野郎どもと女たち Guys and Dolls (1955) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

デイモン・ラニアンの短編”The Idyll of Miss Sarah Brown”と”Blood Pressure”を基に、ジョー・スワーリングエイブ・バロウズの台本、作詞・作曲フランク・レッサーにより1950年にブロードウェイで上演されたミュージカル”ガイズ&ドールズ”の映画化。
ギャンブラーと女性達の関係をコミカルに描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督、脚本ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ、主演マーロン・ブランドジーン・シモンズフランク・シナトラヴィヴィアン・ブレイン他共演のミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■

監督:ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
製作:サミュエル・ゴールドウィン
原作:デイモン・ラニアン
The Idyll of Miss Sarah Brown””Blood Pressure”
脚本
ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ

ベン・ヘクト
ミュージカル脚本
ジョー・スワーリング

エイブ・バロウズ
ガイズ&ドールズ
撮影:ハリー・ストラドリング

編集:ダニエル・マンデル
美術・装置
オリバー・スミス

ジョセフ・C・ライト
ハワード・ビストール
衣装デザイン:アイリーン・シャラフ
音楽:フランク・レッサー

出演
スカイ・マスタースン:マーロン・ブランド

サラ・ブラウン軍曹:ジーン・シモンズ
ネイサン・デトロイト:フランク・シナトラ
アデレイド:ヴィヴィアン・ブレイン
ブラニガン警部補:ロバート・キース
ナイスリー・ナイスリー・ジョンソン:スタビー・ケイ
ビッグ・ジューリ:B・S・プリイ
ベニー・サウスストリート:ジョニー・シルヴァー
ハーリー・ザ・ホース:シェルドン・レナード

アーバイド・アバーナシー:レジス・トゥーミイ
マチルダ・カートライト将軍:キャスリン・ジヴニー

アメリカ 映画
配給 MGM
1955年製作 150分
公開
北米:1955年11月3日
日本:1956年4月7日
製作費 $5,500,000
北米興行収入 $20,000,000


アカデミー賞 ■

第28回アカデミー賞
・ノミネート
撮影(カラー)・美術(カラー)・衣装デザイン(カラー)・ミュージカル映画音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1940年代後半、ニューヨークタイムズスクエア
救世軍の軍曹サラ・ブラウン(ジーン・シモンズ)は、清く正しい人生を送るため、伝道所の集会に参加するようにと人々に訴えるものの誰も聞く耳を持たない。

ナイスリー・ナイスリー・ジョンソン(スタビー・ケイ)とベニー・サウスストリート(ジョニー・シルヴァー)は、ハーリー・ザ・ホース(シェルドン・レナード)からギャンブラーのネイサン・デトロイト(フランク・シナトラ)がどこで賭場を開くかを聞かれるが答えられない。

ブラニガン警部補(ロバート・キース)からも、”クラップ・ゲーム”を仕切っているネイサンの居場所を聞かれた二人は白を切る。

ネイサンには二度と賭場は開かせないと警告するブラニガンは去り、それと入れ替わりにネイサンが現れる。

賭場のことよりも、ナイトクラブの歌手アデレイド(ヴィヴィアン・ブレイン)と婚約して14年経つ記念日である今日ことを気にするネイサンだった。

ナイスリーとベニーから、それどころではないと言われたネイサンは、その場にいた男達からも、賭場を開くことを期待される。

大物ギャンブラーのスカイ・マスタースン(マーロン・ブランド)がレストランにいることを知ったネイサンは、彼と賭けをすればいいと考える。

ネイサンは、そこの名物のチーズケーキとシュトゥルーデルの売れ行きを調べるようスマイリーとベニーに指示する。

その場に現れたアデレイドから記念日のプレゼントを受け取り、何もいらないのでギャンブルを止めるようにと彼女に言われたネイサンは焦る。

シュトゥルーデルの方が売れることを知ったネイサンは、スマイリーとベニーにアデレイドを送らせる。

その場にいたスカイに声をかけたネイサンは、チーズケーキとシュトゥルーデルでは、どちらが多く売れるかを聞く。

スカイがチーズケーキと答えたため、ネイサンはシュトゥルーデルに賭けようとする。

ネイサンは、そういう話には乗らないことが、自分が父親から教わった教訓だとスカイに言われてしまう。

頭を抱えたネイサンだったが、翌日、一人でハバナに向かうスカイが、その気になればどんな女でも口説けると言ったのでそれを賭けにする。

それに乗ったスカイだったが、ネイサンは、相手の女性に”サラ・ブラウン軍曹”を指名する。

伝道所に誰も現れないため気落ちしたサラは、責任を感じてボストンに戻ることも考える。

そこに現れたスカイを、サラとアーバイド・アバーナシー(レジス・トゥーミイ)は歓迎する。

不幸な罪人だというスカイが全くそのように思えないサラは、彼を追い出そうとするものの取引を求められる。

スカイは、12人以上の罪人を連れてくる代わりに、翌日のハバナでの夕食に付き合うことをサラに要求する。

サラは驚き、スカイの考えだけは聞くものの、キスまでされて彼を殴り追い払ってしまう。

その頃、ネイサンは何とか資金の1000ドルを手に入れ賭場を見つけようとするが、うまくいかなかった。

楽屋にいたネイサンは、ステージから戻ったアデレイドから、どんな男でも心がなびいてしまう女もいると言われ、スカイとの賭けに負けると思い気落ちする。

更にアデレイドから結婚を迫られて中途半端な答えしかできず、おまけに未だに”クラップ・ゲーム”を仕切っていることを知られたネイサンは彼女に追い払われる。

翌日、付きまとうスカイからようやく解放され伝道所に戻ったサラは、ボストンから訪れていたマチルダ・カートライト将軍(キャスリン・ジヴニー)に迎えられる。

カートライトは、検討の結果この支部を閉鎖することを伝える。

サラはそれに反発し、そこに現れたスカイも支部閉鎖に反対する。

翌日の集会で多くの者を集めることを約束したスカイは、サラもそれに同意することを確かめ、それにより閉鎖を決めると言うカートライトを納得させる。

賭場が決まらないネイサンは焦り、シカゴから来た大物ビッグ・ジューリ(B・S・プリイ)も、早く”クラップ・ゲーム”を始めるようにと言って急かせる。

そこにブラニガン警部補が現れ、ネイサンらに探りを入れる。

アデレイドも現れたために気まずい雰囲気のネイサンだったが、ベニーが結婚前のパーティーを開くところだと言う。

それを聞いたアデレイドは喜び、ネイサンは成り行きで結婚することを彼女に伝える。

しかし、救世軍の行進にサラがいないことを知ったネイサンは卒倒してしまう。

ハバナ
仕方なくその場を楽しもうとしたサラは酔ってしまい、クラブでは踊り始め、スカイと共にトラブルを起こし喧嘩を始める。

その場を逃れたスカイは、愛を語り始めたサラを退ける。

自分とは違う世界のに生きるサラを騙す気になれないスカイは、伝道所に行ったのは賭けをしたからだと告白する。

サラは多くを語らず、ギャンブラーで負け犬でもあるとスカイに伝え二人はその場を去る。

ニューヨークに戻った二人は、伝道所の前で愛を語り合うのだが、パトカーのサイレンが鳴る。

見張りをしていたナイスリーは伝道所を賭場にしていたためそれを知らせ、その場にいた男達は逃げる。

現れたブラニガン警部補は、サラに伝道所を空けた理由を尋ね、既に誰もいないことを確認して引き上げる。

自分が利用されたと考えたサラは憤慨し、スカイの話も聞こうとしなかった。

アデレイドの楽屋に向かったスカイは、駆け落ちすることになっている彼女に、賭場を開いているネイサンを諦めることを勧める。

アーバイドは、昨夜の件はスカイとは無関係だろうとサラに伝え、恋をした彼女の気持ちを察する。

自分も賭けに絡んだようなものだと悲観するサラは、現れたスカイから、約束通り12人の罪人を連れてくると言われる。

アーバイドは、必ずそれを守るようにとスカイに釘を刺す。

下水道を賭場にしていたネイサンは、大きく負けたビッグ・ジューリと勝負して全額すってしまう。

ネイサンはそれを取り戻そうとするが、ビッグ・ジューリは承知しない。

そこに現れたスカイが、その場にいた者達を伝道所に連れて行こうとする。

それに反発するビッグ・ジューリを殴り倒したスカイは、伝道所の集会への参加を求めるが、ネイサン以外は賛成しなかった。

諦めたスカイは、ハバナの賭けは自分の負けだと言ってネイサンに1000ドルを渡し、その場を去ろうとする。

ネイサンは、自分のダイスでビッグ・ジューリに勝負を挑もうとする。

本物のダイスでは魂を賭けたのも同然だと言うハーリー・ザ・ホースの言葉を聞いたスカイは、集会に行くことに1000ドルを賭けようとする。

スカイが負ければ全員に1000ドル払うことをハーリー・ザ・ホースは確認し、その場の全員は賭けに乗る。

この賭けは金以上の価値があると言いながら、スカイはダイスを振る。

賭けに負けたビッグ・ジューリやハーリー・ザ・ホースは、仕方なく伝道所に向かう。

アデレイドに謝罪して駆け落ちすると言ったネイサンだったが、その前に伝道所に行かなければならないことを伝える。

それを信じないアデレイドは、愛していると言うネイサンの言葉を聞き入れようとしない。

カートライト将軍を迎えた伝道所のサラは、誰も集まらないために諦めかける。

そこに大勢の男達が現れ、スカイは約束を果たしたことをサラに伝える。

スカイは、ネイサンを代理人にすることを伝えてその場を去る。

ネイサンは各人に懺悔をさせて、現れたブラニガン警部補に口出しさせない。

しかしブラニガンは、この場にいる者達が伝道所で”クラップ・ゲーム”をしたことをサラに確認させる。

サラは、何かの間違いだと言って、初めて会う人々だと付け加える。

呆然とするブラニガンはその場を去る。

最後に懺悔をしたネイサンは、ハバナの賭けの件でサラに謝罪し、自分が勝ったことを伝える。

スカイが自分をハバナに連れて行かなかったとネイサンに言ったことを知ったサラは、スカイを捜しに行く。

スカイとサラ、ネイサンとアデレイドの結婚式は、ギャンブラーやクラブ・ダンサーを付添人として、救世軍のアーバイドによりタイムズスクエアで執り行われる。

そして二組は、その場の人々に祝福されながらハネムーンに旅立つ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1940年代後半、ニューヨークタイムズスクエア
クラップ・ゲーム”を仕切るネイサンは、賭場の場所を変えて警察の目を逃れていた。
ギャンブラーから賭場を開くよう急かされていたネイサンだったが、婚約して14年経つクラブ歌手アデレイドから結婚を迫られて焦る。
そんな時ネイサンは、大物ギャンブラーのスカイ・マスタースンから、どんな女でも口説けると言われたため、賭場を開く資金を得ようとして、そのことを賭けにして彼と勝負する。
それに乗ったスカイは、救世軍の軍曹サラを相手に指名されて困惑するが、彼女に近づき口説こうとする。
集会の参加者もなく支部閉鎖の危機に陥ったサラは、12人以上の集会参加者を集めることを約束するスカイと共に、仕方なくハバナに向かうのだが・・・。
__________

三人の妻への手紙」(1949)と「イヴの総て」(1950)で2年連続アカデミー監督賞を受賞し、その後も話題作を世に出していたジョーゼフ・L・マンキーウィッツのシャープな演出と共に、全盛期が終わろうとしていたMGMミュージカルの中で、とりわけ粋で躍動感のある作品に仕上がっている。

ジョーゼフ・L・マンキーウィッツのテンポの良い演出、彼自身の脚本による気の利いたユーモア、スタイリッシュな映像などが楽しめる。

ミュージカル・ナンバーとしては突出した曲はないが、主役のマーロン・ブランドジーン・シモンズの甘い歌声などもムードを盛り上げる。

第28回アカデミー賞では、撮影(カラー)、美術(カラー)、衣装デザイン(カラー)、ミュージカル映画音楽賞にノミネートされた。

当時としては破格の550万ドルをかけたミュージカル大作で、北米興行収入は約2000万ドルの大ヒットとなった。

前年の「波止場」(1954)で史上最年少アカデミー主演賞受賞者となったマーロン・ブランドは、30歳になったばかりとは思えない、頂点を極めたスターとして他を圧倒する雰囲気で主人公を演じている。

2年前に「地上より永遠に」(1953)でアカデミー助演賞を受賞し低迷期を脱したフランク・シナトラも、ユーモアのセンスを生かした愛嬌のあるキャラクターを好演している。

救世軍の軍曹という役柄が実に興味深い、紆余曲折ありながら主人公と結ばれる伝道師のジーン・シモンズ、ネイサン(フランク・シナトラ)の婚約者を楽しく演ずるヴィヴィアン・ブレイン、ネイサンの仲間スタビー・ケイとジョニー・シルヴァー、ギャンブラーのB・S・プリイシェルドン・レナード救世軍の伝道師レジス・トゥーミイ、地区担当者キャスリン・ジヴニーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター