ヘラクレス Hercules (2014) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスと仲間達の命を懸けの戦いを描く、製作、監督ブレット・ラトナー、主演ドウェイン・ジョンソンイアン・マクシェーンジョン・ハートルーファス・シーウェルアクセル・ヘニージョセフ・ファインズレベッカ・ファーガソン他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ブレット・ラトナー

製作
ボー・フリン
バリー・レヴィン
ブレット・ラトナー
製作総指揮
ロス・ファンガー
ジェシー・バーガー
ピーター・バーグ
サラ・オーブリー
原作:スティーヴ・ムーアHercules: The Thracian Wars
脚本
ライアン・J・コンダル
エヴァン・スピリオトポウロス
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集
マーク・ヘルフリッチ
ジュリア・ウォン
音楽:フェルナンド・ベラスケス

出演
ヘラクレスドウェイン・ジョンソン
アムピアラオスイアン・マクシェーン
コテュス王:ジョン・ハート
アウトリュコスルーファス・シーウェル
テュデウスアクセル・ヘニー
アタランテイングリッド・ボルゾ・ベルダル
イオラオスリース・リッチー
エウリュステウス王:ジョセフ・ファインズ
レーソストビアス・ザンテルマン
シタクレス:ピーター・ミュラン
ユージニア:レベッカ・ファーガソン
アリウス:アイザック・アンドリュース
メガラーイリーナ・シェイク

アメリカ 映画
配給
MGM
パラマウント・ピクチャーズ
2014年製作 98分
公開
北米:2014年7月25日
日本:2014年10月24日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $72,688,610
世界 $226,788,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
全能の神ゼウスティリンスの王妃アルクメネの間に、半神半人の子ヘラクレスが生まれる。

ゼウスの王妃ヘラはそれを許せず、ヘラクレスを抹殺しようとするものの、偉大なる神の子は、放たれた毒蛇を殺してしまう。

成長したヘラクレスは、神々に”12の難業”を課され、襲い掛かる敵を次々と倒す。

紀元前358年、ギリシャ北部、マケドニア沿岸。
ヘラクレスドウェイン・ジョンソン)は、戦いの仲間達、預言者アムピアラオスイアン・マクシェーン)、戦略家のアウトリュコスルーファス・シーウェル)、凶暴な戦士テュデウスアクセル・ヘニー)、女戦士アタランテイングリッド・ボルゾ・ベルダル)らと共に、捕らえられていた甥のイオラオスリース・リッチー)を救い出す。

ある日ヘラクレスは、現れたトラキアコテュス王(ジョン・ハート)の娘ユージニア(レベッカ・ファーガソン)から、反乱者レーソストビアス・ザンテルマン)を敵に回し内戦状態になってしまったため、鎮静化してほしいと頼まれる。

体重分の金を支払うと言われたヘラクレスらは、コテュスに傭兵として雇われることになる。

ギリシャ東部、トラキア
シタクレス将軍(ピーター・ミュラン)に歓迎されたヘラクレスは、宮殿の前にそびえ立つ自分を憎むヘラの巨象を確認する。

愛する息子アリウス(アイザック・アンドリュース)を抱き寄せたユージニアは、ヘラクレスに興味を持ち興奮する息子を落ち着かせる。

コテュスに謁見するヘラクレスは、王族に会ったことがあるかをシタクレスから訊かれ、一、二度あると答えてあることを思い出す。

3年前。
ミケーネティリンスの王エウリュステウスジョセフ・ファインズ)から”12の難業”を課せられたヘラクレスは宮殿に戻り、妻メガラーイリーナ・シェイク)と子供達に迎えられる。

ヘラクレスから退治した怪物”ヒュドラ”の首を見せられたエウリュステウスは満足し、彼を英雄として称える。

シタクレスから声をかけられ我に返ったヘラクレスは、妻子が惨殺されたことを考えながら王の元に向かう。

コテュスに歓迎されたヘラクレスは仲間達を紹介し、王は、自分の死をも見通すと言う有名な予言者アムピアラオスに、今回の戦いの結果を訊く。

神のみが知ると言われたコテュスは祝宴を始め、戦いで兵を失い農民と商人しか残っていないと言うシタクレスは、妖術を使うレーソスが、半人半獣の”ケンタウロス”であると伝える。

レーソスに襲われた避難民が増え続ける現状をコテュスから知らされたヘラクレスは、英雄を信じる国民を救ってほしいとユージニアに言われる。

アウトリュコスに信用できそうだと伝えたヘラクレスは、倍額の報酬で納得させたことも付け加える。

話はまとまり、ヘラクレスらは農民達を兵士として鍛え始める。

レーソスが移動したことを知ったコテュスは、訓練不足である戦いの準備が整っていない状況で、兵を率い出撃するようシタクレスに命ずる。

自分に憧れるアリウスと話したヘラクレスは、ユージニアが、民のために療養所の手伝いをしていることを知る。

ヘラクレスは、英雄だけが身につけることができる、自分が倒した獅子の牙をアリウスに渡し、強くなるようと伝える。

翌日、兵に扮して戦おうとしたイオラオスに、王の傍にいるようにと指示したヘラクレスは出撃する。

トラキア中部、ベッシ族の中心地。
焼き討ちされた集落を調べたヘラクレスらだったが、それが罠だと気づく。

ヘラクレスは王を守るようにと兵に命じ、妖術で人を操り、味方同士を戦わせようとするレーソスの計画だとシタクレスから言われる。

戦いは始り、敵を倒したコテュスレーソスを捜すが、丘の上からケンタウロスがその様子を見つめていた。

兵の半分を失ったコテュスレーソスを憎むが、ヘラクレスは、兵が未熟であることを指摘したと伝える。

ヘラクレスが負傷していることに気づいたイオラオスは、神の子が血を流す姿を見られてはまずいと言って傷を隠す。

ユージニアの治療を受けたヘラクレスは、アリウスの話になり子供達のことを訊かれるものの何も答えない。

その後ヘラクレスは、妻子の死の悪夢にうなされて目覚める。

幻覚を見たヘラクレスは、近づくテュデウスに気づき正気に戻る。

翌朝ヘラクレスは、心の敵を倒さなければ永遠につきまとわれると忠告される。

ヘラクレスが家族を殺したという噂をアウトリュコスらに話したユージニアは、彼がアテネに戻ったら殺されることも確認しようとする。

12の難業”を終えたヘラクレスだったが、ヘラの怒りは収まらなかったという、神話ではなく真実を知りたいと言うユージニアだったが、それは誰にも分らないとアウトリュコスが答える。

ヘラクレスが見つけた時には妻子が死んでいたと話すアウトリュコスは、その記憶がない彼と身寄りのない自分達は、助け合って戦ったと伝える。

王達の危険な任務を受ける度に仲間が増え、群を抜く強さのヘラクレスは、人間とは思えないという伝説となった。

そして、自分達がゼウスの息子に仕立て上げたと言うアウトリュコスは、イオラオスの話術も、それを広めるために役だったとユージニアに話す。

信実は別として、ヘラクレスは家族の死で苦しんでいるのは確かであり、彼を救えるのは神だけだと、アムピアラオスはユージニアに伝える。

その後、ゼウスの指示に従い職人が作ったという防具を配り、兵の士気を高めたヘラクレスらは、厳しい訓練を始める。

レーソスの居場所を知ったヘラクレスは、兵の準備ができ次第、出撃することをアウトリュコスに伝える。

1週間以内に自分は死ぬと言うアウトリュコスは、十分に生きたことをヘラクレスに伝える。

トラキア国境、アスティカス山。
丘の上のケンタウロスを確認したイオラオスだったが、近づいて来たのは騎馬兵で、兜を外したレーソスは、ヘラクレスに戦いを挑む。

圧倒的な不利を伝えるものの、降伏する気のないコテュスの考えを確認したレーソスは陣地に戻る。

戦いは始り、矢先に火を点けた弓矢が無数に放たれ、死の時を迎えたと考えたアムピアラオスは、矢を受ける覚悟を決めるものの無時だった。

自軍の兵士が撤退を始めたため、ヘラクレスを倒そうとしたレーソスは突進する。

ヘラクレスに馬ごと投げ飛ばされたレーソスは降伏し、拘束されて宮殿に連れて行かれる。

シタクレスに蹴り倒されたレーソスを立たせたヘラクレスは、暴君であるコテュスの悪行に手を貸した言われる。

レーソスをさらし者にした戦勝の祝宴が開かれ、彼に水を与えようとしたユージニアは、コテュスに制止される。

シタクレスは、トラキアを統一したコテュスを称えるが、レーソスは、国は民のものだと意見する。

ユージニアがレーソスに同情する姿を気にしたヘラクレスは、自分達を騙した彼女の真意を問う。

息子アリウスを守るためにしたことだと言うユージニアは、王だった夫を毒殺したコテュスが国王の座に就き、レーソスが抵抗して内戦になったことをヘラクレスに伝える。

正当な後継者であるアリウスが立派な国王になることを信じるユージニアは、先の短いコテュスが死ぬことを願うしかなかったのだった。

ユージニアから助けを求められたヘラクレスはそれを拒み、コテュスに呼ばれる。

利用したことなど問題にしないコテュスは、ヘラクレスの鍛えた最強の兵により自分が帝国を築くことを伝え、仕えるようにと命ずる。

ヘラクレスの態度でそれを拒むと判断したコテュスは、報酬を渡して彼らを追い払う。

自分の報酬をアウトリュコスに渡したヘラクレスは、片を付けると言って留まることを伝え、他の仲間も共に戦おうとする。

その考えに従う気になれないアウトリュコスは、仲間達の報酬を受け取りその場を去る。

宮殿に攻め入ったヘラクレスは兵士に包囲され、シタクレスは、ユージニアと共謀した彼がアリウスを連れ出そうとしたことをコテュスに伝える。

コテュスがアリウスに剣を向けたため、抵抗しようとしたヘラクレスは、アリウスから獅子の牙を受け取り殴り倒される。

鎖につながれたヘラクレスは、現れたエウリュステウスが、コテュスと共にギリシャ全土を制する考えだったことを知る。

エウリュステウスに毒を盛られ、その間に妻子が怪物犬ケルベロスに殺されたことを知ったヘラクレスは、怒りがこみ上げる。

民が自分よりヘラクレスを称える姿を見たエウリュステウスは嫉妬して、家族を抹殺したことを話す。

コテュスは、裏切り者のユージニアの処刑を命ずるが、アムピアラオスヘラクレスに強大な力を与えようとする。

ヘラクレスは、渾身の力で拘束を逃れてユージニアを救い、コテュスが三頭のケルベロスを放つよう命ずる。

ケルベロスを倒したヘラクレスは、投獄されていた仲間達を解放し、兵を次々と倒す。

命乞いをするエウリュステウスを追い詰めたヘラクレスは、彼を容赦なく殺して家族の仇を討つ。

シタクレスと一騎打ちになったヘラクレスは、危機一髪のところでイオラオスに救われる。

宮殿を出たヘラクレスは兵に呼びかけるものの、コテュスが、ただの人間であるヘラクレスは神ではなく、従う者は死が待つと伝える。

アリウスに剣を向けてヘラクレスらに屈服させようとしたコテュスだったが、戻って来たアウトリュコスが加勢して戦いが始まる。

逃げるアリウスを守ったテュデウスは矢を受けてしまい、敵兵に襲いかかりながら倒れ込む。

テュデウスを宮殿の入り口に運んだヘラクレスは、自分の名を口にした彼の死を見届ける。

ヘラクレスは、ヘラの巨象を倒して攻め込んでくる兵士を撃退し、コテュスは、巨象の頭部に吹き飛ばされる。

兵士達は平伏し、ヘラクレスの名を呼び彼を称える。

ヘラクレスゼウスの子なのかは問題ではなく、神の子でなくても英雄になれることを信じたのだった。


解説 評価 感想
2008年に発表された、スティーヴ・ムーアのグラフィック・ノベル”Hercules: The Thracian Wars”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
全能の神ゼウスと人間の間に生れた半神半人のヘラクレスは、神々に”12の難業”を課された後、傭兵となり、仲間達と戦いの旅を続けていた。
紀元前358年、トラキアコテュス王の娘ユージニアから、内戦を鎮めてほしいと頼まれたヘラクレスらは、それを引き受けて宮殿に向い、農民と商人を兵士として鍛える。
訓練を終えぬまま出撃したためヘラクレスらは損害を出すものの、反乱者レーソスを捕らえ宮殿に戻る。
ところが、今回の戦いは、ギリシャ全土を支配しようとするコテュスと、ミケーネティリンスの王エウリュステウスの謀略であったことを、ヘラクレスは知ることになる・・・。
__________

同年1月に公開された「ザ・ヘラクレス」(2014)に続き、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを主人公にしたアクション・アドベンチャーの大作。
全能の神ゼウスティリンスの王妃アルクメネの間に、半神半人の子として生れたヘラクレスの出生について語られる部分が同じだけであるため、内容は全く異なる二作を比較する必要はない。

本作は、ヘラクレスの英雄伝説自体が信実かどうかというところと、家族を自分の手で殺してしまった可能性があることで苦悩する主人公の心の葛藤なども描いている。

また、傭兵として共に戦う頼もしい仲間達のキャラクターが実に興味深く描かれ、主人公ヘラクレスの引き立て役以上に、ドラマに厚みを加えている。

製作費に1億ドルをかけ、北米興行収入は約7300万ドルに終わったものの、全世界では約2億2700万ドルの大ヒットとなった。

主演のドウェイン・ジョンソンは、その巨体と圧倒的存在感で、伝説の英雄ヘラクレスを熱演している。

少々ユーモラスな役柄を演じ作品にアクセントを加える、ヘラクレスの仲間、予言者アムピアラオスイアン・マクシェーン、暴君であるトラキアの王コテュスジョン・ハートヘラクレスの仲間で戦略家アウトリュコスルーファス・シーウェル、狂暴な戦士テュデウスアクセル・ヘニー、女戦士アタランテイングリッド・ボルゾ・ベルダルヘラクレスの甥イオラオスリース・リッチーヘラクレスを利用するミケーネティリンスの王エウリュステウスジョセフ・ファインズ、暴君コテュスに対し反乱を起こすレーソストビアス・ザンテルマントラキアの将軍ピーター・ミュランコテュスの娘である王女レベッカ・ファーガソン、その息子アイザック・アンドリュース、ヘラクレスの妻メガラーイリーナ・シェイクなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター