グッドフェローズ Goodfellas (1990) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1986年に発表された、ニコラス・ピレッジのノンフィクション小説”Wiseguy”を基に製作された作品。
ギャングに憧れて組織に入った少年が次第に頭角を現すものの・・・フィアの内幕をドラマチックに描く、監督、脚本マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロレイ・リオッタジョー・ペシロレイン・ブラッコ他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:マーティン・スコセッシ
製作:アーウィン・ウィンクラー
原作:ニコラス・ピレッジWiseguy
脚本
ニコラス・ピレッジ
マーティン・スコセッシ
撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:セルマ・スクーンメイカー
音楽:クリストファー・S・ブルックス

出演
ジェームズ・コンウェイ/ジミー・バークロバート・デ・ニーロ
ヘンリー・ヒルレイ・リオッタ
トミー・デヴィート/トーマス・ディシモンジョー・ペシ
カレン・ヒル:ロレイン・ブラッコ
ポール・シセロ/ポール・ヴァリオポール・ソルヴィノ
モリー/マーティン・クラグマンチャック・ロー
パーネル”スタックス”エドワーズ:サミュエル・L・ジャクソン
サンディー:デビ・メイザー
ビリー・バッツ/ウィリアム・デヴィーノ:フランク・ヴィンセント
フランキー・カーボーン/アンジェロ・セペ:フランク・シヴェロ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1990年製作 145分
公開
北米:1990年9月19日
日本:1990年10月13日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $46,836,394


アカデミー賞 ■

第63回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(ジョー・ペシ)
・ノミネート
作品・監督
助演女優(ロレイン・ブラッコ)
脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1955年ニューヨーク
ギャングに憧れる12歳のヘンリー・ヒルは、街を仕切るポール”ポーリー”シセロ(ポール・ソルヴィノ)の弟の店でアルバイトを始める。

バイトといっても、シセロの手下の使い走りで、父親の反対などもあるが、ヘンリーは次第に認められ、誰もが一目置く存在になっていく。

やがてヘンリーは、20代にして、この世界では伝説的な存在のジェームズ”ジミー”コンウェイ(ロバート・デ・ニーロ)に出会う。

ジミーは、11歳で刑務所に入り、16歳で殺しを請け負い、 彼にとっては殺しはビジネスだった。

ポーリーはジミーを紹介されたにヘンリーは、やがて彼の下で働くようになる。

パクられても、決して仲間を裏切らないヘンリーは、ジミーらの信頼を得るようになる。

1963年。
ヘンリー(レイ・リオッタ)は、チンピラから成り上がったトミー・デヴィート(ジョー・ペシ)と組んで仕事をしていた。

ヘンリーは、トミーからカレン・ヒル(ロレイン・ブラッコ)を紹介され、やがて二人は愛し合うようになる。

ある日、ヘンリーは、カレンに手を出そうとした、向かいに住む男を殴り倒し、彼女に隠し持つようにと銃を渡す。

普通の女性なら、そんな男とは別れてしまうところだろうが、 逆にカレンは、ヘンリーの、そんな態度を見て血が騒いでしまう。

その後、ヘンリーとカレンは結婚し、子供も生まれるが、祝い事や旅行にパーティーなどを全て仲間内で仕切り、余所者が入り込まない奇妙な世界にカレンは驚く。

1970年6月11日、ニューヨーククィーンズ
トミーは、6年の刑を終えて出所したビリー・バッツ(フランク・ヴィンセント)に酒場でからかわれ、激高して、ジミーと二人でバッツを半殺しにしてしまう。

ヘンリーも加わった3人は、バッツを車のトランクに乗せて運び、途中で息の根を止めて埋めてしまう。

しかし、ガンヴィーノ・ファミリーの幹部である、大物バッツを殺したのは厄介な問題だった。

3人のボスであるポーリーは、ガンヴィーノ・ファミリーの動向が気になり、ヘンリーに探りを入れるが、彼は何も語らなかった。

そんなヘンリーは、愛人のところに入り浸りになり、自宅にほとんど帰らなくなってしまい、カレンとの諍いが絶えなくなる。

そして、仕事で痛めつけた男の妹がFBIのタイピストだったために、ヘンリーとジミーは起訴されて有罪となり、10年の刑が言い渡される。

しかしヘンリーは、一緒に刑務所送りになったポーリーらと共に、刑務所の主となり優雅な生活を送る。

ヘンリーは、その頃から、薬に手を出すようになる。

4年後。
出所したヘンリーは、ポーリーから麻薬に手を出すことを禁じられる。

そんな忠告も聞かずに、ヘンリーは密かに麻薬をさばいてしまい味を占めて、ジミーとトミーを引き入れ、愛人サンディ(デビ・メイザー)のアパートを隠れ蓑にする。

1978年。
ジミー、ヘンリー、トミーが仕掛けた、ジョン・F・ケネディ空港での、現金600万ドル強奪事件が成功する。

浮かれる仲間や手下に、派手な行動を控えさせるジミーだったが、収まりがつかないまま、ミスを犯したトラックの運搬係パーネル”スタックス”エドワーズ(サミュエル・L・ジャクソン)らは、トミーに始末される。

計画の話を持ちかけたモリー(チャック・ロー)は、ジミーや ヘンリーに執拗に金を要求したため殺される。

やがて、事件捜査で、FBIがジミーらの周辺を嗅ぎまわり、 事件との関連を断つため、彼らは関係した仲間達を抹殺し、口封じを始める。

そして、アイルランド系のジミーとヘンリーは幹部にはなれず、トミーがポーリーから幹部に指名される日がやってくる。

しかし、バッツ殺しがバレたトミーは、イタリア人同士の揉め事に巻き込まれて殺され、ジミーとヘンリーは、愕然とする。

1980年5月11日。
麻薬の取引などで朝から忙しいヘンリーは、自分を追跡するヘリコプターを気にしながら用事をこなすが、その夜、麻薬取引容疑で警察に取り押さえられる。

カレンが保釈金を用立てて出所したヘンリーだったが、彼女が逮捕を恐れ、自宅にあった麻薬をトイレに流してしまう。

資金源を無くしたヘンリーは窮地に立たされ、ポーリーの元に謝罪に向かう。

ヘンリーは、ポーリーから手切れ金を渡されて縁を切られ、 カレンと共に、殺害される危険に怯えた生活を送る。

自分の命が長くはないことを悟ったヘンリーは、ジミーや ポーリーを裏切り証言をする。

そしてヘンリーは、彼にとっては全く面白味のない生活だが、命の安全を保障され、保護下での生活を現在でも続けている。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1955年ニューヨーク
ギャングに憧れる少年ヘンリー・ヒルは、街を仕切るボスのポールに気に入られ、次第に認められた彼は、誰もが一目置く存在になる。
その後ヘンリーは、この世界では伝説的な存在の、ジェームズ”ジミー”コンウェイに出会い、彼の下で働くようになる。
成人となったヘンリーは、チンピラ上がりの男トミーと組んで仕事をする傍ら、彼からカレンという女性を紹介され、やがて二人は愛し合うようになり、そして結婚する。
数年が経ち、トミーは、刑を終えて出所したばかりの、ガンヴィーノ・ファミリーの幹部バッツにからかわれて激高し、ジミーと二人で彼を半殺しにして、ヘンリーも加わり息の根を止めてしまう。
しかし、大物バッツを殺したのは、ファミリーにとって厄介な問題となる・・・。
__________

実在のギャングである、ヘンリー・ヒルを主人公にしたドラマで、残虐な殺害シーンなどが問題になった作品でもある。

第63回アカデミー賞では、作品賞をはじめ、6部門でノミネートされ、ジョー・ペシが助演男優賞を受賞した。

・ノミネート
作品・監督
助演女優(ロレイン・ブラッコ)
脚色・編集賞

ヘンリー・ヒル以外は、役名が付いてはいるが、ほとんどが、実在のギャングがモデルとなっている。
ジミー・バークロバート・デ・ニーロ
トーマス・ディシモンジョー・ペシ
ポール・ヴァリオポール・ソルヴィノ
マーティン・クラグマンチャック・ロー
ウィリアム・デヴィーノ:フランク・ヴィンセント
パーネル”スタックス”エドワーズ:サミュエル・L・ジャクソン

故郷ニューヨークを舞台にしたマーティン・スコセッシの意欲作で、多少どぎつい場面はあるが、彼独特の泥臭さを感じさせながらの、メリハリをつけた演出は見ものだ。

主演というより、大物役ではあるが主人公の引立て役に徹しているロバート・デ・ニーロは、画面上での存在感は相変わらず圧倒的だ。

この頃はまだ、メジャー作品でのキャリアも浅いレイ・リオッタは、幸福感を味わい苦悩し、そして挫折する主人公を好演し、無鉄砲な殺し屋を演じ、見事にアカデミー助演賞を獲得したジョー・ペシの、凄まじい演技も見応えがある。

同じくアカデミー助演賞候補になった、主人公の妻ロレイン・ブラッコ、正にはまり役で、迫力満点のファミリーのボス、ポール・ソルヴィノ、5大ファミリー、ガンヴィーノ・ファミリーの大物であるフランク・ヴィンセント、主人公の愛人役のデビ・メイザージョー・ペシに銃殺されるサミュエル・L・ジャクソンが端役で出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター