマネージャーを犯人と思い逮捕する。

犯人逮捕が無線で知らされ、検問で怪しまれずに済んだペイスは、その場から走り去る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ロングビーチ
保険会社の依頼で事故車や盗難車の調査をするメインドリアン・ペイスは、実はその裏で、高級車ばかりを狙う窃盗を繰り返していた。
南米の麻薬王からの依頼で、数日で48台の高級車を手に入れる仕事を40万ドルで受けたペイスは、調査会社のオーナーのユージーンらを仲間に引き入れて仕事を始める。
順調に車を手に入れるペイスらだったが、”Eleanor/マスタング”を盗むのに梃子摺ってしまう。
一度は”Eleanor”を手に入れるものの、保険未加入だったためにそれを返したペイスは、目を付けていた別の”Eleanor”を盗む。
しかし、対立していた恨みを持つユージーンの密告で、ペイスはパトカーに追われてしまい、激しいカー・チェイスを繰り広げながら逃走する・・・。
__________

スタント・ドライバーとして知られるH・B・ハリッキーが、製作、監督、脚本、主演を兼ねた意欲作。

本格的カー・アクション映画の黎明期の、代表作と言っていい作品。

何と言っても、本作のキーポイントとなる”Eleanor/マスタング”を主人公が盗み、パトカーとのカーチェイスを繰り広げる後半の約40分にも及ぶアクション・シーンは見ものだ。

2000年に、製作ジェリー・ブラッカイマー、主演ニコラス・ケイジによるリメイク作「60セカンズ」が公開された。

作品は大いに受け、15万ドルで製作された本作は、北米興行収入だけで約4000万ドルという大ヒットとなった。

ドラマの内容は単純で役者の演技も素人と言ったところなのだが、1970年代を感じさせる雰囲気は懐かしく、当時の高級車が画面に多数登場する映像などは、カー・マニアにはたまらない。

窃盗団のリーダー、H・B・ハリッキー、主人公と対立する調査会社のオーナー、ジェリー・ドーギルダ、その妹マリオン・ブシア、弟ジェームズ・マッキンタイア、おじのマーコス・コシコス、主人公の仲間ジョージ・コール、主人公の弟ロナルド・ハリッキーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター