突撃隊 Hell Is For Heroes (1962) 3.68/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦の終結が近づく中、帰国を夢みる分隊兵士達に、最前線の任務が与えられ、そこに配属された”はぐれ者”が、命を懸けて敵陣の拠点を爆破する、勇気ある男達の姿を描いた、監督ドン・シーゲルスティーヴ・マックィーンボビー・ダーリンジェームズ・コバーン共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ドン・シーゲル
製作:ヘンリー・ブランク
原作:ロバート・ピロッシュ
脚本
ロバート・ピロッシュ

リチャード・カー
撮影:ハロルド・リップスタイン
編集:ハワード・A・スミス
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
スティーヴ・マックィーン:ジョン・リース二等兵
ボビー・ダーリン:デイヴ・コービー二等兵
フェス・パーカー:ビル・パイク曹長
ジェームズ・コバーン:フランク・ヘンショー伍長
ハリー・ガーディノ:ジム・ラーキン軍曹
ニック・アダムス:ホーマー・ジャネチェック
ボブ・ニューハート:ジェームズ・E・ドリスコール二等兵
マイク・ケリン:スタン・コリンスキー二等兵
ジョセフ・フーヴァー:ロジャー・ルーミス大尉
ビル・ムリキン:ジョー・カンバリー二等兵
L・Q・ジョーンズ:フレイザー軍曹

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1962年製作 89分
公開
北米:1962年6月26日
日本:1962年8月18日
製作費 $2,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1944年の秋、第二次大戦下。
ジーグフリード線の手前で激戦を戦った、アメリカ軍の分隊がいた。

勲章を受けながら問題を起こし、降格したジョン・リース二等兵(スティーヴ・マックィーン)が、その分隊に配属される。

何か内に秘めているようなリースは、他の兵士を避けていた。

帰還が近いと思っていた兵士の期待は裏切られ、中隊に前線への出動命令が出る。

彼らはジーグフリード線を閉鎖し、後続部隊到着までの間、ドイツ軍の前進を阻止する指令を受ける。

しかし、ビル・パイク曹長(フェス・パーカー)は、1個小隊のみ前線に残し、中隊は移動することをロジャー・ルーミス大尉(ジョセフ・フーヴァー)から知らされる。

残された分隊兵は、リース、ジム・ラーキン軍曹(ハリー・ガーディノ)、デイヴ・コービー二(ボビー・ダーリン)、スタン・コリンスキー(マイク・ケリン)、フランク・ヘンショー(ジェームズ・コバーン)、ジョー・カンバリー(ビル・ムリキン)だった。

パイクから事情を説明され、ラーキンは、6人で最前線を死守することになる。

やがて、少佐のタイプ係ジェームズ・E・ドリスコール(ボブ・ニューハート)が道に迷って現れる。

パイクとラーキンは、ドリスコールが乗ってきたジープが使えると判断し、彼を強引に分隊に引き入れてしまう。

ヘンショーが、ジープのエンジンに改良を加え、ドイツ軍にそれが戦車だと思わせる。

ラーキンは補給部隊からワイヤーを調達して、それを使って物音をさせる作戦で、複数部隊が待機しているように見せかける。

しかし、コービーが、3本張ったはずのワイヤーが4本あることに気づく。

それが盗聴器だと知ったラーキンは、コービーに偽の情報をドイツ軍側に流すよう命ずる。

そこに、分隊との同行を許されなかった、ポーランド人のホーマー・ジャネチェック(ニック・アダムス)が現れ、仕方なくラーキンは、弾薬係として彼を残すことにする。

突然、襲撃を受けた分隊は反撃し、カンバリーが殺されるが、2名のドイツ兵を捕虜にする。

その後リースは、ドイツ軍が陣取る砲台を攻撃するようラーキンに主張する。

しかし、ラーキンは、パイクから攻撃することを禁じられていたため、攻撃許可を得るために本部に向う。

パイクが不在のまま戻ったラーキンは、リースと言い争いになっていた時、敵の砲撃で命を落す。

リースは、攻撃に賛成するヘンショーとコリンスキーを率いて、地雷原を通り敵陣に潜入しようとする。

その時、パイクが援軍を率いて到着するが、敵陣では、ヘンショーが地雷で爆死し、コリンスキーも銃撃を受けて戦死する。

無謀な行動を執ったリースを、ルーミス大尉は非難し、翌朝の攻撃の後、軍法会議にかけることを伝える。

そしてリースは、怒りを押さえながら朝を迎える。

翌日、アメリカ、ドイツ双方の総攻撃が始まり、リースの第二分隊を含めた中隊が敵陣の砲台を目指す。

しかし、敵の反撃に遭った部隊は前進を阻まれ、リースは、ヘンショーが持っていた爆薬を見つけ、コービーの援護で砲台に突進する。

リースは、砲台に爆薬を投げ入れ逃げようとするが、銃撃を受けてしまう。

重傷を負ったリースは、投げ出された爆薬を抱えて突入し砲台を爆破する。

そして、リースの犠牲により、中隊は前線を突破する。


解説 評価 感想 ■

ロバート・ピロッシュの原作を基にして、製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1944年の秋、第二次大戦下。
ジーグフリード線の手前で激戦を戦ったアメリカ軍の中隊に、勲章を受けながら問題を起こし降格したジョン・リース二等兵が配属されるが、彼は他の兵士を避ける。
やがて、帰還が近いと思っていた兵士の期待は裏切られ、中隊は、後続部隊の到着までの間、
ドイツ軍の前進を阻止するため、前線への出動命令が出る。
しかし、パイク曹長は、1個小隊のみ前線に残し、中隊は移動することを大尉から知らされ、リース、ラーキン軍曹、コービーら6人が最前線に残ることになる。
パイクらはジープに改良を加え、戦車だと思わせるなど、複数部隊が待機しているように見せかけて、敵を牽制するのだが・・・。
__________

同年スタートする、TVドラマ「コンバット!」(1962-67)を思わせる作品で、事実、音楽は両方を手がけたレナード・ローゼンマンであり、ほぼ同じ雰囲気の音楽が流れる。

また、「コンバット!」のエピソードの一つに、”Hills are For Heroes”という、本作の原題とやや内容も似た物語もある。

一分隊の寄せ集め兵士の物語ではあるが、主演のスティーヴ・マックィーン以外は、人物像に深みがないように見えるのは、マックィーンの個性が突出し、強烈なインパクトを与えているからだろう。

その人物描写よりも、小道具などに趣向を凝らし、迫力ある戦闘場面などを見せ、ドン・シーゲルらしい演出が見ものだ。

実生活でも、必要以上のことはあまり話さなかったとい、若き日のスティーヴ・マックィーンは、反骨の寡黙なヒーローが実によく似合い、ニコリと笑うと、その表情がまた際立つという、特異な才能の持ち主は一味違うという、他とは異質な魅力を感じる。

戦利品収集家ボビー・ダーリン、思慮深く頼れる曹長フェス・パーカーマックィーンと対立しながら死んでいく軍曹ハリー・ガーディノ、機械屋のジェームズ・コバーン、寂しがり屋のポーランド人役ニック・アダムス、補充要員にされてしまうボブ・ニューハート、気のいいマイク・ケリン、大尉のジョセフ・フーヴァー、そしてL・Q・ジョーンズが端役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター