ゴシカ Gothika (2003) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫殺害の容疑で収監された精神科医が、何者かに操られながら体験する恐怖を描く、製作ロバート・ゼメキスジョエル・シルバー、監督マチュー・カソヴィッツ、主演ハル・ベリーロバート・ダウニーJr.ペネロペ・クルスチャールズ・S・ダットンジョン・キャロル・リンチバーナード・ヒル他共演のゴシック・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:マチュー・カソヴィッツ

製作
ロバート・ゼメキス
ジョエル・シルバー
スーザン・レヴィン
L・レヴィン
製作総指揮
ドン・カーモディ
スティーヴ・リチャーズ
ゲイリー・アンガー
脚本:セバスチャン・グティエレス
撮影:マシュー・リバティーク
編集:ヤニック・ケルゴー
音楽:ジョン・オットマン

出演
ミランダ・グレイ:ハル・ベリー
ピート・グレアム:ロバート・ダウニーJr.
クロエ・サバ:ペネロペ・クルス
ダグラス・グレイ医師:チャールズ・S・ダットン
ボブ・ライアン保安官:ジョン・キャロル・リンチ
フィル・パーソンズ:バーナード・ヒル
テディ・ハワード:ドリアン・ヘアウッド
アイリーン:ブロンウェン・マンテル
レイチェル・パーソンズ:キャスリーン・マッキー
ターリントン:マシュー・G・テイラー
ジョー:ミシェル・ペロン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
2003年製作 98分
公開
北米:2003年11月21日
日本:2004年2月28日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $59,694,600
世界 $141,591,320


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ウッドワード女子刑務所精神科医療施設の精神科医ミランダ・グレイ(ハル・ベリー)は、囚人のクロエ・サバ(ペネロペ・クルス)の話を聞く。

義父を殺害した様子を話すクロエは、その理由を訊かれ、悪魔にレイプされたからだと言って声を荒げる。

取り乱すクロエは職員に取り押さえられて監房に向い、ミランダを罵る。

施設責任者である医師で夫のダグラス(チャールズ・S・ダットン)の元に向かったミランダは、クロエのことを話す。

クロエの治療に行き詰まるミランダだったが、記憶を抑圧する能力は生きるためには欠かせないため、クロエは生き延びたと言うダグラスに励まされる。

そこに現れた医師ピート・グレアム(ロバート・ダウニーJr.)は、出かける用があるダグラスが去った後で、ピザを食べようと言ってミランダを誘うが、彼女は忙しいと言って部屋に向かう。

クロエとの会話を記録したミランダは、電したためにプールに向い、暫く泳いだ後で施設を出て帰ろうとする。

雨の中、ピートに声をかけられたミランダは、送ると言う彼にそれを断り車で走り去る。

途中、大雨により道路が陥没して通行不能となり、その場にいたボブ・ライアン保安官(ジョン・キャロル・リンチ)から、迂回するようにと言われる。

ダグラスに電話をしながら橋を渡ったミランダは、道路に立っている少女に気づき、それを避けようとして事故を起こしてしまう。

車を降りて少女に近づいたミランダは、怯える彼女に自分が医師だと伝える。

動揺する少女を落ち着かせようとしたミランダだったが、彼女は炎に包まれて姿を消す。

目覚めたミランダは、監視・精神科病棟に入れられていた。

ミランダは、様子を見に来たピートから、この場に入れられて3日経つと言われる。

これまで起きたことをミランダに話したピートは、最後に覚えていることを彼女に尋ねる。

クロエに会いダグラスと話し、その場にはピートもいた、オフィスに戻りクロエの記録をとり、プールで泳ぎ、帰ろうとしたところで再びピートに会い、街道が通行止めだったために迂回して橋を渡った。

家に戻るとダグラスがソファに座っていたのだが、ミランダは少女のことを思い出す。

ダグラスの話を聞きたいと言うピートは、何かに気づき動揺するミランダに事件の話をする。

自分がダグラスを殺したとピートから言われたミランダは取り乱し、やっていないと叫びながら安定剤を打たれる。

その後、落ち着いたミランダは、監房から出されて他の囚人達の元に向い、クロエに話しかけられる。

精神患者ではないと言うほど疑われるとミランダに伝えたクロエは、彼女にダグラス殺害事件の新聞記事を渡す。

その夜、目覚めたミランダは、監房のガラス戸が曇り”Not Alone /一人ではない”という文字が浮かび上がったことに気づく。

何かを感じたミランダは、これは夢だと思う。

看護師アイリーン(ブロンウェン・マンテル)に声をかけられたミランダは、薬を飲んでシャワー室に向い、道路に立っていた少女に襲われた幻覚を見て騒ぎを起こす。

傷ついた腕の治療を受けたミランダの様子を見るピートは、自傷行為はよくあることだと言いながら、それを疑問に思う医師から報告を受ける。

ミランダと話したピートは、自分で傷つけたと思うかと彼女に訊かれながら、何かが起きていると言われる。

自分と寝たかったかとの問に、それを認めたピートは、上司の妻だったために遠慮したと答え、異常者扱いする者は信じられないとミランダに言われる。

同僚医師のフィル・パーソンズ(バーナード・ヒル)に声をかけたミランダは、ピートが主治医として相応しくないことを伝える。

フィルは、ピートは最高の医師だとミランダに伝えてその場を去る。

弁護士のテディ・ハワード(ドリアン・ヘアウッド)に会ったミランダは、状況証拠から犯人であることは否定できないが、ダグラスを殺す動機がないことを伝える。

心神喪失を訴えるしか方法がないと言われたミランダは、テディでさえも自分を信じていないと考える。

そこにライアン保安官が現れ、ピートも立ち会ってミランダに質問をする。

親友だったダグラスを殺されたライアンは、罪を認めるようミランダに迫り、ピートがそれを制止する。

バラバラになったダグラスの惨殺死体の写真を見せられたミランダは、腕の傷が”一人ではない”という文字になったことに気づき、それが事件現場にも残されていたことを知る。

動揺するミランダは、ピートに監房へと連れて行かれて眠らされ、事件の夢を見る。

道路にいた少女が炎と共に消え去り、それがミランダにとり憑く。

その後、ピートと共にフィルの部屋に向かったミランダは、現場である自宅にいたことを認め、一人ではなかったと言って、例の文字がその証拠だと伝える。

誰かは分からないが、その場に誰かがいたと言うミランダは、自分達の家族として力になると話すフィルに、その場にあった少女の写真が誰かを尋ねる。

娘のレイチェル(キャスリーン・マッキー)だとフィルに言われたミランダは、彼女が橋の道路にいた少女だとピートに伝える。

フィルは、レイチェルが4年前に死んだことをミランダに伝える。

その夜、レイチェルの霊に話しかけたミランダは、監房のドアを開けてもらいピートの部屋に向かう。

机の中にあった自分との写真を確認したミランダは、レイチェルが自殺した記事を、ピートがインターネットで調べていたことを知る。

監視カメラ映像で、レイチェルがクロエの独房の近くにいることに気づいたミランダは、その場に向かう。

クロエがタトゥーの男に襲われていることを知ったミランダは、大声を上げながらその場を離れ、職員に取り押さえられる。

監禁されたミランダは、現れたピートに、クロエがタトゥーの男にレイプされたかを尋ねる。

壁にぶつかって傷を負っただけだと言うピートは、炎の中の女のタトゥーの話をするミランダに、”Anima Sola/孤独な魂”は、自分の心理状態を示している幻覚だと伝える。

レイチェルは自殺していないと言うミランダに、彼女は橋から飛び降りて、下流に流されたとピートは話す。

暴行されたレイチェルは傷つけられてショック状態だったと言うミランダは、検死が間違っていたことを自分に知らせようとしているとピートに伝える。

それを信じようとしないピートは、監視棟は電気の故障のため、精神病棟に移すことをミランダに伝えてその場を去る。

クロエに会ったミランダは、誰に襲われたのかを聞き出そうとするが、体は奪われても心は渡さないと言われる。

ミランダを抱き寄せたクロエは、次はあなただと言っていたことを伝える。

その夜、ミランダはレイチェルに襲われ、それに気づいた警備員は、彼女が自殺すると考えて独房に向かう。

気絶した振りをしていたミランダは、警備員に襲いかかってその場から脱出する。

プールに入り身を潜めたミランダは、現れたレイチェルに驚いて水から飛び出て警備室に向い、仲の良かった警備員ジョー(ミシェル・ペロン)から車のキーを渡されて施設を出る。

車で街道を走るミランダは、バックミラーに映るレイチェルを気にしながら暴走し、ブレーキが利かないことに気づく。

トラックとの衝突を回避したミランダの車が急停車した場所は、道路が陥没していた。

自宅に着いたミランダは中に入り、自分が斧でダグラスを殺す幻覚を見てしまう。

なぜ自分が殺したのかを考えながら、ダグラスとの写真を見ていたミランダは、撮影場所の農園に向かう。

納屋の地下に入ったミランダは、その場で、誘拐した女性を拘束している姿を撮影していたダグラスのビデオを確認する。

何者かが現れ、それが警官ターリントン(マシュー・G・テイラー)だと分かったミランダは、その場に隠れていた少女に助けを求められる。

事件は大きく報道され、保安官事務所に向かったピートは、ミランダが少女を救ったとライアンに伝えるものの、彼女を病院に連れて行くことは許可されなかった。

ミランダと話したフィルは、友人だったダグラスの犯行を信じることができなかったが、レイチェルも彼の犠牲者だと思うとミランダに言われる。

犠牲者は自分だけではないとレイチェルが伝えたかったのだと言うミランダは、娘が炎に焼かれて苦しんでいる夢を見ていたとフィルから知らされる。

自分もそれを見たと言うミランダは、唯の妄想だと考えるフィルの言葉に納得できない。

ピートに電話をしたミランダは、クロエをレイプした男は、レイチェル殺害とタトゥーに関係していることを伝える。

妄想は捨てろと言われたミランダは、霊にとり憑かれていると伝えるものの、ピートに信じてもらえない。

その後ピートは、孤独な魂とタトゥーに関してネットで調べる。

ライアンと話したミランダは、”一人ではない”というのが殺人犯は二人いることを意味していると伝え、クロエをレイプした男のタトゥーの話などをする。

ライアンの話を聞き犯人に当てはまると考えたミランダは、彼の胸のタトゥーを確認する。

ミランダに襲いかかったライアンは、鎮静剤を打とうとする。

しかし、それを逆に打たれてしまったライアンはミランダに逃げられ、発砲して可燃性ガスのパイプを銃撃してしまう。

ミランダを追ったライアンは、少年時代からダグラスと犯行を重ね、レイチェルに目を付けたことを話す。

目の前にレイチェルが現れたため発砲したライアンは、ガスに引火して体が炎に包まれ、ミランダに射殺される。

その場に現れたピートは、ガラスのドア越しに、信じなかったことをミランダに謝罪する。

1年後。
釈放されていたミランダとクロエは、未だに悪夢を見ることなどを話し、友情を確かめ合って別れる。

帰宅しようとしたミランダは、道路に立っている少年が、自分に助けを求めながら消防車に轢かれそうになる姿を目撃する。

それが幻覚だと気づいたミランダは、家路を急ぐ。

その場には、行方不明者である少年のポスターが貼られていた。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ウッドワード女子刑務所精神科医療施設の精神科医ミランダ・グレイは、男にレイプされると言う話を繰り返す囚人クロエの治療に行き詰まっていた。
そんなミランダは帰宅途中、迂回した道の橋を渡った直後に、現れた少女を避けようとして事故を起こしてしまう。
少女は炎と共に姿を消し、その後、目覚めたミランダは、自分が施設に収監されていることに気づく。
同僚のピートから、施設責任者である夫を自分が殺したと言われたミランダは、当然、それを否定する。
そしてミランダは、自分にとり憑いた少女が、何かを訴えたいのではないかと考えるのだが・・・。
__________

ロバート・ゼメキスジョエル・シルバー、後にロバート・ダウニーJr.と結婚するスーザン・レヴィンら設立された、ホラー映画専門の製作会社”ダークキャッスル・エンタテインメント”の作品。

北米興行収入は約5970万ドル、全世界では約1億4200万ドル、同社最高のヒット作となった。

俳優としても活躍する、マチュー・カソヴィッツハリウッドデビュー作。

オスカー女優ハル・ベリーと、薬物問題を克服した頃のロバート・ダウニーJr.、注目のペネロペ・クルスなどの共演が話題になった作品でもある。

重々しい雰囲気の中で展開するサスペンスフルなホラーであり、実力派スターの演技のぶつかり合いは見もので、脇を固める個性派のキャスティングもいい。

度を超す過激映像ではなく、主人公の心理、思惑の移り変わりなどを繊細に描く、マチュー・カソヴィッツの演出も実に丁寧だ。

しかし、真相を謎として描こうとし過ぎる中盤の展開はやや難ありで、結末や犯人なども何となく予想できてしまう。

ある種の能力を備えているための幻覚か・・・それによる恐怖体験をする主人公を熱演するハル・ベリー、完全復帰してハリウッドの頂点を極めることになる、その後の活躍を暗示させるような確かな演技を見せる、主人公の同僚医師ロバート・ダウニーJr.、主人公が担当する、囚人として収監されている精神患者ペネロペ・クルス、主人公の夫である施設責任者のチャールズ・S・ダットン、彼と共謀する性犯罪者だった保安官のジョン・キャロル・リンチ、主人公の同僚医師バーナード・ヒル、幻覚として登場するその娘キャスリーン・マッキー、主人公の弁護士ドリアン・ヘアウッド、看護師ブロンウェン・マンテル、警官マシュー・G・テイラー、警備員ミシェル・ペロンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター