真昼の決闘 High Noon (1952) 5/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

単に悪党との決闘を描く西部劇ではなく、正義を貫こうとする保安官の孤独な心理状況と、命に関ることが起きた場合の、人々の友人を見る裏腹な心など複雑な心情を描く、製作スタンリー・クレイマー、監督フレッド・ジンネマン、主演ゲイリー・クーパートーマス・ミッチェルケティ・フラドグレイス・ケリーロイド・ブリッジス共演による傑作ドラマにして、映画史上に残る不休の名作。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:フレッド・ジンネマン
製作:スタンリー・クレイマー
原作:ジョン・W・カニンガム
脚本:カール・フォアマン
撮影:フロイド・クロスビー
編集:ハリー・W・ガースタッド
音楽:ディミトリ・ティオムキン
主題歌:テックス・リッター
Do Not Forsake Me, Oh, My Darlin

出演
ゲイリー・クーパー:ウィル・ケイン
トーマス・ミッチェル:ジョナス・ヘンダーソン町長
ケティ・フラド:ヘレン・ラミレス
グレイス・ケリー:エイミー・ファウラー・ケイン
ロイド・ブリッジス:ハーヴェイ・ペル
イアン・マクドナルド:フランク・ミラー
ロン・チェイニーJr.:マーティン・ハウ
ハリー・モーガン:サム・フラー
リー・ヴァン・クリーフ:ジャック・コルビー
シェブ・ウーリー:ベン・ミラー
ロバート・J・ウィルク:ジム・ピアース
オットー・クルーガー:パーシー・メトリック判事
ジョン・ドーセット:トランブル
ジャック・イーラム:チャーリー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1952年製作 85分
公開
北米:1952年7月24日
日本:1952年9月17日
製作費 $750,000


アカデミー賞 ■

第25回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ゲイリー・クーパー)
編集・作曲(ドラマ・コメディ映画)
歌曲賞 ”Do Not Forsake Me, Oh, My Darlin
・ノミネート
作品・監督・脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1870年、ハドリーヴィル。
連邦保安官のウィル・ケイン(ゲイリー・ クーパー)が、かつて逮捕して投獄されていたフランク・ミラー(イアン・マクドナルド)の仲間達、ジム・ピアース(ロバート・J・ウィルク)、ジャック・コルビー(リー・ヴァン・クリーフ)、そして、ベン・ミラー(シェブ・ウーリー)が町に現れる。

その頃、長年保安官を務めたケインは、若いエイミー・ファウラー(グレイス・ケリー)との結婚を機に、町を去ることを決意していた。


駅に向かったピアースらは、減刑になり、正午の汽車で町に着くはずのミラーを待つ。

町長のジョナス・ヘンダーソン(トーマス・ミッチェル)らに祝福され、式を済ませたケイントエイミーだったが、ケインは新任の保安官が来ないまま、バッジを外すことを気にする。

しかし、ヘンダーソンは、町の安全を保障しケインを旅立たせようとする。

そこに、ミラーが釈放されたという電報が入り、ケインは困惑してしまう。

ヘンダーソンらはケインに町を出るよう説得し、二人を馬車に乗せて旅立たせる。

保安官補のハーヴェイ・ペル(ロイド・ブリッジス)は、酒場の女経営者で、同棲するヘレン・ラミレス(ケティ・フラド)に、ケインが怖気付いて町を出たと伝える。

ペルは、自分を保安官に推薦しないケインを憎んでいた。

ケインは、争いごとを嫌う、クェーカー教徒のエイミーのために一旦は町を離れるが、正義感から町に戻り、無法者達を待ち構えようとする。

ヘレンはケインが戻ったことを知り、ペルの軽薄さを嘲り笑う。

エイミーに、ミラーとの経緯を話したケインだったが、彼女は無謀な争いを止めようとする。

逃げても追われる凶悪犯なだけに、ケインはこの場で決着を付けるしかないことをエイミーに伝える。

友人も多いケインは、自警団を作れば対抗できると考えるが、エイミーは、夫の生死を見届ける気になれずに、汽車で旅立とうとする。

自らが下した判決であり、報復を恐れたパーシー・メトリック判事(オットー・クルーガー)は町を離れる。

仕方なくケインは、早速、自警団を組織し始めようとして、現れたペルに協力を要請する。

しかしペルは、あくまで自分を推薦しょうとしないことでケインに不満をぶつけ、バッジを外してしまう。

それを聞いたヘレンは、未熟な考えのペルを再び軽蔑する。

かつて関係があった自分とケインのことで、彼がひがみ腹いせをしていると言うペルに憤慨し、ヘレンは彼を部屋から追い出してしまう。

ヘレンはミラーとも関係があったので、トラブルを避けるため、またケインが殺されるところを見たくないために、店を売り払い町を出ようとする。

ケインは、ヘレンにミラーの件を知らせにホテルに向かい、そこでエイミーに出くわして彼女を案ずる。

ミラーが現れることを知っていたヘレンは、ケインに逃げることを勧めるが、彼はそれを断る。

ケインが帰った後、エイミーは彼とヘレンやミラーの関係を知る。

酒場に現れたミラーの弟ベンが、駅に戻ろうとした際、彼と出くわしたケインは、酒場にいた男達に協力を求める。

しかし、ミラーの仲間までいる中で、誰もケインに手を貸そうとしない。

焦るケインは、友人サム・フラー(ハリー・モーガン)の家を訪ねるものの、彼には居留守を使われてしまう。

ヘレンの元に向かったペルは、彼女が町を出ようとしていることを知り、ケインと逃げるのかと言い寄るが、彼女はペルを見限る。

教会に向かったケインは、妻のエイミーがクェーカー教徒であるため、普段の不信心を詫び、その場にいた人々に協力を要請する。

即刻、加勢しようとする者と異議を唱える者で意見が分かれ、ヘンダーソン町長が話をまとめようとする。

話し合いはまとまらず、ヘンダーソンはケインの町への貢献は評価する。

しかし、ケインが街に戻らなければ、争いも起きなかったはずだと、彼に今すぐ町を出て行くよう告げる。

ヘンダーソンの言葉に、ショックを受けたケインは、元保安官で友人でもあるマーティン・ハウ(ロン・チェイニーJr.)の元に向かう。

ハウも、人の心は裏腹であり、ケインに戻るべきでなかったことを告げ、自分も、不自由な体での加勢は無理なことを伝える。

ヘレンがケインやミラーと関係していたことを聞いていたエイミーは、汽車を待つ間、ヘレンと話をすることにする。

ケインをなぜ見捨てるのかと聞くヘレンに対して、争いで父と兄を亡くし、クェーカー教徒になったことをエイミーは伝える。

それなのに、夫ケインが人殺しと対決しようとすることが、エイミーには理解できなかったのだ。

立ち去ろうとするエイミーを引きとめ、ヘレンは汽車を待つ間、彼女に部屋にいるようにと声をかける。

見殺しにしたくもないが、加勢する気にもなれない人々から孤立するケインを見て、ペルは彼を逃がそうとする。

一瞬、町を出る気にもなったケインは、納屋の愛馬の元に向かい、そこにペルが現れる。

ペルはケインを殴り馬に乗せようとするが、逆に彼に殴り倒されてしまう。

床屋で身なりを整えようとしたケインは、裏で葬儀屋が、棺桶を用意していることに気づく。

事務所に戻ったケインは、加勢する男に仲間がいないことを伝えると、男は怖気付き去っていく。

正午が迫り、仕方なくケインは単独で戦う覚悟を決めて遺書を書く。

人々の間に緊張の時間が流れ、そして定刻通りミラーを乗せた汽車が、汽笛を鳴らして到着する。

人影のない町の大通りに出たケインは、ヘレンと共に町を出ようとするエイミーの馬車を見つめる。

汽車は駅に到着し、ミラーは仲間に迎えられ、駅に着いたヘレンと、目を合わせただけのミラーは町に向かう。

大通りを独り歩くケインは、一味を見つけて、ミラーの弟ベンを撃ち殺す。

その銃声を聞いたエイミーは、汽車を降りて町に戻る。

ケインは納屋に逃げ込み、そこでジャックを殺すが、ミラーがその場に火を放つ。

馬を解放し、それに乗って通りに逃れたケインをミラーらは追う。

ケインは追い詰められるが、町に戻ったエイミーが、ジムを背後から撃ち殺す。

ミラーは、エイミーを人質に取り通りに出てくるが、彼女が抵抗した隙に、ケインの弾丸がミラーを捉える。

悪党が消えて、安心した人々は一斉に通りに出てくるのだが、ケインは無言のまま、人々を軽蔑の眼差しで見ながらバッジを捨てる。

そしてケインは、自分を見捨てなかったエイミーと共に馬車で町を去っていく。


解説 評価 感想 ■

1947年に”Collier’s Weekly”に掲載された、ジョン・W・カニンガムの短編”The Tin Star”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

人々の祝福を受けた結婚を機に、任期を終えた連邦保安官ウィル・ケインは、結婚を機に若い妻エイミーと共に町を去ろうとする。
しかし、自分が投獄した極悪人ミラーが、正午に、汽車で復讐に現れることが分かる。
エイミーのことを考え、一旦は町を出ようとするケインだったが、彼は決着を付けるために町に戻る。
それを理解しない妻エイミーや、一転、加勢しようともしない住民との狭間で、苦悩するケインは、仕方なく単独で敵に立ち向かおうとする。
ケインが、遺書まで書いたその時、悪党を乗せた汽車は、定刻通りの正午、駅に到着し因縁の対決が始まる・・・。
__________

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第25回アカデミー賞では、作品賞以下7部門でノミネートされ、主演男優(ゲイリー・クーパー)、編集、作曲(ドラマ・コメディ映画)、歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・脚本賞

正午に迫る時計の針が、刻一刻と時間をきざむ緊迫感、本作は、ドラマの経過時間と上映時間が一致するように作られていて、度々登場する時計を映すショットが、効果を上げている。

誰もいない町の大通りを独り歩く、ゲイリー・クーパーの後ろ姿に、孤独な男の焦りが見える。

戦いを拒絶するクェーカー教徒の妻と、義務感の板挟みで苦悩するクーパーの演技は、正にオスカーに値する名演だ。

しかし、50歳になったばかりのクーパーは、かなり老けて見えるため、20代前半の若いグレイス・ケリーとは釣り合いがとれない。

タフガイとは言えない役柄でもあり、クーパーらしいとはいえ、勇敢ではあるが、やや弱々しい保安官役を、私はあまり好きにはなれない。

アカデミー賞授賞式に欠席したクーパーに代わり、オスカーを受け取った彼の大親友ジョン・ウェインには絶対回ってこない役だろう。

本作がメジャーデビューと言っていいグレイス・ケリーは、若さを感じさせない、健気な保安官の妻役を好演する。
しかも、クェーカー教徒にも拘らず、最後には夫を助けるために、敵を射殺してしまうという驚きもある。

この年のアカデミー作品賞では、最有力とされた本作が無視された理由に、赤狩り旋風吹き荒れる中、自らのリベラルな立場を貫くフレッド・ジンネマンと、脚本のカール・フォアマンへの腹いせだという裏話もある。

本作で、アカデミー作曲賞と歌曲賞をダブル受賞するディミトリ・ティオムキンの主題曲と、テックス・リッターの歌う主題歌”Do Not Forsake Me,Oh, My Darlin”も効果的に挿入されている。

良き理解者、友人でありながら、町を去る助言しかできない町長トーマス・ミッチェル、思慮深く全てを見据える酒場の女主人ケティ・フラド、反対に、自分の若さや無能さに気づこうとしない保安官補ロイド・ブリッジス、敵役イアン・マクドナルドシェブ・ウーリーロバート・J・ウィルク、本作がデビュー作となるリー・ヴァン・クリーフ、元保安官で主人公の友人ロン・チェイニーJr.、同じく友人のハリー・モーガン、判事オットー・クルーガー、町民のジョン・ドーセット、そして、牢屋に入っていた飲んだくれジャック・イーラムなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター