靴をなくした天使 Hero (1992) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

善行とは縁のないコソ泥が、偶然遭遇した航空機事故で救助をしたため、乗客救出のヒーロー捜しの騒動に巻き込まれるという、監督スティーヴン・フリアーズ、主演ダスティン・ホフマンジーナ・デイヴィスアンディ・ガルシアジョーン・キューザックチェビー・チェイス他共演のヒューマン・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴン・フリアーズ
製作:ローラ・ジスキン
脚本
デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
ローラ・ジスキン
アルヴィン・サージャント
撮影:オリバー・ステイプルトン
編集:ミック・オーズリー

音楽:ジョージ・フェントン

出演
ダスティン・ホフマン:バーナード”バーニー”ラプラント
ジーナ・デイヴィス:ゲイル・ゲイリー
アンディ・ガルシア:ジョン・ババー
ジョーン・キューザック:エヴェリン・ラプラント
チェビー・チェイス:ディーク
スティーヴン・トボロウスキー:ジェームズ・ウォレス
ジェームズ・マディオ:ジョーイ・ラプラント
スージー・キューザック:ドナ・オディ弁護士
トム・アーノルド:チック

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1992年製作 117分
公開
北米:1992年10月2日
日本:1993年4月
製作費 $42,000,000
北米興行収入 $19,487,173
世界 $66,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

6日間の保釈延長を言い渡された、コソ泥のバーニー・ラプラント(ダスティン・ホフマン)は、裁判の最中にドナ・オディ弁護士(スージー・キューザック)の財布から現金を盗んでしまう。

バーニーは、別れた妻エヴェリン(ジョーン・キューザック)との息子ジョーイ(ジェームズ・マディオ)と時を過ごすが、食事代は払わず、落ちていた財布の現金を届けようともしない、親の見本とは程遠い男だった。

ジョーイと映画を見に行く約束をしたバーニーは、雨の中、車がエンストして立ち往生している最中、付近に旅客機が墜落する。

機内からの救援を求める声に、いやいやながら救助を始めたバーニーは、シートに足を挟まれていたテレビ・レポーター、 ゲイル・ゲイリー(ジーナ・デイヴィス)を救い出す。

ゲイルは怪我をしながらも、姿を消したバーニーを捜して特ダネにしようと、駆けつけたカメラマンに指示を出す。

3時間も遅れて着いたバーニーは、元妻エヴェリンに、頭ごなしに罵倒され、事情も話さずに立ち去る。

善行とは縁のなかったバーニーは、救い出せなかった犠牲者達のことを思い、英雄的行為と愚かさは紙一重だと実感る。

バーニーは、事故現場で100ドルもする靴を片方なくしたため、ホームレスのジョン・ババー(アンディ・ガルシア)に、もう片方をあげてしまう。

ゲイルは傷も癒えぬまま乗客への取材を始め、自分を助けたヒーローを捜し始める。

そして、現場に落ちていた乗客以外の靴が見つかり、それをゲイルがテレビで紹介して、ジョーイの目に留まる。

母エヴェリンに父バーニーが靴を片方なくしたことを伝えるジョーイだったが、人助けはバーニーの信条に反することだとエヴェリンは言い張る。

ゲイルのテレビ局チャンネル4の局長ジェームズ・ウォレス(スティーヴン・トボロウスキー)は、”謎のヒーロー”に100万ドルの謝礼金を払うと発表する。

それを聞いたバーニーは名乗り出ようとするが、盗んだクレジットカードを売りさばこうとしたところを、囮捜査で捕まってしまう。

チャンネル4には靴を持った人々が押し寄せ、バーニーから靴をもらったジョンが名乗り出て、ゲイルのインタビューを受けて100万ドルを手にする。

チャンネル4のチーフ・ディレクター、ディーク(チェビー・チェイス)は、ホームレスのジョンをペントハウスに滞在させ、その生活の変化を追い、ニュース・ネタにすることをウォレス局長に報告する。

ジョンは一躍有名人となり、後ろめたさを感じながらも優雅な生活が始まり、一方、バーニーは、悲惨な刑務所生活に絶望してしまう。

恵まれない人々の心を知る、ジョンの発言や行動は共感を呼び、次第にゲイルも彼に惹かれていく。

弁護士ドナのおかげで保釈されたバーニーは、病院に慰問に現れたジョンを侮辱し、それが彼の耳に入る。

チャンネル4で、ジョンの救助劇がドラマになることになるが、 ゲイルは、自ら主人公を演ずる彼の救助方法が、当時の様子と違うことに気づく。

さらに、事故でなくしたはずのクレジットカードを、バーニーが持っていたという連絡を警察から受けたゲイルは、彼に興味を持つ。

バーニーの取材に向かったゲイルは、彼とジョンの関係を知り、それを追求する。

しかし、そこにジョンが自殺しようとしているという連絡が入る。

良心の呵責に苦しんだジョンは、何度か真実を話そうとしたがチャンスを逃し、手紙を残してビルから飛び降りようとしたのだった。

現場に連れて来られたバーニーは、ジョンを説得しようとする。

テレビに映ったバーニーの姿に驚いたジョーイは、エヴェリンと共に現場に向かう。

汚れてしまったバーニーの顔を見たゲイルは、バーニーが自分を助けた人物ではないかと思う。

バーニーは、真相をバラさない代わりに、息子ジョーイの学費と弁護士費用を負担するようジョンを説得し、交渉は成立する。

そしてバーニーは身を投げようとするが、ジョンがそれを救い、彼は会見でバーニーに感謝の言葉を述べる。

ゲイルは、バーニーに会い真相を聞きだそうとするが、彼は自分をヒーローだとは認めない。

ゲイルは真実を聞けないまま彼に感謝を述べ、バーニーもそれに答える。

その後、ジョンは、ゲイルに自分をヒーローだと思うかと聞かれ、全ての人々がヒーローだと答える。

平穏な暮らしに戻ったバーニーは、事故の日に映画に遅れた理由を動物園でジョーイに話す。

自分の信条とは違う行動を、その時はとってしまったというバーニーは、魔が差したと、おかしな釈明をしてジョーイに話す。

その時、ライオンのオリに子供が落ち、いつものように他人任せにしようとしたバーニーは、仕方なく靴を脱ぎ救助に向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

コソ泥のバーニー・ラプラントは、別れた妻エヴェリンとの息子ジョーイと映画を見に行く約束をする。
ジョーイを迎えに行く途中でバーニーは、途中、旅客機墜落事故に遭遇してしまう。
善行とは全く縁のない男バーニーは、救援を求める声に、いやいやながら救助を始め、テレビ・レポーターのゲイルを救い出す。
怪我をしたゲイルは、姿を消したバーニーを捜して特ダネにしようとする。
ジョーイとの約束に遅れたバーニーは、妻エヴェリンに罵倒され、事情も話さずに立ち去る。
その後バーニーは、事故現場で靴を片方なくしたため、もう片方をホームレスのジョンにあげてしまう。
傷も癒えぬままに、ゲイルは自分を助けたヒーローを捜し始め、そして、現場に落ちていた乗客以外の靴が、その人物のものだと確信する。
ジョーイはそれに気づき、父バーニーが靴を片方なくしたことを母エヴェリンに伝えるが、彼女はそれを信じない。
テレビ局の局長ウォレスは、”謎のヒーロー”に100万ドルの謝礼金を払うと発表する。
バーニーは名乗り出ようとするが、別件で捕まってしまう。
そして、テレビ局に靴を持った人々が押し寄せる中、ホームレスのジョンが名乗り出るのだが・・・。
__________

世知辛い世の中で、真のヒーローは誰なのか・・・。
それとは全く無縁の男がヒーローになる資格を得ながらどん底に落ち、無欲だった男はヒーローになり後悔する。
そして、メディアのヒーロー劇に翻弄される民衆、結局は全ての人々にヒーローになるチャンスと資格があるという、イギリス人監督スティーヴン・フリアーズの、アメリカ社会の一面を描いた作品。

レインマン」(1988)以降、やや”休息” 気味だった、主人公のコソ泥を演ずるダスティン・ホフマンは、単なるコミカルな演技に終わらせず、善人ぶらない、人情味のある人物を好演し、さすがに芸達者なところを見せてくれる。

ジーナ・デイヴィスの、情け無用の熱血リポーター役も、いかにも彼女らしい快活なイメージに合ったキャスティングだ。

善人面したペテン師かと思いきや、貧しい者の心を知る思慮深いホームレスを、アンディ・ガルシアも好演している。

ヒステリックな主人公の妻ジョーン・キューザック、いつものごとくとぼけた感じが印象的なチェビー・チェイス、その上司ティーヴン・トボロウスキー、主人公の優しさを唯一人理解する息子ジェームズ・マディオ、依頼人に手玉に取られる未熟な弁護士で、J・キューザックの実妹スージー・キューザック、主人公を慰めるバーテンダートム・アーノルドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター