風と共に去りぬ Gone With the Wind (1939) 5/5 (37)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1936年に発表された、マーガレット・ミッチェルの大ベストセラー同名小説の映画化であり、彼女は翌年ピューリッツァー賞を受賞している。
映画化権、製作費、出演者など、ハリウッドの伝説となっている作品で、全世界で4億ドル以上を稼ぎ出している、南北戦争を経た激動の時代を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督ヴィクター・フレミングクラーク・ゲーブルヴィヴィアン・リーレスリー・ハワードオリヴィア・デ・ハヴィランドトーマス・ミッチェル共演の映画史上に残る不朽の名作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィクター・フレミング
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:マーガレット・ミッチェル
脚本:シドニー・ハワード
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:ハル・C・カーン
美術・装置:ライル・R・ウィーラー
音楽:マックス・スタイナー

出演
レット・バトラー:クラーク・ゲーブル
スカーレット・オハラ:ヴィヴィアン・リー
アシュレー・ウィルクス:レスリー・ハワード
メラニー・ハミルトン:オリヴィア・デ・ハヴィランド
ジェラルド・オハラ:トーマス・ミッチェル
マミー:ハティ・マクダニエル
エレン・オハラ:バーバラ・オニール
スエレン・オハラ:イヴリン・キース
キャリーン・オハラ:アン・ラザフォード
スチュアート・タールトン:ジョージ・リーヴス
ミード医師:ハリー・ダベンボート
ベル・ワトリング:オナ・マンソン
ピティパット叔母:ローラ・ホープ・クルーズ
チャールズ・ハミルトン:ランド・ブルックス
フランク・ケネディ:キャロル・ナイ
プリッシー:バタフライ・マックイーン
メリーウェザー夫人:ジェーン・ダーウェル
トム(北軍大尉):ウォード・ボンド
ビッグ・サム:エヴェレット・ブラウン
ボニー・ブルー・バトラー:チャーミー・キング
シャンティ・タウンの裏切り者:ヤキマ・カナット

アメリカ 映画
配給
MGM
Selznick International Pictures
1939年製作 224分
公開
北米:1939年12月15日
日本:1952年9月10日
製作費 $3,900,000
北米興行収入 $198,676,460
世界 $400,176,460


アカデミー賞 ■
第12回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演女優(ヴィヴィアン・リー)
助演女優(ハティ・マクダニエル)
脚本・編集・撮影(カラー)・美術
特別・名誉賞
アーヴィング・タルバーグ賞(デヴィッド・O・セルズニック)
ウィリアム・キャメロン・メンジース(劇的な色彩の使用に対して)
・ノミネート
主演男優(クラーク・ゲーブル)
助演女優(オリヴィア・デ・ハヴィランド
作曲・音響・特殊効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1861年、南北戦争勃発前夜、ジョージア
田園地方タラの大地主であるジェラルド・オハラ(トーマス・ミッチェル)の長女スカーレット(ヴィヴィアン・リー)は、予ねてから恋い焦がれるウィルクス家の御曹司アシュレー(レスリー・ハワード)と、彼の従妹のメラニー・ハミルトン(オリヴィア・デ・ハヴィランド)の婚約の噂を聞く。

アイルランド人の血を引くスカーレットは、激しい気性だったが、その美貌と明るさで、常に男性の注目を集めていた。

それでもスカーレットは、アシュレーに自分の気持ちを告白すれば、彼が婚約を解消すると高をくくっていた。

そんなスカーレットは、ウィルクス家の園遊会で、アシュレーからメラニーを紹介される。

その後スカーレットは、アシュレーの気を引くために、彼女に好意を持つ、メラニーの兄チャールズ・ハミルトン(ランド・ブルックス)や、妹スエレン(イヴリン・キース)の恋人フランク・ケネディ(キャロル・ナイ)などに声をかける。

そのスカーレットを、招待客の一人で、有名なギャンブラーのレット・バトラー(クラーク・ゲーブル)が見つめていた。

そして、アシュレーとメラニーは、愛を確かめ合うのだった。

昼寝の時間、部屋を抜け出したスカーレットは、男達が戦争について話し合っているところを目撃する。

意見を求められたバトラーは、北部の優勢は明白だと断言して批判を浴びる。

その後スカーレットは、アシュレーを呼び止め、自分の愛を伝えるが、彼のメラニーに対する気持ちは変わらなかった。

自分には、優柔不断にしか思えないアシュレーの態度に、スカーレットは癇癪を起してしまう。

アシュレーはその場を立ち去るが、二人の会話をバトラーが聞いてしまっていた。

憤慨したスカーレットは部屋を出るが、自分を批判する意見に反論するメラニーの言葉を聞いて、余計に悔しさが込み上げる。

そして開戦となり、男達が歓喜する中、スカーレットは、アシュレーへの当て付けで、メラニーの兄チャールズと結婚をするのだが、彼は開戦直後に戦場で病死する。

スカーレットは、喪中であることに嫌気が差して気が滅入るのだが、母エレン(バーバラ・オニール)に、メラニーのいるアトランタにでも行くようにと勧められる。

それを聞いたスカーレットはその気になるが、揉め事を嫌う使用人マミー(ハティ・マクダニエル)は、彼女の行動を不安に思う。

アトランタ
アシュレーも出征し、バトラーは北軍の封鎖を破り物資を南部に運び込み一躍英雄となる。

戦争基金集めの集会で、スカーレットと再会したバトラーは、チャリティーのために、彼女を150ドルの金貨でダンスの相手に指名してしまう。

喪中のスカーレットだったが、鬱憤晴らしでそれを受けてしまい、叔母ピティパット夫人(ローラ・ホープ・クルーズ)はそれを見て卒倒してしまう。

その後、メラニーの元に身を寄せていたスカーレットは、チャリティーで寄付したメラニーと自分の指輪を、バトラーが買い戻して同封してくれた手紙を受け取る。

パリから戻ったバトラーは、スカーレットに流行の帽子を贈り、自分のペースに巻き込もうとするが、彼女の自尊心も負けてはいなかった。

そして、スカーレットが、未だにアシュレーのことを想っていることを知ったバトラーは、早々に引き上げる。

戦況は南部に厳しく、バトラーは南部が今後、当分立ち上がれないとスカーレットに伝える。

休暇が与えられたアシュレーは、一時帰宅してメラニーとのひと時を過ごすことになる。

死を覚悟して再び戦場に向かおうとしたアシュレーは、メラニーの世話ををスカーレットに頼む。

未だ冷めぬ愛をアシュレー伝えたスカーレットは、彼を送り出し、戦争が終わるまで待ち続けることを誓う。

その後、アトランタは陥落寸前となり、メラニーと共に負傷兵の看護補助をしていたスカーレットは、 悲惨な現状にそれを放棄してしまう。

混乱の街で、バトラーの馬車に乗せられたスカーレットは、彼に、この場から逃げ出そうと誘われるがそれを断る。

叔母ピティパットと逃げ出そうとするスカーレットを、ミード医師(ハリー・ダベンボート)は引き止め、出産を控えた虚弱のメラニーのためにも残るよう説得する。

それを拒もうとするスカーレットだったが、使用人プリッシー(バタフライ・マックイーン)が、出産に詳しいことを知る。

スカーレットは、アシュレーとの約束を守るために残ることを決め、そしてメラニーを憎む。

アトランタからは軍が撤退することになり、 スカーレットはメラニーを連れて脱出しようとするが、彼女が産気づき、ミード医師の協力も得られない。

お産を手伝ったことがあると言っていたプリッシーは、役にたたず、スカーレットは仕方なくバトラーを呼ぼうとする。

スカーレットは、自分の手でメラニーの出産を済ませて、プリッシーを、バトラーの愛人ベル・ワトリング(オナ・マンソン)の元に向かわせて助けを求める。

バトラーは馬車を手配して、タラに帰りたいと言って弱音を吐くスカーレットを励ます。

そしてバトラーらは、焼き討ちと暴動が始まったアトランタを脱出する。

途中バトラーは、入隊するために戻ることをスカーレットに伝え彼女に愛を告げる。

それを受け入れないスカーレット達を残し、バトラーはその場を去って行く。

ようやくウィルクス邸にたどり着いたスカーレットだったが、屋敷は朽ち果てていた。

そして、タラに着いたスカーレットは、屋敷が無事だったことを喜び、父ジェラルドやマミーに再会する。

しかし、母エレンの病死を知ったスカーレットは、父が精神に異常を来たしていることにも気づく。

さらにスカーレットは、食べ物もなく、荒れ果てた故郷を見て絶望するが、家族のために生き抜くことを、タラの土地に誓う。
_________

・インターミッション
__________

スカーレットの家族と使用人達は力を合わせ、タラを守り抜く。

南軍は降伏し、戦争の終わりを知らされたスカーレットとメラニーは、アシュレーの帰りを待つ日々が続く。

帰還兵を受け入れたスカーレットは、その中のケネディが、妹スエレンとの結婚を希望していることを知らされる。

そんな時、ついにアシュレーも帰郷するが、野良仕事に追われていたスカーレットは、土地の税金が払えず苦悩する。

アシュレーに相談したスカーレットは、再び愛を告げるが、彼に、土地を守り抜くのが使命だと言われて納得する。

父ジェラルドは、タラを買い取ろうとした元管理人を追い払おうとして落馬し、命を落としてしまう。

窮地に陥ったスカーレットは、カーテンでドレスを作り、北軍に囚われの身のバトラーの元に向かい、助けを求めようとする。

しおらしい態度のスカーレットを受け入れようとしたバトラーだったが、彼女の魂胆を見抜き援助を断る。

その後スカーレットは、妹スエレンの婚約者で、事業家となったケネディに出くわし、彼を妹から奪い、金目当てで結婚してしまう。

スエレンを悲しませた責任は自分にあると、アシュレーは自分の不甲斐なさを悔やむ。

ニューヨークに行くと言いだした、アシュレーを引き止めるために、スカーレットは彼に自分達の商売を手伝わせて傍らに置こうとする。

金に執着するスカーレットは、夫を無視してアシュレーの意見も聞き入れず、事業を拡大していく。

地元の人々が憎む、北部人とも商売をするスカーレットの評判は悪くなる一方だったが、彼女はそれを意に介さない。

ある日、スカーレットは暴漢に襲われ、元使用のビッグ・サム(エヴェレット・ブラウン)に救われる。

男達は、スカーレットが襲われた村を焼き討ちに行き、留守を守るメラニーらの元に、北軍大尉トム(ウォード・ボンド)が現れ探りを入れる。

その後、アシュレーらを助けに行ったバトラーとミード医師が、酔ったふりをして彼を連れ戻す。

バトラーらは、ベルの店にいたアリバイを作り、トムを納得させる。

アシュレーは、銃弾を受けていたためメラニーが介抱し、再びバトラーに助けられたことを彼女は感謝する。

スカーレットもアシュレーを気遣うが、バトラーから夫が殺されたことを知らされる。

メラニーはベルに感謝しようとするが、逆に彼女が気を使い、戦争中に、メラキーに優しくされた恩を、忘れていないことを伝える。

さすがのスカーレットも、夫を亡くし妹も傷つけたことで悲しみに堪えきれず、現れたバトラーの前で涙してしまう。

そしてスカーレットは、ついにバトラーの強引さに負け、彼の求婚を受け入れてしまう。

ハネムーンのニューオリンズからタラに戻ったスカーレットは、バトラーから、タラの再建にいくら使ってもいいと言われる。

大邸宅も建て、マミー達も呼び寄せて優雅に暮すバトラーとスカーレットに、女の子のボニー(チャーミー・キング)が生まれる。

一見幸せそうに見えた二人だったが、スカーレットが未だにアシュレーを想っていることを知ったバトラーは、彼女に不幸を追い続けていると告げて憤慨し、ベルの元に向かってしまう。

苛立つバトラーだったが、それでもスカーレットを愛していることをベルに見抜かれてしまう。

事業をアシュレーに任せてあったスカーレットは、度々彼を尋ね、二人の仲が噂されてしまう。

バトラーは、それを気にするスカーレットを、アシュレーの誕生パーティーに強引に連れて行く。

思慮深いメラニーは、アトランタとタラで、自分達を救ってくれたスカーレットに感謝の気持ちを忘れず、彼女に優しく接する。

恥をかかされて、憤慨するスカーレットを待ち構えていたバトラーは、酔った勢いで彼女を強引に抱いてしまう。

翌朝、バトラーはスカーレットに離婚話を切り出し、ボニーを連れてロンドンに向かってしまう。

しかし、ボニーがロンドンを嫌ったため、スカーレットの元に戻ったバトラーだったが、妊娠していた彼女を階段から転落させてしまう。

スカーレットは流産してしまい、罪悪感で落ち込むバトラーをメラニーが励まし、彼はスカーレットを理解しようとする。

そんな時、追い討ちをかけるように、ボニーが落馬して命を落としてしまう。

バトラーとスカーレットはお互いを責め、それを気遣いながら、メラニーは病に倒れ危篤となってしまう。

死を前にしたメラニーに呼ばれたスカーレットは、息子、そしてアシュレーのことを彼女に託される。

メラニーは、バトラーに優しくすることもスカーレットに伝えて別れを告げる。

絶望するアシュレーを見て、ようやく彼のメラニーに対する愛の深さを知り、彼女はバトラーへの愛に気づく。

アシュレーに寄り添うスカーレットを見て、居たたまれずに、その場を外したバトラーは、彼女の元を去ろうとする。

スカーレットは、バトラーに愛を告げて必死に引きとめようとするが、彼は理解を示さずに去って行く。

一人残された失意のスカーレットは泣き崩れるが、タラを想い、故郷に戻りバトラーを取り戻そうと決意し明日に希望を託す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1861年、南北戦争勃発前夜、ジョージア
ジョージア
の大地主の娘スカーレット・オハラは、その美貌と活発さで、周囲の男性の注目を集めていた。
そんなスカーレットは、恋焦がれる同じく地主の御曹司アシュレーが、従妹のメラニーと婚約したことを知る。
それに納得がいかないスカーレットは、自分の愛をアシュレーに伝えて、結婚を諦めさせようとする。
しかし、アシュレーが、メラニーへの愛は認めるものの、曖昧な態度でいたため、スカーレットは苛立ち、当て付けに、メラニーの兄と結婚してしまう。
おりしも南北戦争が始まり、新婚のスカーレットは、出征した夫を亡くし未亡人となる。
そんなスカーレットに、有名なギャンブラーのレット・バトラーが接近する・・・。
__________

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第12回アカデミー賞では、13部門にノミネートされ、作品、監督、主演女優(ヴィヴィアン・リー)、助演女優(ハティ・マクダニエル)、脚本、編集、撮影(カラー)、美術の8部門と、特別、名誉、アーヴィング・タルバーグ賞(デヴィッド・O・セルズニック)、名誉賞ウィリアム・キャメロン・メンジース(劇的な色彩の使用に対して)を受賞した。
・ノミネート
主演男優(クラーク・ゲーブル)
助演女優(オリヴィア・デ・ハヴィランド)

作曲・音響・特殊効果賞

第二次大戦開戦直後に公開され、製作費は現在のレートに換算すると約100億円以上と言われる驚くべき超大作。

かつて、世界のどこかで必ず上映され続けるとまで言われ、現在までに全世界で約12億人以上の観客を動員している。

リバイバルではあったが、1970年代の半ばに、劇場で見れたのは幸運だったと思う。
テレビ画面ではなく、是非大スクリーンで見ていただきたい作品。

マックス・スタイナーの勇壮で格調高い、余りにも有名な主題曲”タラのテーマ”は、心に残る名曲だ。

完璧主義者のデヴィッド・O・セルズニックは、製作に3年を費やし、ジョージ・キューカーの監督で撮影は始まったのだが、セルズニックと彼は意見が合わず、ヴィクター・フレミングに交代した。

クラーク・ゲーブル以外のレット・バトラー役は考えられず、MGMの看板スターの彼を、世界配給権をMGMに与えることで起用が決まった。

C・ゲーブルは、逞しく自信に満ち溢れた熱演ではあったが、 あまりにはもまり役過ぎたと言われ、アカデミー主演賞を逃してしまう。

スカーレット役選びは難航し、ベティ・デイビスキャサリン・ ヘップバーンバーバラ・スタンウィックラナ・ターナースーザン・ヘイワードフランシス・ディージーン・アーサージョーン・ クロフォードキャロル・ ロンバートジョーン・フォンテーンルシル・ボールポーレット・ゴダード等が候補に上がるが、ヒロインが決まらないまま、アトランタ炎上シーンから撮影が始った。
そして、その撮影現場に、「嵐が丘」(1939)出演のため渡米していた愛人ローレンス・オリヴィエを追って来ていた、ヴィヴィアン・リーを一目見たセルズニックが、彼女を主演を決めたという伝説的な経緯がある。

そしてヴィヴィアン・リーは、見事に期待に応えることになる。

アイルランド人らしい燃えるような気性、強かさもあり、美貌も兼ね備えたスカーレット役で、ハリウッド初登場にして見事にアカデミー主演賞を獲得する。

喜怒哀楽を繰り返す彼女の演技や豊かな表情は、作品全体にメリハリを感じさせて、4時間弱の長編も全く飽きがこない。

そのスカーレットを最後まで悩ます、優柔不断なアシュレー役レスリー・ハワードと、病弱だが芯の強さを感じさせる、主人公レット・バトラーが唯一人尊敬している女性、メラニー役のオリヴィア・デ・ハヴィランドの好演も光る。

この年「駅馬車」(1939)でアカデミー助演賞を受賞するトーマス・ミッチェルも、スカーレットの父親という重要で難しい役を見事に演じ、小柄ながら存在感を示してくれる。

黒人女性初のアカデミー賞受賞となる、元祖”ビヤ樽おばさん”のハティ・マクダニエルも、迫力あるユーモラスな演技を見せている。

バトラーやメラニーを度々助ける、バトラーの愛人ベル役のオナ・マンソンが、味のある役柄で印象に残る。

実は、ヴィヴィアン・リーより3歳年上なだけの母親役バーバラ・オニール、スカーレットの妹スエレンを演じ、この後、ハリウッドで活躍するイヴリン・キース、同じく妹アン・ラザフォード、この時代の名作には欠かせない名バイプレイヤー、医師役のハリー・ダベンボート、叔母役ローラ・ホープ・クルーズ、ヒロインの最初の夫ランド・ブルックス、二度目の夫キャロル・ナイ、金切り声が印象的な気の利かない使用人のバタフライ・マックイーンジョン・フォード一家から、ジェーン・ダーウェルウォード・ボンド、 使用人エヴェレット・ブラウン、主人公の娘のチャーミー・キング、他、ジョージ・リーヴスヤキマ・カナットなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター