フーリガン Green Street (2005) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

サッカーの母国イングランドで”フーリガン”の世界に魅せられるアメリカ人青年の戦いと成長を描く、製作ジョン・ファヴロー、原案、監督、脚本レクシー・アレクサンダー、主演イライジャ・ウッドチャーリー・ハナムクレア・フォーラニマーク・ウォーレン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:レクシー・アレクサンダー

製作
ジジ・プリッツカー
デボラ・デル・プレト
ドナルド・ザッカーマン
製作総指揮
レクシー・アレクサンダー
ビル・アラン
ジョン・ファヴロー
パトリック・アルイーズ
トム・ハルム
ポール・シフ
原案
レクシー・アレクサンダー
ドゥージー・ブリムソン
脚本
レクシー・アレクサンダー
ドゥージー・ブリムソン
ジョシュア・シェローヴ
撮影:アレクサンダー・ブオーノ
編集:ポール・トレホ
音楽:クリストファー・フランケ

出演
マシュー”マット”バックナー:イライジャ・ウッド
ピーター”ピート”ダナム:チャーリー・ハナム
シャノン・ダナム:クレア・フォーラニ
スティーヴン”スティーヴ”ダナム:マーク・ウォーレン
ボヴァー:レオ・グレゴリー
キース:クリストファー・ヒアー
デイヴ・ジョーノ:ロス・マッコール
スウィル:レイフ・スポール
トミー・ハッチャー:ジェフ・ベル
アイク:キーラン・ビュー
ネッド:フランシス・ポープ
カール・バックナー:ヘンリー・グッドマン
ジェレミー・ヴァン・ホールデン:テレンス・ジェイ

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(イギリス)
フリースタイル・リリーシング(北米)
2005年製作 109分
公開
イギリス:2005年9月9日
北米:2005年9月9日
日本:2006年6月17日
北米興行収入 $344,100
世界 $3,154,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
プレミアリーグウェストハム・ユナイテッド”の熱狂的サポーターであるフーリガンのピーター”ピート”ダナム(チャーリー・ハナム)は、今日も、ファーム”グリーン・ストリート・エリート/GSE”の仲間達と共に敵対する相手と争う。

マサチューセッツ州、ケンブリッジハーバード大学
政治家の息子であるルームメイトのジェレミー・ヴァン・ホールデン(テレンス・ジェイ)の身代わりになり、コカイン売買の罪で卒業の2か月前に放校処分になったマシュー”マット”バックナー(イライジャ・ウッド)は、その見返りに1万ドルを受け取る。

父親カール(ヘンリー・グッドマン)との連絡も取れなかったマットは、ロンドンに住む姉シャノン・ダナム(クレア・フォーラニ)を訪ねることを考える。

ロンドン
シャノンに会ったマットは退学の件を話し、相手がヴァン・ホールデンであるため、無実でありながら仕方なく処分に従ったことを伝える。

父と同じジャーナリストを目指していたマットは、父が出張だったために何も話していないことをシャノンに伝える。

帰宅したシャノンの夫スティーヴン”スティーヴ”(マーク・ウォーレン)とは初対面のマットは、彼に挨拶する。

そこに、スティーヴの弟ピート(チャーリー・ハナム)が現れ、不躾で横柄な態度を気にしながら、マットはシャノンに彼を紹介される。

ピートから100ポンド欲しいと言われたスティーヴは、シャノンと出掛ける予定があるために、マットを連れて行くことを条件にする。

スティーヴはマットに金を渡し、ピートにはやるなと伝える。

マットがピートとサッカーに行くことを知ったシャノンは、仲間に入れたくないことをスティーヴに伝えるが、心配いらないと言われる。

試合に連れて行く気はないため金を山分けして別れるとピートに言われたマットは、スティーヴと約束していたのでそれを断る。

納得しないピートはマットを脅すものの、喧嘩も知らない彼を仕方なく連れて行くことにして、行き先が試合ではないことを伝える。

”サッカー”ではなく”フットボール”と言えとピートにバカにされたマットは、野球のことも侮辱される。

仲間達のいるパブに向かうピートは、記者やアメリカ人は嫌われているため、余計な話はするなとマットに忠告する。

ピートは、ネッド(フランシス・ポープ)、キース(クリストファー・ヒアー)、デイヴ・ジョーノ(ロス・マッコール)、スウィル(レイフ・スポール)、アイク(キーラン・ビュー)らをマットに紹介する。

そこにボヴァー(レオ・グレゴリー)が現れ、マットを紹介されるものの歓迎しない。

マットは意外にもその場に溶け込み、雰囲気を楽しむ。

しかしボヴァーは、自分達はよそ者が嫌いだとマットに伝え、思い上がるなと忠告する。

ボヴァーに試合に行くと言われたピーターは、気分が悪いために帰ろうとするマットを誘い”ブーリン・グラウンド”に向かう。

アメリカのスポーツ観戦とはまた違う熱狂する観客に驚きながら、マットは、地元ウェストハム・ユナイテッドに声援を送る。

フィールドに降りたボヴァーは、敵”バーミンガム・シティ”のサポーターの前に向って挑発し、スタッフに取り押さえられる。

その姿を見たピーターらは喜ぶが、試合後、相手の出方を警戒する。

ピートに帰ることを伝えたマットは駅に向かうが、”バーミンガム”のサポーターに襲われてしまう。

”グリーン・ストリート・エリート/GSE”の仲間だと言われるものの、その意味が分からないマットは、観光客だと伝えるが痛めつけられそうになる。

そこにピーターらが現れて相手を叩きのめし、一人を逃がしてしまい、その場から車で離れようとする。

数十人の敵が現れ、ピートに戦えと言われたマットは、殴られながら相手を叩きのめし、ボヴァーらが加勢して大乱闘になる。

戦い終わったマットは、逃げずに敵に挑んだことでピートらに認められる。

ピートの家に泊まったマットは、翌朝、GSEが、各チームに1~2あるサポート集団”ファーム”であることをピートから知らされる。

ウェストハムの成績はミドルクラスだが、ファームはトップ・クラスだと言うピートは、マットに様々なことを教える。

スティーヴの家で、トラブルを起こしたことで彼に責められたピートは、自分を庇おうとするマットと共に追い出される。

パブに向かったピートは、自分とマットのことをからかうボヴァーに、最近、過激な行動が目立ち過ぎると忠告し、自分達の問題とは関係ないと伝える。

シャノンに会い、荷物をまとめて出て行くことを伝えたマットは、姉との愛を確かめる。

ハーバードを退学させられたことをピートに話したマットは、歴史を専攻していたことを話す。

ピートが地元の学校で歴史と体育を教えていることを知ったマットは驚き、子供達に紹介され、サッカーの授業に参加する。

マットの存在などが気に入らないボヴァーは、かつての因縁がある”ミルウォール”の地元のパブに向かう。

ボヴァーは、ファーム”NTO”のリーダー、トミー・ハッチャー(ジェフ・ベル)に声をかけられる。

隣の席のカップルの話声が気になったトミーは、二人を黙らせようとして騒ぎを起こし、店員が警察を呼んだためにその場を去る。

翌日、アウェイの試合のため、アイクとスウィルと共に街を離れようとしたピートは、現れないボヴァーに連絡をするが電話がつながらない。

同行すると言うマットに残るようにと伝えたピートは、ホームで待っていたボヴァーに、騒ぎは起こすなと忠告する。

列車に乗ったピートは、マットが現れたため仕方なく連れて行くことにするが、ボヴァーはそれが気に入らない。

デイヴからの連絡で、マンチェスター駅で約40人の地元のファームが気勢を上げていることを知らされたピートは、待ち伏せされているため駅では降りるなと言われる。

ピートはスパイがいると考え、ボヴァーが緊急ブレーキボタンを押して列車を止めてしまい、彼らは手前の駅で降りる。

タクシーがなかったため、配達のトラックに乗ることを考えたマットは、マンチェスター駅に着いて地元のファームに止められる。

助手席に乗っていたマットは、”ヒュー・グラント”の撮影現場への配達だと言って通してもらう。

トラックを降りたマットらはファームに襲いかかって乱闘になり、警察が現れたためにその場から逃げる。

その事件により、GSEの復活は全国に知れ渡り、マットはそのメンバーとして認められる。

有名人になったマットは、平凡な生き方に価値が見いだせなくなる。

そんな時、シャノンの家を訪ねたマットは、父カールがいることを知り、退学についての話をする。

なぜ電話をしないと訊かれたマットは、連絡はしたがメッセージを残すだけの関係は嫌だと言って席を立つ。

コカインのことで、自分を100%信じていないカールと話す気になれないマットは、今更、父親面をするなと言って彼を非難する。

タイムズ”の記者であるカールは、仕事を紹介しようとするが、マットは子供ではないと言ってそれを断り、説得されて昼食だけ共にすることになる。

FAカップの準々決勝の組み合わせが決まり、ウェストハムミルウォールが対戦することになる。

ピートらは因縁の対決を喜び、ボヴァーは、マットが”タイムズ”のビルに入るのを目撃したネッドからの連絡を受け、彼が裏切り者だったことを確信する。

ギャングと付き合うなとカールに言われたマットは、友達だと反論する。

帰国して大学に戻り名誉を挽回するべきだとカールに説得されたマットだったが、帰らないと答える。

教えられたように日記だけはつけていると言われたカールは、納得する。

そこにマットが戻り、孫に会っていくと言うカールは、その場を去ろうとするマットを、会えてよかったと言って抱きしめる。

マットは、対戦相手がミルウォールだとスティーヴから知らされる。

スティーヴは、マットが父親に憧れて報道学を専攻していたとシャノンに言われる。

それを知ったスティーヴは、ピートらが記者を憎んでいるために不安を感じる。

パブに向かったスティーヴは、この場の者達が記者を嫌っていることがどんなに危険かをマットに伝え、外に出ようとする。

しかし、呼び止められたスティーヴは、”メジャー/少佐”と言われ、GSEのリーダーであったことを称えられる。

マットは、ピートから聞いていた、1990年代のGSEの伝説的な男がスティーヴだったと知り驚く。

ピートの家に向かったボヴァーらは、マットが覆面記者だということを知らせる。

確証があると言うボヴァーは、マットのパソコンを調べ、ピートは論文を見つける。

ボヴァーはマットの記録を読み、自分達のことを書いていることを知る。

スティーヴから黄金期に暴れ回った話を聞いたマットは、10年前のミルウォール戦で、相手のファームと争いになり、リーダー、トミーの12歳の息子を仲間達が殺してしまったため、それを最後に”メジャー”の地位を退いたと言われる。

その後シャノンに出会い、天使のような彼女が地獄から救ってくれたことをスティーヴはマットに話す。

元に戻ったら別れるとシャノンに言われたスティーヴは、今でも、スタジアムの熱気、狂乱が自分の心を揺さぶるとマットに伝える。

しかし、妻子のことを考えては、別の人生があると思うとスティーヴは話す。

そこに現れたピートは、全てを知ったマットに、そのことも書くのかを問う。

ピートはマットを殴り倒してしまうが、覆面記者だという証拠はないとスティーヴに言われる。

知っていたのかとピートに聞かれたスティーヴは、マットが、ハーバードで報道学を専攻し退学したと答える。

自分達のことを書いた記録があると言うピートだったが、マットはただの日記だと伝える。

タイムズ”に記者といたと言われたマットは父親だと答え、それは知っているはずだとピートに確認する。

ボヴァーは、父親が記者だと知っていたのかをピートに問い、わざと潜り込ませたと言って彼を責める。

誤解だと言うマットに襲いかかるボヴァーを、ピートが殴り倒す。

納得いかないボヴァーは、GSEの創設者スティーヴに意見を求めるが、リーダーはピートだと言われ、皆もそれに従おうとするためその場を去る。

トミーがいるパブに向かったボヴァーは、仲間のはずのマットは覆面記者だと言って居場所を知らせ、始末してほしいことを伝える。

受ける価値があることなのかを尋ねるトミーに、”メジャー”がその場にいることをボヴァーは知らせる。

歴史を専攻していたと言ったことでピートから責められマットは、その件は謝罪して、記者でないことを伝える。

記録のことを聞かれたマットは、昔からつけている日記だと答え、”タイムズ”との関係も否定する。

信じてほしいと言われたピートは、それを皆に証明しなけれがGSEは崩壊だと嘆き、信じるのが間違えでないことを祈るとマットに伝える。

トミーらとGSEのパブに着いたボヴァーは動揺し、殴られて気を失う。

今回の件で助けがいるため試合までいてほしいとピートに言われたスティーヴは、妻子に約束したことは破れないと答える。

そこにトミーらが押し入り、火炎瓶を投げてGSEに襲いかかる。

スティーヴを見つけたトミーは、手を引いたと言う彼に灰皿で殴られ、割れた瓶で彼の首を刺す。

目的を果たしたトミーらはその場を去り、意識が戻ったボヴァーは、スティーヴが重傷を負ったことを知る。

マットとピートらは車でスティーヴを病院に運び、状況を見守る。

その後、医師からスティーヴが助かると言われたピートは、それをマットに伝える。

ピートは、その場にいたボヴァーに対し、トミーと組んでスティーヴを殺そうとしたことを責める。

命令してくれればトミーを殺すとボヴァーに言われたピートは、関係はこれまでだと伝える。

病院に現れたシャノンはピートに殴り掛かり、マットが制止する。

意識が戻ったスティーヴはシャノンに謝罪し、危険を感じる彼女から、翌日、街を出ると言われ涙する。

仲間達の元に向かったピートは、トミーと対決することを伝える。

その後マットは、シャノンが帰国することを知り、スティーヴが自分達を守ったことを伝える。

それでいいと言うピートは、同行するようマットに伝える。

一緒に埠頭に行くと言うマットの話を聞いたシャノンは、呆れてしまう。

帰国するよう促されたマットは納得できなかったが、自分の戦いだとピートに言われる。

ボヴァーは、自分のしたことを悔やみ苦悩しながら、ウェストハム・ユナイテッドの応援歌”I’m Forever Blowing Bubbles.”を歌う。

翌朝、GSEのメンバーは、覚悟を決めて戦いに挑む。

埠頭に向かわないマットに、シャノンは正しい選択だと伝えるが、その後、彼が姿を消したことに気づく。

仲間達と共に埠頭に向かうピーターは、現れたマットと目を合わせて頷く。

埠頭に着いたピートらは、待ち構えていたトミーらとの激しい戦いが始まる。

ピートを叩きのめそうとしたトミーに、ボヴァーが襲いかかる。

マットとボヴァーはピートを助けるが、そこにシャノンが現れる。

シャノンは襲われ、マットが彼女を助けようとするものの痛めつけられる。

罪滅ぼしをしたければスティーヴの家族を助けろと言われたボヴァーは、敵に襲いかかる。

その場に向かおうとしたトミーはピートに呼び止められ、息子を守れなかった父親だと言われる。

ピートに襲いかかったトミーは、叫びながら顔面を連打するが、制止される。

シャノンを連れて車で逃げるようマットに指示したボヴァーは、ピートの死を確認して泣き崩れる。

ピートの死を知らされたスティーヴは、ショックを受ける。

空港に向かうマットは、ピートの生き方に多くを学んだことを考え、彼の死を無駄にしないことを誓う。

帰国したマットは、トイレでコカインを吸っていたジェレミーに、自分をハメたが仕事を紹介すると言ったことを確認する。

自分のコカインだったことをジェレミーに認めさせたマットは、その会話をテープに録音していた。

これで復学だとマットに言われたジェレミーは、テープを奪おうとする。

ジェレミーを突き倒し殴ろうとしたマットは、思い止まり笑みを浮かべる。

建物から出たマットは、GSEの仲間達を想いながら、”I’m Forever Blowing Bubbles.”を歌いその場を去る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ハーバード大学でジャーナリズムを学ぶ学生マシュー”マット”バックナーは、ルームメイトの罪を被りコカイン所持で放校処分になる。
卒業まで2か月だったマットは、出張中の記者の父に連絡もとれず、失意の内に、ロンドンに住む姉シャノンを訪ねる。
退学のことをシャノンに話したマットは、彼女の夫スティーヴに会う。
スティーヴの弟で、粗暴な青年であるピートと行動することになったマットは、彼が、プレミアリーグウェストハム・ユナイテッド”の熱狂的なサポーター、ファーム”GSE”のリーダーであることを知る。
記者とアメリカ人は嫌われると言われながら、仲間に紹介されたマットは、意外にもその場の雰囲気に馴染む。
その後マットは、過激な行動と暴力に明け暮れるピートらの世界に魅了されていく・・・。
__________

古くは19世紀末からの歴史があるイギリス(本作ではイングランド)の”フーリガン”の世界を描いた問題作で、ドイツ出身の女性映画監督レクシー・アレクサンダーが原案と脚本も兼ねたデビュー作。

女性でありながら、正に、男の世界を描くレクシー・アレクサンダーの演出力は見もので、”フーリガン”の戦いの日々をリアルに描く映像が印象的だ。

ビデオ用として2作の続編が製作された。

日本のスポーツがファッション、娯楽程度にしか思えない、ヨーロッパ・スポーツの、サポーターを含めた激しい”戦い”の迫力は凄まじいばかりだ。

昔からのサッカー・ファンなら分かるはずだが、実際の”フーリガン”の活動は本作とは比較にならないほど過激で、その凄まじいばかりの”暴挙”は度々話題になり、サッカーの試合がきっかけで戦争が起きるのも納得できる。

スポーツ大国アメリカのファンの熱狂も負けてはいないはずだが、異国の地で異様な世界を体験するのが、弱弱しいエリートのアメリカ人青年だという設定がなかなかいい。

その貴重な体験を生かして成長する青年を演ずるイライジャ・ウッド、”ファーム”のリーダーとしての気骨もあり、人間味も感じさせるチャーリー・ハナムの好演が光る。

主人公の姉クレア・フォーラニ、その夫で、かつて”ファーム”を率いた伝説のリーダー、マーク・ウォーレン、主人公を嫌う”ファーム”のメンバー、レオ・グレゴリー、その仲間のクリストファー・ヒアー、ロス・マッコールレイフ・スポールキーラン・ビュー、フランシス・ポープ、彼らと敵対する”ファーム”のリーダー、ジェフ・ベル、主人公の父親ヘンリー・グッドマン、主人公に罪を被せる大学のルームメイト、テレンス・ジェイなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター