グリース2 Grease 2 (1982) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1971年初演のジム・ジェイコブズウォーレン・ケイシーによるミュージカル”グリース”を基に製作された、大ヒット作「グリース」(1978)の続編。
イギリスから転校してきた高校生が、惹かれた女生徒の心を捉えるために悪戦苦闘する姿を描く、監督パトリシア・バーチ、主演マックスウェル・コールフィールドミシェル・ファイファーエイドリアン・ズメッド他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:パトリシア・バーチ

製作
ロバート・スティグウッド
アラン・カー
製作総指揮:ビル・オークス
脚本:ケン・フィンクルマン
撮影:フランク・スタンリー
編集:ジョン・F・バーネット
音楽:ルイス・セント・ルイス

出演
マイケル・キャリントン:マックスウェル・コールフィールド
ステファニー・ジノーネ:ミシェル・ファイファー
ジョニー・ノゲレリ:エイドリアン・ズメッド
ポーレット・レブチャック:ローナ・ラフト
ドロレス・レプチェック:パメラ・アドロン
グース・マッケンジー:クリストファー・マクドナルド
ルイス・ディムッチ:ピーター・フレチェット
デイヴィ・ジャオウスキー:リーフ・グリーン
レオ・バルミュード:デニス・C・スチュアート
フレンチー:ディディ・コーン
マッギー校長:イヴ・アーデン
カルホーン:シド・シーザー
ブランチ・ホーデル:ドディ・グッドマン
スチュアート:タブ・ハンター
イヴェット・メイソン:コニー・スティーヴンス
ラテン系の少女:ルシンダ・ディッキー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1982年製作 114分
公開
北米:1982年6月11日
日本:19802年12月
製作費 $13,200,000
北米興行収入 $15,171,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1961年9月1日、ライデル高校。
新学期が始まり、校長のマッギー(イヴ・アーデン)と教師のブランチ・ホーデル(ドディ・グッドマン)は、登校してきた生徒達に圧倒される。

ステファニー・ジノーネ(ミシェル・ファイファー)をリーダーとする”ピンク・レディーズ”と、ジョニー・ノゲレリ(エイドリアン・ズメッド)をリーダーとする”T・バーズ”は、リズムに乗り踊り始める。

イギリスから転校してきたマイケル・キャリントン(マックスウェル・コールフィールド)は、美容学校をやめて復学したいとこのフレンチー(ディディ・コーン)に迎えられる。

ジョニーらに言いがかりをつけられたマイケルは、ステファニーに気にしないようにと言われて教室に向い、担任イヴェット・メイソン(コニー・スティーヴンス)かクラスメイトに紹介される。

放課後、フレンチーに話しかけられたマイケルは、ステファニーと親しいか尋ねる。

マイケルは、T・バーズに入らないとピンク・レディーズのステファニーには近づけないことを知る。

その夜、T・バーズとピンク・レディーズはボウリングを楽しむ。

ゲームを終えたジョニーはポーレット・レブチャック(ローナ・ラフト)とキスしながらステファニーを牽制する。

ステファニーは、次に来た人とキスすると言って、入って来たマイケルとキスしてしまう。

それをジョニーに見せつけたステファニーらはその場を去り、マイケルは、姉ポーレットに相手にされないドロレス(パメラ・アドロン)の話を聞き家に送っていく。

翌日、代理教師のスチュアート(タブ・ハンター)は教室に向かうが、生徒達は出て行ってしまう。

放課後、校内で開かれるレビュー・ショーのリハーサルが始る。

ピアノが弾けるためにそれを手伝ったマイケルは、ステファニーに声をかけて誘うものの暇がないと言われる。

ボウリング場でのキスの意味を尋ねたマイケルだったが、冗談だったと言われて相手にされない。

優等生風の野性味に欠けるマイケルに興味を示さないステファニーは、平凡ではなくクールなバイカーのような相手を求めていることを伝えてその場を去る。

T・バーズのルイス・ディムッチ(ピーター・フレチェット)は、歴史の得意なマイケルに論文の手伝いをして金を稼ぐ。

グース・マッケンジー(クリストファー・マクドナルド)とジョニーにも頼まれたマイケルは、それぞれから誰にも内緒にするよう言われる。

その後マイケルは、バイクを手に入れて乗りこなそうとする。

その夜、ボウリング場にいたジョニーらは、敵対するレオ・バルミュード(デニス・C・スチュアート)が一人で来ているとドロレスに言われたため、グースとルイスを連れて表に出る。

ところが、レオがバイカー軍団を引き連れていたために、ジョニーらはビビッて中に戻る。

そこに、マイケルがバイクで現れレオらを威嚇する。

レオは、仲間達と共にマイケルに襲いかかろうとして、ステファニーやジョニーらはその様子を見守る。

ヘルメットを被っているために誰か分からないまま、ステファニーは、たった一人で立ち向かうクールなバイカーに惹かれてしまう。

ステファニーのタバコに火を点けたマイケルは、後ろに乗るかと誘うが、パトカーが現れたために、ジャンプしてそれを飛び越えて走り去る。

翌日、ボウリング場の件をフレンチーに話したマイケルは、ステファニーが謎のバイカーに惹かれたことを知り、今夜話すつもりだと伝える。

父の経営するガソリンスタンドを手伝っていたステファニーは、給油しに来たバイカーに誘われて走り去る。

夜まで二人の時間を楽しんだマイケルは、ゴーグルをとってステファニーに信実を話そうとするが、そこにジョニーらが現れたために逃げようとする。

次はいつ会えるかとステファニーに聞かれたマイケルは、ショーでと答えて走り去る。

バイカーがなぜショーのことを知っているのか、ステファニーは疑問に思う。

ステファニーがバイカーに惹かれていることが不満なジョニーだったが、彼女はそれを気にしない。

翌日の授業でメイソンに呼ばれ、論文を書き直すよう言われたステファニーは、マイケルから手を貸すと言われる。

カフェで論文の話をしていたステファニーは、突然、現れた現れたバイカーのことで頭が一杯だとマイケルに伝える。

そんなステファニーは、知的なマイケルに感心するが、デートしたい相手ではないと自話す。

そこにジョニーが現れたために、マイケルは姿を消す。

ジョニーは、自分達が別れたことを皆に発表すると言うが、ステファニーは構わないと伝えてその場を去る。

マイケルは、自分に気づかないステファニーのことを思い苦悩する。

ショーの当日、バイカーを待っていたステファニーだったが、現れた彼は、ジョニーらを避けて走り去ってしまう。

ジョニーらに続き、ステファニーはポーレットらと車でバイカーを追う。

工事現場を突破したバイカーが姿を消したため、ジョニーは助からないと判断し、現れたステファニーらと共に高校に戻る。

ショーは始り、T・バーズに続いてピンク・レディーズがステージに立つが、バイカーのことを考えるステファニーの様子がおかしい。

ショーは全て終わり、ルアウのキングとクイーンはジョニーとステファニーが選ばれる。

翌日、ルアウが開かれ、キングとクイーンであるジョニーとステファニーはプールの所定の位置に着く。

楽しむ気になれないステファニーだったが、そこにレオらのバイク軍団が現れて会場を壊してしまう。

そこに現れたマイケルは一人でレオらに立ち向かい、ゴーグルを外してヘルメットを脱ぎ、驚いたステファニーは彼に寄り添う。

ジョニーは憤慨するものの、マイケルをT・バーズのメンバーとして認めて、ジャケットを渡し握手をする。

マイケルとステファニーは愛を確かめ合い、ジョニーはポーレットと踊り、学生達は、それぞれの相手と楽しく過ごす。

その後、マッギー校長らに祝福されて、学生達は卒業する。


解説 評価 感想

参考:
・「グリース」(1978)
・「グリース2」(1982)

*(簡略ストー リー)
1961年9月1日、ライデル高校。
イギリスから転校してきたマイケル・キャリントンは、女生徒グループ”ピンク・レディーズ”のリーダー、ステファニーに惹かれてしまう。
優等生タイプで野性味に欠けるマイケルに興味がないステファニーは、クールなライダーが現れることを望んでいた。
”T・バーズ”のリーダー、ジョニーは、ステファニーと別れて苛立っていたため、マイケルの出現も面白くない。
そんな時マイケルは、T・バーズのメンバーから論文の手伝いを頼まれ、その代償として金を受け取る。
バイクを手に入れたマイケルは、それを乗りこなすために努力し、ゴーグルとヘルメットで顔を隠し、クールなバイカーとしてステファニーの前に現れ、彼女の心を捉えるのだが・・・。
__________

1970年代を代表する大ヒット作となった「グリース」(1978)の続編というこで、大いに話題になった作品。

期待が大きかったために、製作費は前作の倍以上となったのだが、北米興行収入は何んと1/10以下、約1500万ドルという惨憺たる結果に終わってしまった。
*「グリース」(1978)
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $188,755,690
世界 $394,955,690

前作のジョン・トラボルタオリヴィア・ニュートン=ジョンを意識し過ぎず、本作を単独作品として観れば、公開当時の落胆とショックは少なく、まずまず楽しめる内容でもある。

不良や悪事の行動も一定のルールがあり、アメリカの解放的な高校生活などが愉快に描かれてはいる。

イギリスから来た転校生で、惹かれた女生徒のために自分を変える努力をするマックスウェル・コールフィールド、その相手役のヒロインで女生徒グループ”ピンク・レディーズ”のリーダーを快活に演ずるミシェル・ファイファー、男子生徒グループ”T・バーズ”のリーダー、エイドリアン・ズメッド、ヒロインの親友ローナ・ラフト、その妹パメラ・アドロン、T・バーズのメンバー、クリストファー・マクドナルドピーター・フレチェットリーフ・グリーン、彼らを敵対視するデニス・C・スチュアート、主人公のいとこディディ・コーン、校長イヴ・アーデン、フットボール・コーチのシド・シーザー、教師ドディ・グッドマンタブ・ハンターコニー・スティーヴンスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター