【レビューを書く】 

ハイ・ライズ High-Rise (2015)


3.59/5 (32)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1975年に発表された、J・G・バラードの小説”High-Rise”を基に製作された作品。
階級格差が存在する高層マンション内の秩序の崩壊を描く、監督ベン・ウィートリー、主演トム・ヒドルストンジェレミー・アイアンズシエナ・ミラールーク・エヴァンスエリザベス・モスジェームズ・ピュアフォイシエンナ・ギロリーキーリー・ホーズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ベン・ウィートリー
製作:ジェレミー・トーマス
製作総指揮
ピーター・ワトソン
トーステン・シューマッハー
リジー・フランク
サム・ラヴェンダー
アンナ・ヒッグス
ガブリエラ・マルチネリ
クリストファー・サイモン
ジュヌヴィエーヴ・ルマル
原作:J・G・バラードHigh-Rise
脚本:エイミー・ジャンプ
撮影:ローリー・ローズ
編集
エイミー・ジャンプ
ベン・ウィートリー
音楽:クリント・マンセル

出演
ロバート・ラング:トム・ヒドルストン
アンソニー・ロイヤル:ジェレミー・アイアンズ
シャーロット・メルヴィル:シエナ・ミラー
リチャード・ワイルダー:ルーク・エヴァンス
ヘレン・ワイルダー:エリザベス・モス
ジョン・パングボーン:ジェームズ・ピュアフォイ
アン・ロイヤル:キーリー・ホーズ
ポール・コスグローヴ:ピーター・フェルディナンド
ジェーン・シェリダン:シエンナ・ギロリー
ネイサン・スティール:リース・シェアスミス
エイドリアン・タルボット:エンゾ・シレンティ
マンロー:オーガスタス・プリュー
シモンズ:ダンレントン・スキナー
フェイ:ステイシー・マーティン
ロバート:トニー・ウェイ
ローラ:レイラ・ミマック
マーサー:ビル・パターソン
トビー・メルヴィル:ルイス・サック
ジーン:ジュリア・ディーキン

イギリス 映画
配給 スタジオカナル
2015年製作 119分
公開
イギリス:2016年3月18日
北米:2016年4月28日
日本:2016年8月6日
製作費 £6,000,000
北米興行収入 $346,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1970年代、ロンドン
郊外の荒廃したタワーマンションに住む医師ロバート・ラング(トム・ヒドルストン)は、ジャーマン・シェパードを殺してローストして食べようとする。

3か月前。
ラングは、スーパーマーケット、ジム、スパ、プールなどがある富裕層向けの25階に入居する。

ベランダで眠っていたラングは、上の階のシャーロット・メルヴィル(シエナ・ミラー)がシャンパンの瓶を落としたために驚き、謝罪する彼女からパーティーに誘われる。

シャーロットの部屋にいた、下層階に住む既婚者でテレビ局に勤めるリチャード・ワイルダー(ルーク・エヴァンス)は、彼女に迫るものの断られる。

生理学を教えるラングは、献体された男性の頭部の解剖を見て失神した学生のマンロー(オーガスタス・プリュー)を気遣う。

その夜、シャーロットのパーティーに参加したラングは、妊娠しているリチャードの妻ヘレン(エリザベス・モス)と話し、歯科医のネイサン・スティール(リース・シェアスミス)を紹介される。

ダストシュートに大きなごみを捨てて塞いだラングを注意したスティールは、妻がアナウンサーのポール・コスグローヴ(ピーター・フェルディナンド)とトイレに行ったことをヘレンから知らされ、その場に向かう。

酒を飲み楽しんだラングは部屋に戻り、服のままベッドで寝てしまう。

翌日、仕事を休むことにして連絡したラングは、シャーロットに誘われてプールに向かう。

現れたシモンズ(ダンレントン・スキナー)から、タワーを設計した著名な建築家アンソニー・ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)が呼んでいると言われたラングは、ペントハウスに案内される。

ロイヤルと話したラングは、妻のアン(キーリー・ホーズ)が、郷愁を形にすることが楽しみだと言われるものの、その理由は教えてもらえなかった。

作業者に衝突されて怪我をしたロイヤルは、苦痛を癒そうとする話をしながら、40階で馬を飼っていることに驚くラングに、アンの乗馬用だろううと伝える。

自分の仲介人シモンズを紹介されたラングは、既に会っていることをロイヤルに伝えて、明後日のアンのパーティーに招待される。

帰ろうとしたラングは、リビングに美術館の絵が飾ってあることに気づき、それをアンに尋ねるものの、勘違いだと言われる。

その後、シャーロットと愛し合ったラングは、タワーには厳しい階層社会があると言われ、彼女が姉の死を知っていたために驚く。

息子のトビー(ルイス・サック)が現れたので行為をやめたシャーロットは、ベビーシッターのローラ(レイラ・ミマック)に彼を任せる。

明後日、パーティー用のワインを購入するためにスーパーに向かったラングは、ジェーン・シェリダン(シエンナ・ギロリー)から、サインが欲しいのかと訊かれ、ワインを見ていただけだと答える。

ジェーンが誰なのかレジ係のフェイ(ステイシー・マーティン)に尋ねたラングは、彼女が女優だと知り、役作りのために必要のないものを買い、独り暮らしの孤独な女を演じていると言われる。

ペントハウスに向かったラングは、18世紀の衣裳を着けた仮装パーティーであることを知り、下の階の住人だったマンローもいたので声をかけて様態を訊く。

自分だけがスーツであるために笑われたラングだったが、それを気にしない。

シモンズにエレベーターに乗せられたラングは、それが壊れて閉じ込められてしまう。

翌日、ロイヤルとスカッシュを楽しんだラングは、エレベーターに閉じ込められたことを話し、初期不良はあると言われるものの、1~12階までが数時間、停電だったことを伝える。

アンやシャーロットのことを話したロイヤルは、一部の住人はここでの地位にしがみついているために逃げ場を失っていると話すが、ラングから、自分が作った地位だと言われる。

タワーを変化のるつぼにしたかったと言うロイヤルは、何かを見落としていたようだとラングに伝える。

低層階の住人から停電の苦情を聞く管理人のロバート(トニー・ウェイ)は、低層階の電力使用量が超過したと説明する。

差別だと言ってロバートに言い寄る低層階の住人は、娘が上層階の者に暗闇で襲われたことを伝える。

不満を訴えるリチャードはラングに制止され、トップに訴えれば話が早いと言われ、上から見下ろしているだけの間抜けだとという話をする。

マンローの検査結果を秘書のジーン(ジュリア・ディーキン)から受け取ったラングは、腫瘍が見つかったことをマンローに伝える。

リチャードの子供の誕生パーティーに参加したラングは、精神科医のエイドリアン・タルボット(エンゾ・シレンティ)から、タワーが均質的だという噂は嘘だと言われる。

子供達がプールから追い出されたことを知ったリチャードは、子供達を連れてプールに向かう。

仲間に入ろうとしないトビーから家族のことを訊かれたラングは、全員死んだか殺したのかと言われて戸惑う。

子供の頃の話を始めたラングは、自分の父親は上にいると話すトビーに、それは天国かと尋ねるものの、そんなものはないと言われる。

トビーを送ってくるとヘレンに伝えたラングは、皆、借金まみれでそれを隠しているだけだと言われる。

ラングは、持っていた睡眠薬をヘレンに渡す。

エレベーターが故障していることに気づいたラングは、トビーと共に階段で上階の部屋に戻ろうとする。

プールが上層階の者達に閉鎖されていることを知ったリチャードは、それを無視して子供達と共にプールに入る。

シモンズと出くわしたラングは、トビーを連れていたためにただの子守りだとバカにされ、階段は閉鎖だと言われる、その直後にビルの電力が不安定になる。

その場で楽しんでいたコスグローブは、邪魔をしたリチャードに、テレビ局で働けなくしてやると言って脅す。

苛立つリチャードは、その場いたジェーンの犬を水中で絞殺す。

トビーを部屋に送ったラングは、シャーロットにプールに行くと伝える。

プールに着いたラングは、死んでいる犬を見て、数時間は泳げるはずなので殺されたと考える。

コスグローブは、ジェーンにとってはわが子のような犬だったとラングに伝える。

子供を寝かせてパーティーに向かったリチャードは、プールに付き合わなかったタルボットを非難し、ドラッグを吸って、シモンズと言い合いになり彼を叩きのめす。

それを制止したラングは、マンローがベランダから飛び降りて、産婦人科医ジョン・パングボーン(ジェームズ・ピュアフォイ)の車に落下したのを目撃する。

翌朝、訪ねてきたシャーロットと話していたラングは、現れたリチャードから、ロイヤルを紹介してほしいと言われる。

マンローの死を導入に使ったドキュメンタリーを撮ると言うリチャードは、39階から自殺した男がいるのに、パトカーも来ないのはおかしいと思はないかとラングに尋ねるものの、彼が何も答えないためにその場を去る。

リチャードが来たことを知ったシャーロットは、入れなかった理由をラングに尋ね、彼を暫く避けたいと言われる。

パングボーンとコスグローブ、そしてアンは、リチャードが厄介者だということで意見が一致し、低層階の者達に本当のパーティーを見せて自分達の優位を示そうと考えて準備を始める。

リチャードから新企画を始めると言われたヘレンは、自分を一人にしないでほしいと伝える。

上層階に住めればいいのかと訊かれたリチャードは、自分を苦しめる必要はなく、子供がいるし幸せ者だとヘレンに伝える。

尽くすなということかと訊かれたリチャードは何も答えず、金はテーブルの上だと言って、カメラを持ち小銭だけを置いてその場を去る。

駐車場の車が見つからないラングは部屋に戻り。ゴミの廃棄のことで意見するスティールに自分は何も知らないと伝える。

スティールは、その場にいたロイヤルの愛犬を、持っていたゴルフクラブで殴る。

出て行くと言うアンに許さないと伝えて殴ったロイヤルは、傷ついた愛犬が戻ってきたために驚く。

その後、住人の生活は乱れ、タワー内にゴミが溢れ、施設は荒れ果てる。

スーパーで撮影していたリチャードは上層階に行くことを考え、作業用エレベーターがどこにあるかを店員のフェイに尋ねる。

コスグローブとパングボーン、そしてシモンズは、リチャードに襲い掛かる。

ペンキを奪われそうになったラングは、その男を叩きのめして部屋に向かい、壁を塗る。

シモンズは、気を失っているリチャードをショッピングカートに乗せて外に放り出す。

子供達を預けたヘレンはラングを訪ね、塗った壁を見せてもらう。

シモンズらが勝手に部屋を使っていることを知ったロイヤルは、アンの居場所を尋ねて、会いたければ下に行けと言われる。

クビだと言われたシモンズは、自分が仕えているのはタワーだとロイヤルに伝える。

その頃、ラングはヘレンと愛し合っていた。

下りてきたロイヤルは、意識が戻ったリチャードから警戒するようにと言われ、現れた警官に対応し、問題ないことを伝える。

ロイヤルは、下層階の住民に笑いものにされているアンを助ける。

ロイヤルのメイドの部屋に押し入りペントハウスに入る方法を訊こうとしたリチャードは、シャーロットの息子トビーがロイヤルの息子だということを知る。

リチャードは、”鍵”だと言われて拳銃を渡される。

部屋にいたリチャードから、ロイヤルとの関係やトビーのことも知っていると言われたシャーロットは、彼に暴行される。

扇動者のリチャードについてロイヤルらと話し合ったパングボーンは、法廷弁護士のマーサー(ビル・パターソン)に意見を求める。

暗黙のルールがあるべきだと考えるマーサーは、シモンズに解決策があると話す。

既に手は打ってあるラングを使って、リチャードをロボトミー化すると言うシモンズは、尚も傲慢なロイヤルに、ヘレンを寝取ったお前が狙われていると伝える。

リチャードらを排除させたら下層階の住民を衝突させると言うパングボーンは、中層階を分断してタワー全体の植民地化を始め、ロイヤルに新たな建築設計をしてもらうという考えを話す。

馬はパーティーのために食べることになり、皆は行動を開始するものの、アンはロイヤルを軽蔑する。

リチャードと話したラングは、タワーに住むには特殊な習性が要ると言われ、自分のような自己完結型が最も危険だと指摘される。

タワー暮らしの心理的な重圧を客観的に見られると言われたラングは、そう思われて残念だと伝える。

嘘だと言われて、そうかもしれないと答えたラングは、リチャードにメモを渡す。

それを見たリチャードは、その場を去る。

パングボーンの元に連れて行かれたラングは、唯一まともな人間であるリチャードにロボトミーの手術はできないと伝える。

シモンズに痛めつけられてベランダから落とされそうになったラングは、現れたロイヤルが制止したために助かる。

パングボーンやアンに見守られてヘレンは無事に出産し、彼女の苦しむ声を聴きながら、ロイヤルはラングと食事をする。

ヘレンを捜して現れたリチャードに銃とカメラを向けられたロイヤルは、ロビーで会った時に罪を認めていれば許してやったと言われる。

説明する義務はないと言うロイヤルに、ヘレンを連れて行った理由を訊いたリチャードは、他人の所有物には興味がないと答える彼に、何を恐れているのかと問う。

自分を非難するなと言いながら近づくロイヤルを銃撃したリチャードは、行いを反省しろと伝えるものの、アンらにナイフで刺殺される。

ラングはロイヤルの死を悲しみ、新しい家族を得たことを感謝し、生まれて初めて家族の一員になれた。

タワーには多数の候補者がいるため、ラングは開業を考える。

全てが正常に戻ったため、パーティーを開くことを考えたラングは、入念な計画が必要だと考えるが、今は、残った犬を食べて、二つ目のタワーの開発が失敗するのを待つことにする。

そこの住人をこの場で歓迎するために。

シャーロットから、誰かと話していたかと訊かれたラングは、誰もいない、タワーだけだと答える。

ラジオに耳を傾けるトビーは、国家資本主義が存在するところには、決して政治的な自由は存在しないという、”マーガレット・サッチャー”の演説を聴く。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1970年代、ロンドン
スーパーマーケット、ジム、スパ、プールなどの設備が完備された郊外のタワーマンションに入居した医師ロバート・ラングは、ペントハウスに住む著名な建築家であるタワーの設計者ロイヤルとの親交を深める。
上の階に住むシングルマザーのシャーロットのパーティーに招かれ、愛し合う中になったラングは、タワー内には上層と下層で住民の格差が存在していることを知る。
タワーは初期不良で電力が不安定人になり、下層階の住人は苦情を訴え始め秩序が乱れ始める。
そんな時ラングは、親しくなった下層階に住むリチャードが、タワー内の階級格差に不満を持っていることを知る・・・。
__________

SF作家の第一人者J・G・バラードの小説”High-Rise”の映画化ということで注目された作品。

1970年代のロンドン郊外を舞台にいた作品で、階級社会で生きる人々の縮図を一棟のタワーマンション内で描く異色作。

富と権力により完璧に整えられた上層階の生活が、下層階から広まる不満により乱れ、全体の秩序が崩壊していく様子が、退廃的な描写と共に生々しく描かれているのだが、演出のベン・ウィートリーと脚本のエイミー・ジャンプの特異な物語を描こうとする意欲だけが先行し、やや訴えるものに欠ける内容なのは残念だ。

新築のタワーマンションに入居するものの、上層と下層の住人に翻弄される主人公を演ずるトム・ヒドルストン、”タワーを変化のるつぼにしたかった”と主人公に語る言葉が印象に残る、タワーの設計者であり著名な建築家のジェレミー・アイアンズ、その妻キーリー・ホーズ、主人公と親密になる上階の住人シエナ・ミラー、上層階への不満を爆発させる扇動家的な役柄を熱演するルーク・エヴァンス、その妻エリザベス・モス、上層階に住む産婦人科医ジェームズ・ピュアフォイ、テレビ局のアナウンサー、ピーター・フェルディナンド、女優のシエンナ・ギロリー、歯科医のリース・シェアスミス、精神科医のエンゾ・シレンティ、主人公が教える学生オーガスタス・プリュー、ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)の側近ダンレントン・スキナー、スーパーマーケットのレジ係ステイシー・マーティン、タワーの管理人トニー・ウェイ、シャーロットの息子ルイス・サック、そのベビーシッター、レイラ・ミマック、法廷弁護士ビル・パターソン、主人公の秘書ジュリア・ディーキンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。