ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー Hellboy II: The Golden Army (2008) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ダークホースコミックスに1994年から登場する人気シリーズで2004年に公開された「ヘルボーイ」の続編。
機械軍団”ゴールデン・アーミー”を復活させ人類を滅ぼそうとする悪に対し、それを阻止しようと勇敢に立ち向うヘルボーイ他B.P.R.D.捜査官の活躍を描く、監督、脚本ギレルモ・デル・トロ、主演ロン・パールマンジョン・ハートセルマ・ブレアダグ・ジョーンズセス・マクファーレン他共演のファンタジー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ギレルモ・デル・トロ
製作
ローレンス・ゴードン

マイク・リチャードソン
ロイド・レヴィン
原作:マイク・ミニョーラ
脚本:ギレルモ・デル・トロ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ベルナ・ビラプラーナ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ヘルボーイ:ロン・パールマン

エリザベス・シャーマン:セルマ・ブレア
エイブ・サピエン/死の天使/侍従:ダグ・ジョーンズ
ヨハン・クラウス:ジョン・アレクサンダー
ヨハン・クラウス(声):セス・マクファーレン

トム・マニング:ジェフリー・タンバー
ヌアダ王子:ルーク・ゴス
ヌアラ王女:アンナ・ウォルトン
バロル王:ロイ・ドートリス
Mr.ウィンク/司教長/フラグルワンプ/トロール:ブライアン・スティール
トレヴァー”ブルーム”ブルッテンホルム教授:ジョン・ハート

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2008年製作 119分
公開
北米:2008年7月11日
日本:2009年1月9日
製作費 $72,000,000
北米興行収入 $75,754,67
世界 $160,388,063


アカデミー賞 ■

第81回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1944年、第二次世界大戦末期。
超常現象捜査班は、アメリカ軍と共にスコットランド沖合いで極秘の調査を行い、異様な生物を捕らえた。

その生物は、軍に同行していた神秘学の専門家トレヴァー”ブルーム”ブルッテンホルム教授(ジョン・ハート)の養子となり育てられ、キャンディとTVが大好きな少年に育つ。

悪魔のようなその子は、”ヘルボーイ”と呼ばれた。
__________

1955年、クリスマス・イヴ。
ニューメキシコ州、ダグラス陸軍基地。
ブルーム教授は、少年ヘルボーイにある物語を聞かせる。
__________

太古の昔、人間は全ての土地を支配しようとして、無数のエルフ、オーガー、ゴブリンが殺された。

エルフの隻腕の王バロルは、戦いに敗れて絶望してしまう。

ある日、ゴブリンの名鍛冶師が、食料も休息も必要としない、機械仕掛けの軍団である”ゴールデン・アーミー”の製造を提案する。

ヌアダ王子は、それを父王バロルに懇願し、王は製造の許可を与える。

ゴールデン・アーミーの製造は開始され、同時に軍団を動かす魔法の王冠が作られ、バロルが指揮官となった。

戦いが始り、容赦のないゴールデン・アーミーは、人間を叩きのめし、王はあまりの惨劇に心を痛め、休戦宣言をして王冠を三つに分けた。

自分自身が二つと人間に一つを与え、人間は町に、そして魔物は森に住むよう条件を付けて、休戦は子孫達により、この世の終わりまで守られるはずだった。

しかし、ヌアダ王子は、人間を信ずることができず、休戦が破られた時に戻ることを誓い王国から去っていく。

そしてゴールデン・アーミーは眠りにつき、王冠が再び一つになるのを待つことになる。
__________

ヘルボーイは、それがただの物語だと信じながら眠りにつく。
__________

現在、ニューヨークマンハッタン
ゴールデン・アーミーの復活を企むヌアダ王子(ルーク・ゴス)は、Mr.ウィンク(ブライアン・スティール)と共にオークションに出品された王冠の部位を強奪する。

ニュージャージー州、トレントン、B.P.R.D.(超常現象捜査防衛局)。
局長トム・マニング(ジェフリー・タンバー)は、ヘルボーイ(ロン・パールマン)、その恋人、発火能力を持つ超能力者エリザベス・シャーマン(セルマ・ブレア)、半漁人エイブ・サピエン(ダグ・ジョーンズ)らを引き連れて、事件のあったオークション会場に向かう。

被害者の遺体もない惨状に驚きながらも、エイブが太古の戦いの紋章を発見するが、死体を食べたと思われる無数の”歯の妖精”に襲撃される。

身を隠して捜査をしていたヘルボーイらは、彼のミスにより、これをきっかけにして世間に名が知れてしまい、マニングは笑い者になってしまう。

イーストサイドの操車場。
バロル王(ロイ・ドートリス)の侍従(ダグ・ジョーンズ)の首を刎ねようとしたヌアダ王子だったが、双子の妹ヌアラ王女(アンナ・ウォルトン)がそれを制止する。

休戦協定を破ったヌアダは、バロル王に死を宣告される。

しかし、怒り狂ったヌアダは父王の命を奪い、王冠の部位を手に入れ、残る一つを持ち、逃げ去った妹ヌアラを追う。

B.P.R.D.。
政府は今回の不祥事の措置として、エクトプラズムの権威であるヨハン・クラウス(ジョン・アレクサンダー/セス・マクファーレン:声)を送り込む。

クラウスが、捕らえた”歯の妖精”を生き返らせて情報を掴み、ブルックリン橋の下にある”トロールの市場”に向かう。

エイブが、王家の紋章をつけた女性(ヌアラ)を見つけて、彼女をつける。

そしてヘルボーイは、”歯の妖精”を買ったのがヌアダ王子だということを突き止める。

ヌアラは、つけてきたエイブがB.P.R.D.の捜査官だと知るが、そこにウィンクが現れエイブに襲い掛かる。

ヘルボーイがエイブを援護し、ウィンクを叩きのめして始末し、それがヌアダに知らされる。

ゴールデン・アーミーの眠る場所の地図を、ヘルボーイらに渡したヌアラだったが、王冠の一部を渡すことは拒絶する。

そこにヌアダが現れ、巨大な”森の神”の精霊を街に放つ。

ヘルボーイは、ヌアダに仲間に入るよう誘われながらも、”森の神”を退治する。

しかし、子供を助けたにも拘らず、醜いヘルボーイは警察や民衆に非難され、それを見たエリザベスは彼を弁護する。

B.P.R.D.に戻ったヘルボーイは、エリザベスに慰められ、エイブとヌアラは惹かれ合うようになる。

クラウスに、短気な性格の欠点を指摘されたヘルボーイは、恋するエイブと酒を交わしていた。

ヌアラはヌアダが近づきつつあることを察知し、地図の入った筒を火の中に放ち王冠の一部を隠す。

エイブは酔った勢いで、ヘルボーイに、エリザベスが妊娠していることを話してしまおうとする。

その頃、ヌアラの持つ地図でゴールデン・アーミーの場所を知ったヌアダが、王冠の一部を彼女から奪おうとした。

ヌアラは非常警報を鳴らし、エイブらは彼女の元に向かう。

ヌアダに戦いを挑むヘルボーイだったが、彼を痛めつけると、ヌアラも傷つくとエイブから聞かされる。

ヘルボーイは、ヌアダに下手に手出しをすることが出来ず、彼の槍で胸を突かれてしまう。

ヌアダは、ヘルボーイを助けたければ、ヌアラが隠した王冠の一部を渡すよう告げて、妹を連れ立ち去る。

槍先が胸に刺さったヘルボーイを助けるため、エイブとエリザベスはの王冠の一部を捜す。

王冠の一部を見つけたエイブはエリザベスと、ヘルボーイを連れて、理解を示したクラウスを伴いゴールデン・アーミーの眠る北アイルランドジャイアンツ・コーズウェーに向かう。
北アイルランド
アントリム州に着いた一行は、ヘルボーイを助けられるという、”死の天使”(ダグ・ジョーンズ)の元にゴブリンにより導かれる。

死の天使はヘルボーイの槍先を抜き、エリザベスは彼を目覚めさせて父親になることを告げる。

ゴールデン・アーミーの眠る場所にたどり着いた一行だったが、エイブが、王冠の一部をヌアダに渡しヌアラを救おうとする。

そして、王冠を組み立てたヌアダの号令と共に、ゴールデン・アーミーは復活する。

ヌアダは約束を破り、ヘルボーイらを殺すようゴールデン・アーミーに命令する。

ヘルボーイらは勇敢に戦うが多勢に無勢、打つ手がなくなったヘルボーイが、指揮官ヌアダに一対一の対決を挑む。

一進一退の戦いを続けた2人だったが、ヘルボーイがヌアダを追い込み王冠を奪う。

反撃しようとしたヌアダだったが、ヌアラが自らの胸を刺し、兄妹は同時に死へと向かう。

ヌアダは、ヘルボーイに人間は裏切るだろうと告げ、エイブとヌアラはテレパシーで通じ合い、互いの思いを伝える。

エリザベスが王冠を溶かしてしまうと、ゴールデン・アーミーが機能を停止する。

B.P.R.D.のマニング局長もアントリムに到着し、ヘルボーイらは彼に捜査官を辞めることを告げる。

ヘルボーイは、エリザベスと生まれてくる子供とで静かに暮らすことを話し合うが、生まれてくる子供が2人と聞いて、彼は驚いてしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

エルフのヌアダ王子は、太古の伝説にあった機械軍団”ゴールデン・アーミー”を復活させ、人類を滅ぼそうと企む。
ヌアダは、それを復活させる魔力を持つ、三つの部位に分かれた王冠の一つを、オークション会場で強奪する。
B.P.R.D.(超常現象捜査防衛局)局長マニングは、ヘルボーイ、その恋人で発火能力を持つ超能力者エリザベス、半漁人エイブらを引き連れて現場に向かう。
ヘルボーイのミスで、身を隠して捜査していた彼らは、世間に名が知れてしまう失態を演じてしまう。
その頃、ヌアダは父王バロルの命を奪い王冠を手に入れ、残る一つの部位を持ち去った、双子の妹ヌアラ王女を追う。
政府は、今回のB.P.R.D.の不祥事の措置として、エクトプラズムの権威であるクラウスを送り込む。
ヘルボーイらは、オークション会場で捕らえた”歯の妖精”を手がかりに、ブルックリン橋の下の”トロールの市場”に向かうのだが・・・。
__________

2004年に公開された前作「ヘルボーイ」の続編ではあるが、単独作品として、全く違和感なく楽しめる作品。

幻想的な世界と、現実社会を見事に融合させた奇想天外なストーリー、ヘルボーイをはじめとする個性的な愛すべきキャラクターを生かした、脚本も兼ねているギレルモ・デル・トロの、手抜きのない演出も光る、見応えある作品。

前作とアニメシーリーズに続く作品「パンズ・ラビリンス」(2006)で、非常に高い評価を受けたギレルモ・デル・トロの、ユーモアや映像センスが堪能でき、美しさと圧倒的なパワーも楽しめる、娯楽の要素満載の作品。

第81回アカデミー賞では、受賞は逃すものの、”ヘルボーイ”ロン・パールマンの、全身メイクをはじめとする素晴らしい技術が評価され、メイク・アップ賞にノミネートされた。

ファンタジー&アクションのストーリーを大いに盛り上げる、ダニー・エルフマンの音楽も印象的。

アメリカン・コミック作品には珍しく本国以外の方が人気が高く、北米では約7600万ドルの興行収入に留まるが、全世界では約1億6000万ドルのヒットとなった。

メイクなしでも通用しそうなロン・パールマンは正にはまり役で、人間ではないが人情やユーモア、また厳つい容姿に似合わず、茶目っ気や弱さも見せ、他の捜査官との掛け合いも楽しい、出色の熱演が見ものだ。

その恋人で、彼との子を身篭り心揺れる超能力者セルマ・ブレア、心優しい半漁人、死の天使、王の侍従3役のダグ・ジョーンズエクトプラズムの権威で、ある堅物のジョン・アレクサンダー(声:セス・マクファーレン)、局長ジェフリー・タンバー、王子ルーク・ゴス、王女のアンナ・ウォルトン、王ロイ・ドートリス、ウィンク他のブライアン・スティール、そして、ヘルボーイの養父でジョン・ハートが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター