死刑執行人もまた死す Hangmen Also Die! (1943) 4.97/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

フリッツ・ラングベルトルト・ブレヒトの原案を基に、ナチス最高幹部でベーメン・メーレン保護領副総督のラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件”エンスラポイド作戦”を題材にした、ブライアン・ドンレヴィウォルター・ブレナンアンナ・リー共演によるフィルム・ノワールの代表作にして反ナチ映画の傑作であるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:フリッツ・ラング
製作
フリッツ・ラング
アーノルド・プレスバーガー
原案
フリッツ・ラング
ベルトルト・ブレヒト
脚本:ジョン・ウェクスリー
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
編集:ジーン・ファウラーJr.
音楽:ハンス・アイスラー

出演
フランティチェク・スヴォボダ医師/カール・ヴァニヤック:ブライアン・ドンレヴィ
シュテファン・ノヴォトニー教授:ウォルター・ブレナン
マーシャ・ノヴォトニー:アンナ・リー
ヤン・ホラク:デニス・オキーフ
ヘリー・ノヴォトニー:ナナ・ブライアント
エミール・チャカ:ジーン・ロックハート
カート・ハース:トニオ・セルヴァルト
アロイス・グルューバー:アレクサンダー・グラナック
リッター:ラインハルト・シュンツェル
デディッチ:ジョナサン・ホール
バーニャ:ライオネル・スタンダー
ラインハルト・ハイドリヒハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1943年製作 134分
公開
北米:1943年3月23日
日本:1987年12月19日


アカデミー賞 ■

第16回アカデミー賞
・ノミネート
録音・音楽賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1942年、第二次大戦中、ナチス・ドイツ占領下のプラハ
ナチス最高幹部である国家保安本部長官、ベーメン・メーレン保護領副総督ラインハルト・ハイドリヒ(ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー)は、サボタージュが相次ぐ軍需工場をゲシュタポの管理下に置くことを命ずる。

5月27日。
ゲシュタポに追われていた外科医フランティチェク・スヴォボダ(ブライアン・ドンレヴィ)は、逃亡に使用するはずの車の運転手バーニャ(ライオネル・スタンダー)が連行されたことを、買い物をしていたマーシャ・ノヴォトニー(アンナ・リー)から知らされる。

マーシャは、現れたゲシュタポに、スヴォボダが向かった方向と違う場所を教える。

スヴォボダは映画館に逃げ込み、館内ではで“死刑執行人”と言われたハイドリヒが撃たれたことが知らされ、街は厳戒態勢となる。

帰宅したマーシャの父親で大学教授のシュテファン・ノヴォトニー(ウォルター・ブレナン)は、ハイドリヒ襲撃事件についてを家族に知らせる。

スヴォボダが犯人だと確信したマーシャは、シュテファンにそのことを伝えるものの、彼はそれを口にすることを禁ずる。

拷問に近い尋問を受けたバーニャは、本部に連行されることになるものの、隙を見て窓を破り建物から飛び降りて死亡する。

その後、市内の店舗は閉店させられ夜7時以降は外出禁止令が出される。

行き場のなくなったスヴォボダは、マーシャの家を訪ねる。

マーシャは動揺して、演奏会で会った人物だと言って、”カール・ヴァニヤック”と名乗る建築士スヴォボダを両親に紹介する。

シュテファンは、スヴォボダがマーシャの言っていた犯人だと察し、7時を過ぎていることを彼に伝えて出歩くのは危険だと伝える。

ステファニーの妻へリーナナ・ブライアント)は、スヴォボダを食事に招待する。

スヴォボダは、食事中に怪我をしたシュテファンの息子の手当をする。

それを見たシュテファンは、スヴォボダが医師であることに気づく。

ラジオでは特別放送が始まり、逃亡犯を匿った者及び家族は死刑に処すると通告される。

シュテファンは、外出させるわけにはいかないスヴォボダを泊めることにする。

その頃ゲシュタポは、犯人を追っていた際に嘘をついた女性(マーシャ)を捜す。

翌朝スヴォボダは、何人かが逮捕されたことを新聞記事で知るが、それが誰かは不明だった。

ラジオからは、非協力的な市民に対してゲシュタポが弾圧を加えることが伝えられる。

それを単なる脅しだと判断してその場を去ろうとするスヴォボダだったが、そこにゲシュタポが現れる。

シュテファンは、犯人が捕まるまで拘束されることになり、家族や教え子に別れを告げて連行される。

その場を離れたスヴォボダは病院に戻り、レジスタンスの同志デディッチ(ジョナサン・ホール)に、シュテファンや娘に世話になったことを伝え、自首する意思を伝える。

400人もが捕えられたことを知ったスヴォボダは、これ以上耐えられないことをデディッチ伝え、組織のことは絶対に話さないと約束する。

デディッチに、何百万人もの命を救うための400人は止むを得ないと説得されたスヴォボダは、銃を渡して彼を見送る。

その後に現れたマーシャは、弟の包帯の巻き方でスヴォボダが医師であり、毎朝、鐘の音を聞くと言っていたので場所も分かったことを伝える。

マーシャは、父シュテファンを助けるための協力を求めるが、自首すれば彼女と家族を巻き込むことになるスヴォボダはそれを断るしかなかった。

納得できないマーシャは、スヴォボダを痛烈に批判してその場を去り、ゲシュタポ本部に向かおうとする。

乗った馬車の御者とデディッチがそれを妨害するが、マーシャは抵抗する。

馬車を下りたマーシャは、警官に事情を説明してゲシュタポに向かうことを伝える。

それを知った人々は、マーシャを裏切り者とみなして非難するのだが、そこにゲシュタポが現れて彼女は連行される。

マーシャは、その場を逃れようとするものの取り調べを受け、担当官のリッター(ラインハルト・シュンツェル)に父が無関係だと訴える。

そこに、マーシャが買い物をしていた店の女店主が呼ばれ、彼女は、マーシャを知ってはいるが昨日は現れなかったと証言する。

リッターは、釈放すると言ってマーシャを安心させるようにと、アロイス・グルューバー(アレクサンダー・グラナック)からの指示を受ける。

その間、ノヴォトニー家はゲシュタポの捜査を受けるが何も出なかった。

マーシャは供述書へのサインを求められるが、40人が処刑されることを知らされる。

その中に、父シュテファンが含まれていないことを知らされて釈放されたマーシャは、家族の元に戻り、昨夜、泊まったのが婚約者のヤン・ホラク(デニス・オキーフ)ということになっていると言われる。

ヤンは、朝から取り調べを受けたことで、昨夜の男が誰で、なぜあの場にいたのかをマーシャに問う。

自分とスヴォボダのことを疑うヤンに、マーシャは信じてほしいことを伝え、二人は愛を確かめる。

その後マーシャはゲシュタポに逮捕され、グリューバーの尋問を受ける。

シュテファンや家族も同時に尋問され、地下に閉じ込められたマーシャはその場にいた拷問を受けた女店主に気づくものの、彼女は息を引き取る。

グリューバーは、全員の供述からヴァニヤックという男が怪しいと考え、リッターは、彼からマーシャに届いた手紙を見せる。

二人が恋人同士かを確認するため、グリューバーはマーシャを釈放して様子を見ることを考える。

帰宅したマーシャは現れたスヴォボダに驚くが、彼は会話が盗聴されていることをメモで知らせる。

スヴォボダは、自分が建築士のヴァニヤックではなく、医師だと言って本名を語り、マーシャに愛を告げる。

ゲシュタポ本部長カート・ハース(トニオ・セルヴァルト)は、二人がただの恋人同士だと確信するが、グリューバーは尚も疑い、スヴォボダの病院に向かう。

院長などからスヴォボダの話を聞いたグリューバーは、納得してその場を去る。

デディッチは、地下組織に加わる醸造業者エミール・チャカ(ジーン・ロックハート)を疑い始める。

ゲシュタポのスパイだったチャカは、グリューバーに目立ち過ぎたことを責められ、自分の身が危うくなったことを察し街を出るべきかを問う。

グリューバーは、ゲシュタポから逃れることのできない立場をチャカに伝える。

動揺するチャカは危険を感じて保護を求めるが、グリューバーは彼に大金を要求して小切手を受け取る。

グリューバーから、シュテファンが処刑される前に面会を許すという電話を受けたマーシャは、現れた父親と抱き合う。

妻には手紙を書くと言うシュテファンは、息子には言葉で伝えると言ってそれをマーシャに語る。

シュテファンは、未来の自由な社会を手に入れるために戦うことの大切さと、それを実行して死んだ父親を思い出すようにと付け加え、マーシャと別れて連行される。

そこに現れたグリューバーは、逃がした男が誰かを言えば、シュテファンを助けられるとマーシャに伝える。

マーシャは、シュテファンの最後の言葉を思い出し、何も語らずにその場を去る。

デディッチら組織の幹部は、チャカが裏切り者を確かめるためにある計画を実行する。

マーシャは、訪ねてきたヤンからシュテファンが処刑名簿にないことを知らされ、それをグリューバーに確認して喜ぶ。

グリューバーはスヴォボダの経歴などを調べ、仕事に追われる彼が女性との付き合いもないことを知る。

地下組織の支部長から昼食に誘われたというチャカの連絡を受けたグリューバーは、護衛をつけることを伝える。

チャカがドイツ語を理解した場合は、スパイであると考えていたデディッチらは、ウェイターにドイツ語のジョークを語らせる。

大声で笑うチャカをスパイだと確信したデディッチらだったが、逃れようとした彼の抵抗を受けて、デディッチは撃たれ組織の者達は逮捕されてしまう。

グリューバーは、捕えた者達にデディッチが何者か聞き出そうとするが、彼らは口を割らない。

捕えられた人質の中から、犯人は投降する必要があるというラジオ放送をする希望者を募り、市民に向けてそれが通告される。

スヴォボダは、肺を撃たれ重傷のデディッチが、自分の家にいることを病院の同僚に伝えある考えを実行する。

できるだけ多くの人質を救えれば、市民が団結して勝利することができるというデディッチの考えをスヴォボダは語る。

グリューバーは、デディッチらしき男を乗せたと言うタクシーの運転手の情報から、その行き先がスヴォボダの家だと気づく。

スヴォボダの家に向かったグリューバーは、銃弾を受けた男のことを尋ねるが、その場にいたのは下着姿のマーシャだった。

グリューバーは尚も疑い、部下に建物を徹底的に捜査するよう命ずる。

スヴォボダは、デディッチの血に気づき、ワインをこぼしてそれを知られないようにする。

そこに、呼び出されたヤンが現れ、グリューバーはスヴォボダとマーシャの三人だけにして様子を窺う。

マーシャは、スヴォボダを愛していることをヤンに伝え彼を追い払う。

それで納得したグリューバーはその場を去り、スヴォボダとマーシャは瀕死のデディッチを介抱する。

グリューバーは、ショックを受けたヤンを連れてキャバレーに向かい、その後、女達を連れて彼のアパートで朝まで飲み明かす。

6月4日。
ハイドリヒは死亡し、拘束者の処刑が24時間毎から2時間となる。

食事をしていたスヴォボダとマーシャは、その場にチャカが現れたことを確認して彼女が近づく。

それを監視していたゲシュタポは、マーシャとチャカを本部に連行し、スヴォボダがテーブルの上にあったチャカのライターを持ち去る。

リッターに尋問されたマーシャは、チャカが暗殺犯であるように装う。

本部長ハースの元に連れていかれたマーシャは、店の前で目撃したのはチャカであることを話す。

それがバーニャの証言と一致することを確認したハースは、チャカを呼び、タクシーの運転手も彼を乗せたと証言する。

その際は食事をしていたというチャカだったが、レストランの関係者はそれを否定する。

処刑はその間も続き、チャカが証人だという者も既に処刑されていた。

焦るチャカは、部屋を借りたと言う宿の婦人が、その証拠として忘れていった彼のライターをハースに渡したため驚く。

動揺するチャカだったが、宿にはないはずの電話で、その時間にグリューバーと話したことをハースに伝える。

ハースはグリューバーを呼ぼうとするものの、彼の行方は分からなかった。

ヤンの家でようやく目覚めたグリューバーは、顔の口紅が、スヴォボダの頬のものとは違うことに気づき、彼とマーシャが恋人同士ではないことを確信する。

スヴォボダとマーシャの計画を悟ったヤンは、暗殺犯を捕えようとするグリューバーの行動を阻止しようと襲い掛かるものの叩きのめされてしまう。

ハースは、チャカのアリバイが証明されれば、最初にマーシャを、そして人質を全員処刑することを伝える。

ヤンをベッドに縛り付けたグリューバーは、スヴォボダの病院に向かう。

シュテファンの息子に助けられたヤンも病院に急行する。

スヴォボダは、犯行時に自分の身代わりとして手術をしていた医師と共に、グリューバーに襲い掛かろうとする。

二人に銃を向けて電話をかけようとしたグリューバーだったが、現れたヤンが襲い掛かり、彼はスヴォボダらに殺される。

ゲシュタポ本部に向かったヤンは、一緒だったグリューバーが、チャカに会いに家を出たことをハースに伝える。

チャカの執事は、グリューバーが屋敷にいたことを証言して、その場を調べたハースは、酒瓶や賄賂として渡した小切手帳の証拠と犯行に使われたと思われる拳銃を見つける。

サボタージュを促すビラなども確認したハースは、地下室で石炭に埋もれたグリューバーの死体が見つかったことを知らされる。

マーシャは、チャカが暗殺犯だったことをリッターから知らされるが、父シュテファンの無事は確認できない。

連行されたチャカは、途中で車から降ろされて解放されるものの射殺される。

シュテファンら人質は処刑され、マーシャや家族そして市民は、彼らの勇気を称え埋葬地に花を手向け、それをスヴォボダも見つめる。

その後の調査で、チャカは暗殺犯でないことが判明したが、真犯人は見つからなかった。

しかし、世の中の平穏を保ちゲシュタポのの権威を守るために、チャカを犯人として事件解決とするというベルリンからの報告書が届く。

それに目を通したベーメン・メーレン保護領総督コンスタンティン・フォン・ノイラートは、報告書に署名する。

しかし、市民の戦いは終わっていない・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1942年、第二次大戦中、ナチス・ドイツ占領下のプラハ
ナチス最高幹部でベーメン・メーレン保護領副総督のラインハルト・ハイドリヒが襲撃される。
襲撃犯である愛国者のフランティチェク・スヴォボダ医師は、ゲシュタポに追われる途中、買い物をしていたマーシャという女性に逃亡を助けられる。
市内は厳戒態勢となり、外出禁止令も出される中、スヴォボダは行き場所を失ってしまいマーシャの家に向かう。
驚くマーシャは、スヴォボダを知人だと言って父親シュテファンや家族に紹介し、彼はその場に泊めてもらうことになる。
ゲシュタポは、犯人を匿った者や家族まで処刑することを通告し、調べを受けたシュテファンは連行されてしまう。
その場を逃れたスヴォボダは、マーシャに父を救うための協力を求められる。
スヴォボダは、マーシャの家族を巻き込むことになったことで苦悩する・・・。
__________

1942年5月27に実行されたラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件”エンスラポイド作戦”から1年も経たない、1943年3月に本作が公開されたところにまず注目したい。

占領国ナチス・ドイツに屈することなく抵抗したプラハ市民の勇気を称えると共に、戦いが続く場に向けたフリッツ・ラングと盟友ベルトルト・ブレヒトのメッセージが伝わる力作として高く評価したい。

戦地や当事国での迫害や弾圧が続く中で、その苦しみに焦点を置くのではなく、それに屈せずにあくまで抵抗する市民の姿をひたすら描く、フリッツ・ラングの思いが込められた力強い演出は秀逸だ。
多くの登場人物の役割分担とその人間描写、小道具の使い方なども見事だ。

中心となる家族の家長である大学教授が、死を前に息子に残す言葉、”未来の自由な社会を手に入れるために戦うことの大切さ、それを実行して死んだ父親を思い出すように・・・”と語る姿は、当時の人々にどれだけの勇気と希望を与えたか計り知れない。

第16回アカデミー賞では、録音、音楽賞(ドラマ・コメディ)にノミネートされた。

当時のナチス・ドイツの同盟国である日本では公開されるはずもなく、1987年にようやく劇場公開された。

エンスラポイド作戦”については、「暁の7人」(1975)でその詳細が描かれている。

本作のエンディングで”THE END”の前に”NOT”と強調して表示されているのだが、戦いが続いている緊迫感が伝わる、これもまた見事なメッセージとして印象に残る。

個人的には、ジョン・フォード一家のメンバーとして脇役で活躍したアンナ・リーが、非常に重要な役柄である大学教授の娘を熱演しているのが嬉しい。

愛国者である外科医、暗殺の実行犯ブライアン・ドンレヴィ、弾圧に屈しない大学教授ウォルター・ブレナン、その娘アンナ・リー、その婚約者デニス・オキーフ、母親ナナ・ブライアントゲシュタポのスパイ、ジーン・ロックハートゲシュタポ本部長のトニオ・セルヴァルト、その部下役アレクサンダー・グラナックラインハルト・シュンツェル、抵抗地下組織のジョナサン・ホールライオネル・スタンダーラインハルト・ハイドリヒ役のハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター