陽だまりのグラウンド Hardball (2001) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギャンブルにのめり込んだため破滅寸前の男が少年野球チームのコーチを引き受けたことで、子供達との交流を通して人生を見つめ直す姿を描く、主演キアヌ・リーブスダイアン・レインジョン・ホークス他共演、製作、監督ブライアン・ロビンスによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・ロビンス
製作総指揮
ハーブ・ゲインズ

ケヴィン・マコーミック
アーウィン・ストフ
製作
ティナ・ナイデス

ブライアン・ロビンス
マイケル・トーリン
原作:ダニエル・コイル”Hardball: A Season in the Projects”
脚本:ジョン・ゲイティンズ

撮影:トム・リッチモンド
編集:ネッド・バスティル
音楽:マーク・アイシャム

出演
コナー・オニール:キアヌ・リーブス

エリザベス・ウィルクス:ダイアン・レイン
ティッキー・トビン:ジョン・ホークス
マット・ハイランド:D・B・スウィーニー
ジミー・フレミング:マイケル・マッグローン
マイルス・ペンフィールド2世:A・デロン・エリスJr.
ジェファーソン・アルバート・ティッブス:ジュリアン・グリフィス
アンドレ・レイ・ピーツ:ブライアン・ハーン
ジャマル:マイケル・B・ジョーダン
クラレンス:クリストファー・ロフトン
コーフィ・エヴァンス:マイケル・パーキンス
レイモンド”レイレイ”ベネット:ブライアン・M・リード
ジュリアス”Gベイビー”エヴァンス:ドウェイン・ウォーレン
ダフィー:グレアム・ベッケル
フィンク:マーク・マーゴリス
本人:サミー・ソーサ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2001年製作 106分
公開
北米:2001年9月14日
日本:2002年4月20日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $40,219,708
世界 $44,102,389


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

シカゴ
ギャンブルにのめり込み、破滅寸前のコナー・オニール(キアヌ・リーヴス)は、証券会社に勤める幼馴染ジミー・フレミング(マイケル・マッグローン)に借金を頼もうとする。

それを断ったジミーは、少年野球チームのコーチを引き受ければ、週に500ドル10週間払うことをコナーに約束する。

最初の小切手を渡したジミーだったが、金額が不足で子供も苦手だとコナーに言われる。

嫌なら小切手を返せと言われたコナーは、仕方なくそれを受けることにする。

グラウンドでジミーを待っていたコナーは、彼が出張のため、一人でコーチを務めることになり戸惑う。

リーグの委員や強豪チームのコーチ、マット・ハイランド(D・B・スウィーニー)に、選手の人数が不足していることを指摘されたコナーは学校に向かう。

教師のエリザベス・ウィルクス(ダイアン・レイン)に会ったコナーは、二人の生徒をチームに加えたいことを伝える。

エリザベスは、子供達にまず読書などをさせるよう提案し、コナーは戸惑ってしまう。

借金のあるダフィー(グレアム・ベッケル)のバーで、友人ティッキー・トビン(ジョン・ホークス)に会ったコナーは、金にするために”シカゴ・ブルズ”の試合のチケットを持ってくるよう伝える。

ダフィーに追い出されそうになったコナーは、まず先約に金を返してから、必ず返済することを約束する。

何とか人数を確保したコナーだったが、練習に身が入るはずもなかった。

コナーは、アパートまで送って欲しいとジェファーソン・アルバート・ティッブス(ジュリアン・グリフィス)に頼まれるが、ティッキーが現れたためにそれを断る。

劣悪な環境に住むジェファーソンは、少年達に襲われてしまい病院に運ばれる。

ジェファーソンの様子を見に行ったコナーは、彼の母親に責められる。

その後、ティッキーに会ったコナーは、大きな賭けをしようと考えていることを伝える。

借金も返し始め、練習に身を入れたコナーは、ジミーからユニフォームを受け取りリーグ戦に挑む。

しかし、まとまりのないチームは大敗して子供達は罪のなすり合いを始め、それを鎮めたコナーは彼らにピザをご馳走する。

次の試合で、マイルス・ペンフィールド2世(A・デロン・エリスJr.)に、意外にもピッチャーの才能があることが分かったチームは、次第に連帯感が生まれ勝利する。

授業を手伝う約束も果たし、コナーは心を寄せるようになったエリザベスを食事に誘う。

ノミ屋のフィンク(マーク・マーゴリス)をティッキーに紹介されたコナーは、大きな勝負をしようとする。

そんな時コナーは、その週の返済をパスした男達に追われるものの、何とかそれを逃れる。

エリザベスと待ち合わせたコナーは、証券マンだと偽っていたことで責められ、気分を害して彼女を侮辱してしまう。

席を立ったエリザベスを追ったコナーは、子供達に野球を教える身で、嘘をつくことは許されないと指摘される。

コナーは、コーチをすることで金をもらい、ノミ屋に追われていることを告白する。

それをジミーから知らされていたことを伝えたエリザベスだったが、侮辱されたように感じたコナーは、彼女の真意が理解できず、不満げにその場を去る。

次の試合で、ジャマル(マイケル・B・ジョーダン)が年齢を偽っていたことが分かり、コナーは仕方なく彼を外す。

更に、マイルスのヘッドフォン・ステレオも外すよう指示されたコナーは憤慨し、今後はコーチをする気もないことを子供達に言ってしまう。

試合は再開するものの子供達は動揺し、マイルスは打たれてチームは負けてしまう。

ブルズ”に1万2000ドルを賭けたコナーは、次の試合のことを心配する子供達に、代わりをよこすと言って立ち去る。

ダフィーの店の外で、コナーはティッキーと共に”ブルズ”戦を見守り、彼は賭けに勝ち意気揚々と店内に入る。

コナーは、借金を請求しながら子供達との野球を侮辱するダフィーに言い寄ろうとするが、ティッキーに止められて店を出る。

翌日、コナーは再びフィンクと勝負するつもりで、子供達に用具を届ける。

子供達に別れを告げるつもりだったコナーは、フィンクとの賭けを止めることをティッキーに伝え、彼らを連れて”シカゴ・カブス”の試合を見に行く。

リグレー・フィールド”。
メジャーリーグの雰囲気に圧倒される子供達は、サミー・ソーサに手を振られて感激する。

数週間後、エリザベスを訪ねたコナーは、先日のことを謝罪し、自分のこと知りながら仕事を与えてくれた彼女に、再びそれを頼めるかを尋ねる。

エリザベスは、コナーに放課後のスポーツ指導員をすることを提案する。

リーグ選手権に進む最終戦、コナーは、子供達に新しいユニフォームをプレゼントする。

試合は一進一退のまま進み、コナーは自信をなくして守備についていたマイルスをマウンドに呼ぶ。

コナーやチームメイト、観客の家族は、マイルスがいつも聴いている歌で彼をリラックスさせて彼は打者を打ち取る。

チームは勝利するが、コーフィ・エヴァンス(マイケル・パーキンス)の弟ジュリアス”Gベイビー”(ドウェイン・ウォーレン)が、自宅アパートでの銃撃戦に巻き込まれてしまう。

Gベイビーは死亡し、葬儀の場でコナーは、彼の活躍で最終戦に勝てたことと、生きる価値を与えられたことに感謝すると涙ながら語る。

今回の件で、チームは選手権への出場を辞退することになっていたのだが、コナーを呼んだ子供達は試合をしたいことを伝える。

コナーもそれに同意し、選手権に挑むことを伝える。

試合当日、現れたエリザベスは、コナーが指導員を引き受けることを確認して彼を抱きしめる。

子供達を集めたコナーは、誇りをもってプレーするようにと伝えるが、メンバーは8人しかいないため試合は諦めるしかなかった。

そこにコーフィが現れ、Gベイビーが試合を望んでいるはずだと伝えてチームに加わる。

そして、Gベイビーの背番号1の喪章を付けたコナーと子供達は試合に挑む。


解説 評価 感想 ■

ダニエル・コイルの著書”Hardball: A Season in the Projects”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

ギャンブルにのめり込み破滅寸前のコナー・オニールは、幼馴染みの証券マン、ジミーに借金を頼む。
ジミーは、週500ドル10週間の約束で少年野球チームのコーチをするようコナーに提案する。
仕方なくそれを引き受けたコナーは、劣悪な環境に住む子供達を前に戸惑う。
コナーは、教師のエリザベスに相談しながら、まとまりのないチームを何んとかリーグ戦に出場させる。
しかし、ギャンブルから足を洗えないコナーは、友人ティッキーと共に再び大きな賭けをしようと考える・・・。
__________

ストーリーは単純、個人的な意見だが、押しつけがましい感動を煽るドラマは受け入れ難く内容に新鮮味もない、人気スター、キアヌ・リーブスの出演だけが頼みの作品。

批評家の評価も低く、期待のキアヌ・リーブスは、熱演にも拘らずラジー賞にノミネートされてしまった。

また、なかなかいいキャスティングなのだが、北米以外では全く受け入れられず、全世界の興行収入でも約4400万ドルに終わった。

製作費 $21,000,000
北米興行収入 $40,219,708

主人公と親交を持つ教師ダイアン・レイン、主人公のギャンブル仲間をいい雰囲気で演ずるジョン・ホークス、ライバル・チームのコーチ役D・B・スウィーニー、主人公の幼馴染みマイケル・マッグローン、チーム・メンバー、A・デロン・エリスJr.、ジュリアン・グリフィス、ブライアン・ハーンマイケル・B・ジョーダン、クリストファー・ロフトン、マイケル・パーキンス、ブライアン・M・リード、ドウェイン・ウォーレン、バーの店主グレアム・ベッケル、ノミ屋マーク・マーゴリス、そして、メジャー・リーガーサミー・ソーサが特別出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター